Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0040957_241312.jpg

3日間、関西に行ってきました。
1日目は、北欧生地と雑貨のショップ 「FIQ大阪」で、カルトナージュワークショップを開きました。
初めて伺ったFIQ大阪店は、自由が丘店と雰囲気がまた違って、どちらもそれぞれ個性があってすてきなお店。スタッフの方々の対応もとても優しくて、嬉しかったです。
2階の広いスペースを借りていただいてのワークショップ。
アクセサリートレーボックスとシェイプバスケットのレッスンでしたが、いらしてくださった方はいつも関西レッスンに参加してくださる方や、通信講座の生徒さんも多かったです。
(レッスン中、ちょっと余裕がなくて写真撮ってませんが。)

レッスンが終わってから関西Livicafe写真展メンバーの同窓会に、奈良の「秋篠の森」のホテルレストランへ。
ここは奈良の有名なカフェと雑貨のお店「くるみの木」の姉妹店で、全国から人が集まる人気のお店です。
1日2組だけしか泊まれないホテルは、夏前から年内の週末はすべて満室とのこと。私もこの機会に泊まりたかったのですが、残念ながら満室で。でも、レストランでのディナーはずいぶん前から皆で予約しておいたので、行くことができました。
今まで食べたことがないようなお料理ばかりで、しかも素材を生かしたナチュラルな美味しさには本当に感動しました。
奈良でしかも駅からバスに乗って行く場所にあるので、ずいぶん遠かったのですが行く価値がありました。
久しぶりに会ったみんなとそれぞれ近況報告しあったりして、とっても楽しいひと時を過ごせました。

2日目は、心斎橋大丸の中の北欧生地と雑貨のお店、「ノルディック・ガーデン」でカルトナージュワークショップをしました。
e0040957_2355241.jpg

午前クラスが、はさみケースとランプシェード、午後クラスがアクセサリートレーボックスとバック型携帯電話ケース。
皆さん、北欧生地でとってもすてきに作られました。

生徒さん達が作品の記念撮影をされていらしたので、私も撮らせていただきました。
e0040957_2134199.jpg



ノルディックガーデンのお店は、すてきな北欧雑貨でいっぱい。
e0040957_2361165.jpg

私は特に、スウェーデンのデザイナーのヘレナ・セレグレンの小物に心惹かれ、11月23日~12月11日、東京の表参道「ヤマナシヘムスロイド」で原画はじめ雑貨の展示会があるということで、今から楽しみにしています。
e0040957_2555771.jpg


それから、新しく大阪にできた超高級ホテルで話題になっているセントレジスホテルでこの機会にお茶くらいは飲んでみたいと思っていたので、ちょっと寄りました。午後はアフタヌーンティーサロン、夜はバーになるというお店でしたが、さすがにすごい高級感とシックなセンスは、なかなかのものでした。

3日めは、オフの日。
mycantikさんのご案内で、おすすめの中崎町を4人で散策。レトロな町並みの残る大阪です。
e0040957_3263647.jpg

e0040957_327923.jpg


そのあと、なんと以前のブログでご紹介しましたカメラストラップのお店「Acru」の実店舗が心斎橋にあるということで行きました。
e0040957_2475324.jpg

あこがれのAcruのお店は、超おしゃれ。
e0040957_3281890.jpg

ネットには載せていないという店舗のみの商品も色々あって、種類がかなり豊富。
私は散々迷って、カメラ用の革の袋を買いました。
ネットには載せていない特別柔らかい革を使っているとのこと。
今度、写真を撮ってご紹介してみますね。

羽田空港に着いてからは、10月21日にOPENしたばかりの国際線ターミナルもちょっと見学してから帰りました。
色々と盛りだくさんの充実した3日間を過ごしました。
by toko-livicafe | 2010-10-29 00:06 | レッスン情報
e0040957_0423187.jpg
今日で今月の写真のワークショップ ステップ1が全クラス終了しました。
伝えたいことが伝わったかなと思いつつ、来月も皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
今月の被写体の1つとして、関西の生徒さんのlavandeさん製作の石鹸を使わせていただきました。
ラッピングも手作りでとってもすてきです。(箱は市販のものとのこと)

