Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:自転車( 15 )

新島サイクリング

e0040957_11241308.jpg
1つ前のブログ記事に引き続き、新島旅行の続きです。

今回の旅程などです。

前日から、折りたたみ自転車 FIAT AL-FDB140を西調布駅の自転車置き場に預ける。

当日朝、6時過ぎの電車に乗り、2回乗り換えて調布駅に。娘は調布駅からバスで15分の調布空港へ。
私は、調布駅の1つ先の西調布駅に行き、駅の自転車置き場に預けておいた自転車に乗り、約15分で飛行場へ。
(朝、折りたたみ自転車持参で電車を2回乗り換えてバスにも乗るのは、荷物が大きすぎて無理だと思ったので、前もって自転車を空港の最寄駅まで持って行っておきました。)

空港での集合時間は出発30分前の8時。ただし、自転車などの大きい荷物を預ける場合は40分前と、荷物の予約の時に説明がありました。
自転車を載せられるのは1飛行機につき2台までと決まっているそうで、前もっての予約が必要です。
小さな飛行場なので、目の前で、係員の方が荷物を飛行機に入れるところを見れますが、扱いが非常に丁寧で、輪行袋に入れた自転車も安心して預けられるように思いました。
19人乗りの小さい飛行機なので、荷物用コンテナは使わずに、荷物を直接飛行機の前後に積み込まれていました。
調布空港での航空会社は、新中央航空会社 1社のようです。

チェックインの時に、荷物の重さをまず量ります。1名につき5キロまでが無料でそれ以上になると追加料金が発生。今回は2人分合わせて1500円ほどかかりました。
体重も申告し、飛行機の席を指定されます。

8時30分 
調布飛行場を出発(1つ前のブログに少し様子を書きました。)
離陸後35分で新島へ。

9時10分 
新島空港着
空港から徒歩2~3分のナカダレンタカーさんに行き、レンタサイクル(ママチャリ)を1台、娘用に借りる。レンタカー屋さんですが、レンタサイクルも30台あるそうです。

空港でもらった新島の地図&ガイドブックに載っていたサイクリングコースマップに沿って観光。

羽伏浦海岸
7キロにわたって続く白い崖と白い砂浜の海岸の風景は、圧巻です。エメラルドブルーの海の色の美しさにも感動。
東京から35分飛行機に乗ったら、別世界のような島に着くなんて、ただただ感動でした。
随分長いこと、海辺で過ごしました。

集落の本村
 おしゃれなカフェ Pool /Parkでランチ。
 島ポキ丼(イカとマグロの海鮮丼)セットを食べました。イカも透き通っていておいしい。季節のせいか、島では観光客の姿はあまり見かけない感じでしたが、このカフェに来たら、満員でした。

その後、回ったところは、
新島港 → 湯の浜露天温泉 →まました温泉(この日は島の運動会で臨時休業で残念)
→温泉ロッジ(温泉に入る)→シークレット海岸

シークレット海岸とは、羽伏浦海岸先に続くサーフィンのスポットで、巨大な白ママ断崖に一番近い場所にあります。波が高く、かつてはサーファーの間で秘密の場所だったそうですが、今は観光地図に載っていたり、道案内の看板も立っていて、一般に広まっているようです。
どうしても行ってみたかった場所だから、森の中をかなり長いこと自転車で走り、途中から舗装がなくなり、最後は自転車を置いて獣道みたいなところを歩いてから、急にUの字型の海が開け、高い階段の上から海岸に下りていきます。
一人ではちょっと行けなかったような場所です。

飛行機から見たら、シークレットの階段から白ママ断崖は近そうに見えたけれど、実際は海岸を1時間歩くそう。
近くまで行っても、白ママ断崖が巨大すぎて(一番高いところで250メートル)下から
全体を眺めることができないそうです。

7キロに及ぶという海岸の白い崖は、自然の力を感じさせる絶景。波の高い美しい海と白い砂浜とともにこの世のものとは思えないような驚きの世界でした。

帰りの飛行機の時間があるので戻り、飛行場方向に自転車で走ると、意外とシークレットから空港は近くてあっさり着きました。

レンタサイクルを返してから空港へ。
最終便の16時20分発の飛行機で出発。
17時 調布飛行場着。 
朝1番早い飛行機で来て、最終便で帰ると島にいる時間は約6時間。
自転車を使うと、見所を色々まわれました。
坂も少なくて、サイクリングしやすい島でした。

