Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:料理( 46 )

e0040957_1954219.jpg

La Maison Ginzaは、フランス料理みたいなアイスクリームが食べられるハーゲンダッツの高級店です。

ここの1階で買えるハーゲンダッツ プリンが とってもおしゃれで気に入っています。
食べ終わった後の陶器の入れ物がまたおしゃれで、家で使ってみてとてもよかったので、その後、アトリエ用に器のためにプリンを大人買いしてしまいました。
卵形がかわいらしく、和風にも、洋風にも、お菓子にもぴったりで使いやすくて、出番の多い器になりました。

写真は、今日の午後のカルトナージュレッスンの時にお出ししたパンナコッタです。
ハーゲンダッツプリンの入れ物の中に、パンナコッタを作って冷やし固め、キャラメルソースとフルーツ(キーウィ、パイナップル)をのせました。

今日の午前の写真のワークショップでは、最近色々な方のブログで見かける「おかえりマンゴー」をこの器で作ってミニランチのデザートにしました。

「はなまるマーケット」で紹介されてから、簡単で美味しくて珍しい発想なので人気になっているそう。
プレーンヨーグルトにドライマンゴーを入れて一晩つけておくと元のマンゴーに戻ったみたいに美味しくなっているところから命名されたそうです。ヨーグルトも同時に甘くまろやかに。
ドライフルーツなら何でも同じ原理かなと思って、今日は、マンゴーのほかに大粒のゴールデンレーズンも一緒に入れて作ってみました。
また色々なドライフルーツで試してみたいデザートです。
by toko-livicafe | 2010-05-01 23:50 | 料理

今日のレッスン風景

e0040957_18591750.jpg

今日は、午前中はカルトン書類ファイルとはさみケースのカルトナージュレッスンをしました。
レッスンでのミニランチは、和風にしてみました。

・空豆と豆腐の白ごま和え
・豚肉とじゃがいも、レンコンの煮物
・古代米黒米ご飯

煮物は炊飯器で作りました。
一時、よく作った炊飯器クッキングに最近またちょっと凝りだしております。
材料を何でも入れて白米モードでスイッチを入れておけば、自然に出来上がっていて、さらにいただく時までずっと保温もしておいてくれるというのでなかなか便利です。
それから、じゃがいもが決して煮くずれないというのも、なぜなのか不思議ですが嬉しいところです。

炊飯器クッキングでちょっと困るのは、ご飯は一体どうやって炊けばいいのかということ。
以前はよくお鍋で炊いていましたが、今日は思いつきでちょっといい方法を見つけました。

まず、最初にご飯を先に炊飯器で炊いて、蒸篭に盛り付けておきます。
次に煮物の材料を炊飯器に入れて作り、お出しする時間まで保温にしておきます。
食事時間近くなったら、蒸篭ごとご飯をさっと蒸します。食卓で蒸篭の蓋を開けたら湯気で熱々のご飯が。
この方法、生徒さんたちにもちょっと好評でした。

炊飯器で炊いたご飯を蒸篭に入れてお出しするという話は、以前のブログで書いたことがありますが、こんな感じになります。(今日は写真を撮り忘れたので。)

ミニランチが終わって、午後のクラスでは「タルトタタンとカルトナージュのコラボレッスン」をしました。
コラボレッスンは通常、ご要望があった時にクラスを作っていますが、このタルトタタンはご希望の方が多く、毎年数回レッスンをしています。

今日のタルトタタンの出来上がりはこんな感じになりました。
e0040957_19181666.jpg

コラボレッスンの時に作るカルトナージュは、当日、皆さんにお好きなものを選んでいただいていますが、今日はランプシェードが人気でした。
e0040957_19192197.jpg


いつもこんなふうにして1日が過ぎていきます。
by toko-livicafe | 2010-03-27 18:30 | 料理

蒸篭にご飯

e0040957_19502790.jpg

蒸篭を使った蒸し料理が好きですが、蒸篭はお皿みたいにして使うのにも活用しています。
今日の写真は、アトリエでのカルトナージュレッスンのミニランチの時に撮ったものです。
炊飯器で炊いた八穀米も蒸篭に盛り付けてお出しすると、ちょっといい感じで気に入っています。
by toko-livicafe | 2010-03-06 19:57 | 料理

