Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー

<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

e0040957_7234673.jpg

調布のお花屋さん「Petite Cour M」と紅茶ショップ「Green Leaf」での写真のワークショップ、ステップ3のレッスンをしました。
こちらのお店がなくなってしまうそうで、その最後の日でした。
一日中、お店を惜しむ人々がひっきりなしに訪れていて、皆さんとてもさびしそうでした。
調布の大切なお店は、きっとみんなの心の中で生き続けていくことでしょう。お花屋さんの方は吉祥寺に移転の予定。

午前と午後のクラスの最後にティータイムをとっていたので、その写真をのせてみました。
ハーブ研究家の北野佐久子さんお手製のスコーン、そして、私が作ったちょっとしたもの1品を毎回お出ししていました。
レッスンが終わってからも、生徒さんとは意気投合してしまってこのテーブルでのおしゃべりも楽しい時間でした。

こちらのお店をご紹介くださった北野佐久子さんとは、昨年、私の写真ワークにいらして下さって知り合いましたが、今週、一緒に憧れのACO DECOにカルトナージュを習いにいきます。ACO DECOのAKOさんも写真ワークにいらしてくださってからのお付き合いですが、HPの写真を見ていてあまりに素敵なので、一度は訪れたいアトリエでした。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-31 23:59

グループ展の準備

e0040957_7475573.jpg

6月21日から始まる「Living room cafe 写真のワークショップのグループ展」の準備が進んでいます。
貼りパネや額で写真を展示する方法の他に、フランス語の新聞柄のペーパーをボードに貼ったものに、展示する方法も考えてみました。

大きさは80cm×55cm、上の写真は見本として作ったもので生徒さんの写真と私の写真を混ぜて貼っていますが、展覧会では、数名の方が1人1枚ずつ担当し、展覧会が終わってからも家に飾れるようにしています。

カルトナージュも色々出品します。
e0040957_7554467.jpg


きっと楽しいグループ展になると思いますので、皆様のご来場をお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。


「Living room cafe 写真のワークショップ & カルトナージュ グループ展」

日時: 2006年6月21日(水)~6月25日(日)10:00~5:00(最終日は3:00まで)

場所: 東京都世田谷区成城の 「世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー
     小田急線 成城学園駅 下車 徒歩3分



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-29 08:01

しんぷるらいふ

e0040957_230315.jpg
かわしまよう子さんの「しんぷるらいふ」を本屋さんに行って買いました。
道端の雑草などの何気ない被写体をとても味わい深く写真に撮れる人。

>「しんぷるらいふ」は節約することとは違います。ものや自然を大事にしながら、毎日の暮らしに小さな花を咲かせること、その花が咲いている時のことを「しんぷる」といっています。<


かわしまさんの温かい写真と文章に心惹かれています。


*お知らせ
本日、HPのカルトナージュレッスンのページに、7月のレッスンのHP専用お申し込みクラスの日程を載せました。
どうぞよろしくお願いいたします。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-27 23:49

読売新聞に載ったこと。

e0040957_015345.jpg
5月21日(日)の読売新聞のくらし欄に、写真のワークショップの記事が載りました。

5月2日に、新聞の生活欄担当の方からメールをいただきました。
ブログに載せるためにきれいな料理写真を撮りたい女性が増えているので、あれこれ調べているうちに、私のサイトにたどり着かれたとのことでした。

12日のワークショップの日に取材にみえて、レッスンが始まる前に30分間のインタビューを受けました。生徒さんがいらしてからはレッスンの光景をたくさん撮影。とても感じのいい女性記者の方で、記事に載せる写真もいつもご自身で撮られているとのことなので、こちらも報道写真の撮り方などのお話も聞けたりして、楽しい取材でした。

記事は、私の希望も取り入れていただいて、顔写真や住所、HPのアドレスなども載せない、ちょっと隠れ家の教室みたいな感じになっています
以下、記事の全文です。

**********

料理写真への関心が高まっている。ブログ(日記形式の簡易型ホームページ)に載せたいという理由が多いようで、コンパクトデジタルカメラには、料理撮影モードを備えた機種も登場した。撮影法を教える教室もにぎわっている。

5月半ば、東京都内で料理写真の教室が開かれた。
参加した5人は全員女性。うち4人がすでに自分のホームページやブログを作っている。残る1人もスタート予定で、「すてきな写真を載せたいから」と教室に参加した。

テーブルに布や紙などを敷き、蛍光灯は消す。窓から自然に入る光だけで撮影した。「フラッシュはたかない」「逆光をうまく使う」「撮りたいものを強調した構図に」などのアドバイスを聞きながら、それぞれが熱心にシャッターを切っていた。

