Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:旅行( 73 )

福岡に行ってきました。

3日間、初めての福岡に出張レッスンに行ってきました。
滞在中は、本当にたくさんの方々から優しいお心遣いをいただき、とても充実した楽しい3日間になり、感謝感激の日々でした。

3日間のスケジュールは、
1日目 朝、福岡到着。 観光
2日目 Tsurugi.Net様でのカルトナージュレッスン
3日目 シュエット様でのカルトナージュレッスン  夜、福岡発の飛行機で帰京。

滞在中の様子を1日ずつ書いていきたいと思います。

e0040957_154038.jpg

レッスン開催の前日に飛行機で福岡に着き、初日はプライベートな観光をしました。
福岡空港に着いて、生徒さんのhiroyoさんのお迎えの車に乗せていただき、ランチ会に参加しました。(hiroyoさんは東京のアトリエの写真やカルトナージュ定期クラスのレッスンに来てくださっていて、福岡ではナンタケットバスケットの教室をされています。)

福岡の中心街から車で1時間くらい走り、住宅地の中に突然現れるエーゲ海のような光景。海に望む「オテル・グレージュ」です。
福岡に行ったらここのフレンチレストランには是非行ってみたいと思っていました。
e0040957_2521579.jpg

福岡レッスンのコーディネートをしてくださっているhiyoさん、フラワーアレンジのアトリエ 
La Fleurのreeさんとも現地で待ち合わせして、4人でランチをしました。 
建物やロケーションのすばらしさだけでなくて、お料理も洗練されていてとってもおいしくて、皆で感心しました。福岡に来たら、また来たいと思うすばらしいレストランでした。

e0040957_2524056.jpg

HPの写真を見て、このハートの椅子にひと目惚れしてしまったのですが、実際に座ってみたら座り心地のよさにまた感激。
帰りにホテルの客室も見学させていただいて、あまりのすてきさにただただうっとりでした。

その後、次の日にカルトナージュレッスンをさせていただくTsurugi.Net様に、会場の下見と打ち合わせに伺い、それから、hiyoさんおすすめのカフェ&雑貨のお店 B・B・B POTTERSへ。
e0040957_3212452.jpg

雑貨の品揃えのセンスのよさといい、カフェの快適な空間といい、とにかくおしゃれですてきなお店でした。

夕食は、福岡に転勤になった友人のkeikoさんと久しぶりに再会しておすし屋さん「高玉」へ行き、さすがに福岡のお魚、おいしかったです。
その後、最終日にカルトナージュレッスンをさせていただく「シュエット」様のお店に、会場の下見と打ち合わせに行きました。
(今回のカルトナージュレッスンをきっかけにシュエットお菓子教室を知ったという友人は、さっそく教室に入会して生徒さんになっています。)
シュエット様のお店で、カヌレやマカデミアナッツクッキーを買ってホテルに帰ってからいただいてみたら、あまりのおいしさに感激。レッスンでのランチがますます楽しみになりました。

と、このような感じで初日はほぼ1日フリータイムを過ごして、次の日からは、しっかりレッスンしました。

また続きは次回に。
by toko-livicafe | 2011-06-06 23:41 | 旅行

信州 いろは堂のおやき

e0040957_2231563.jpg

白馬高原KASUKE山荘の帰りに、オーナーおすすめのおやきのお店「いろは堂」に行きました。
水芭蕉で有名な鬼無里という村にありますが、山荘から車で40分ほど行った山の上。
すてきなお店が現れ、中に入るとたくさんの人がお茶を飲みながらおやきを食べています。

その場で焼きたてのおやきをいろいろな種類食べてから、気に入った味のものをお土産に買いました。

種類が多いので迷ってしまいますが、私が特に美味しかったと思ったものは、野沢菜、辛みそ茄子、しめじ、つぶあん。

e0040957_2324531.jpg



普通のおやきと違って、厚くて生地がふわっとしていて、まわりはかりっと焼けています。
中の具も、それぞれいいお味です。 お店もとても雰囲気があって、信州に来たらまた是非立ち寄って焼き立てのおやきを食べに来たいです。

お土産に10個ほど購入して、帰ってからもあたためて食べてみたけれど、お店で焼き立てをいただくのがよりいっそう美味しい気がしました。
さすがKASUKE山荘のオーナーお気に入りのお店だけあって、やっぱりわざわざ来てよかったと思いました。

