Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:縫わないバッグ( 213 )

e0040957_10241354.jpg
以前に作ったBook形の縫わないお道具ケースを小さめにサイズ変更して、化粧ブラシケースを作りました。

生地はバスクのビニールコーティングを使用。

中はこのようになっています。
e0040957_10241610.jpg
化粧ブラシやスティック関係のものはこのケースに入れて、さっと取り出しやすくなりました。
写真は中蓋を後ろ側に折っています。

中蓋をかぶせるとこのような感じに。
ケースをさかさまにしてもブラシ類が落ちないように、蓋は革にスナップをつけて両サイドを留めてみました。

e0040957_10241864.jpg

残りのコスメ類は、写真奥のおそろいのビニールコーティング生地でぴったりのサイズにケースを作って入れました。
高さが深いポーチ型よりも薄いケースの方が取り出しやすいので、このような形にしてみましたが、こちらはまだもう少し改良の余地ありなので、背景にちょっと置いた感じです。



by Toko-livicafe | 2017-06-30 10:32 | 縫わないバッグ
e0040957_19141991.jpg
厚手のバスク生地で1枚布の縫わないペンケースを作りました。

ボールペンが2~3本入るスリムタイプで、荷物にならずにとても使いやすいです。

接着芯も裏地も使わないので、やはりかさばらずに軽くていい感じです。
ファスナーも縫わずにつけています。
今回は、中の切りっぱなし部分の布は、ピンキングばさみでかっとしました。

以前にラミネート生地1枚布で小物を作ったりしていましたが、こちらの厚手生地1枚での小物作りもしっかりした質感でなかなか気に入りました。サイズも以前作ったラミネートのペンケースよりもさらに縦横2cmずつ小さいスリムタイプです。

背景のブルーのストライプのものは、同じ作り方で色々入る大きめタイプ。
大きさは自由に決めて作れるのも嬉しいところです。



by Toko-livicafe | 2017-06-27 19:19 | 縫わないバッグ

e0040957_18342481.jpg

娘からファスナーつきのインナーバッグを作ってほしいと要望があり、作ってみました。

このインナーバッグ、いつもはストライプのバスク布で作っていましたが、娘は無地が好きなので、ダークグレーの帆布を使って同じようにして作りました。接着芯と裏地を使わず、一枚布で作る方法です。

イメージどおりのバッグと、気に入ってくれました。



それから、少し前に息子に頼まれて作った縫わない革のパスケース&小銭入れ。
e0040957_18343164.jpg

息子の要望は、ICパスカード、鍵が1つ、小銭と千円札が1枚くらい入るケース。
いつもポケットに入れて、さっと取り出して使いたいということでした。

シンプルに1枚革を組み立て作りました。

中は、革の仕切りを入れて3分割になっています。
e0040957_18415961.jpg

このケース、使いやすいと気に入ってくれて、息子のお友達からも作ってほしいとリクエストがあり、同じものをもう1つ作りました。



今までの息子からの注文を思い出してみると、
4年前に作った縫わないノートパソコンケース



3年前に作ったビジネスバッグ


そして今年作った外出用バッグ


今もずっと使ってくれていて、ありがたい気持ちでいます。
Mensの縫わないバッグ作りも楽しいですね。


by Toko-livicafe | 2017-06-21 19:24 | 縫わないバッグ
e0040957_12362284.jpg

接着芯と裏地を使わず、厚手の1枚布で作る縫わないショルダーバッグを作りました。
容量がたくさん入るファスナーカバー付きにしてみました。




草津のホテル・クアビオでの2泊3日の断食が終わって家に戻ってから、今日で12日目。
食生活が自然に健康的なものに変わり、今のところ何も我慢しないで体重はマイナス3キロを保っています。


by Toko-livicafe | 2017-06-19 12:38 | 縫わないバッグ
e0040957_23333915.jpg

以前にご紹介しましたセパレート型のスマートフォンケースは、1mmボール紙を中に入れたしっかりしたタイプ。

今回は、中にボール紙を入れずに接着芯のみを使って薄手でソフトなケースを作ってみました。
表面はビニールコーティングのバスク生地です。

セパレート型というのは、一般の手帳型のスマートフォンケースと違って、ケースにスマートフォンを接着しないでケースのポケットに入れているだけで、使う時は取り出して使えるというものです。

私はiPhoneで電話したり写真を撮る時は、手帳型のケースがついていない単体の状態の方が好きなので、取り出せるようにしたケースを考えてみました。

前回作ったものはしっかりタイプでやや厚みもあるので、今回は荷物にならない薄型のケース。

中はこのようになっています。
e0040957_14484267.jpg

ケースに入れたままでも使えますが、普通ははずして使います。
iphone本体には、市販の透明プラスティック背面カバーのみつけていて、カバーの中にはお揃いのビニールコーティングを入れているので、背面側を上にして入れると、柄が合うようになっています。
e0040957_11135885.jpg