タルトタタンの季節

e0040957_2011622.jpg

「お菓子or パンとカルトナージュのコラボレッスン」は、今月から来月にかけて8回ほど開催の予定ですが、人気のメニューbest 3といえば、タルトタタン(今日の写真)、チョコレートカンパーニュ(一つ前のブログの写真)、そして かぼちゃのパンでしょうか。

タルトタタンは、私はフジのりんごで作ることにこだわっていて、それからタルト生地をこねやすい温度ということで、寒い季節だけのメニューです。

このお菓子の詳しい説明やレシピはHPの「タルトタタン物語」にのせていますが、キャラメルで焦がしたりんごの上にタルト生地をのせて焼くので、台がパリッとしていることも特徴です。

焼きあがったら、型の上に大皿をのせて いちにのさん!という気合でひっくりかえしてから、型をお皿の上ではずすと、つやつやのりんごが現れるというのも嬉しいタルトです。
by toko-livicafe | 2010-02-08 20:01 | 料理
e0040957_2346368.jpg

カルトナージュレッスンの午前クラスでは、いつもミニランチを作って、レッスン後に生徒さんたちと一緒にいただきます。
カルトナージュレッスンがメインなので、ミニランチはあまり気張らずに、いつもその日の思いつきで冷蔵庫にあるもので自由に作るというスタイルが気に入っています。
レッスン中に簡単に作れるものに限られますが、写真のような体に優しい蒸篭蒸し料理も定番です。
この日は、豚薄切り肉、さつまいも、カリフラワー、大根、京にんじん、さやいんげんを蒸篭で蒸して、柚子の汁と皮のせん切り入りのおしょうゆをかけていただくお料理です。
e0040957_2346156.jpg

IKEAのキャンドルグラスにお豆腐と菜の花を入れて、豆板醤入りのタレをかけるように添えました。

ミニランチは、その日によって和洋中、色々ですが、レッスン中にパンを焼くこともあります。
e0040957_23462697.jpg

この日のメニューは、ベーコン&オニオンチーズブレッドを焼いて、かぼちゃとスナックえんどうのスープ、それから、トマトとルッコラにレモン風味のオリーブ油をかけたちょっとしたサラダです。

このパンは、以前にミニランチにお出しした時に生徒さんが気に入ってくださって、カルトナージュとこのパンのコラボレッスンをすることになったりしました。

コラボレッスンでは、初級のカルトナージュの中から当日、皆さんでそれぞれ作りたいものを話し合って、クラスで3種類以内くらいに決めて作っていただいてますが、今日のコラボレッスンでは、新しく作ったハサミケースが人気で全員が選んでくれました。

次回はハサミケースをご紹介しますね。
by toko-livicafe | 2010-01-12 23:46 | 料理
毎年、12月の料理教室はお正月料理のメニューにしています。
年によって、伝統的なおせち料理のこともありますが、今年はおせち料理を食べた後で、
ちょっとお正月にお出ししてみたいお料理という感じで考えてみました。

「蒸篭茶碗蒸し」
e0040957_1339423.jpg

蒸篭で大きく作る茶碗蒸しです。1皿で4~5人分くらいの量です。
蒸しあがったプレーンな茶碗蒸しに、豚肉とせん切り野菜のお吸いもの風をかけています。

直径24cmの蒸篭の中に、IKEAの白の陶器深皿がピッタリ納まります。このお皿、丸ではなくて四角いところがポイントで、丸いとなかなか蒸篭から出しにくくて大変なのですが、四角いからさっと出せる優れものです。



「蒸し鶏と香りおなます野菜のサラダ風」
e0040957_1340416.jpg

お正月料理定番の大根とにんじんのおなますをアレンジして、蒸し鶏のサラダ風に仕上げました。
野菜類はセロリ、黄ピーマン、京にんじん、にんじん、大根を太めの拍子木切りにして柚子とともに甘酢につけました。蒸篭で蒸した鶏胸肉をよく冷やしてから薄切りにして添えています。


