Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年 01月 26日 ( 1 )

最近のアトリエレッスンでは、フランス バスクの布での製作が人気です。
今回は、生徒さん達がレッスンで作られた作品をご紹介します。


カルトナージュの横型ティッシュボックス。
さすがバスクの布は、インテリアにも趣が出ます。
この生地は、1枚に色々なデザインのストライプが入っているので、柄選びによってイメージが変わってそれぞれすてきです。(背景に置いているバッグも、同じ生地で作っています。)
e0040957_03200280.jpg




縫わない3wayリュック。
ストライプを横向きに使われて、とてもキュートな仕上がりです。
e0040957_19063915.jpg


ラミネートのバスク布で、さわやかなイメージの四角い掛け時計。
時計のムーブメントと針も、レッスンでつけます。
先日、市販の時計が壊れた時も、自分でムーブメントを交換して修理できたりしました。
e0040957_03193587.jpg



一枚布で作る縫わないファスナーポシェット。

フランスのサンジャンドリュズの生地屋さんでは、海辺やテラスで使うための木の折りたたみ椅子用に、幅が45センチ前後の生地も、ロールでたくさん置いていました。
幅の狭い普通の生地のように見えましたが、生地の両端のミミの部分が縫ってあって、すぐに椅子に使えるようになっています。
生地も厚手でしっかりしています。
それで、この布は接着芯を貼らずに1枚でバッグを作ると、とても簡単にいい感じに仕上がります。

生地の裏も表側と同じきれいな色なので裏地も必要なく、一枚布で両端を両面テープとカシメ金具で留めて、ファスナーをつけて仕上げるだけなので、とても簡単にできます。
軽くて使いやすいので、作られた生徒さん達にも好評で、最近のアトリエレッスンでも一番人気のポシェットです。


e0040957_19064399.jpg


細めに作ってスマートフォン用のポシェットにも。
e0040957_03195017.jpg



よく見ると、生地の上辺にすでに縫ってある縫い目が見えます。そのため、上辺の始末も必要なくそのまま使います。
e0040957_03195613.jpg
椅子用の生地も、縫わないバッグ作りにぴったりです。



バスクの布はレッスンでもご希望が多く、フランスで購入してきた分はほとんどなくなってきてしまったので、最近はフランスから取り寄せしたりしています。


バスク布をご購入のご希望もいただいたりします。
しかし、小さなアトリエなのでスペースにも限りがあり、月に100名くらいの生徒さんが通ってくださっているので、皆様のご希望分の生地をフランスから取り寄せると膨大なことになり、私には無理なのでレッスンで使われる分のみお分けする形にしています。
材料を購入できるお店については、随時レッスンでもお知らせしています。




  
e0040957_03421237.jpg                            
4月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
   申し込み受付開始。





e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




by Toko-livicafe | 2017-01-26 19:05 | 縫わないバッグ