私は軽くて薄いこのタイプが持ち運びが楽なので、使っています。
ボール紙の入ったしっかりタイプがいいという方もいらっしゃるので、レッスンではお好みでどちらでも選べるようにして、作っていただいています。

e0040957_10442516.jpg
Living Room Cafe オリジナルのセパレート型スマートフォンケース、便利なのでちょっとおすすめしたい気分です。


by Toko-livicafe | 2017-06-03 23:44 | 縫わないバッグ
e0040957_02491613.jpg
1枚布の縫わないペットボトルケースとおそろいで、同じく1枚布でファスナーカバーつきの縫わないバッグを作ってみました。
お弁当を入れたり、バッグインバッグにも。
肩ベルトをつけられる金具もつけたので、普通のお出かけバッグとしても便利です。


ファスナーカバーを持ち上げるとこのような感じに。バッグの上辺に直接ファスナーをつけるよりもさらに、収納力たっぷりです。
1枚の布ですが、バッグの前面と後面に出る色合いが違うので、両方楽しめます。

e0040957_02492009.jpg

ファスナーカバーを使わない時には、このように中に入れておけます。
e0040957_02492603.jpg


縫わないペットボトルケースの中の写真です。
布のカット部分には、ステッチ入りのリボンを両面テープで貼ったら、ちょっと縫って仕上げたみたいになります。
e0040957_02493275.jpg

1枚布で縫わない簡単バッグ、当分凝りそうです。


by Toko-livicafe | 2017-05-29 23:22 | 縫わないバッグ
e0040957_18450457.jpg
最近は、接着芯を貼らずに厚手の布1枚やフランスの薄手のビニールコーティング生地1枚でバッグや小物を作るのも人気です。

ペットボトルケースも、今までは表布に接着芯を貼り、裏布もつけてしっかり作っていましたが、今回は簡単に1枚布で作ってみました。

写真右側は、フランスバスクの折りたたみ椅子用の厚手の生地で作っています。
椅子のサイズの43cm幅で両端が縫ってある布が、バスクのお店でもたくさん出ていました。
この生地が厚手でしっかりしていて、1枚布でバッグや小物を作るのに両端を上辺に持ってくると始末もいらなくて作りやすくて、色々と応用できます。
(以前にご紹介しました縫わないバッグインバッグも同じタイプの生地で作っています。)
日本の布で応用するとしたら、帆布が似ているような感じです。

写真左側は、バスクの薄手のビニールコーティング1枚で作ったペットボトルケース。
こちらも作りやすいし、使い終わってから薄くたためて便利そうです。

どちらも本革の持ち手をつけました。

接着芯と裏地も使ってしっかりと作ったり、1枚布で簡単に作ったりと、好みでさまざまな可能性があるので楽しいです。



by Toko-livicafe | 2017-05-27 18:45 | 縫わないバッグ

e0040957_13244287.jpg
1つ前のブログ記事でご紹介しました「Book形の縫わないお道具ケース」を、皆さん、レッスンで選んで作り始めてくださっています。
私も、自分用のお道具ケースのほかに、レッスンでの見本用にピンクと水色ラインのバスク布でも作ってみました。

中はこのような感じになっています。 
蓋を内側に入れた状態で写真を撮っています。
e0040957_13243846.jpg


それから、昨日のレッスンで生徒さんが作られた別のバスク布のお道具ケースです。
内側と蓋は、ブラウンのナイロン生地です。
蓋を上にあげた状態で写真を撮っています。
e0040957_13244845.jpg

最近のレッスンでは、縫わないキーホルダーケースと、このお道具ケースが人気になっています。
皆さん、気に入ってくださって、とても嬉しく思っています。



by Toko-livicafe | 2017-05-24 13:33 | 縫わないバッグ
e0040957_18430816.jpg
生徒さんからリクエストをいただき、持ち運びのできる縫わないお道具ケースを作りました。

中をあけるとこのようになっています。

e0040957_18431287.jpg
縫わないウォールポケットを応用した感じの作り方です。

はさみと目打ちは、ポケットの底につかないように、革テープでとまるようにしています。
蓋を下向きに倒して閉じるれようになっています。


表布とポケットにはバスク生地を使っていて、表側からポケットまでつながった状態で作りました。
裏布は、今回はナイロンを使ってみました。

最近は、いつも使う基本のお道具類をこのケースに入れていますが、なかなか使いやすくて、気に入っています。


by Toko-livicafe | 2017-05-22 18:51 | 縫わないバッグ
e0040957_20092201.jpg
昨日は、息子のママ友仲間のいつもの6人で、夕食会に出かけました。
みんな、集まるとちょっとしたお土産持参で行くので、クリスマスのプレゼント交換みたいねと話しながら、テーブルで色々分け合います。

私は、バスクのラミネート生地のファスナーポーチを作って持って行きました。これからの季節向きに涼しめの色を選びました。
じゃんけんで買った人から好きな柄を取っていくことになって、みんな力を入れてじゃんけんしてくれて、楽しかったです。

e0040957_20092689.jpg
フランスの薄手のビニールコーティングの生地1枚で作っているので、持ち歩いてもかさばらなくて気に入っています。
ファスナーを縫わずにつけるので、作りやすくて、普通に丈夫に使えます。
ブルーの本革のタグもちょっとつけました。

最近は、ブックカバーも簡単にこのビニールコーティングで作るのも、レッスンで人気です。
肌さわりもよくて、使いやすいです。

by Toko-livicafe | 2017-05-18 20:31 | 縫わないバッグ