Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:縫わないバッグ( 213 )

e0040957_1935133.jpg

バイブルサイズのシステム手帳カバーを作りました。

今日の定期クラスのレッスンでは、このマーガレットの生地で「縫わないカメラバッグ」製作中の生徒さんがお二人いらして、もうひといきで完成というところなので、写真を撮ってみました。
写真左が生徒さんが作成中の「縫わないカメラバッグ」で、手前のシステム手帳カバーと右奥のトートバッグは私が作っておいたものです。
e0040957_19352220.jpg


レッスンで生徒さん達が作成中のブラウンとブルーの色違いの「縫わないカメラバッグ」です。
e0040957_19353990.jpg


厚いわたが入っていてかなりしっかりした作りなので、カメラの持ち運びも安心です。
ちょっとお出かけバッグとしても使いたいような感じです。

このカメラバッグの他に、もうひとつ別のデザインのカメラバッグもレッスンに取り入れています。
どちらもそれぞれかわいいので、お好みで選んでいただいています。
by Toko-livicafe | 2011-09-03 19:35 | 縫わないバッグ
e0040957_10492897.jpg

「縫わないトートバッグ」の中に入れて使うバッグインバッグを作ってみました。

外側に携帯などを入れられるように、小カシメを使って2分割したポケットをつけました。

形はシンプルな袋状で、上部を折って使います。
トートバッグの中身が見えないように、中に入れるために作りましたので、あえて持ち手などはつけない形にしました。
e0040957_10494566.jpg



トートバッグに入れるとこんな感じに。
ポケットに携帯やIphoneを入れて、取り出しやすいようになっています。
e0040957_1050387.jpg


バッグに合わせたい生地がチラッと中から見えるのもちょっといい感じです。
by Toko-livicafe | 2011-08-16 10:50 | 縫わないバッグ
e0040957_10594378.jpg

sony NEX ミラーレス一眼カメラの大きさに合わせて、「縫わないカメラバッグ」を作ってみました。
表生地と裏生地の間にドミット綿を入れてクッション性を出しました。
縫わないで作るとはいえ、底もサイドも小さなカシメ金具でしっかりととめ、蓋はマグネットで閉めるので安心です。
小さなお出かけバッグみたいで、持っているだけでもとってもかわいいですよ。


e0040957_110744.jpg

同じデザインで、一眼レフカメラバッグもできました。
カメラだけでなくて他のものを入れても楽しめそうです。

それぞれのカメラの大きさに合わせて自由に採寸して作れるのが手作りのいいところ。

この縫わないカメラバッグは、次期10月開講の「Living Room Cafe 写真とフォト雑貨のワークショップ」にも取り入れてみる予定です。

最近の私のワークショップは、フォト雑貨作りがメインになってきていますが、6回コースの初回ステップ1では写真の撮り方についての講義と実習をします。
光の使い方、カメラの基本機能の使い方、構図について、写真についての考え方などを中心にお話します。

2回目以降は、撮った写真をパソコンの中に保存しておくだけでなくて、お部屋に飾ったり使ったりして楽しめるフォト雑貨を作ったり、カメラまわりの小物を製作したいと思います。

日程などの詳細は近日中にHPに更新いたします。

お申し込み受付は7月27日(水)夜8時からを予定していますので、どうぞよろしくお願いします。



*お知らせ (7月25日 追記)

この記事のカメラバッグへのお問い合わせを色々といただき、本当にありがとうございます。
縫わないカメラバッグの新しいクラスを作りました。

*縫わないミニトートバッグ+縫わないカメラバッグ 1日コース 
  
(初めてカメラバッグを作られる方へ。
 初回からカメラバッグは難しいので、午前クラスでミニトートバッグを作り、午後クラスでカメラバッグを製作します。)

9月19日(月・祭日) 午前①クラス+午後①クラス   
レッスンページをご覧ください。


満席になりました。ありがとうございました。
by toko-livicafe | 2011-07-23 11:00 | 縫わないバッグ
e0040957_1191584.jpg

関西レッスンでも作る予定のスウェーデンのユートラドゴッドの生地で、「縫わないトートバック」を作りました。

だんだん作りなれてくると気楽にトートバッグができるので、色々な気に入った生地で作ってみたくなります。

カルトナージュのシェイプバスケットとおそろいの生地で。


*連絡

カルトナージュ定期クラスにお申し込みくださいました皆様、どうもありがとうございました。
メールを下さった全員の方に返信いたしましたので、もし、こちらからのメールが届いていない方がいらしたら、再度ご確認下さい。
どうぞよろしくお願いします。
by toko-livicafe | 2011-07-13 06:38 | 縫わないバッグ
e0040957_9184479.jpg