教室を主宰する○○さんは、フランス家庭料理も教えている。「配布するレシピに添える写真をもっときれいに撮りたい」と、8年前、料理写真家が開いていた講座に参加した。

○○さんの教室は全3回。被写体は料理が中心だが、フラワーアレンジメントやビーズなどを教えている人からの希望もあったため、花や小物などの撮影法も教えている。月、火、金、土にそれぞれ午前・午後のクラスがあるが、どれも満員の盛況ぶりだ。

参加した△△さんは、「あまり日が差さない薄暗い室内でも、カメラの機能を使えばきれいに撮れると分かって驚きました。写真を撮るのが楽しくなりました」と話す。

東京都豊島区のカルチャースクール「池袋コミュニティ・カレッジ」でも、写真家・今清水隆宏さんが講師を務める講座が好評だ。

こうした関心の高まりを受け、メーカーのなかには、料理撮影モードを備えたカメラを発売する動きもある。パナソニックの「ルミックス」は、夜景、スポーツなど撮影シーンを選べるが、その一つに料理を加えた。オリンパス、ペンタックスも、色の鮮やかさを強調する「料理モード」を設けている。

飲食店で料理写真を撮るときは、マナーに気を付けたい。インターネットの総合サイト「オールアバウト」でフランス料理情報を案内する島啓祐さんは、「カメラ付き携帯電話はシャッター音が必ず鳴るので、遠慮した方がいいでしょう。フラッシュも控えたい。また、せっかくの料理が冷めてしまっては台無しです。撮影は手早く済ませ、肝心の料理を楽しんでください」と話している。

**********

写真のワークショップは10月のクラスまで満員になっているので、お問い合わせいただくと申し訳ないですが、新聞に載ってからの反響はまだよく分かりません。
今日は大学のオープンカレッジから、カルトナージュの講座を開いてほしいというメールをいただきました。
自分にとって今現在すでにかなりの仕事を抱え込んでしまっているので、新しい仕事を定期的にやっていく自信がなかったので、1レッスンの特別講座のような形でさせていただくことになりそうです。


私は世間に名前が広まったりすることには、なぜか興味がありません。
やりたいことを自分のペースで楽しみながら続けていければ、それが一番幸せ。
リビングルームでの私の時間を大切にしていきたいと思っています。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-22 23:58 | media
写真のワークショップ ステップ2、一眼レフ体験のレッスンをしました。
生徒さん達が撮られた作品をご紹介します。

e0040957_5582156.jpge0040957_5585758.jpg


e0040957_605371.jpg


e0040957_611440.jpg


e0040957_621198.jpg


e0040957_635222.jpg


e0040957_625022.jpg


e0040957_645699.jpge0040957_654525.jpg


e0040957_66892.jpge0040957_672959.jpg


e0040957_6102259.jpg

一眼レフカメラを初めて使った方も多く、背景を思い通りにぼかすことができることも体験できました。
カメラは、私のNikon D200、Canon EOS Kiss N, Canon EOS Kissの3台を、レンズは35mmと50mmの単焦点レンズ、クローズアップレンズを使いました。


雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-20 23:58
e0040957_510238.jpg

今週の火曜日に、写真家の嶋本麻利沙さんをワークショップにお招きして、レクチャーと撮影会をしていただきました。

嶋本麻利沙さんは、今、注目を浴びている若手写真家の1人です。今春、写真集「as is」を出版され、今月号の「PHAT PHOTO」にも記事が載っています。
私が初めて嶋本さんの写真に出会ったのは、4月のフォトエキスポに行った時。
その時のことを4月12日のブログに書きましたが、白の表現の美しさや空気感のある写真に感動しました。嶋本さんも会場にいらしたので、少しお話できて、写真集を買って帰りました。

その後、私の写真の師匠、渡部さとる氏のスタジオにいらっしゃることになったと聞き、私もスタジオに行き、再びお会いすることができてとっても嬉しかったのです。
その時は次のご予定も入っていたみたいであまりゆっくりできなかったのですが、その後、思いがけずメールをいただいたので、レクチャーをお願いしてみたら快くお引き受けくださり、実現に至りました。

レッスン専用掲示板にもお知らせを出して集まった生徒さん達と、代々木公園隣の青少年センターの円卓会議室を借りて、レクチャーしていただきました。(この機会に初めて青少年センターに行ったのですがなかなかすてきな所で、サークルで申し込みすると誰でも、小さな会議室から大きな国際会議場まで、様々な広さの部屋を借りられます。)

