Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

札幌 カードケースレッスン


e0040957_15511016.jpg

札幌レッスンに行ってきました。
東京の羽田を出発する時はどしゃぶりの雨でしたが、札幌の空港に着いたら快晴でさわやかな日でした。

今回の会場は、札幌の生徒さんに教えていただいた大通り公園近くの「街中スペース covo」さん。
明るくて、とてもおしゃれな居心地のいい空間でした。

リクエストのあったカードケースは結構複雑なので、前もって途中までの採寸とカットをしてきていただき、レッスンでは組み立てをメインにしていきました。
カードケースの材料のスキバルテックス(革のように見える紙)は、前準備のために札幌のお店などで各自でお好きな色のものをご用意していただいたので、さまざまな色のものがあって新鮮でした。

このカードケースは特殊な作り方かもしれないので、皆さん、製作中は一体どのようになっていくのか興味津々という感じで、形になってくるととても嬉しそうでした。
私自身、何回も試作してその後、改良に改良を重ねて、ようやく行き着いたきれいにできる方法だと思っています。

ケースはカルトナージュと違ってボール紙を使わずに、シール接着芯を使用。表側はスウェーデン・ボラスのハンカチを使っています。生地をお持込の方もいらっしゃいました。

前回の札幌レッスンでは、縫わないリュックを作りましたが、その後、ご自身で大きな生地を手織りされて、全面手織りのリュックをご持参された方も。(上の写真右下。)
あまりのすてきさに、ただただ感激でした。

生徒さん達は札幌在住の方が多いですが、釧路から往復8時間の日帰りでレッスンにいらしてくださったり、函館からも毎回ご参加くださる方もいらして、皆様とても熱心な生徒さん達です。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

e0040957_15524189.jpg
レッスンが終わってから、札幌に新しくできた六花亭ビル9階の「モリエール カフェ 降っても晴れても」に皆で行きました。
ナチュラルで上質なカフェ風インテリアのお店で、心に残るディナーをいただきました。

3500円のディナーコースの内容は、
前菜盛り合わせサラダ(上の写真左下、洗練されたお味)
冷たいコーンスープ(北海道は今、とうもろこしの季節、絶品でした)
牛肉の赤ワイン煮(とろけるようなおいしさ)
ジャガイモのグラタン 泡のソース(北海道のジャガイモは、やっぱり味が違うおいしさ)
ブロッコリーのベーコン蒸し煮 (付け合せは後からサーブしてくれるスタイル)
プチハヤシライス(メインの牛肉を小さくカットして作られるそう)
ミルフィーユ(上の写真右下、50cm×15cmくらいの巨大なパイがカウンターに置いてあって、それをその場でカットしてクリームを絞って作ってくれます。パイはすごく軽くてさくさく、クリームはカスタードと生クリームが混ぜてある感じです。)
自家製パン
コーヒー、紅茶、ハーブティ

東京では考えられないようなコストパフォーマンスと、北海道の食材のおいしさを引き立てるお料理方法。
札幌に行ったら、また是非訪れたいお店です。


*お知らせ
10月からの定期クラスに新設クラスができてお席に動きがあり、現在少しお席ができました。月に1回6ヶ月コースです。
詳細は、こちらのページからご覧ください。


by Toko-livicafe | 2015-09-21 07:49 | 縫わないバッグ