新島へは東京の竹芝桟橋から高速船も出ていて、片道3時間で着くようです。
始発の船で来て、最終便の船で帰ると島にいられる時間は約3時間なので、日帰りで島を観光するのは難しいので、船なら島で泊まるプランになるようです。

帰りも、飛行機の窓から白ママ断崖を正面から見れて再び感動して、それから行きと同じ光景に目が離せず、あっという間の飛行でした。
小さい飛行機だけれど、揺れずにしっかり安定していて、安心して乗れました。

調布駅からは、娘は電車で、私は自転車で自由が丘までのんびり1時間半くらいかけて走りながら帰りました。

新島は東京都で、車も品川ナンバー。
気温は東京とあまり変わらない感じでしたが、少しだけ温かいかもという印象。
静かな時間が流れる絶景の島。

また旅に出たくなったら、さっと飛行機に乗って絶景を見に行きたいです。


新島観光情報のサイト



e0040957_20152791.jpg

10月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon









by Toko-livicafe | 2017-10-05 00:09 | 自転車

横浜・鎌倉ツーリング

e0040957_15101618.jpg
以前にGiantの女性向ロードバイク Livの試乗会に参加したメンバー5人で、サイクリングクラブを作り、Lineで情報交換。今回は4名で横浜・鎌倉ツーリングでした。
私は無理のない形で参加するために、横浜までご一緒することにしました。

目黒区緑が丘の自宅を出発してから多摩川サイクリングロードを六郷土手まで下り、横浜中華街のランチのお店まで約2時間、皆で走ると横浜も意外と近い感じがしました。
列を組んで走ると、曲がる時や止まる時の手信号も大事です。

今回は、ロードバイク2台とクロスバイク2台で、駐輪の方法も印象的でした。
30万円以上するカーボンロードバイクの方もいらして、一般の駐輪所は盗まれる心配があるので使わずに、中華街のランチのお店の前で4台まとめて地球ロック(地面と一体化している構造物と一緒に鍵をかける方法)。確かにこの方法だとかなり安全な感じです。

ランチの後、皆さんは鎌倉へ向かい、私はここで解散してからスワニーで生地を見たり、今年新しくできた海辺のショッピングモールの マリンアンドウォークへ。
カフェでまったりとしたり、おしゃれなお店を散策しました。
e0040957_15064822.jpg
帰りは1人でのんびり走り、約2時間半かけて帰ってきました。
さわやかな秋風の中、往復約55kmのサイクリングでした。

ご一緒しました皆さま、ありがとうございました。







by Toko-livicafe | 2016-10-24 23:06 | 自転車
e0040957_14375607.jpg
多摩川サイクリングロードを上流方向へ走り、往復約55キロのサイクリングに行ってきました。
以前にGiantのロードバイク試乗会に参加したメンバー5人で、サイクリングクラブができ、今週末に横浜鎌倉サイクリング会の予定が入っていますが、今回は平日動けるメンバー2名で行って来ました。

ご一緒したkさんはスイーツに超詳しい方で、いつもケーキ屋さんを目指してサイクリングされているそう。
午後1時に二子玉川のGiant shopで待ち合わせて出発。
日野市高幡不動駅近くの有名なケーキ屋さん
までご案内いただきました。
ケーキや焼き菓子の種類がすごく多くてびっくり。パンもおいしそうだったので、チョコレートクリームのロールケーキとショソンオポンム(りんごのパイ)をいただきました。

10月とは思えないくらいものすごく暑い日だったので、おいしいケーキとアイスティーで至福の休憩でした。
帰りは夕方になってきたので涼しくてさわやかなサイクリング、しかも下流に向かう緩やかな下りなので、すいすいと進みました。

スイーツサイクリングという言葉があることも初めて知った私ですが、遠くのお気に入りのケーキ屋さんを目指してサイクリングという楽しさは、新たな発見でした。

ご一緒したkさん、ありがとうございました。





by Toko-livicafe | 2016-10-21 14:25 | 自転車

ロードバイク試乗会へ

e0040957_03232595.jpg
Giantのロードバイク試乗会に行ってきました。
多摩川サイクリングロードを20kmほど走りました。スタッフの方が前後についてくれて、6名での試乗会でした。
女性向けのロードバイク Liv のAvailシリーズを、交代しながら3種類試乗してきました。アルミバイク、カーボンバイク、それからディスクブレーキも経験して、初めてロードバイクの乗り方を習ってきました。