「蟹とゆり根の土鍋ご飯」
e0040957_13402225.jpg

たらば蟹とゆり根を入れて、お出しで炊いた土鍋ご飯です。
以前のブログでご紹介したこともあるこの土鍋は、和洋中、何にでも対応できるところもいいです。


「天津甘栗のスイートポテトクリーム」
e0040957_13403736.jpg

一見普通のさつまいもだと思って買ってみたら、切ったら中が紫色だったのでびっくり。
よく見たら袋に小さくパープルって書いてありました。
思いがけずに紫芋で作ることになったスイートポテトがそれ以来気に入っています。
一つ一つ丁寧に殻をむいた天津甘栗は、やっぱりとてもおいしい。




今年もついに大晦日。
この一年を振り返って、いつも目の前にあるものに夢中になって突っ走ってきたような気がします。
来年は、立ち止まってみることも自分にとって必要なのではと思い始めています。

定期的な料理クラスは来年は一休み。クラスの皆さんとは、時々食べ歩き会でお会いすることに。
お料理の仕事は、日々のカルトナージュや写真レッスンの時のミニランチ作りや、お菓子orパンとカルトナージュのコラボレッスンで続けていけたらと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

では、今年もブログを見に来てくださって本当にありがとうございました。

来年も皆様のご多幸を祈っています。

どうぞよいお年をお迎えください。




追伸:
①2010年4月開講の写真のワークショップは、1月5日夜9時にお申し込み開始の予定です。
近日中に来期の日程など、詳細をHPに更新予定ですので、よろしくお願いします。

②カルトナージュ通信講座の定規ケースは、1月前半に開始させていただきます。
 その次は、四角い時計とフォトクロックも準備の予定です。
by toko-livicafe | 2009-12-31 13:40 | 料理
毎年、この時期の料理教室は、クリスマス料理のメニューです。
今年は簡単に作れてクリスマスらしいものにしてみました。
オードブルは、新鮮野菜のバーニャカウダ。
e0040957_0141779.jpg

イタリア料理のバーニャカウダは「温かいソース」という意味で、本来は専用のバーニャカウダポットをキャンドルで温めながら、ソースをパンや野菜につけながらいただきますが、教室では温めた小さなグラスに入れて銘々のお皿において、ソースをつけやすい感じでお出ししました。
オリーブ油、にんにく、アンチョビー、生クリームで作るこのソースがあれば、野菜がいくらでも食べられる気がします。

野菜選びにはちょっとこだわりました。
このピンク色の蕪は「あやめ雪」という名前で、生で食べてもとても柔らかくて美味しいです。
e0040957_023358.jpg

用賀の野菜ソムリエのお店「EF」では、あやめ雪はじめ、こだわりの産地からの野菜、珍しい野菜や果物が揃っていて、とても美味しくて気に入っています。
こんな珍しいりんごも手に入ります。桃とりんごを合わせたような香りがします。味は酸味があるので焼きりんごに向いているそう。
e0040957_027648.jpg


メインディッシュは「骨付き鶏とさつまいも、りんごのデンマーク風オープンサンドイッチ」。
e0040957_0311690.jpg

以前にデンマークに旅行に行った時、オープンサンドイッチの種類の多さに驚きました。
日本のイメージのオープンサンドイッチのようにパンの上に具が載っているという感じではなくて、お皿の中央に薄切りのパンがちょっと載っていて、その上にお料理を山盛り載せるのでパンはほとんど見えないくらいで。それで、フォークとナイフでお料理もパンも一緒にいただくというスタイルがデンマーク風。
HPのレシピのページでも、デンマークオープンサンドイッチを詳しくご紹介していますので、よろしかったらご覧ください。

デザートは、「クリスマスパンプディング」。プルーンとチョコチップがたっぷり入っていて、ふわっと焼きあがります。
e0040957_0331014.jpg


毎年、11月はクリスマス料理の月、12月はお正月料理を教えています。
気がついてみたら、今年ももう師走。
お正月料理考えモードに入りました。
12月のメニューも後日、ご紹介したいと思います。
by toko-livicafe | 2009-12-04 23:57 | 料理

かぼちゃのピロシキ

e0040957_1755325.jpg

ハロウィーンに向けて、今月のテーマ料理クラスは「かぼちゃのピロシキ」のランチメニューです。
昨年の10月に初めてこのパンの形を考えて以来、生徒さんにも人気が高く、この時期の恒例になりそうです。