「いろは堂」のHP http://www.irohado.com/oyaki/index.html
by toko-livicafe | 2010-08-16 00:03 | 旅行

白馬高原 KASUKE山荘へ

e0040957_234016100.jpg

長野県白馬村のKASUKE山荘へ旅行に行ってきました。
Georgeさんからこのホテルの話を聞き、1日に4組しか泊まれない特別な山荘ホテルとのことで、今年の3月に予約をとりました。
東京駅から長野新幹線に乗って長野駅まで1時間40分、それからレンタカーで約1時間ほどで着きました。

客室共用リビングのガラス窓の向こうには、ジャグジーがあります。水着持参で行くと入れると聞いていたので、着いてからゆったりとくつろぎました。
e0040957_0043.jpg


リビングルームの大きな鏡と飾り物。アンティークの宝庫のようなホテルです。
e0040957_024061.jpg


夕食をいただいたお部屋は、
e0040957_0383932.jpg


サンルームのようなお部屋でした。
e0040957_0391054.jpg


夕食時、写真は撮らずに食べること専念したので、メニューをご紹介。

御献立
・真鯛の昆布〆グレープフルーツのソース
・フレッシュモツァレラと夏野菜の冷たいスープ
・焼きなすの生ハム巻 山芋とだし汁添え
・アランチーニ 赤ピーマンのムースソース
・フルーツトマトとなすの冷たい手打ちパスタ
・ぼっちゃんカボチャの含め煮
・信州サーモンの瞬間スモーク 温度卵のソース
・フレッシュフォアグラとりんごのポアレ バルサミコのソース
・五目炊き込みご飯
・白菜の浅漬け かつお節和え
・冷煎茶
・フルーツとグレープフルーツのシャーベット マンゴーソース

器もオリジナルに作らせていたり、外国から買ってこられたものが多くて1皿ごとに見た目も楽しめて、味もどれをとっても抜群。野菜も多くて少量ずつたくさん出るので、心地よいコースでした。

ホテルには個室の食事のお部屋が他にもいくつかありました。
e0040957_0194414.jpg


朝食をいただいたお部屋です。
e0040957_0211425.jpg


ハーブとフルーツのジュース。
e0040957_0213489.jpg


グリンピースのポタージュ。イギリスで買われたというスープの器もとても気に入ってしまいました。
e0040957_0423512.jpg


朝食のメニューはこのほかに、
じゃがいものグラタン、パルメザンチーズ焼き卵、トマトのはちみつ漬け、アスパラガス、ハーブサラダ、グレープフルーツヨーグルト、黒ごまパン、自家製ブルーベリージャムなど。
本当に忘れられない朝食となりました。

朝、お庭の散策をしました。
高台にあるホテルには、テラスがいくつかあって、森林浴を楽しめます。
e0040957_0451289.jpg


マダム考案の和・洋・アジアの創作料理のあまりの美味しさに感激し、アンティークの宝庫のようなインテリアへのこだわり、ご夫妻の自然なホスピタリティが心地よく、人を迎え入れるということへの心意気のようなものに対する新しい発見があり、とても勉強になりました。

kASUKE山荘のHP http://www1.ocn.ne.jp/~kasuke/



追伸
前回旅行に行った時に、ホテルでアクセサリーを入れるトレーがあるといいなと思い、その後、トレーボックスを作りました。
今回の旅行に、トレーボックスを初めて持参しましたが、アクセサリーや腕時計を入れるのに、とても便利でした。
部屋に置いて使っていたら、気がついたら同室の姉もアクセサリーを何気なくこのトレーに載せていて、やっぱりちょっと置きたくなるトレーなので持っていってよかったです。
e0040957_1253440.jpg

by toko-livicafe | 2010-08-13 23:40 | 旅行

那須へ

e0040957_1615832.jpg

福島での2日間のカルトナージュ出張レッスンの帰りに、那須へ行きました。
昨年も福島の帰りに行ってとても気に入ったアートビオトープ那須に今回も泊まり、次の日はkateさんと一緒に二期倶楽部のガーデンレストランで朝食を
上の写真はアートビオトープのお庭で写真を撮るkateさん。
かぼちゃを撮っているのかなと思ったら、
e0040957_1641977.jpg

アートビオトープ工房の瓶のガラス細工だったよう。
e0040957_164454.jpg


その後、kateさんおすすめのNASU SHOZO CAFE黒磯のCAFE SHOZOアンティークショップのRoomsなどもご案内していただき、すっかりこの町の魅力にとりつかれてしまっています。
by toko-livicafe | 2009-10-24 16:02 | 旅行

