Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ライフスタイル( 61 )

入学式

e0040957_19205363.jpg

桜が満開の中、娘の高校の入学式に行きました。

講堂での式が終わった後でホームルームのために教室に移動。 窓一面の桜の花に心がぱっと明るくなりました。


心が明るくなることといえば、先日、生徒さんのご主人様が「福島復興の歌のPV」を作成されたというご連絡をいただきました。

福島出身の猪苗代湖ズが歌う
「I love you & I need you ふくしま」

この歌は最近、ラジオでいつも流れている有名な曲。生徒さんのご主人様のお知り合いの方もバンドメンバーにいらっしゃるそうですが、震災があってから被災地の方のためにご自分でも何かできることはないかと考えて、このPVを作られたそうです。

出演者は、いつもご主人様が親しくされている俳優さん、モデルさん、CM監督、ヘアメイクさん、コピーライター、スタッフの友人の方とのこと。

このPVの温かさに元気と勇気をもらえます。
被災地の方々にこの思いがきっと届きますように。
by toko-livicafe | 2011-04-09 19:20 | ライフスタイル

青山へ

e0040957_1829138.jpg

昨日からは、本当だったら沖縄ワークショップに行っている予定でしたが、震災後なので今回は見合わせることにして、東京にいます。

久しぶりに電車に乗って青山まで出かけました。
電車は順調に動いていて人の流れもいつもと同じ感じでしたが、節電でエスカレーターが止まっていたり、駅の照明を暗くしていたりしたので、やはり今までとは少し違っている印象でした。

青山まで出かけたのは、「HOPE100」という東日本大震災チャリティーセミナーを聴きに行くためでした。
e0040957_18235258.jpg

こんなに立派なビルの会議室も持ち主の方が無料で提供してくれていて、主催者、セミナー講師、運営スタッフの方もすべてボランティアということで、売り上げの100パーセントを震災の義援金にするという企画です。

私は、午前中に荻野 淳也氏の「ぶれない自分の『中心軸』の見つけ方」のセミナーに、
午後は、boamesaの若林三弥子先生の「究極の節電調理法『蒸しいため』入門」に参加しました。
こんなに魅力的な講師陣のセミナーを聴けて、しかも自分の参加料も義援金として役立てていただけるとは、とてもいい企画だと思いました。

今は節電、募金、ラジオ局で募集の救援物資送付、チャリティーセミナーに参加という形ですが、これからも長い期間に渡って自分にもできることを続けていきたいと思っています。




e0040957_18241050.jpg

青山の裏通りを歩いていて見つけたバックや雑貨のかわいいお店。


若林先生の蒸しいため調理法がすごくおいしかったので、帰りに早速材料を買い、夕食に「ブロッコリ、カリフラワー、シメジの蒸しいため」と、低温調理法の「豚肉のソテー はちみつマスタードソース」を作り、とても好評でした。

こちらのページ
の「なか見、検索」をクリックすると、蒸しいため調理法のレシピや説明が少し読めるようですので、ご覧ください。
by toko-livicafe | 2011-03-28 18:24 | ライフスタイル

食器の収納引き出し

e0040957_047649.jpg


被災地では、だんだんと復興への動きが始まり、また、全世界からの温かい支援のニュースも多く、皆がこの災害に負けずに力を合わせている様子が伝わってきます。
津波が残したあまりに大きな傷跡に、被災者の皆様の心が癒える日が来ることを祈るばかりです。

東京では今も余震が時々あり、いつも揺れているような錯覚に陥ることがあります。
物資もないものも中にはありますが、だんだんと普通の生活に戻りつつあります。

今日の写真は、以前にブログでもご紹介したことがありますが、いつも使っている引き出しの収納棚です。
アトリエのキッチンに同じような感じの引き出し棚が3台並んでいるのですが、あの大きな地震の日、すべての引き出しが全開になってしまっていました。
でも、中のものはなんとか無事でしたので、引き出し収納のおかげだったかもしれません。