大阪でのカルトナージュワークショップの準備も終わり、1年ぶりの関西です。
それから、ご予約くださいました皆様に持ち物の確認です。
はさみ、カッター、シャープペン、消しゴムをお忘れなく。
できれば刷毛もお持ちの方はご持参ください。

では、どうぞよろしくお願いします。
by toko-livicafe | 2010-10-23 19:51 | レッスン情報
e0040957_2352035.jpg

Acruの革のグリップベルト、カメラがとても持ちやすくておすすめです。
内側もふんわりとした革なので、手にしっとりとなじんで、カメラを支えるのが心地よい感じ。
ちょっとこれなしではもうカメラは使えないというくらい、気に入っています。
デザインもとてもおしゃれで、革の色もレッド、ブルー、グリーン、イエロー、ネイビー、ナチュラル、カフェオーレなど種類も豊富で、どれにしようか迷ってしまうくらいです。

写真のワークショップにいらした生徒さんが使っていたのをちょっと持たせてもらったら、すごく持ちやすいので私もさっそく (というか、どの色にしようかと迷いすぎて決めるのに相当時間がかかりましたが) 購入して正解でした。(革の色はブルーにしました。)

このAcruというブランドは、革のカメラ用品がとってもすてきで色々ほしくなってしまいます。
レンズキャップケースもかわいくて、注目しています。


今月から、新しいコースの写真のワークショップが始まりました。
福岡や水戸から通ってくださる方もいらして、どうもありがとうございます。
今回からワークショップの内容を少し変えて、ステップ1では露出のしくみ、絞りとシャッター速度の関係をより理解するためにマニュアルモードでの撮影から入ることにしました。
今までは、絞り優先モードで、明るさを変える時に露出補正を使うという簡単な方法から入っていましたが、まず最初にマニュアルモードの使い方を理解した方が露出の原理がわかると思い、このような方法をとりました。

ワークショップを始めてから5年が経ち、最初の頃は3回コースでフォト雑貨作りはカレンダーブックだけでしたが、その後フォト雑貨の種類が増え、現在では6回コースになっています。
以前のワークショップにご参加の方々から、自分の時はまだなかったフォト雑貨を習いたいというお声をいただいています。
今回、土曜日のコースにお席がありますので、過去のワークショップご経験者の方は、1回単位でフォト雑貨作りや復習のためにご参加できますので、詳細ご希望の方は連絡くださいね。


それから、来年の写真のグリープ展のことですが、世田谷美術館が改装工事に入るためギャラリーを借りるのが今までより難しくなりそうです。
日曜日に申込書を出しに行ってきましたが、10月31日に正式に借りられるかどうか決まるという段階です。
美術館の方に、「すごくきれいな展覧会で、毎年楽しみにしているんです。」と言っていただき、嬉しかったです。
31日のギャラリー選考日に抽選で借りられるかどうか決まるのですが、今までは希望の日程が取れなくても別の日程にすればだいたいは取れたのですが、来年は工事のためギャラリーを使える日数が今までの半分になるそうなので、例年より難しくなりそうです。
写真のグループ展に参加ご希望のお声も色々といただき、来年もできるといいなと思っています。
31日の結果が出ましたらまたお知らせしたいと思いますので、よろしくお願いします。
by toko-livicafe | 2010-10-21 23:52 | 写真
e0040957_18303657.jpg