福島へ

e0040957_191542.jpg
福島在住のフラワーアーティスト&フォトグラファーwaragai kateさんの家で、
カルトナージュレッスンをさせていただきました。
kateさんのお花教室4th birthdayのイベントです。

憧れのkateさんのご自宅は、ブログで見ていたとおりのすてきなおうち。
e0040957_20271232.jpg


ちょっと映画の中に入り込んだような気がしました。
ティータイムのおやつにご用意くださったものも、kateさんのセンスが光っていました。
e0040957_19441466.jpg



2日間のレッスンあとで、みんなで福島の美味しいお店へ。
お昼ごはんは、車で山の方に登った住宅地にある一軒屋のお店「魚菜草」。
e0040957_19412423.jpg

珍しい山菜やきのこを使ったはじめていただくようなお料理が、野の花や葉とともに彩りよく盛られて次々に出てきます。その美しさとおいしさには感動の連続。(蕾コース)
窓からの山の景色も心地よくて、やっぱり地元の方に連れて行っていただくと、自分では決して見つけられないようないいお店に行けるので、感謝です。

次は、憧れの「空Cafe」へ。福島郊外の山の中にある自然豊かなカフェ。kateさんのブログでも何度となく見たところです。
e0040957_19464511.jpg

築100年近い古い民家がすてきなカフェになっています。
習ったばかりのカルトナージュのミニアイロン台や、私のフォトプリントクッションなどを飾ってくれました。
e0040957_21442584.jpg

空Cafeのオーナーのsoraさんも今回カルトナージュレッスンにいらしてくださったので、皆のために定休日を貸切にして開けてくれました。
総勢10名で、手作りのチーズケーキをいただきながらゆっくりと語り合う時間でした。

e0040957_2147216.jpge0040957_21474837.jpg

kateさんのお友達は皆さん個性的で色々な活動をされている方ばかりで、ブログでいつも見ていた方にもお会いできて嬉しかったです。
皆さま、そしてkateさん、楽しい時間をありがとうございました。
by toko-livicafe | 2009-10-22 18:42 | 旅行

謹賀新年

e0040957_11185293.jpg

新年あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりまして、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は、家族で瀬戸内海の直島へ旅行に行きました。
旅路は、羽田から岡山空港まで飛行機で1時間20分→空港から宇部港までレンタカーで
1時間20分→港から車ごとフェリーに乗って20分→直島の港から車で10分。
e0040957_1119540.jpg

遠かったけれど、着いたのは何年も前からずっと行きたかった「ベネッセ アートサイト直島」。
世界的な建築家、安藤忠雄設計の美術館とホテルが立ち並ぶ、アートの島。
e0040957_11201584.jpg

オーバルの水辺のほとりにホテルの客室のドアが並びます。
e0040957_11191481.jpg

屋外にもいたるところにアートのオブジェが。
e0040957_11202380.jpg

海岸は金色の砂のゴールドコースト。打ち上げられた海草のシェープも印象的でした。
e0040957_11211019.jpg



ホテルの建物は4つありますが、今回は日によって2種類の棟に泊まってみました。
まず、美術館の中からケーブルカーで山頂に上って辿り着くオーバル。(上の4枚目の写真です。)
室内は4ベッドルームで、窓からは直島の海が広がる絶景。
e0040957_0191670.jpg

テラスに出ると、この海は私のものみたないな気持ちに。
e0040957_111957100.jpg

それから、海岸沿いのパークのツインルームを2つ。
e0040957_1120584.jpg

地中美術館も、年末年始は宿泊者専用に開いていて、ゆっくりと楽しめました。(写真撮影は不可なので画像はありませんが。)

e0040957_11212315.jpg

直島の海は本当に美しかった。
遠かったけれど、海も、安藤忠雄の建築も、美術館もホテルもお料理も、期待以上に素晴らしく、生きてるうちにこの島に来れてよかったと心から思いました。



e0040957_11213263.jpg

帰りに寄った倉敷の美観地区。

新しくできた犬島プロジェクトにも、いつか行ってみたいです。
by toko-livicafe | 2009-01-06 13:18 | 旅行

那須と福島への旅

e0040957_00942.jpg

この週末は、中学の同級生の友人と車で那須と福島に小旅行に出かけました。
終わりかけた紅葉の名残が見られて、それも風情がありました。
e0040957_1471668.jpg