実は私は6月半ばに、雨の日にマンションの外階段ですべってころび、足首を骨折してしまいました。 それで、1ヵ月半の間、松葉杖生活をしていて、室内ではキャスターつきの椅子でらくらく移動できたのでレッスンは休まずさせていただいていました。
7月末からは松葉杖も外れて、通常の生活をしていいということで、歩いたり、今では走ったりもできるのですが、自転車に乗るとスピードが出ないので脚力の衰えを感じます。
以前は平地は時速25kmくらいで、自転車でゆっくりめに走っていたのですが、今は、めいっぱいこいでも時速17~18kmしか出ないので、あれ?っと自分でもびっくりしたりしています。
徐々に時間をかけて、元の脚力に戻していくしかないのでしょうね。

ということで、今日の試乗会では、先頭の先生が初心者向けに平地で時速17kmくらいで走ってくださっていたと思うので、私はついて行けたぎりぎりのラインという感じだったのでした。



by Toko-livicafe | 2016-08-15 03:29 | 自転車
e0040957_16252474.jpg
来週、ロードバイクの試乗会に参加するのですが、ヘルメットとグローブが必要ということで、購入してみました。
一般のお店に売っているのは、レーサータイプのものが多いので、街乗りに使えそうなものを色々探してようやく見つけました。

ヘルメットは、OGK KABUTOのMAXITY(マキシティ) シャイニーアイボリーの Sサイズ →☆
大きさも調整できて、軽くてとってもかぶりやすいです。
グローブはGIROので、都立大学駅近くのおしゃれ自転車屋さんのル・サイク工房で購入しました。

今日は、夕方涼しくなったら、多摩川サイクリングロードにひとっ走り行って来ます。




by Toko-livicafe | 2016-08-11 16:43 | 自転車
e0040957_02524663.jpg

先月、伊勢志摩旅行に行った時に、折りたたみ自転車を宅急便で送ったことをブログにのせたら、詳しく知りたいと聞かれたので、その時の様子について書いてみようと思います。

折りたたみ自転車 FIAT 140は、ミニベロなどの一般の小径車よりもさらにタイヤの小さい14インチで、重さもロードバイク並みの8.5kgと、折りたたみ自転車の中ではかなりコンパクトです。
タイヤが小さいといっても、タイヤとギアの比で回転数が決まるそうで、そんなに一生懸命こがなくても、ママチャリの感覚で普通に乗れます。乗り心地もなかなかいいです。

普段も往復5kmくらいの距離は乗っていて、ギアなしのシングルスピードですが、タイヤが小さいので坂道もそれなりに上れます。
あまり急な坂道は無理して上らずに、自転車から降りて押しながら歩きますが、自転車が軽いので普通に歩くのとほとんど変わらない感覚で坂を上れます。

写真は、自転車と箱の大きさがわかるようにスツールを並べて撮りました。
(余談ですが、このスツールは、北欧ボラスタペーターの壁紙を貼ってニスを塗って作りました。)

ネットでこの自転車を購入した時に使われていたダンボールの箱をたたんでとっておいたので、その中に入れて宅急便で賢島のホテルに送りました。
この箱は、クロネコヤマトの宅急便の160サイズに収まる大きさなので、中身が自転車と伝えても、普通の宅急便と同じ料金と扱いで送れました。
重さも25kg以内という規定がありますが、8.5kgの自転車なので、らくらくクリアできます。

一般に自転車配送は、片道4000円以上かかりますが、この自転車は普通の宅急便料金の1750円(東京から関西圏)で送れるので、ちょっと気楽に旅先に発送できる気がします。送る時は、家まで宅急便屋さんに取りに来てもらいました。

新幹線に乗せて輪行という可能性もありましたが、今回は伊勢志摩に行く前に関西レッスンをする予定があったので、配送にしました。

買った時は、出っ張りの出るペダルが片方はずしてあって、ぎりぎり箱に入っていました。
私は以前に、クロスバイクのペダルを交換するために自転車用スパナではずそうとしましたが、かなり硬くて無理だった経験をしたことがあります。それで、旅先で外れなくなると困るので、折りたたみ式のペダルに交換しています。
自転車のペダルは、こぐとどんどん硬く締まっていくので、はずすのが結構難しいのです。
折りたたみ式のペダルは簡単にたためて便利ですが、たたんだ時に少し出っ張りが残るので、買った時のダンボールに入れるとペダル部分のみ膨らみましたが、それでも何とか入りました。