ワークショップの生徒さん達と集まる機会なので、6月21日からのグループ展の準備のための話し合いもすることにして、まず、レクチャーの始まる前に代々木公園近くのレストラン「タールム」でランチ会。(SincereのERIさんに教えていただいた素敵なお店でした。)

この時のメンバーは、快適空間のKakoさん、ACO DECOのAKOさん、On The Windの akkiki-mummyさん、アロマセラピストのpuuさん、15年来の生徒さんのMikaさん、時々アシスタントのBlancaさんと私の7人。こんな風に皆で集まってランチするのってとっても楽しい。

それから、徒歩で青少年センターに向かい、レクチャーの時間帯から来れる生徒さん達も加わって、会議室の円卓に写真展に出す予定のみんなの写真を並べて見ました。
みんなの候補の写真をポストカード大にプリントしたものを集めたので、当初の計画ではそれを並べてから、雑貨、料理、風景、人物などテーマ別に分類しましょうということでした。でも、いざ写真を並べてみたら、一人一人の個性ある世界が広がっていて、それをばらばらにするのはもったいないということになって、結局、一定の大きさの壁面を1人ずつ割り当てて、その中で各自自由に写真を展示するという方法を取ることになりました。人数がかなり多いので、1人あたり1メートル四方くらいの壁面での展示になりそうですが。

たくさん並んだみんなの写真を見て、きっとこれは楽しい展覧会になるって実感しました。

そうこうしているうちに、いよいよ嶋本さん到着。ワークショップのみんなの写真も見てみたいとおっしゃっていたので、一緒にテーブルを一周しながら写真を見ていただきました。
グループ展にいらして下さるみたいで、とても嬉しかったです。

レクチャーは、サンフランシスコの大学に写真留学された話、表現することに重きを置いた授業内容、白の色を出す秘密、写真を撮る時の気持ちなど、すごくいいお話が聞けました。
彼女にとって、いい写真が撮れる時は「道を歩いていて、奇跡が起きた瞬間」とのこと。

「遠くに行かなくても、きれいなものはその辺にある。身近なものに幸せを感じる。」という考え方や、フラッシュ、ライティング、三脚は使わず、絞り優先モードで撮るとか、私も共通していることが多くて、嬉しくなってしまいました。

最後に月並みだけどやっぱり聞きたかった質問をさせていただきました。
「嶋本さんにとって写真とは?」
そのお答えは、
「撮っている時が好き。ドキドキ、ワクワクするのが写真。自己表現、自己確認。
自分の写真を気に入れる人になりたい。」



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-18 06:53
e0040957_19464073.jpg

カルトナージュのレッスンをしました。

今日作ったものは、

・イギリスから取り寄せたベージュのファロー&ボールの壁紙とフランス語柄のリネン生地を合わせたバインダー・基本の箱
・フランス語柄のリネン生地のお道具箱
・生徒さんご持参のファロー&ボールの水色の壁紙とリネンのバインダー
・生徒さんご持参の生地のお道具箱・ミニコスメボックス・アルバム

など、色々できました。(アルバムの方は、早めに帰られたので写真がなくて残念ですが。)

一度にあまりに色々作っているから、レッスン日ごとに作るものを決めた方がいいかなと思い始めています。
たとえば7月のレッスンは1日ずつ、メモボックスの日、バインダーの日、大きさを自由に決めて作るトレーの日、アコーディオンカレンダーの日にしようかしらと今のところ考えています。
月にカルトナージュのレッスン日をいつも4日くらいできるので、比較的早く作れる写真立てとトレーの日は午前クラスと午後クラスに分けて、バインダーとメモボックスは一日コースかなとか、色々考えてます。

今まで自宅でレッスンをしていたので、子ども達が帰宅するのが3時半ごろなので、なるべくそれまでには終わりたいというところがあったのですが、アトリエを借りるようになったら5時過ぎまでは使えるので、新しいレッスンのスタイルを模索しています。
レッスンの種類が色々あるので、カルトナージュはスケジュール的に月に4日が限界なので、1日2クラスできる日を作ってみようと思い始めたのですが、7月は試験的にそんな感じにしてみようかと思っています。

もう少し計画を煮詰めて、日程が決まったらHPで近々お知らせしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。


雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-15 20:19

代々木上原のharitts

最近、気に入って通っているお店があります。
通ってるといってもまだ2回めですが、これからも通いそうな・・・
e0040957_0284386.jpg

小田急線の代々木上原駅近くに、4月21日にできたばかりのドーナツ屋さん「haritts」。
ここのドーナツがとても美味しいと聞いて、先週の水曜日に行ってみたら、すごく細い道を曲がったところにある住宅街の一軒家なのだけれど、すでに人が何人か並んでいて。
みんなドーナツを予約して買いに来ている。。。
ショーウインドウのドーナツのお皿にも、ドーナツはからっぽ。果たして予約なしで食べられるのか不安を感じていたら、順番が来て「ごまとビターチョコでしたら、少しあります。」とのことでほっとして。

