Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

家で過ごす時間

e0040957_2071127.jpg

今日は1日家にいて、カレンダー写真立てのテキストの編集作業をしています。
ここのところ週末やお休みの日にはテキストの撮影や編集にかかりっきりですが、気付いてみたら、11月も今日で終わり。
なんとかこの週末には仕上げたいと思っています。
ウエブテキストはシスレーヌの生地の写真立てで撮影。
e0040957_2034591.jpg

上のパンの写真は、1人で家にいるのでお昼ごはん用と、学校から帰ってくる子供たちのおやつ用に作ったパンです。
忙しいのにパン作り?と思いきや、ニーダーのパンこね器があるので、片手間にパンが作れてしまうのが嬉しいところです。(このパンこね器については、HPのRecipes & essay「家で焼くパン」の中でもご紹介しています。)
パン作りは発酵を待つ時間が多いので、こんなふうに一日家にいる時は気持ちに余裕を持って作れます。
写真はハムチーズパン。表面には、最近とても気に入っている「六助のこしょう塩」をかけたら、とってもいい塩の風味です。
おやつ用に同じパン生地でクリームパンも作ったけれど、この六助の塩ふりパン、子供たちにも好評でした。
by toko-livicafe | 2007-11-30 20:48 | 料理

紫花の生地


e0040957_11264415.jpg
今日は、カルトナージュレッスンをしました。
写真は生徒さん達が作られた縦型お道具箱とミニコスメボックスです。
最近新しく入れた紫花の生地が人気です。
フランスの生地ですが、何を作ってもしっくりくるので色々作りたくなってしまいます。
同系色のストライプ生地と合わせてもすてきです。

こちらは先日私が作ってみたツールバスケットです。茶色の革の持ち手をつけています。
中に十字の仕切りを入れて、カルトナージュの道具を立てたり、リモコン入れにしても重宝しそうです。
久しぶりに出会ったマイブームの生地に、ちょっとわくわくしています。
e0040957_18144253.jpg

by toko-livicafe | 2007-11-27 18:23 | カルトナージュ

クリスマス料理メニュー

e0040957_23541622.jpg

私の料理教室では、毎年、11月がクリスマス料理の月。
今年のクリスマスケーキは、キャラメルクリームの切り株ケーキにしてみました。シフォンケーキみたいに大きなケーキです。
クリームは、キャラメルを作ったところに生クリームを混ぜて冷やし、泡立てて作ります。

メインディッシュは、鶏の南仏風オーブン焼き ショートパスタ添えです。
野菜は赤・黄ピーマン、ズッキーニ、トマト、にんにく。鶏は皮と身の間にバジルの葉を入れて、表面だけこんがりとフライパンでソテーして、野菜の上にのせてホイルで包み焼きにしました。
食べる時にホイルの包みを開けるとふわーっと香ばしい湯気が出るのが嬉しい瞬間です。
生で入れた野菜が火が通ってジューシーなソースもたくさん出ているので、付け合せ用のパスタもホイルの中に取ってソースをからめながらいただきます。
このお料理は全てホイルの中で作るので、焼いてもオーブンの庫内が汚れないのも嬉しいところです。
e0040957_4464243.jpg


オードブルは、スモークサーモンと生ハムのクロックムッシュ。
フランスパンにガーリックバターを塗り、ホワイトソースとスモークサーモン、チーズをのせて焼きます。同じ作り方で生ハムを使ったものと2種類作りました。
e0040957_534167.jpg

付け合せのサラダには、イタリアからのお土産の特別美味しいバルサミコ酢とオリーブ油をかけていただきました。このバルサミコ、本当に美味しいです。
e0040957_525190.jpg

by toko-livicafe | 2007-11-24 23:53 | 料理

タルトタタン

e0040957_244888.jpg

昨日は、カルトナージュとお料理のコラボレッスンでした。

お料理のご要望は、今回はパスタとお菓子ということでしたので、メニューは

ポルチーニのトマトソーススパゲッティ
生ハムとトレヴィーズのサラダ
タルトタタン

午前10時半に始まって、まずお料理を作って、それから会食。その後カルトナージュレッスンではアルバムや時計などを作り、夕方までの1日コースのレッスンでした。

昔、私が住んでいたフランスのオルレアンでは、タルトタタンは地方料理でしたので、色々なフランス家庭でタルトタタンをいただいたり習ったりする機会がありました。家庭によって作り方は様々で、りんごの他に洋梨やアプリコットで作ったり、丸形以外にも四角いタルトタタンもあったりしました。
タルトタタン発祥の地、フランスのラモットブーブロンにあるタタンホテルに行ったことがあるので、そのレポートをHPに詳しく載せていますので、よろしかったらこちらのページをご覧下さい。

タルトタタンは普通のタルトと違って、りんごを下にしてその上にタルト生地をのせて焼き、それをひっくり返してお皿にのせます。こうしてさかさまに焼くことによってりんごの表面がキャラメルに少しこげてとても香ばしく焼きあがります。

