Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe

<   2006年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

生徒さん達の作品をご紹介します。生地はすべて吉祥寺のコットンフィールドでお買いになったそうです。
e0040957_22215827.jpg

e0040957_22233844.jpg
e0040957_22243433.jpg


生徒さんには、色々な分野でお仕事されている方がいて、お話聞いているだけでもとても勉強になります。
今日の生徒さん達は、イタリア料理研究家、企業のマナー講師、フランス料理の先生、イタリアの食器の販売コーディネーターなど、皆さん各方面でご活躍。ミニランチの時のお話も弾んでとても楽しかったです。


雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-31 23:59

コメントの返信です。

昨日のブログのコメントに、カルトナージュ通信講座の値段についてのご質問がありましたので、コメント欄に返信を書いていたら、文章が長すぎて送信できなかったので、こちらに書かせていただきますね。

詳しい事情は、HPの通信講座のページの一番下「通信講座の内容変更について」で書きましたので、読んでみてください。
昨年、初めて通信講座をやってみて、いかに準備に膨大な時間がかかるのものかを知りました。自宅でのレッスンの数百倍の時間をこのための準備に当てることになりました。キット作り、発送、テキスト製作。
それで、私は普通の生活ができなくなり、今回は、キット作りと発送、経理などを外のお店にお金を払ってお願いして何とか再開することができました。
昨年に一時やっていた通信講座のお値段は、私も状況がよく分からなくて設定したものですが、アルバイトの方もお願いしたりして、もし私が働いた時間を時給に計算したならば、完全なボランティアという結果でした。
これだけ生活や私の時間をすべて費やしてやっても、ボランティアというのはやはり、カルトナージュの楽しみを広めたいという気持ちがあっても、あまりに苦労が大きかったから、正直疲れてしまいました。

テキストは、他の種類も増やしてほしいというご要望のメールも色々いただいているので、これからも新しいテキスト作りも続けていくことになると思います。

私は、以前、カルトナージュを習っていた時に、先生の作られるキットのお値段を、事情を知らなかったのでやはり実際の材料費にくらべると高いように思ったことがありました。
でも、自分で実際にカルトナージュ教室をやってみる立場になってみて、それがよくわかりました。つまり、材料費よりもそれを準備することがいかに大変なことで、その人件費の大切さです。

教室で材料を分けていただく時も、私が生徒だった時は、あのお店であのお値段で売っている材料が、教室だとどうしてそういう値段になるのだろうと思っていた時もありました。でも、実際にやってみると、注文してカット代や送料を払って取り寄せ、置き場所も必要だし、また、材料が余ったりするロスも大きいので、それを売っているお店と同じ値段でお譲りするのは大変なことなのです。だから、私は教室では、初めての方にはこちらの材料を使っていただきますが、2回目からは、材料の購入場所をお教えして、なるべくご自分で材料をそろえられて、キットを作ってきていただくことをお願いしています。

でも、もし大量生産にすれば、お値段も安くなるのではないかと思います。
私の場合は、個人でやっているので一度にそんなにたくさんの在庫を抱えることもできないし、テキストも1からすべて私1人で手作りでやっているので時間がすごくかかるのだと思います。
だから、ご自分で材料をお買いになって作られると、そんなに材料費はかからないと思うので、工夫されてやってみてくださいね。
by Toko-livicafe | 2006-01-31 09:24

ちょっと近況報告

ここ数日、何してたかなと思い出してみると、まず、27日(金)はカルトナージュのレッスンをしました。
生徒さん達が作られた作品をご紹介します。
e0040957_21225196.jpg

e0040957_2124313.jpg

e0040957_21242052.jpg

e0040957_2127823.jpg

1番上のミニコスメボックスの生地は通信講座でも使っていますが、一番人気が高くて、ただ今、オリヴェットがフランスに追加注文を出しています。
この作品を作られた生徒さんも、2ヶ月くらい前にホワイトオリーブの生地を予約されて今回のレッスンにいらっしゃいました。
カルトナージュは濃い色の生地で作ると何年も使えるのですが、白っぽい生地の場合はなかなかそういうわけにもいかないので、防水スプレーをかけたりして大切に使うといいようです。
それでも、あえてホワイトオリーブの生地を選ばれる方が多いのは、やはりこの生地の魅力でしょう。
私はこの生地の色違いのブルーオリーブの生地も大好きで、基本の箱、カルトナージュノート、ダストボックス、マウスパットなどを作りました。この色だと汚れも気にする必要がなくて使っていて気が楽というのもいいところです。