毎日、少しずつ生活を元に戻していこうと思い、今週から、レッスンも生徒さんご自身のご判断でいらっしゃれる方と始めてみようと思っています。
明日のレッスンにご予約の方に伺ってみたら、皆さんいらしてくださるとのことで、久しぶりのレッスンになります。
今週は定期クラスのレッスンも2日ほどありますが、どうぞご無理のない範囲でいらしゃれる方はお待ちしています。
(横浜オリヴェットのレッスンにつきましては、先週の段階で休講の連絡をお店からしていただきましたので、すみませんがお休みになります。)

皆さんにお会いしてご一緒にものを作ったり、お話したりできる時間を楽しみにしています。
by toko-livicafe | 2011-03-21 23:56 | ライフスタイル

卒業式

e0040957_347940.jpg

今日は娘の中学校の卒業式に行きました。
公立の中学校なので、皆歩いて通えるので無事に卒業式ができました。
電車で通う生徒の多い私立の中学校は、震災以来、授業・試験・卒業式などすべての学校行事ができなくなってしまっています。
被災地では、もっと卒業式が遠いものになってしまっていることを思うと、胸が痛みます。


夕方から製本教室に行きました。今日は和綴じのカードブックを作りました。
こちらの教室では地震後も、自転車や徒歩や、電車でも比較的近くからいらしている生徒さんだけでレッスンを続けていらっしゃるとのことでした。
私も家が近いので行ってきましたが、久しぶりに無心になって本作りに没頭した時間でした。

帰りに製本教室の近くに住んでいる友達の家に行きました。
最近、近所のお店ではパンがほとんど買えなくなり、家で焼いたりしていたのですが、強力粉が手に入らなくなりました。
それで、私はお米をおすそ分けに持って行き、友達は強力粉と食パンを大きな街で買ってきてくれて、物々交換みたいなことをしました。

電気を最小限につけた薄暗いお部屋で暮らしていたので、うちも最近はいつも薄暗くしているので同じだなと思っていたら、彼女は節電のために最近はご飯を炊飯器を使わずに鍋で炊いているとのこと。

これから先どうなるか予測がつかない日々ですが、「明けない夜はない」という言葉を信じて・・・



*連絡
3月17日、9:24 PMにご質問のメールを下さったT様へ。
返信メールがエラーで戻ってきてしまいましたので、こちらで返答させていただきます。
せっかくお問い合わせいただきましたが、現在、ご要望に添えない状況で申し訳ございません。
お問い合わせありがとうございました。
by toko-livicafe | 2011-03-18 23:46 | ライフスタイル

謹賀新年

e0040957_17381928.jpg


あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になり、本当にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いします。


今年もこのテーブルをいつもすっきり保つことが目標です。とはいっても、なかなか年末の大掃除も本格的にはできませんでしたが、ものを減らして暮らすことは2011年の大きな目標です。


元旦の日は、家族でおせち料理を。
毎年ほぼ同じメニューで作っていますが、家族たちはうちのおせち料理が大好きで年に一度の楽しみにしてくれています。


年末から小さなお正月飾りをちょこちょこと作って部屋に飾っています。
今日の写真は元旦の日の初売りで衝動買いしたカメラ Sony NEX-3で撮影。

背景ぼかしも自由自在の小型ミラーレス一眼カメラ。
コンパクトデジカメ並みの軽さと小ささのボディ。
ボタンを押すと説明文が自動的に出てきてわかりやすく、
フレキシブルスポットのピント合わせも使いやすいです。
とにかく、この小ささと軽さでこの内容のカメラ、かなり気に入ってしまいました。

3月に沖縄にワークショップに行くので、このカメラを持っていこうと思います。

飛行機も無事に予約が取れ、3月28日(月)に沖縄でワークショップをします。
沖縄や九州の方々からお問い合わせのメールをいただき、とても嬉しく思っています。
ありがとうございます。



年の始めはその一年がどんな年になるか全くの未知数。だから人生は不思議なもの。
思いがけない展開になったり、失敗もたくさんあったりして、本当に人生は山あり谷あり。
そんな中で小さな希望や幸福が訪れたら、きっとそのおかげで元気に過ごせると思う。