それから、サドルの高さを決めるシートポストの長さがもう少し長い方がいつものポジションが保てるので、家の近所の自転車屋さんでワンサイズ長いシートポストに交換しました。そのため、シートポストをはずして入れて、箱にぎりぎり収まりました。
(上の写真1枚目には、長いシートポスト、2枚目には買った時の長さのシートポストがついています。)

帰りは、ホテルのフロントから、同じようにして送り返してもらいました。

近所の自転車屋さんに聞いたら、自転車用のダンボール箱は、取りに行けば無料でもらえるそうなので、もう少し大きい自転車を送ったり飛行機に載せる場合は、活用できそうです。


2017年11月10日 追記
最近は、往復20kmくらいは普通にこの自転車で走りますが、疲れにくい自転車だと思います。
このダンボール箱は自転車を宅急便で送るのに数回使いましたが、だんだんこわれてきたので、今は、輪行バッグの中にクッション性のあるレジャーシートを1枚入れて送るというのに落ち着いています。
クロネコヤマトの160サイズの宅急便として送っています。




by Toko-livicafe | 2016-07-06 23:50 | 自転車
e0040957_01273157.jpg

自転車が趣味になったきっかけについて、時々聞かれることがあるので書いてみようと思います。

写真のクロスバイクを買ったのは、約2年前のことです。
現在は自転車を3台持っていますが(Giant クロスバイク、Banchi ミニベロ、Fiat 折りたたみ自転車)、少し遠出する時はこのクロスバイクで行きます。
今日の写真は、先日通った四谷の迎賓館前で。


かつて自転車は、自分にとって日々の実用に便利な乗り物でした。

子供達が幼なかった頃、幼稚園や公園に行くにはなくてはならない足であったし、スーパーの買い物袋を前後の籠いっぱいに積んで運ぶのにも欠かせないものでした。

そんな便利な乗りものとしての位置付けが、ある日、魅力的な癒されるものに変わりました。

最初のきっかけは、息子が一足先にロードバイクに凝り始め、東京から関東近県まで自転車で行くようになり、身近に話を色々聞くようになったこと。
そんな世界があったのかと、私も少しだけ趣味としての自転車に興味を持ち始めました。

ちょうど自転車を買い換える時期に来ていたので、色々考えて最初は入りやすいクロスバイクを購入することにしました。
まず最初に、二子玉川のGiant Storeを見に行きました。

e0040957_08202963.jpg

とてもおしゃれで専門的な感じの自転車ショップで、私にとって初めての世界。
新鮮な気持ちで自転車を眺めていた時、ふと目についた女性向きのクロスバイクFreedaに一目惚れでした。(今日の1枚めの写真のクロスバイクです。)
サドルやグリップが革風で少しクラシック感があり、自転車のイメージが自分の中で何かしっくりくるものがありました。
それで、これにするってあっさり決めました。
(結果的に最初の1台にこのfreedaを選んでとても良かったと、2年経った今も思っています。)

その日は下見のつもりだったので二子玉川まで車で行っていて、注文した付属品も届く後日、自転車を取りに行くことになりました。
それまでの私は、車が大好きでどこへ行くにも車でした。

さて、いよいよ自転車を取りに行く日、なるべく乗りやすい服装を選び、スニーカーを履いてショップに出かけました。

ショップを出て、初めてクロスバイクに乗って道を走った時、あまりの滑らかで軽やかな走りにびっくりしました。

車体の重さは10.8kgとママチャリの半分近くで、ギアは24段、フレームの形も今までと違うし、ハンドルのグリップも平らで持ちやすくて、ちょっとだけ前傾の姿勢も自然で心地よく。

クロスバイクが、今まで乗っていた自転車とは全く別の乗り物みたいに感じた瞬間でした。




by Toko-livicafe | 2016-06-11 23:27 | 自転車
e0040957_18380065.jpg
市販の帽子の裏側に
e0040957_18380331.jpg
このようにウレタンのようなスポンジのようなものを貼り付けて、少し安全性を高めました。

e0040957_18495853.jpg自転車用に、普通の帽子の内側に安全のためにウレタンをつけたいと思い、ホームセンターで探していたところ、なかなかよさそうなものを見つけました。
幅8mm厚み5mmにすでにカットされていて、しかもシールつき。スポンジよりも硬く、ウレタンに近い感じのもので、タイル目地の工事に使うものらしいです。(商品名がよくわからないのですが。)
これが、帽子の内側に貼るのにぴったりで、シールをはがして貼るだけでできます。5mmくらいの間隔をあけて貼ったので、通気性も維持できそうです。

