Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:縫わないバッグ( 217 )


e0040957_15050615.jpg


以前にランチョンマットを作った時は、1mm厚さのカルトン(ボール紙)に壁紙を貼っていました。
(以前にブログで紹介しましたページはこちら↓です。)


今回は、いつも縫わないバッグに使っているシール接着芯(スライサー)にバスクのラミネートを貼って作ってみました。

シール接着芯はカルトン(ボール紙)よりもかなり軽いので、ランチョンマットの出し入れが気軽にできる気がして、質感もなかなかいいです。
ラミネートなので水や油をはじくので、布よりも気楽に使えます。

シール接着芯(スライサー)は、全面シールなのでラミネートや生地を貼るのにのりやボンドが必要なく、ランチョンマット作りにも向いているようで、とてもきれいに簡単に貼れます。
スライサーは厚さが色々ありますが、ランチョンマットの場合は、お好みで0.6mm~1mmくらいが向いているようです。(試しに色々な厚さで作ったら、0.4mm厚だと少し薄すぎるようです。)

ランチョンマットの作り方は、
 作りたい大きさにシール接着芯をカッターと定規を使ってカット
→シールの紙をはがしてラミネート生地を貼る。
→接着芯の外側のラミネート裏面に4辺とも1.5cm幅の両面テープを貼り、
→両面テープの外側でラミネート生地をカット。(のりしろが各辺1.5cmできます。)
→両面テープをはがして折り返して貼ります。
(四隅の角の処理は、一般的なカルトナージュと同じ)

ランチョンマットの裏側にも製本クロス、スキバルテックス、壁紙などを貼ろうとしてシール接着芯の裏面にのりやボンドをつけると、接着芯にゆがみが出るので要注意。
裏面は何も貼らないか、裏面に貼る壁紙やスキバルテックスの裏側周囲に両面テープをつけてから貼る方が表面の仕上がりがきれいです。

という感じで、すごく簡単に日常にちょっと使えるものを作るのも楽しいものです。



*お知らせ
定期クラスの皆様へ
メンバー専用サイトに連絡事項を載せましたので、ご確認をよろしくお願いします。





by Toko-livicafe | 2018-01-23 15:17 | 縫わないバッグ
e0040957_02462361.jpg

フランス バスクのラミネートで、1枚布の縫わないティッシュボックスを作りました。
今まで作ってきたティッシュボックスは、ボール紙や接着芯に表布を貼り、裏面にも貼り、と3重になっていましたが、今回はラミネートの布1枚で作ったので、かなり手順が簡単になりました。

水をはじくラミネートなので、食卓やキッチン、洗面所などでも、気楽に使える感じがします。
ティッシュの入口は、スナップで留めています。


e0040957_03005049.jpg

上向きに置くとこのような感じに。
ラミネート生地をカットして、両面テープでとめて、カシメ金具、スナップ金具で仕上げています。





by Toko-livicafe | 2018-01-16 23:45 | 縫わないバッグ

A6サイズのメモ帳カバー

e0040957_00582940.jpg

A6のリングメモ帳カバーのご希望をいただいたので、作ってみたものです。
文庫本と同じサイズの小さなメモ帳です。

以前は手帳カバーを1mm厚のボール紙を入れて作っていましたが、今回はボール紙を使わず、いつものシール接着芯(スライサー)に生地を貼って作りました。
ボールかみで作るよりも軽くて扱いやすい感じです。
生地は汚れにくいナイロンを使いました。

e0040957_00583643.jpg

カラーゴムをハトメ金具で留めて閉じるようになっています。
ゴムを縦につけるものと横につけるものの2種類を、お好みで選べるように作ってみました。
(縦につけた方は、メモ帳カバーを裏側から見た写真です。)


e0040957_00584233.jpg

中のポケットの形も2種類。

e0040957_00584710.jpg

直径7mmのSIERRAのボールペンだと、メモ帳のリングの中にペンが収納できます。



お正月明けから体調を崩し、数日寝込んでしまい、ようやく復帰しました。
いつもほとんど風邪もひくことなく丈夫な身体のつもりが、久しぶりに健康の大切さを痛感。



My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon








by Toko-livicafe | 2018-01-12 23:57 | 縫わないバッグ
e0040957_17044166.jpg
















生徒さんからのリクエストで、ダブルファスナーの縫わないサコッシュバッグを作ってみました。

ファスナーをしめると、このような感じに。
e0040957_17044654.jpg



























バッグは3つのポケットに分かれていて、手前側と奥側に1つずつファスナーつき、間の中央部分はスナップ留めだけで、出したいものがすぐ出せるようになっています。


e0040957_17045203.jpg
















スマホなどが立てて入れられるように、中央内側にポケットをつけるといいのだけれど、すでにバッグが3重だからポケットをつけると厚くなるし大変かもと考えてふと思いついたのが、3cm太さのベルトで固定する方法。
入れたいものに合わせてベルトをカシメで留めて仕切り、スマホとペンとパスケースを入れてみたら、とても出し入れしやすくて、嬉しくなりました。