上の写真の2番目から4番目までの作品は、生徒さん達が吉祥寺のコットンフィールドで生地を買って持参されました。それから、バリ島の生地でとてもすてきなお道具箱を作られた生徒さんもいらしたのですが、なぜか写真画像を紛失してしまい、載せられなくて残念です。

28日。土曜日はいつもは教室があるのですが1月は料理クラスはお休みをいただいているので、玉川高島屋・新南館のフランス料理、イレール・ドゥーブルで新年会。
このお店、有機野菜を使ったあっさりしたお料理で、ヘルシーで美味しくて気に入って何度か行っています。
その帰りに、横浜のオリヴェットにカルトナージュ通信講座の材料を届けに車で行きました。
25日から始まった通信講座の第一回目の発送日だったので、つやつやの白い箱に詰めた通信講座を送り出した時には、なんだか自分の子どもみたいな気持ちでした。

29日(日)は1日フリーの日。とは言っても、子ども達と午前中家で過ごし、午後から私は美容院へ。ずっと行きたかった美容院だったけど、最近私は美容院に行くまとまった時間がどうしても取れなくて、ようやく今日晴れて行けました。私がかけてるパーマは何しろ4時間半もかかるものだから、その間ゆっくり家庭画報を読んだり、図書館にリクエストして届いたばかりのよこた圭子さんのカルトナージュの本を見たり、カメラの本を読んだり、眠ってしまったりして、終わった頃には外は暗くなっていて。

それから、今日はもう30日。
午前と午後に1クラスずつ、HPビルダーのレッスンをしました。
うちにあるパソコンは2台なので、1クラス2名ずつのレッスンで、生徒さん達には前もって作りたいページのレイアウトのスケッチを簡単に描いてきてもらいます。トップページと、次の2ページくらいまでをレッスンで作りました。
Living room cafeのようなシンプルなスタイルのHPの作り方なら私にも教えられるので・・・という事で始めたこの講座なので、今日の生徒さんの4名中3名の方にはその方法で教えたけれど、1名の方のレイアウトがちょっと凝っていてなかなか苦労。

私って、カルトナージュも写真もHPビルダーも、今まで入門者の道案内役に徹してきたけど、果たしてこのままでいいのかとふと考え始めたりしています。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-30 22:50

不思議なシャープペン

e0040957_21513159.jpg

一見、普通のシャープペンだけど、実はこれはとっても優れもの。
洋裁用のチャコペンなんです。
芯の色はピンク。
カルトナージュを作る時も、生地に線を引くのに細い正確なラインを引けて、しかも普通のチャコペンよりもとっても描きやすく、換え芯もセットになってます。
クローバーの布用シャープペンシル 0.7mm  品番 57-474

通信講座の生徒さんに教えていただきました。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-26 22:01
e0040957_2213823.jpg

この写真は、昨日からお申し込みを受け付けているカルトナージュ通信講座のテキストの中の写真です。
色違いでオリーブホワイトの生地を今は通信講座の材料として使っていますが、今度、このブルーの生地も取り入れてみようかと検討中です。
先日、この生地でダストボックスを作ったら、なかなかすてきにできて気に入っています。
まだ中のスキバルを貼っていないので、今度完成したら写真を撮ってご紹介しますね。
このような色の生地だと、汚れも目立ちにくいので一度作ると何年も使えるのも嬉しいところ。