何回か使っていますが、シールがはがれることもなくてしっかりついているようです。

もちろんヘルメットをかぶった方がより安全ですが、ちょっと自転車に乗ってそう遠くないところに出かける時とかに、帽子のみよりは安全性が増すし、簡単に貼れるので作りやすいです。
やや大きめの帽子を買ってつけるとサイズがちょうど良くなります。



by Toko-livicafe | 2016-05-13 18:51 | 自転車

45kmのサイクリング


e0040957_09231768.jpg

連休中に、友達とサイクリングに出かけました。

コースは、
10時 目黒区緑が丘の自宅をスタート
→世田谷区桜丘の友達の家
→吉祥寺の井の頭公園
→吉祥寺のマーガレットハウエルでランチ
→吉祥寺の手芸店 AVRILで指編みシュシュ作り(15分)
→調布の野川公園
→調布飛行場で飛行機を見る
→多摩川サイクリングロードを走り和泉多摩川へ
→世田谷通りの自転車店 BEX ISOYA 成城
17時 世田谷区桜丘で友達と解散
→TSUTAYA 馬事公苑のスターバックスへ
→世田谷区桜丘の娘たちのマンションへ
→目黒区緑が丘の自宅へゴール

帰宅した時、自転車につけているサイクルメーターは、45.1kmでした。

距離を合計すると1日で随分走った感じがするけれど、途中で食事したり、観光したり、休憩したりと色々寄っていると、不思議といつもの近距離サイクリングとあまり変わらない気がしました。
たくさん走れるコツは、近距離の積み重ねで色々寄り道することかもと思ったりしました。

以前に、息子と娘と一緒に世田谷から横浜までほとんどぶっ続けでサイクリングした時はかなり疲れましたが、今回はあまり疲れは感じませんでした。
自転車は緩やかな運動なので、休憩をまめに入れれば身体に負担がかからないすがすがしい運動になるみたいです。

吉祥寺のマーガレットハウエルは、隣の公園のグリーンを眺めながらおしゃれなランチが楽しめて、とても良かったです。
多摩川サイクリングロードは、風景も道もとってもきれいでまた走ってみたくなりました。

一緒に走ってくれたママ友のYさん、どうもありがとう。


by Toko-livicafe | 2016-05-06 09:15 | 自転車
e0040957_21530993.jpg
右手首のけがもようやく回復してきて、3ヶ月ぶりに自転車にも乗れるようになりました。

皆様からは励ましのお言葉や、骨折のご経験者の方々からの貴重なアドバイスもたくさんいただき、本当にありがとうございました。
すっかりご心配、ご迷惑をおかけしてしまいましたが、おかげさまであと一息のところまで来ています。

今は近所にちょっと自転車で出かける時でも、もうヘルメットなしでは自転車に乗る気持ちにならないのですが、普通の服にしっかりしたヘルメットはなかなかコーディネートが難しく。 そこで、ニット帽をちょっと工夫してヘルメット代わりにしています。

以前のブログ記事でご紹介しましたが、縫わない簡易ヘルメットのカスクを作ったのがあるので(上の写真右側)、伸縮性のあるニット帽をその上にかぶせれば、一見普通の帽子に見えて、荷物にもならないのでなかなか便利です。

e0040957_21531471.jpg
ウレタンの入った簡易ヘルメットの上にニット帽をかぶせて、内側から見たところの写真です。


以前はこのカスクを帽子の上につけていましたが、一回り大きい帽子を買ったので、こちらもカスクを中に入れてみました。
e0040957_21534349.jpg
表から見ると、まったく普通の帽子に見えます。一般にカスクは帽子の上につけるものなのですが、中に入れて使うことに最近気がつきました。

カスクは昔、ヘルメットのない時代に自転車競技に使われていたそうです。
現在の硬いヘルメットにはかないませんが、かぶらないよりはかなり安全性が高いと思います。
私はカスクを自分で作りましたが、たくさん市販されているものもあるようです。 → 

ということで、最近は、また楽しく自転車生活始めています。


(一時こっていたスロージョギングは、ひざを痛めてしまい、お休みしています。
スロージョギングの基本の「足の指の付け根から着地」も守っていたつもりで、1日20~30分くらいを毎日とても楽しく続けていたのですが、数十年ぶりに走ったりして身体がびっくりしたのかもしれません。)




by Toko-livicafe | 2016-01-27 22:45 | 自転車