Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クリスマスの準備

e0040957_11492740.jpg

クリスマスの飾りをしました。
いつもあまりたくさん飾るわけではなくて、何気なく少しだけクリスマスらしい雰囲気にしています。
結花先生の「写真とスタイリング講座」で同じクラスのmocoさんに、クリスマスリースを習いました。
e0040957_13281596.jpg

フラワーアレンジは10数年前に習っていた時期があって、それ以来毎年クリスマスの時期にリースを手作りしてきましたが、今年はすてきなセンスのフラワーアーティストの方とお知り合いになれたので、mocoさん、そして先日ご紹介しましたkateさんのお2人に新しい発想のリースを教えていただき、とてもいい機会になりました。

それから、私の料理教室で作りました今年のクリスマスメニューをご紹介します。
e0040957_11593528.jpg

「牡蠣とチキンのグリーンソースソテー」

e0040957_12132057.jpg

付け合せ用の「にんじんと黄ピーマンのグラタン」
昔、フランスに住んでいた時に、フランスの家庭で習ったにんじんのグラタンがすごく美味しくて、フランスでは自分でも何度も気に入って作っていました。
帰国してから同じ作り方で作ってもどうしてもその味が出なくて、フランスのにんじんと日本のにんじんの味が違うことに気がつきました。
今回は、にんじんに黄ピーマンの甘みとパセリのみじん切りを加えてグラタンにしています。

e0040957_1282662.jpg

「きのこのマリネと帆立貝の丸ごとトマトサラダ」
クリスマスに食べたい帆立貝の入ったマリネ。トマトは丸い形をそのまま使って立体感を出しました。
後ろにちょっと写っているパンかごは、パン・ド・カンパーニュを作るための発酵用かごです。形がかわいいので普段にも色々と使っています。

e0040957_12195047.jpg

「ダークフルーツケーキ」
昔、オーストラリアのサーファーズパラダイスに2ヶ月間くらい滞在していた時にサマークリスマスを経験しました。
オーストラリアではダークフルーツのケーキがクリスマスの時期にたくさん出ていて、今も思い出すと懐かしい気がします。
今回使っているケーキ型は、ノルディックウエアフラワーオリーブパンです。
すごく大きい型ですが、このケーキは日保ちするし冷凍保存もできるので、たくさん作って少しずつ楽しめます。
ノルディックウエアの型はすてきなデザインの種類が多く、型からもケーキがするっとはずれるのでとても気に入っています。
ケーキの周りには、洋梨、キーウィ、ミントの葉、大粒のアラザンを飾り、シックなクリスマスケーキに仕上げました。
by toko-livicafe | 2008-12-07 12:47 | 料理