e0040957_039578.jpg

泊まったのはアートビオトープ那須。有名な二期倶楽部の敷地内にあるので、42,000坪の広大なお庭をお散歩したり、ガーデンレストランでの朝食、そして敷地内に3箇所もある露天風呂や温泉も楽しめました。
温泉は、朝6時から入れるので早起きして散策を楽しみながら行ってみたら、他にお客さんがいなくて貸しきりみたいでした。
1枚目の写真は早朝に二期倶楽部の散策中に撮ったもの。朝焼けの空が紅色に染まり、本当に美しかったです。
e0040957_024160.jpg

広大なお庭にあるテニスコートを通り過ぎて、
e0040957_025551.jpg

泊まっているアートビオトープに戻ってくると、ガラス工房の作品が迎えてくれます。
e0040957_035076.jpg

建物はコンクリート打ちっぱなしの建築家の作品という感じで、客室からロビー、中庭まで細部にわたって洗練されていました。
e0040957_04438.jpg

2日目は、福島在住のフラワーアーティスト・写真家のkateさんのクリスマスリースレッスンを受けるために福島へ。
e0040957_042069.jpg

すてきな雑貨のお店「うさぎや」さんの2階がこの期間、クリスマスのお部屋になっていて、そちらでのレッスンでした。
e0040957_05241.jpg

色々なクリスマスグッズもkateさんの手作りで、カレンダーのラッピングもすごくすてきでした。
e0040957_051854.jpg

こちらが、今回習って作ったクリスマスのリースです。ふわふわの羊毛が裏側にたくさん貼ってあって、温かいイメージでとってもかわいいです。
e0040957_053192.jpg


帰りにもう一つ、寄った場所がありますが、それはまた後日ご紹介しますね。

今回の旅行は、最初に福島にクリスマスリースを習いに行くことが決まって、(きっかけは、10月15日のブログ記事をご覧ください。)それで途中でどこかで1泊するということになったのですが、那須でも福島でも、すごく充実していていい時間を過ごせました。
地方から東京までレッスンを受けにいらっしゃる方々の気持ちがよくわかった気がしました。
東京から地方へ、習いごとに行くという形もこれから増えていくかもしれません。
by toko-livicafe | 2008-12-02 23:58 | 旅行

福島でみつけた粋

e0040957_1445260.jpg

この連休は、福島に1泊旅行に行きました。
福島といえば、子供の頃に行って以来だから、数十年ぶりです。
駅に着いて新幹線を降りたら急に寒くなり、ホームで思わずコートを着込みました。
町へ出ると、昭和の匂いを感じさせるような静かな地方都市という印象。

駅の近くのホテルに荷物を置きに寄ってから、この旅の目的地の写真展へ向かいました。
以前にブログでご紹介した、福島在住の写真家のkateさんの写真展の最終日。
ギリギリまで行けるかどうかはっきりわからなかったから、Kateさんに「行きます。」とメールしたのも直前のこと。とても驚かれてお返事くださったけれど、私はずっと行きたかったから。

古い町並みを歩いていると、ギャラリーのあるお花屋さん「cocoro」の建物が突然のように現れて、そこに1歩足を踏み入れるとびっくりするくらいおしゃれな空間。
2階に上がる階段の下からもう写真展が始まっていて、kateさんの優しい写真を見ながら階上へ。

お花の先生もされている方だから、ギャラリーは秋色のフラワーアレンジや雑貨を始め、工夫でいっぱいの写真展示。
私はkateさんのナチュラルなスタイルの写真とお花が大好きで、最初にブログを見た時から、すっかりファンになってしまったのでした。
ギャラリーにいらしたkateさんは、私のためにいろいろなお心遣いをして下さって、その温かいお人柄は彼女の写真やお花の世界そのものでした。

それから次の日に、福島在住のカルトナージュ作家のくれもんてぃーぬさんが、私の来福の話をkateさんから聞いて会いに来て下さって、とても親切にしていただきました。
うつわと雑貨のお店「うさぎや」さんで待ち合わせ。
「うさぎや」さんの2階では、くれもんてぃーぬさんが時々カルトナージュのレッスンもされていますが、その部屋に入った時は、はっと息を呑むほどすてきな空間で、オーナーの方の研ぎ澄まされた感性のようなものを感じました。
今日のブログの写真は、この「うさぎや」さんの2階で撮りました。