皆様にとって、今年が幸多き1年になりますことを祈っています。
by toko-livicafe | 2011-01-02 18:04 | ライフスタイル

メリークリスマス

e0040957_22234551.jpg

今日はクリスマスイブ。
12月に入ってから、娘と一緒にリースを3つ作りました。
娘の作ったリースは自宅に、私が作った2つのリースは、実家とアトリエに飾っています。
写真右側に写っているフェルトのボールは、以前にAfternoon teaで購入したもの。
ちょっとクリスマスのイメージでかわいいし温かみもあるので、この時期になると飾っています。

イブの今夜は、家族とささやかなクリスマスパーティーをしました。
娘と一緒にお料理を作り、メインディッシュは特別の焼き方(?)のローストチキンでした。
家でローストチキンを焼くと、以前はオーブンの掃除が大変でしたが、ここ数年、大きなステンレスの鍋の中に鶏を入れて蓋をして、オーブンで蒸し焼きにし、途中から色づけるために蓋をはずしてこんがり焼くという方法をとっています。
この方法だとオーブンの中は全然汚れないし、鶏もふわっと柔らかくそれでいてこんがりおいしそうに焼きあがります。
鶏1羽入る大きなお鍋が必要ですが、うちのステンレス鍋は蓋のつまみがプラスティックなので、オーブンに入れる前につまみだけはずしてから使います。

鍋の中の鶏の周りにじゃがいも、玉葱、にんじんなどをころころに切ってオリーブ油やバター、ハーブ、塩をかけて一緒に焼くと、付け合せも同時にできてしまうのも嬉しいところです。特にじゃがいもがとても香りよくおいしく焼きあがります。

鶏の中に詰めるスタッフは、以前は挽き肉や栗など、色々混ぜて手をかけて作っていたのですが、ここ数年は、シンプルにハーブの枝を入れるだけのことが多いですが、それでもとっても香りよく美味しく焼きあがります。
今年はパセリの枝、にんにくのスライス、バター、皮ごと大きく切ったレモンなどを中に入れて焼きましたが、レモン風味のジューシーなソースもできてなかなかよかったです。
それから、いつも、丸焼き用の鶏全体に塩とオリーブ油、エルブドプロヴァンスのハーブをたっぷりまぶして焼き上げます。
ローストチキンは焼き時間はかかりますが、この方法だと作り方はとても簡単です。
今年使った鶏はかなり大きかったので、オーブンで2時間くらいかけて焼きました。

ケーキは、息子が大好きなチーズケーキにしてほしいとのことなので、チーズケーキを焼いた上にクリスマスの飾りやクッキーをのせてというシンプルな感じでしたが、おいしいと喜んでもらえたのでよかったです。

年々なんでもシンプルになっていく我が家のクリスマスですが、皆様はどんなクリスマスイブをお過ごしでしょうか。

どうぞよい日になりますように祈っています。
by toko-livicafe | 2010-12-24 22:23 | ライフスタイル
e0040957_20301510.jpg

今日は、クリスマスケーキとカルトナージュのコラボレッスンをしました。
ケーキはLiving Room Cafe定番の「クリスマスの切り株ケーキ ミルクティー風味」。
スポンジにもクリームにも濃厚なアールグレイをたっぷり入れて、でも、なぜかとっても優しい味になるので気に入っています。

午後からのコラボレッスンで、カルトナージュも途中から作ったりしてケーキができ上がった時にはすっかり日が暮れて外はほとんど夜だったのですが、背景にカルトナージュのランプシェードの光を置いて写真を撮りました。

それから、今日のもう1つの話題ですが、一昨日に沖縄にお住まいのnayaさん(フランス籠作家さんです)から初めてメールをいただき、沖縄のアート&音楽情報サイト「沖縄の風」で私のカルトナージュのことをご紹介くださったとのこと。

このサイトはとてもすてきな琉球帆布&アート雑貨ショップ 「沖縄の風」が運営する情報ページですが記事を読ませていただいて、沖縄にカルトナージュにとても興味を持ってくれている方がいらっしゃると思うとなんだかとっても嬉しくなりました。

実は、偶然みたいな話ですが、最近になって沖縄に行ってみたいと思うようになって色々とネットで見ていたところでした。

そのことをお話したら、nayaさんがメールに下記のように書いてくださって、ますます興味を持っています。
ご本人の了解をいただきましたので、その文章を引用させていただきますね。


