Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

グループ展が終わって

e0040957_6225535.jpg

「写真のワークショップのグループ展」が終わりました。
5日間で400余名の方にいらしていただき、ご来場くださった皆様と応援してくださった皆様に心からお礼申し上げます。

グループ展の様子は、すでに本当にたくさんの方のブログでご紹介いただいていますので、(こちらこちらこちらのブログなども詳しいです。)私は、グループ展の裏事情などを書いてみます。

写真のワークショップを今年の3月までに終了した生徒さんの中からご希望の方34名が、今回のグループ展に参加しました。
準備期間としてはほぼ2ヶ月かかりました。
写真は各自で撮っていき、5月の連休明けにメンバー全員から候補の写真をポストカード大にプリントしたものを送ってもらいました。その中から、一緒に展示して合うように一つの世界を作れる写真を選ばせていただき、生徒さんにメールや電話で出品作品をお知らせしました。写真が足りない人には新たに撮ってもらったりして、すべての写真を一応私が選んで決めると言う形をとらせていただきました。

e0040957_1122369.jpgフランス語パネルでの展示は55cm×80cmの大きな貼りパネにフランス語新聞柄のペーパーを貼って思いつきで作ってみたのですが、ポストカードを載せてみたらなかなかいい感じだったので、パネルに雰囲気の合う写真の人を8名選び、パネル展示にしてもらうことになりました。
(最初に試しに生徒さんや私の写真をパネルに適当に載せてみて雰囲気を見て、それを記録に写真に撮っておいたものが、偶然にも今回のご案内状のカードに使うことになりました。)
他の方は、ご本人の希望で貼りパネにしたり、額に入れての展示に。

コンパクトデジカメでの撮影で出品した方も半数くらいいましたので、写真を大きくプリントすると画素数の問題で粒子が粗くなる場合があるので、大きくプリントした写真もレッスンの合間などに見せにきてもらい、画質に無理があった場合は小さな写真のままの展示にしました。
貼りパネに写真を貼る方法もお教えしたので、ほとんどの方が自分で貼りましたが、時々パネル業者も使ったりもしました。
青山の「パネル工房」はその場で15分くらいで貼ってくれるのでとても便利でした。

こんな感じで各自の作品を仕上げていき、搬入2日前の日曜日に、アトリエにお手伝いの生徒さんが12名集まって、グループ展の看板やフォトボックス、パネル、アンケート台紙、鉛筆(フランス語新聞を一部に巻いて作りました。)、ごあいさつのパネルなど、色々最終作業を夜までかかってやりました。
メール係、会計係、生徒さんのあいさつ文作成、お当番バッチ・シール・連絡ノート・案内状など色々デザイン作成係、アンケート用紙作成係、アンケートバスケット作成係、荷物置き場提供係、名簿作り係、会場のお当番、搬入の車係など、色々係もお願いしました。

それから、カルトナージュのアルバムやノート作りの会も2回ほど開き、各自が好きな生地を使った、様々な手作りアルバムも出品しました。

上の写真はギャラリーの外看板に使ったものですが、道行く人がCafeと思ってお茶を飲みにいらしてくださったことも。

e0040957_7264834.jpg
左の写真は、グループ展のごあいさつパネルです。

右が生徒さん一同のもので、左が私からのあいさつ文ですので、ご紹介してみます。

まず、生徒さんのごあいさつです。


*****
この度、第1回 Living Room Cafe 写真のワークショップ グループ展withカルトナージュを開催することとなりました。

Living Room Cafeでは、Toko先生がご自宅のリビングルームとアトリエで、フランス料理・カルトナージュ・写真のお教室を主催されています。
今回のグループ展は、Living Room Cafe (Toko先生のHP)のお教室を知り、レッスンに参加したメンバーの中から34名が先生のご指導の下、2ヶ月前から頑張って準備してきたものです。

私たちのほとんどは、コンパクトデジタルカメラは持っているものの、記念写真や風景を撮るくらいで、カメラの機能もよく分からないまったくの初心者でした。それがこのワークショップに参加して、光の感じ方・使い方・撮りたい物の見つけ方等を教えていただき、「私たちでもこんなに素敵な写真が撮れるんだ!」という驚きと感動で胸がいっぱいになりました。なによりも写真を撮ることの楽しさに魅せられました。すべてのものが輝いて見え、いとおしく、自分の大切な物、幸せな瞬間を残しておきたいと思う毎日です。これからもずっと写真を撮り続けていきたいと思っています。

また今回はカルトナージュの作品、ミニカレンダー、アルバム、額、いろいろな形の箱もたくさん作りました。魅力的で実用的なカルトナージュに出会えたこともとても大きな喜びです。
忙しい日常のなか、一息ついて、心地よい空間を皆様と共有できたら本当に嬉しく思います。

最後に"写真の楽しみ・カルトナージュの魅力"を私たちに教えてくださったToko先生に深く感謝するとともに、本日ご来場くださった皆様に心より感謝いたします。

                         2006年6月21日   
                         写真のワークショップ メンバー一同 

              


次に、私のあいさつ文です。

                        ごあいさつ


1年前にこちらのギャラリーで行われたカルトナージュのグループ展に、アルバムを作って出品しました。
中に写真を貼って展示したところ、私に写真を教わりたいというお声をいただき、そんな思いがけないきっかけから始まった Living room cafe 写真のワークショップ。
3ヶ月で1コースのレッスンに参加された方は1年の間に120名を超え、気がついてみたら私の周りはみんな写真が大好き。

写真は不思議なもの。たとえ外の風景を撮っていても、出来上がった写真には心の中が写っている。そんな、写真を通して自己表現する楽しさを伝えられたらという思いで、ワークショップを続けてきました。

このグループ展をご覧になった皆様が、写真ってなんだか楽しそうって感じてくだされば、とても嬉しく思います。
ご来場下さいました皆様、そして、このグループ展を共に作り上げてきた仲間達に、心から感謝しています。

                                      Toko                      

*****


いらしてくださった方からのご質問で一番多かったのは、「3回のレッスンで本当にこんな写真が撮れるようになるのですか?」ということ。
お当番にいらしていた生徒さんが、「撮れるようになるんですよ。」と答えると、皆さん半信半疑。
ワークショップでは、写真の撮り方のレッスンもするけれど、それ以上に、私は皆が内に持っていた感性を引き出すお手伝いをしたと思っています。


打ち上げパーティーの時に、生徒さん達からこんな素敵な花束やプレゼントなどをいただいてしまいました。

皆様、本当にありがとうございました。

e0040957_9394027.jpg





雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by toko-livicafe | 2006-06-27 09:41 | 写真