今後は薄いバッグには、ポケットをつける代わりにベルトの仕切りをつけるのが、作るのも簡単だし使いやすくていいようです。

e0040957_17045658.jpg

バスク織りのラミネート生地で、シングルファスナーのバッグも製作中。

マチなしの薄いバッグは、トートバッグやリュックなどにバッグインバッグとして入れるのも便利と聞きました。
ベルトはナスカン留めなので短めのにも自由に交換可能なので、バッグインバッグやIpad miniケースなどにも活躍できそうです。

今回作った長い肩ベルトは、他のバッグに使ったり、自転車に乗る時は短めにしたりと少し長さを変えられるように、クダ美錠の金具をつけて作りました。
e0040957_18101680.jpg



by Toko-livicafe | 2017-12-20 17:23 | 縫わないバッグ
e0040957_17471922.jpg

スペインのジャガード織りの柔らかい生地で、秋らしいイメージのシンプルなリュックを作りました。


金具の前側(バッグの中側)から肩紐を引っ張ると、肩にもかけて使えるので、とても扱いやすいです。
下の写真の状態からリュックとして背負うと、肩紐が金具の後ろ側から引っ張られてキュッと蓋のように締まる感じなので、蓋をつけずに作っています。
e0040957_17472336.jpg
ちょっとお出かけイメージのリュックで、気に入っています。




e0040957_20152791.jpg


  月1回、2時間コース or 3時間コース
  


e0040957_4335267.jpg

 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon









by Toko-livicafe | 2017-11-03 21:28 | 縫わないバッグ

e0040957_17464825.jpg

フランス バスクの秋らしいラミネート生地で、A4のクリアファイルがちょうど入る大きさの縫わないファスナーポーチを作りました。
同じ革でファスナーの持ち手と革タグもつけてみました。
お揃いのラミネートでペンケースも作成。

e0040957_17465333.jpg

ファスナーや生地は、いつも強力タイプの両面テープ(ニチバン ナイスタック)で接着しています。
両面テープは、貼ってから半日くらい経つと接着力が強くなり、安心して使えます。

フランスや北欧のラミネート生地(生地にビニールコーティングしてあるもの)は、日本のラミネート加工よりも薄くて柔らかく、生地に近い状態なのでとても自然な感じで、このポーチ作りにぴったりです。

日本の厚手のラミネート生地で作るとちょっと違う感じになって、やっぱりフランスの薄いタイプの質感で作るこのポーチは、軽くてかさばらず、それでいて生地で作るよりしっかりした張り感もあるので、なんとも言えない良さがあります。
ラミネート生地1枚で作れるので、接着芯も裏地も使わないところも作りやすいです。

ヨーロッパの薄いタイプのラミネート生地は、日本ではなかなか見つけられず、私はレッスン用にフランスのバスクから直接取り寄せています。
フランスのバスク地方のお店でも、ラミネートの生地1枚で作られたポーチや小物が色々売っていて、その軽やかな質感をすっかり気に入ってしまいました。

生徒さん情報で、日本でも薄いタイプのフランスのラミネート生地が買えるお店を教えていただき、「ビバホーム 春日部店」の量り売りのテーブルクロス売り場で購入できるそうです。(下の写真のもの)
バスク地方のものかどうかはわからないのですが、フランス製とのことです。

e0040957_21021621.jpg



ビバホームは関西から北海道まで、広い範囲にお店があるようなので、もしお近くにありましたら、ぜひフランスの薄いタイプのラミネート生地、お試しくださいね。

とっても質感がよくて使いやすいです。















e0040957_20152791.jpg


  月1回、2時間コース or 3時間コース
  


e0040957_4335267.jpg

 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon











by Toko-livicafe | 2017-11-03 20:57 | 縫わないバッグ

レッスン風景 


アトリエの「縫わないバッグ & カルトナージュ レッスン」で、生徒さんたちが作られた作品をご紹介します。

iMovieのソフトを使って、2つのスライドショー動画として編集してみました。

画面中央の三角をクリックしてご覧下さい。 BGMが入ります。






ストライプの生地は、フランスのバスクの布で、レッスンでも人気の生地になっています。


e0040957_22440496.jpg






e0040957_20152791.jpg

カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon








by Toko-livicafe | 2017-10-19 20:14 | 縫わないバッグ
e0040957_00503334.jpg
縫わないバッグと小物に作りに必要な両面テープを入れるケースをバスク布で作りました。