最近、気に入っている「縫わないバッグシリーズ」ですが、今回は、縫わない携帯電話ケースのご紹介です。

自分の携帯サイズに合わせて、基本的にはトートバッグと同じ作り方で作れます。

革テープにスナップをつけて、バッグにかけられるようになっています。




お知らせ

10月開講の「カルトナージュ定期クラス」のお申し込みは、本日7月11日、夜8時からです。
日程など詳細は、こちらのページをご覧ください。

どうぞよろしくお願い致します。
by toko-livicafe | 2011-07-11 07:17 | 縫わないバッグ
e0040957_23364948.jpg
最近のアトリエレッスンでは、「縫わない親子トートバッグ」が人気です。
ご自分で作るものを決めていただく自由製作のカルトナージュ定期クラスでも、ほとんどの方が作り始めて下さっています。
ボタン柄の生地(写真左)がなくなってきたので、はさみ柄の生地を選ばれる方が多くなっています。

写真右側の親子トートバッグは、今日の定期クラスの生徒さんの作品です。
左奥の見本のバッグは特大サイズ。その手前が中サイズのバッグで、一番手前がミニトートバッグ。
色々な大きさがありますが、どれもそれぞれすてきです。
定期クラスではオリジナルサイズで作られる方もいらっしゃいます。

関西からもご希望のメールをいただいておりましたが、10月に関西レッスンに行くことになりました。
10月2日(日)は、京都のデザイナーズホテル アンテルームレストランで。
レストランのお休みの日をお借りして、ランチやケーキも味わっていただくことになっています。
親子トートバッグ作りには広いテーブルが必要なので、かなりスペースに余裕が持てそうです。

10月3日(月)は、フラワーアレンジ・テーブルスタイリング・写真教室をされている
Flowertuftさんの新しいご自宅アトリエで。
写真の生徒さんでもあった方ですが、今回、関西レッスンにお誘いいただき、実現しました。

どちらもとってもすてきな会場なので、今から私も楽しみにしています。
レッスンの内容は、ご希望の多い「縫わないトートバッグ」とキャンドルティッシュボックスをメインに考えています。

近日中にこちらのブログで詳細を更新し、お申し込みは7月7日(木)夜8時からを予定しています。
どうぞよろしくお願いいたします。




e0040957_6471329.jpg


先日のレッスンで生徒さんが作られた中サイズのトートバッグです。
生地はアトリエでご用意していた
check &stripeの花柄で、さわやかな印象です。

ご一緒にマカロン生地で作られた方もいらしたのですが、写真を撮り忘れてしまってご紹介できなくて残念。
マカロン生地も各色、最近は人気です。
by toko-livicafe | 2011-07-01 22:35 | 縫わないバッグ
e0040957_0182965.jpg

最近、ずっと作りたいと思って考えていたのが、「縫わないバッグシリーズ」(?)で、一眼レフカメラ用のバッグ。

厚いクッションも入ってしっかりとしたものを作ってみました。
まだ、ちょっと試作の段階なのですが、大体のデザインや仕様が決まってきたので、写真を撮ってみました。

「縫わないカメラバッグ」を作るにあたって、考えていた条件は、

*ボール紙を使うカルトナージュのカメラバッグよりも柔らかいので、大きなバッグの中に入れても持ち歩けてさっと取り出しやすいこと。

*クッション性の高い安全にカメラを持ち歩ける仕様にすること。

*蓋がついていること。

*そのまま持ち歩いても、安全で可愛いこと。

*「縫わないバッグ」の作り方で製作してみたいこと。

などです。

革ベルトの位置は、何度も変えてみてようやく決まりました。
というのは、最初はトートバッグみたいに作ってみたけれど、そうすると蓋がなかなかうまくできなくて・・・

次に革ベルトの位置を左右に1本つけてみたところ、カメラを入れて持ち上げてみると柔らかいバッグなのでなぜかバッグの形が大幅に変わってしまい・・・

ベルトを前後に1本つけてみたら、不思議と持ち上げてもバッグの形がきれいなまま保てたので喜んでいたら、カメラの重さが均等でないので左右どちらかにバッグが傾いてしまい・・・