テーブルが3つだけあるカフェスペースもあるので、そこで食べることにして、持ち帰りも2個頼んでみました。飲み物ははちみつラッテ。その名の通りコーヒーと紅茶とはちみつを合わせたような味で、すごくおいしい。

細い道で知らないと絶対に来れないような場所にあるのに、次々と予約客がドーナツを買いにくる。私の後で予約なしで来た人は、2時間後でないとドーナツがもうないと断られていて。
そして、いよいよあつあつのあげたてドーナツが運ばれてきて、一口食べて、ちょっと衝撃でした。あんまりおいしくて。
ふわふわのパン生地のドーナツ。胡麻の生地の中に甘さを抑えたあんが入っているのと、チョコの生地の中にビターチョコが一周入っているもの。
e0040957_0525440.jpg

他にもシナモンカレンズ、クリームチーズ、マロン、プレーンなど、いろいろあるみたいですが、全部売り切れだったので、今度は予約して来なくては。

それで、今日は近くにちょうど用事があって、また行くつもりで、お昼過ぎに家を出る前に予約の電話をしたところ、今日のドーナツはもう売り切れとのことで。サンドイッチとパウンドケーキならあるとのことで、とりあえずそちらを予約して再び行ってきました。

カフェスペースには、外国人の男性がゆっくり本を読んでいたり、キャリアウーマン風の女性が新聞を読んでいたりと、時間が止まったような雰囲気。
残り1席に座って、サンドイッチとパウンドケーキ食べてる間にも、ひっきりなしに予約の人がドーナツを買いに来たり、予約なしの人も何人も来て品切れで帰って行ったりしていました。

開店したばかりなのに、どうしてこんなに人気なのかなと思ったら、もともと移動販売車でやってたお店のようです。

ドーナツ、今度行く時は食べられるようにもっと早く予約しなくては。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-15 00:03

アトリエの使い方

4月から、自宅と同じマンション内にアトリエ用の小さな部屋を借りました。
e0040957_1040196.jpg

自宅で料理教室を始めてから今年で18年。ずっとリビングルームで続けてきたのですが、昨年からカルトナージュと写真のワークショップも加わりレッスンで使う日が増えたので、2LDKに家族4人で住んで毎日のようにレッスンする生活に限界を感じました。
ちょうど、同じマンション内にワンルームの部屋が空いたので借りることに。

始めは、私のレッスン用のアトリエのつもりで借りたのですが、1ヶ月経ってみて気がついてみるととちょっと違った状況になってます。
今の使い方は、昼間はレッスンや打ち合わせをするアトリエに、夜は、夕食の後で家族みんなでやってきて、お茶を飲んだり、パソコンしたり、音楽聴いたり、子ども達は宿題をやったりと、リビングルームのようになっています。
今までのリビングはダイニングルームになり、2LDKの住まいに離れのリビングができて3LDKになったという感じに。

HPのトップページの写真は自宅のリビングルームのままにしていますが、私にとってあのリビングは自分の原点みたいな気がしていて、心の中のリビングルーム、でも、現実のリビングは今は新しいアトリエの部屋みたいな、そんな気持ちでいます。



雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-14 11:07
今月から、料理のクラスを月ごとに統一してやってみることになりました。
5月はパンクラスの月になりますが、今日のメニューはチョコレートロールとベーコンハーブパン。
e0040957_2381321.jpg

e0040957_235388.jpg

来週のパンクラスはちょっと違うメニューのパンにするかもしれません。

4月のフランス料理メニューもUPしていなかったので遅ればせながら、ご紹介します。
e0040957_23162559.jpg

セロリときゅうりの冷たいヨーグルトスープ

e0040957_23194897.jpg

タコス風パンサラダ

e0040957_2320632.jpg

マシュマロとフローズンフルーツのクリーム

4月からアトリエを借りたのですが、4月は料理教室も初めてアトリエでやってみたのでとても簡単に作れるメニューにしてみました。
初めてレッスンにいらした生徒さんからメールをいただいて、「フランス料理にもいろいろあるんですね。あんまり簡単なのでびっくりしました。」とのご感想。
さすがにちょっと簡単すぎたかなと思ったり・・・
でも基本的には家庭で簡単に作れるお料理が好きです。


雑貨とインテリアの人気ブログ ランキングe0040957_23512187.gif


 ホームページ Living room cafe
by Toko-livicafe | 2006-05-13 23:58