それから、くれもんてぃーぬさんと一緒に、kateさんおすすめの自然食カフェ「風と木」にランチを食べに行きました。
「風と木」のオーナーご夫妻のお人柄や、食材へのこだわり、そして温かいお料理のおいしさは、この夏に行った奈良の「くるみの木」を彷彿とさせました。

福島には、なにかこだわりをもったすてきなお店があちこちに点在しているという感じで、今度また機会を作ってゆっくり訪れたいと思いました。
福島の粋に触れて、私もこれからのことを色々と考えるよい機会になりました。
by toko-livicafe | 2008-10-15 16:30 | 旅行

神戸 海辺のホテル

e0040957_13465185.jpg


HPのFavoritesページに「海辺のホテル」を更新しましたので、よろしかったらご覧ください。

今回の関西滞在では、前半は宝塚でのカルトナージュレッスン、後半は関西グループ展メンバーの皆さんや家族と合流して、夏休みの関西旅行を楽しみました。

レッスンが終わって次の日から、神戸市舞子のホテルに滞在したのですが、それがとてもすてきなホテルですっかり気に入って、HPの記事にしてみました。
今回、関西へは、オリンパスの一眼レフカメラ E-420を持って出かけました。
関西旅行は山あり谷ありで、色々面白かったです。
東京よりも湿度が高いせいか、ずいぶん暑い気がしました。
娘の希望で初めて行ったユニバーサルスタジオでは、「大事なことは先にする」という「パレトの法則」を忘れていたために、ちょっと予想外な展開になってしまいました。
この「パレトの法則」については、HPの こちらのページでも以前に書いたことがありますが、やはり何事も、重要な順にすることが大切と痛感しました。

というのは、USJではジュラシックパークさえ乗れればという気持ちで行ったのですが、家族の希望も合わせてジェットコースターとETの3つは乗りたいとも思っていて、お昼過ぎに着いてから、真っ先にジュラシックパークに向かったところ、ちょっと道に迷い、目の前にETが。とにかく暑いしたくさん歩くのも苦しいので、道順に乗ってしまうことにして、ETをずいぶん並んで制覇。次に通ったジェットコースターもやはりずいぶん並んでようやく乗れて。
とにかく炎天下のUSJはうわさどおりかなりきつい。やっぱり夏は夜に来るべきだったかなと思いながらも、どうしてもジュラシックパークだけは乗って帰りましょうということで向かった途中で突然空からゴロゴロと雷の音。
晴れていたけれど、もしかしたらそのうち大雨になるかもと不安に思っていていたら、「雷雲発生のため、外のアトラクションはすべて休止。」
やっぱり、一番最初に一番乗りたかったものに行くべきだったと、パレトの法則を思い出して後悔というか、いい勉強になったのでした。
by toko-livicafe | 2008-08-12 13:37 | 旅行

新年にあたって

新しい年が始まりました。
昨年は、眼の前のことを無我夢中でやってきた年だったように思います。
色々な思いがけない展開もあったりして、その中で自分がどんな方向に進みたいのかを考えさせられる1年でもありました。

嬉しいことも悲しいこともたくさんあったけれど、多くの方に支えられてきたことに心から感謝しています。
今年も皆様にとって、幸多い1年になりますことを心からお祈りしています。

今年のお正月は喪中のため、例年のような新年の行事はしていなくて、大晦日から元旦にかけて家族で箱根で過ごしました。
e0040957_1571881.jpg

元旦のお昼は、箱根富士屋ホテル別棟の「菊華荘」でお食事をしました。
e0040957_2233022.jpg

e0040957_2234939.jpg

「菊華荘」は皇室の旧御用邸の建物。さすがに風格を感じさせるもので、静かなお正月を過ごせました。お料理もとても美味しかったです。

その後、芦ノ湖のほとりにある箱根プリンスホテルにお茶を飲みに寄りました。
e0040957_2445616.jpg

昭和を代表する建築家、村野藤吾氏設計のこのホテルのロビーが大好きで、箱根に来ると必ず立ち寄りたくなります。
いつか泊まってみたいなと思いますが、今回予約は取れず。
12月31日はどこのホテルも本当に満員で、新年を旅先で迎える人の多さを初めて実感しました。


(喪中のため、新年のご挨拶は控えさせていただきました。 本年もどうぞよろしくお願い致します。)
by toko-livicafe | 2008-01-03 01:56 | 旅行