Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今年のクリスマス料理のメニュー

毎年、この時期の料理教室は、クリスマス料理のメニューです。
今年は簡単に作れてクリスマスらしいものにしてみました。
オードブルは、新鮮野菜のバーニャカウダ。
e0040957_0141779.jpg

イタリア料理のバーニャカウダは「温かいソース」という意味で、本来は専用のバーニャカウダポットをキャンドルで温めながら、ソースをパンや野菜につけながらいただきますが、教室では温めた小さなグラスに入れて銘々のお皿において、ソースをつけやすい感じでお出ししました。
オリーブ油、にんにく、アンチョビー、生クリームで作るこのソースがあれば、野菜がいくらでも食べられる気がします。

野菜選びにはちょっとこだわりました。
このピンク色の蕪は「あやめ雪」という名前で、生で食べてもとても柔らかくて美味しいです。
e0040957_023358.jpg

用賀の野菜ソムリエのお店「EF」では、あやめ雪はじめ、こだわりの産地からの野菜、珍しい野菜や果物が揃っていて、とても美味しくて気に入っています。
こんな珍しいりんごも手に入ります。桃とりんごを合わせたような香りがします。味は酸味があるので焼きりんごに向いているそう。
e0040957_027648.jpg


メインディッシュは「骨付き鶏とさつまいも、りんごのデンマーク風オープンサンドイッチ」。
e0040957_0311690.jpg

以前にデンマークに旅行に行った時、オープンサンドイッチの種類の多さに驚きました。
日本のイメージのオープンサンドイッチのようにパンの上に具が載っているという感じではなくて、お皿の中央に薄切りのパンがちょっと載っていて、その上にお料理を山盛り載せるのでパンはほとんど見えないくらいで。それで、フォークとナイフでお料理もパンも一緒にいただくというスタイルがデンマーク風。
HPのレシピのページでも、デンマークオープンサンドイッチを詳しくご紹介していますので、よろしかったらご覧ください。

デザートは、「クリスマスパンプディング」。プルーンとチョコチップがたっぷり入っていて、ふわっと焼きあがります。
e0040957_0331014.jpg


毎年、11月はクリスマス料理の月、12月はお正月料理を教えています。
気がついてみたら、今年ももう師走。
お正月料理考えモードに入りました。
12月のメニューも後日、ご紹介したいと思います。
by toko-livicafe | 2009-12-04 23:57 | 料理