「沖縄は不思議なところです。

お金もモノも全てが集まる東京に人が集まるのはわかるけど
満足な画材も、ハンズすらない沖縄に
なぜかものづくりをする人が集まってきます。

私みたいに、沖縄に来てから
なにかを作らずにはいられなくなったという人も少なくありません。

海や空が美しすぎて、それを何らかの形で表現したいという欲求が
ものづくりに走らせるのかもしれませんが
沖縄の土地が持つ力が人の潜在意識に働きかけて
その人の能力を引き出そうとしているようにも感じるんです。

Tokoさんも沖縄に来れば、きっと何か感じるところがあるはずです。」


沖縄は今まで一度も行ったことがないのですが、沖縄でカルトナージュのワークショップをしたり、現地のアートクラフトに触れる旅ができたらいいなと思っています。
by toko-livicafe | 2010-11-19 20:30 | ライフスタイル
e0040957_20275884.jpg

1つ前のブログでご紹介しましたsun and snowのnanaさんが、生地をデザイン、プリントして作られたバッグです。
こちらは先月、千葉でのクラフトイべント「工房への風」に行って購入しました。
nanaさんの故郷 愛媛のいよかんをモチーフにされたという生地は、ざっくりとして独特の味わいがあって、見ていると本当に心が安らぎます。
もったいなくて外出に持ち歩けない心境なので、いつも壁に飾って眺めています。

バッグにかけている革のキーケースは、同じイベント「工房への風」に出展されていた革作家のOhamaさんの作品です。
以前からずっと憧れていたOhamaさんのキーケースをようやく手にして、そしてご本人にもこのイベントで初めてお会いすることができて、感激でした。
やっぱりもったいなくて使えなくていつも部屋に飾って、励みにしています。

nanaさんが留学されたスウェーデンのカペラゴーデン工芸学校には、家具、陶芸、テキスタイル、ガーデニング科があります。学校や寮での生活に使う家具、器、布、食事はそれぞれの科で作ったもので、自然の中で自給自足のような生活をしながらものを作り、学ぶそうです。

行った方の留学記などを読んでいると、人生にとっての大切なものをそこで見つけたと書かれていたり。学校のHPを見てもとても心惹かれます。

最近、つくづく思うことは、ものをつくることは人の心をとても豊かにしてくれて、人生に温かな彩りを与えてくれる。

これからも、ジャンルにこだわらずに色々なものを作り続けていけたらいいなと思います。


e0040957_21454616.jpg
by toko-livicafe | 2010-11-14 20:27 | ライフスタイル
e0040957_17464510.jpg

生徒さん情報ですが、ANA機内情報誌「翼の王国」2010年9月号には、パリのカルトナージュの特集記事が載っています。
パリのカルトナージュのアトリエ紹介、のみの市のカルトナージュ、生地や材料のお店の紹介など、全19ページにわたって、かなり充実した興味深い内容です。
e0040957_17483683.jpg
e0040957_17471784.jpg


この、「翼の王国」はANAの機内で無料配布、または1年間の有料定期購読限定で、書店では販売していないそう。
でも、Yahooなどのオークションではまだ手に入るみたいです。
それから、このようなサイトもあるようなので、9月号が更新されたらPDFで全ページ見れるようになるのかもしれません。

追記1: 10月5日
ANAのサイト、9月号更新になりましたが、別の特集記事がいくつかPDFになっていますが、残念ながらカルトナージュ記事は見れないみたいです。

追記2:10月12日 
翼の王国編集部に電話すれば、バックナンバーを1冊から購入できるそうです。
tel:03-3869-0802  ANA ロジスティクサービス株式会社
by toko-livicafe | 2010-10-01 17:47 | ライフスタイル

桜の季節

e0040957_215772.jpg

アトリエの前の道は見事な桜並木で、毎年桜のトンネルができます。

e0040957_394135.jpg

アトリエの窓やベランダからは桜並木を見おろせます。
電線がちょっと目立つのですが、それでも桜を間近に見れるのは嬉しい。

e0040957_2193347.jpg

by toko-livicafe | 2010-04-09 02:12 | ライフスタイル