通信講座のお申し込みも色々いただいていていますが、オリヴェットに発送をお願いしてからは、私はなんでもさすがプロって感心しています。
ボール紙が配送中にいたまないように、サイズに合わせた箱を注文して作ってくれたり、私にはできないような発送数でも、このくらいは普通よみたいな感じで、全く大丈夫みたいで心強いです。

それから、今日は写真のワークショップの4回目のHPビルダーのレッスンをしました。
このレッスンはご希望の方だけなのですが、今日の生徒さんはカルトナージュとソフトファニッシング(生地のインテリア)をテーマとしたとてもすてきなHPができそうです。

前もって2~3ページ分のスケッチを描いてきていただいて、字体と色も決めておいてもらってから始めると効率がいいので、それを用意してきていただきました。
写真のワークショップにいらしてから一眼レフデジカメをお買いになったそうで、いい写真が色々あって、それをHPビルダーの「どこでも配置モード」で写真の大きさを変えながらはめ込み、文字も入れていくと本当にすてきなHPのページができあがりました。UPする日が私もとっても楽しみです。

今日のレッスンでは、まず、ドメイン名の取り方、HPビルダーでのページの作り方として写真の大きさの変え方や決め方、字体の種類や大きさ、色の決め方、リンクのかけ方などを中心にお教えしました。
まず、始めに生徒さんのスケッチを見ながら、私が説明しながらページを作り、生徒さんはそれを横でメモを取りながら見ていて、次に生徒さん自身が1から同じページを作るというやり方でレッスンを進めていきました。2ページ目も同じようにしましたが、3ページ目は、生徒さんがもうお1人でほとんどできるようになっていました。
HP作りは一度覚えると同じことの繰り返しなので、思ったよりも難しくないというのが生徒さんのご感想でした。
確かに、マニュアルを読んでもどうもよく頭に入ってこなくて困っていても、一度誰かに教わると意外とわかるものです。私も以前はまさにそうでしたから。

実を言うと今日は、私にとって初めてのHPビルダーのレッスンでした。
写真を教え始める時も、カルトナージュの時もそうでしたが、初めて人に教えるという時はとても緊張します。でも、写真もカルトナージュもHPビルダーも、私が普段いつもやっていることをそのままお教えしているので、私にとって自然なことのような気がしました。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-26 21:38
e0040957_1939362.jpg
e0040957_19374666.jpg

明日から、カルトナージュ通信講座を再開することになりました。
写真はグリーンラインの生地で作ったカルトナージュのお道具箱です。
通信講座にも入っていて、また、2月13日と20日に横浜のオリヴェットでもこのお道具箱の講習会をします。
前に作ったお道具箱は2種類の生地を使いましたが、こちらは1種類で作ってみました。
どちらもすてきにできたと思いました。お道具箱に限らず、別のものを入れる箱に使ってもよさそうです。以前に作った時の生地は北欧製でしたが、お店でももう手に入らないと言われ、とても残念に思っています。
e0040957_1745623.jpg


それから、最近知ってすっかり気に入っているホットメルト裏打ち紙も通信講座の材料に加えてみました。
この紙は、薄い白い紙の片面に熱で溶けるのりがついているので、生地と重ねてアイロンをかけると簡単にカルトナージュの材料の製本クロスに早代わりする優れものです。
この紙を使って先日は布の封筒を作りましたが、今回は布の単行本カバーをとっても簡単に作ってみました。
e0040957_21533314.jpg

e0040957_21541522.jpg

でも、通信講座はなるべく特別な材料を使わずにお作りになれるようにした方がいいのではと思い、この紙がなくなっても、文房具屋さんで買えるケント紙とボンドでもご自分で裏打ちできるようにテキストに説明を書きました。(2個目、3個目とご自分で作られる時に、手に入りやすい材料でできることも大切だと思いました。)

講座のお申し込みはオリヴェットでお受けするようにしていて、明日10時の開店時間からオリヴェットのHPの中に、Living room cafeのカルトナージュ通信講座のページが新しくできます。
お買い物かごでお申し込みいただけるようになり、発送などもオリヴェットにお願いしています。