久しぶりにタルトタタンをレッスンに取り入れてみたらとても好評だったので、また機会を作りたくなって、1クラス作ることにしました。
今回は写真のワークショップを終えた方を対象に、タルトタタンとフォトパネルレッスンをいたします。

日時 : 2008年1月21日(月) 午後2時~6時
場所 : アトリエ Living room cafe
レッスン料:  6000円 (タルトタタンの材料費込み・フォトパネルの材料費別)

お申し込みは、以下の事項をお書き添えの上、こちらへのメールでお願いいたします。


定員になり、募集を終了いたしました。 ありがとうございました。

メールの題名 : タルトタタンとフォトパネルレッスンの申し込み

メールの内容: 
 お名前
 ご住所
 電話番号
 携帯電話番号
 PCメールアドレス
 携帯メールアドレス
 写真のワークショップを終えられた年月
 
今まで生徒さん達が作られたフォトパネルをご紹介します。ポストカードサイズの写真を3枚使います。

e0040957_2401388.jpg
e0040957_2403559.jpg
e0040957_2405870.jpg

10月31日のブログでも、フォトパネルレッスンのご紹介をのせています。

来年は、タルトタタンとカルトナージュのレッスンも作ってみたいと思っています。
by toko-livicafe | 2007-11-21 23:57 | 料理

ずっと探していたもの

e0040957_1122023.jpg

和風にも洋風にも使えて、煮込み料理、炊き込みご飯、鍋ものなどにも使えるような、それでいて、そのままテープルに出してもいいい感じの、そんな土鍋をずっと探していました。

玉川高島屋南館に生活雑貨と輸入食品のお店クロワッサン クロワッサンがあるのですが、その隣に同じお店の1月までの期間限定ショップがOPEN。ちょっと珍しいキッチン用品が並ぶ中で、ふと目にとまったLALIUの大鍋。

直径23cm、深さ11cm。土鍋の質感がシックでテーブルウエアとしてもぴったりのイメージ。和洋中、なんでも対応できそうです。
一目見て、やっとみつけたって思いました。

一緒にディスプレイされていた十字の木製の鍋敷きも素敵だったので購入しようと思ったら、単品でも買えるけれど、このお鍋にも付属品としてついているそう。
折りたたみできるように2本の木が組み合わされています。(右の写真は折りたたんだ形です。)
e0040957_2221556.jpge0040957_2224514.jpg
使わない時はコンパクトになります。


e0040957_2275755.jpg
じゃがいもと鶏とキャベツの蒸し煮、南仏野菜と鶏の蒸し煮、炊き込みご飯・・・など、試して作ってみたところですが、保温性が高いので、火からおろしてテーブルに持っていっても、しばらくぐつぐつと沸騰しているのもいい感じです。

岐阜のLoLoという会社の製品のようですが、ここのホームページがかっこよくて、一見の価値ありです。
by toko-livicafe | 2007-11-12 23:57

お花の写真

e0040957_22562429.jpg


e0040957_22564566.jpg

気がついてみたら11月も2週目。そろそろ恒例のカレンダー販売の準備もしなければと思ったりしています。
今年は新しく写真立てスタイルのカルトナージュのキットと、今までのアコーディオンカレンダーと両方の販売を予定しているので、今は写真立てのテキスト作りにかかっています。

ばたばたとしていて更新が遅れましたが、上の2枚の写真は10月末にマンダリンオリエンタルホテルSalon de Sylvie主宰のプリンター講座に参加した時に撮ったものです。
フラワーアーティストで、お花の写真家でもあるSylvie先生との出会いは、今年の3月に表参道でのSalon de Sylvie主宰のLIVING PHOTO展に行った時。
すごくきれいなお花の写真を撮る方がいると評判を聞いて伺ったのですが、先生の写真も生徒さんの写真もセンスあふれる素晴らしいものでした。
会場にいらしたSylvie先生が声をかけてくださって、色々とお話していたら私のことを知っているとおっしゃって下さって、6月のLiving Room Cafeの写真のグループ展にもいらしてくださることに。

そして、私達のグループ展にはマネージャーのmotomiさんとお2人でご来場下さいました。その時、思いがけなくSylvie先生とmotomiさんが私の写真のワークショップにいらしてくださるとおっしゃって、8月から10月までの3回コースに参加してくださいました。
お二人ともとってもお話も楽しい方で、ワーククショップのステップ3の時に作られたアコーディオンカレンダーとポストカードのフォトパネルは、さすがにプロの仕事という感じの素晴らしい作品でした。

私もSylvie先生のレッスンを受けて勉強したいと思い、銀座のソニービルでのお花の写真講座やマンダリンホテルでのプリンター講座に参加させていただきましたが、工夫に富んだ充実したレッスンでした。
次回はソニービルの200名入れる会場での写真のイベントが12月に予定されているとのことで、こちらも楽しみな企画です。
by toko-livicafe | 2007-11-09 00:13 | 写真