Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メリークリスマス

e0040957_22234551.jpg

今日はクリスマスイブ。
12月に入ってから、娘と一緒にリースを3つ作りました。
娘の作ったリースは自宅に、私が作った2つのリースは、実家とアトリエに飾っています。
写真右側に写っているフェルトのボールは、以前にAfternoon teaで購入したもの。
ちょっとクリスマスのイメージでかわいいし温かみもあるので、この時期になると飾っています。

イブの今夜は、家族とささやかなクリスマスパーティーをしました。
娘と一緒にお料理を作り、メインディッシュは特別の焼き方(?)のローストチキンでした。
家でローストチキンを焼くと、以前はオーブンの掃除が大変でしたが、ここ数年、大きなステンレスの鍋の中に鶏を入れて蓋をして、オーブンで蒸し焼きにし、途中から色づけるために蓋をはずしてこんがり焼くという方法をとっています。
この方法だとオーブンの中は全然汚れないし、鶏もふわっと柔らかくそれでいてこんがりおいしそうに焼きあがります。
鶏1羽入る大きなお鍋が必要ですが、うちのステンレス鍋は蓋のつまみがプラスティックなので、オーブンに入れる前につまみだけはずしてから使います。

鍋の中の鶏の周りにじゃがいも、玉葱、にんじんなどをころころに切ってオリーブ油やバター、ハーブ、塩をかけて一緒に焼くと、付け合せも同時にできてしまうのも嬉しいところです。特にじゃがいもがとても香りよくおいしく焼きあがります。

鶏の中に詰めるスタッフは、以前は挽き肉や栗など、色々混ぜて手をかけて作っていたのですが、ここ数年は、シンプルにハーブの枝を入れるだけのことが多いですが、それでもとっても香りよく美味しく焼きあがります。
今年はパセリの枝、にんにくのスライス、バター、皮ごと大きく切ったレモンなどを中に入れて焼きましたが、レモン風味のジューシーなソースもできてなかなかよかったです。
それから、いつも、丸焼き用の鶏全体に塩とオリーブ油、エルブドプロヴァンスのハーブをたっぷりまぶして焼き上げます。
ローストチキンは焼き時間はかかりますが、この方法だと作り方はとても簡単です。
今年使った鶏はかなり大きかったので、オーブンで2時間くらいかけて焼きました。

ケーキは、息子が大好きなチーズケーキにしてほしいとのことなので、チーズケーキを焼いた上にクリスマスの飾りやクッキーをのせてというシンプルな感じでしたが、おいしいと喜んでもらえたのでよかったです。

年々なんでもシンプルになっていく我が家のクリスマスですが、皆様はどんなクリスマスイブをお過ごしでしょうか。

どうぞよい日になりますように祈っています。
by toko-livicafe | 2010-12-24 22:23 | ライフスタイル