写真右のBook形お道具ケースと同じ生地ですが、柄の違う部分を使っています。

道具類はお道具ケースに収まっているので、あとはこの両面テープケースがあれば、縫わないシリーズの制作にいつでも入れます。

レッスンでは、両面テープは強力タイプの1cm幅と1.5cm幅、普通タイプの5mm幅を持ってきてもらうようにしていましたが、最近は5mm幅はキャンドルティッシュボックスを作る時にのみ必要で、通常の持ち物としては強力タイプの両面テープの1cm幅と1.5cm幅の2つがあればいい感じになってきました。

それで、このケースも1cm幅と1.5cm幅の両面テープ2つがちょうど入る大きさに作りました。

接着芯で四角く形作っているので、軽くて持ち運びにも向いている感じです。
蓋ベルト部分は、本革をカットして作っています。




e0040957_20152791.jpg

10月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon







by Toko-livicafe | 2017-10-01 00:01 | 縫わないバッグ
e0040957_01543146.jpg
息子に頼まれて、縫わないショルダーバッグを作りました。
長財布、スマートフォン、アイコスが入る小さめのショルダーバッグがほしいとのことで、厚手の帆布1枚でシンプルに作りました。

袋状に作り、蓋部分は2つに折れるようになっていて、隠しマグネットを入れました。
底のマチは細めに少しだけつけています。

できあがってからためし使いしてみると、この小さめサイズ感がなんとも使いやすくて、自分用にももう1つ同じバッグを作ってしまいました。

長財布やスマートフォンなどがぴったり整列して入る感じで、出し入れがしやすいです。
リュックと一緒に持っても、小ぶりのバッグなので大丈夫なサイズです。

息子は、蓋の開け閉めもしやすくて、とても使いやすいと気に入ってくれました。


秋冬向きのふわっとした生地、スペイン製のジャガード織でも同じサイズで作ってみました。
e0040957_01543462.jpg
やはり、1枚布で作っています。
柔らかい厚手の生地なので、手触りもよくていい感じに仕上がりました。

この生地は、最近のレッスンでも大変人気で、皆さん、メガネケース、キーケース、がま口などの小物類も作られて、とてもかわいくできていました。


*お知らせ
9月15日からFIQさんより発売になりました「縫わないキーケース」は、発売後まもなく完売となりましたが、その後、システム上の理由から現在は残1となっているそうです。(お買い物かごに入った時点でキープ状態になっていたようです。)
限定30個のうち、あと1つだけご購入いただけます。
ご興味のある方は、こちらのページからご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご購入が決まりました。
ありがとうございました。




e0040957_20152791.jpg

10月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon








by Toko-livicafe | 2017-09-23 23:04 | 縫わないバッグ
e0040957_23590645.jpg
完売いたしました。
ありがとうございました。


自由が丘の北欧ファブリックと雑貨のお店「FIQ」さんの企画、ハギレで作る小物シリーズで、9月15日より「縫わないキーケース」を30個限定販売させていただくことになりました。


昨年8月に同じシリーズで「縫わないメガネケース」を、今年1月に「縫わないフラットケース」を各30個販売させていただきましたが、今回はその第3弾としてのお話をいただきました。


縫わないキーケースの大きさは、縦7cm 横12cm。小さいのでキーホルダーみたいな感じに使えるキーケースです。
鍵をつけられるように革ベルトとリング金具が中についています。
小さく見えるけれどICパスカードも入るので、パスケースや小銭入れにしてもかわいくて便利です。改札口でケースごとタッチして使えます。


FIQさんご提供の北欧デザイン生地や作家さんの生地を使い、7種類のファスナーの色と合わせながら、30通りの組み合わせですべて1点物の縫わないキーケースを作りました。
ベルト類はすべて本革をカットして作り、金具類をつけています。
オリジナルの縫わずに強力両面テープつける方法のファスナーも、珍しいかもしれません。

e0040957_23455529.jpg


FIQさんとLiving Room Cafe コラボの「縫わないキーケース」は、9月15日(金)正午より、FIQさんのオンラインショップ
から発売です。

どうぞよろしくお願いいたします。




e0040957_20152791.jpg

10月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
   申し込み受付中。



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon









by Toko-livicafe | 2017-09-10 00:02 | 縫わないバッグ