Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2008年 09月 17日 ( 1 )

色々と思ったこと

e0040957_21465031.jpg

先週末に、写真仲間たちと一緒に青山の「リビングフォト展」に行ってきました。今道先生と生徒さんの写真展です。
写真はすごく美しかった。

ギャラリーでは今道先生にもお会いできて、奈良の「くるみの木」のお話などでも盛り上がりました。(今日のブログの写真は、この夏、くるみの木で撮ったものです。私が行く少し前に今道先生のブログでもくるみの木にいらしたことがUPされていました。)

それから、偶然、会場にいらした福島在住のフォトグラファー、kateさんのこともご紹介いただいて、初対面にもかかわらずたくさんお話しできて楽しい時を過ごせました。

受付では、今度リビングフォトの写真教室を新たに始められるCooMieさんにもお会いしてと、女性向けの写真の先生が4人そろい、ギャラリーに集まる生徒さんたちも皆写真が大好きで・・・
ここ数年、写真をやっている女性が目覚しい勢いで増えているという感じがします。
ちょっと前までは、私の写真講座にも、コンパクトデジカメでいらっしゃる方がほとんどだったのですが、最近では一眼レフをお持ちの方の方が多いくらい。写真教室を始めてから3年と少しの間に、何か時代が変わったという気がします。

一体これからどんな方向に進んでいくのか、自分の仕事も含めて、未知のものという感じがします。
最近、読んでとても気に入ってる本に、「佐藤可士和の超整理術」があります。
アートディレクターが書いた整理術の本ということに興味を持ったのですが、読んでみると実際に家の中を整理するというよりも、彼の発想の斬新さやコンセプトの考え方の過程などがすごく勉強になりました。
すっかりのファンになってしまった私は、続いて「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方」という本も取り寄せて読んでみました。
この本は彼のマネージャーが書いたものなのですが、その中の言葉に、こういう生き方、いいなと思いました。

> 十年先、二十年先の将来については、ほとんど想像したことがありません。
「こうなりたい」と言えるということは、それはすでに知っているということですから、想像できる範疇にはいたくないのです。
今までに見たことがないものを見てみたい、行ったことのないところに行ってみたい。
道なき道を行くことが好きなのです。
これからサムライ(彼の会社の名前)が進んでいくところは、きっとそこにあると思います。 <
by toko-livicafe | 2008-09-17 22:51 | 写真