カルトナージュはまだ一般にはあまり知られていないかもしれませんが、一度出会うとその魅力にとりつかれてしまう不思議なもの。これからきっと日本でも広まっていくことと思いますが、レッスンにいらっしゃれない方でも通信講座を通してその楽しみを分かち合えればと思っています。

それから、4月からの写真のワークショップの日程をHPに更新しましたので、どうぞよろしくお願いします。


雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-24 22:20

東京に雪

e0040957_2345897.jpg

朝起きたら、一面白の世界。久しぶりの雪に子ども達は雪遊びに夢中でした。

私は夕方から、製本クロス会社の望月社長主催のお食事会に出かけました。
今日集まった方々は、ドイツの製本装丁家ケルスティン・ティニ・ミウラ・三浦永年ご夫妻、カルトナージュのAtelier PAPIER 75のよこた圭子さん、製本・書籍修復家の近藤理恵さん、望月社長との6名でした。
私のようなものがこのような集まりに招いていただいていいのだろうかと最初はびっくりしたのですが、望月社長は、私のサイトで製本クロスのお店として紹介したこともきっかけとなって、「望月」のホームページを作ることになったと言って下さって、今日はとっても有意義な夜のひと時を過ごさせていただきました。

写真はその帰りに携帯で撮った青山・表参道です。夜にはもう雪はやんで溶けてきていましたが、街路樹の枝に残る雪が作る光景がすてきでした。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-21 23:04
Living room cafe 写真のワークショップ、ステップ1のレッスンをしました。
コンパクトデジカメでの撮影編です。
今日の生徒さん達の作品をご紹介します。
e0040957_2305697.jpg

e0040957_2313597.jpg
e0040957_231485.jpg
e0040957_232815.jpg
e0040957_2321944.jpg
e0040957_2323380.jpg
e0040957_2324851.jpg
e0040957_2331024.jpg
e0040957_2333436.jpg
e0040957_2335319.jpg
e0040957_234563.jpg





雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングへ→e0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-20 23:58

布の封筒

e0040957_20581580.jpg

カルトナージュの材料のホットメルト裏打ち紙(1月11日と12日のブログでご紹介しました。)を使って、布の封筒を作ってみました。

ホットメルト裏打ち紙とは、薄い白い紙の片面に熱で溶ける糊がついていて、生地をのせてアイロンをかけると、張りのある製本クロスみたいな生地が出来上がります。製本クロスの会社「望月」で最近扱い始めたものです。

市販の封筒を分解して袋の作りを知り、それをホットメルト紙で裏打ちした生地の上にのせて、定規とカッターを使って同じ形に切ります。両端を両面テープでとめて袋の形にします。
ロータリーカッターで切ると、一度に5枚くらい重ねて切れるので便利です。

色々大きさや形を変えて作れば、ちょっとしたものを入れてプレゼントする時とか、収納や整理にも活躍できそうです。

Living room cafe オリジナル マウスパット、布の封筒・・・など、これからも簡単で楽しいものを色々作れるといいなと思ってます。



雑貨の人気ブログe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-19 21:45
e0040957_23275588.jpg

カルトナージュのレッスンに行く時、大きくてがさばってしまうのがカッティングマット。
こんな風に2つに折れて半分の大きさで持ち歩ける優れものです。


折り目が波形になっているのでカッターが隙間に入りにくくなっているそう。
e0040957_2343658.jpg










                     広げるとA3の大きさになります。
e0040957_23462855.jpg









2つに折るとA4に。
e0040957_23542281.jpg










コクヨのカッティングマット マ- 45番。
フォーレストで頼んでみたら、3割引で送料無料で、しかも午前11時までに頼んだら、その日のうちに届けてくれました。



*お知らせ
1月23日から始まる写真のワークショップの午後のクラスに、1名様分の空きが出ています。
ご希望の方はメール下さいね。


雑貨とインテリアの人気ブログランキングe0040957_23512187.gif
by Toko-livicafe | 2006-01-18 23:58