そこで前後の向きにベルトを2本つけたらようやく、持ち上げてもバッグの形がきれいなままで、左右にも傾かない、とても調子のいいカメラバッグになりました。


もう一度きちんと作ってみる予定ですが、このマカロン柄の生地は生徒さんが色違いの生地を持っていらしてミニトートバッグを作られて、あまりに可愛かったのでレッスン用にも4色くらい買い揃えました。
全体にマカロンの柄が入っていてとっても可愛いのです。


さて、それではこれからカメラバッグの本製作に入ることにします。

またでき上がったらご紹介したいと思います。
by toko-livicafe | 2011-06-21 11:02 | 縫わないバッグ
e0040957_1122823.jpg

「縫わないトートバッグ」を今回は少しアップグレードして作りました。
今までのものは中に製本クロスを使っていましたが、今回は内側に生地を使って作ることができました。 サイズも1.5倍くらい大きめにしてみました。

中はこんな感じに仕上がりました。
内布と底もカシメ金具でしっかり留めて仕上げています。
e0040957_11222531.jpg


サイドの外側から見るとこのようになっていて、補強のためのカシメ金具も飾りみたいにちょっとおしゃれな感じです。
e0040957_11223815.jpg


「縫わないトートバッグ」は前からずっと作りたいと思っていましたが、以前に一度大きいバッグを試作した時、どうしても内布の合わせ方がうまくいかなくて、いったん断念したことがあります。

その後、携帯用ティッシュケースのご要望を生徒さんからいただいた時に考えてみたのが、ミニトートバックの形のもの。その時も内布の貼り方にしばらく迷いましたが、起毛の製本クロスを使うことを思いついたら、意外にすんなり作ることができました。

その後、同じ作り方で大きいサイズのトートバッグを作れるようになって、だんだん内布の合わせ方に慣れてきたので、今回、初めて内側も生地を使用して無事に仕上げることができました。

このトートバッグは、底の方はカルトナージュの作り方も応用していますが、全体としては今までしなかった作り方なので、習われた方もちょっと新鮮な感じだと思います。

自分でトートバッグを作ることはずっと夢だったので、思いがけない展開から作れるようになって、とても嬉しく思っています。

トートバック作りには、久しぶりにメールを下さった方々や、地方や海外の方からもレッスンのお申し込みをいただき、これから広めていきたい気持ちになっています。
by toko-livicafe | 2011-05-27 08:27 | 縫わないバッグ
e0040957_1139218.jpg


実は、私は縫い物が全く苦手で、針と糸を使わないカルトナージュを気に入ってこの世界に入ったといういきさつがあります。

以前に一度だけ、ミシンで作るトートバッグのレッスンに参加したことがあります。
先生のご指導のもとでレッスンではとてもすてきなバッグができたのですが、家で自分ではどうしても作れなかったのです。

それで、縫わないで作れるバッグができたらいいなと漠然と思っていましたが、最近になってちょっとした思いつきからようやくそれが実現して、どんどん作っていけそうな心境です。

ブログでご紹介してから、縫わないトートバッグのレッスンご希望のメールを色々といただき、一般クラスでも少しずつクラスができ始めていて、私みたいな方が多いことを実感しています。

好きな生地で好きな大きさで、自分だけのバッグがさくさく作れるって嬉しいです。
by toko-livicafe | 2011-05-22 11:36 | 縫わないバッグ
e0040957_198511.jpg

最近のカルトナージュ定期クラス(自由製作クラス)のレッスンでは、先日ご紹介しました
縫わないトートバッグが人気です。
今日のレッスンでは見本のバッグをご覧になって、予定を変えてトートバッグを作られた方もいらして、仕上がった後で写真を撮ってみました。

大中小のうちの一番大きいバッグが、今日の生徒さんの作品です。(残りの2つは私が作っておいたものです。)
このボタン柄の生地は何を作っても可愛いので気に入っていますが、すでに廃版とのことで残念。
先日、お店に残っていた最後の5メートルを購入できましたが、レッスンでも生徒さんたちに人気です。


昨日は、初めてトートバッグを持って外出してきました。
暑い日だったのでペットボトルのお茶とか結構重いものも入れて持ち歩きましたが、縫わないで作ったとはいえ、サイドと底をカシメ金具でしっかり留めているので持っていても安心でした。

昨日の行き先は、写真のワークショップの生徒さんのデジージョさんの家です。
スクラップブッキングのMutsumi先生の丸箱のアルバム作りのレッスンに参加しました。
e0040957_134940.jpg

紙のコサージュの作り方も教えていただいて、とっても勉強になった楽しい時間でした。
by toko-livicafe | 2011-05-20 01:34 | 縫わないバッグ