このパンの形の作り方は、昨年のブログ記事に詳しく書きましたのでご覧くださいね。

今日のレッスンでお料理の撮影の時には、オリンパスのPENが3台も並びました。 
やはり人気が高いですね。
アートフィルターのファンタジックフォーカスでホワイトバランスを変えて撮るといいということを聞いてさっそくやってみたら、なかなかかわいい写真が撮れて満足。
by toko-livicafe | 2009-10-24 17:06 | 料理
今月のパンクラスも終わり、メニューをご紹介します。
「オリーブとくるみのライ麦パン」
e0040957_1592872.jpg

「オレンジのチーズクリームパン」
オレンジのシロップ煮を刻んでパンの生地に入れて作り、チーズクリームを絞り出して焼きます。
焼きあがったら、オレンジのシロップ煮をのせています。
オレンジのシロップ煮は、一緒に焼くよりもあとでのせた方が生っぽい感じでおいしいです。
私は、ロールケーキ用の正方形の型で焼いているので、一度に16切れ分焼けます。
チーズクリームとオレンジの味がぴったりで、ちょっとケーキみたいなパンで、とても美味しくて気に入っています。
e0040957_1594813.jpg

「生ハムのサラダ ゴルゴンゾーラチーズソース」
ゴルゴンゾーラチーズソースは、サラダ、パスタ、肉料理、魚料理、ゆで野菜など、何にかけてもとっても美味しいです。
作り方もゴルゴンゾーラチーズ(イタリアのブルーチーズ)と生クリーム、牛乳を一緒に火にかけて溶かすだけなのでとっても簡単。うちの家族もみんな大好きなソースで、子どもにも好評です。
e0040957_1595836.jpg

by toko-livicafe | 2009-09-28 23:57 | 料理
e0040957_20115178.jpg

今日は、お菓子とカルトナージュのコラボレッスンをしました。
コラボレッスンといっても、お菓子の先生とカルトナージュの先生としてTokoが1人2役という意味でコラボと呼んでいます。

レッスンではまず、お菓子の作り方の説明をして、皆でオレンジのシロップ煮とムースを作りました。
それから、皆さんでお話し合いの上、初級のカルトナージュの中から3種類以内くらいに統一していただいて何を作られるか決めていただきました。

それで結局、今日はネームホルダー、リングバインダー、ICパスケースに決まり、それぞれお好きなものを作っていただきました。

カルトナージュができあがりそうな時に、お茶の時間にして、皆で作ったリング型のオレンジムースを食べながらちょっと休憩。

オレンジをシロップで煮ると、皮まで香り高くなってとてもおいしいです。日もちもするのでアイスクリームにのせたり、ワッフルや焼き菓子に入れたり、色々使えて気に入っています。
作ってから一晩おくとぐんと味がよくなるので、今日のムースには前日に作っておいたオレンジを使いました。
このムースはふわふわした軽くて優しい味で、オレンジのシロップ煮とよく合います。

お菓子とカルトナージュのコラボレッスンは、時々クラスを作っていますが、今日のレッスンでもご要望があって、来年の3月6日(土)にタルトタタンとカルトナージュのコラボのレッスン日が決まりました。
ずいぶん先の話ですが、土曜日のクラスは平日と違って日程が少ないので2月まではスケジュールも決まってしまっていて、また、作れるのはおいしいりんごの出回る寒い季節限定(10月から3月くらいまで)なので、このような日程になりました。

タルトタタンのレシピはエピソードとともに以前からHPにも載せていますが、文章では伝えきれない微妙な部分が少なからずあるので、やはり実際に皆さんの目の前で作れると、こちらも伝えたいことがスムーズに進みます。

今日の「オレンジのムースとカルトナージュのコラボレッスン」は、今月末の25日(金)にも同じ内容のクラスがあり、まだ少しお席がございますのでご希望の方はメールくださいね。
詳細はこちらのページをご覧ください。
定員になりました。ありがとうございました。

今日ご参加の生徒さんのブログをご紹介します。
http://diary.vita-lifestyle.com/
by toko-livicafe | 2009-09-12 20:12 | 料理