1つ前のブログ記事でご紹介しました、「ベーキングシートを使ったカルトナージュ」の第2弾として、バゲットなどのパンを入れるトレーを作ってみました。
パンがふちに当たっても大丈夫なように、中のベーキングシート部分を周りの生地より3ミリほど上げて作っています。
パンを入れて何度か使っていますが、全くよごれなくてかなり便利です。
本体の箱と内側の厚紙は両面テープで貼って、念のために、中だけ貼り替えもできるようにしてあります。
ベーキングシートは両面テープでは全く接着ができないのですがスティックのりはききました。スティックのりで厚紙に貼ったベーキングシートは、完全に乾いていてもパリッとはがれますので、いざという時は貼り替えも可能です。

今回作ったこのバゲットトレーは結構大きかったので、その後、底の幅とフチの高さを1cmずつ小さくして作ってみたところ、不思議とすごく小さいトレーになってしまい、現在、5mmずつ小さくしたトレーを作成中です。最終的にこの3つ目のトレーの大きさがバゲットを入れてテーブルに置くにはちょうどいいみたいです。
ブラウンのマラガ生地で作っていますが、配色的にもバンのイメージ合うのでなかなかよさそうです。

さて、このドイツ製ベーキングシートですが、いつも自由が丘のクオカで買っています。
ブログでもこのシートを背景に使った写真をたびたび載せたことがあります。5年くらい前のブログ記事にも載せていて長年の愛用品です。

ところで先日、この紙を買いに自由が丘に行った時に以前から行ってみたかったティーサロン「TWG tea」に寄りました。
シンガポールから初上陸のお店とのことで、最初はshamafさんに教えていただいたのですが、とにかくここの紅茶のおいしいこと。
数え切れないくらいの種類があるのですが、今まで飲んで気に入っているのは「シンガポールブレックファースト」、「アールグレイジェントルマン」、「チョコレートティー」etc・・・
どれをとっても味わい深くて個性が光る美味しい紅茶です。
写真右のトレーに入っている黄色い袋がこのお店の紅茶です。TWGのロゴが入ったこのパッケージもおしゃれですてきです。
ティーサロンにすわって、キャラメルマカロンとチョコレートティーを頼みました。ケーキもありましたがあまりに大きいので最近カロリーを気にしている私はマカロンにしておいたのですが、これがまたすごく美味しくて正解でした。

先ほど入れた紅茶が3分の抽出時間がたったようなので、今日はこのへんで。
by toko-livicafe | 2010-10-15 17:03 | カルトナージュ
e0040957_13493180.jpg

最近、ちょっと夢中なのがベーキングシートを使ってカルトナージュを作ること。
ことの発端は、アトリエのレッスンの時に使っている卓上のゴミ箱(ブリキと籠でできている)がこわれてきたので、カルトナージュで作り始めて。
外側ができ上がって、中を貼る時、汚れがつきにくい素材はないかしらと思い、家にあったベーキングシートを貼ってみたら、水も油も寄せ付けないとってもいい素材であったことに気がつきました。
e0040957_2124049.jpg

ドイツ製のこのベーキングシートは、デザインもすてきなので以前からサンドイッチを包んだり、お菓子やパンを作った時に下に敷いたりといつも気に入って使っていました。
もともとオーブンでお菓子やパンを焼く時に天板にくっつかないように敷くものなので、水や油もはじく優れものです。

その後、このベーキングシートをカルトナージュに使えば、パンやクッキーなども直接カルトナージュのトレーに入れられることに気がついて、さっそくバゲット用のトレーを製作してみたところです。中を貼り替え可能にしたりして、1作目より改良して作りました。
先ほど完成してまだ写真を撮っていませんが、撮影が終わったらご紹介したいと思います。


ところで、今日の1枚目の写真の奥に写っているブルーのものは、アトリエや自宅でも使っている空気清浄機、マジックデューです。
生徒さんに教えていただいたものなのですが、16種類の香りから選ぶソリューションがお部屋の空気をすがすがしい香りと共に洗ってくれて、とても快適です。
by toko-livicafe | 2010-10-12 21:24 | カルトナージュ
e0040957_19104769.jpg

e0040957_1985843.jpg

10月25日にカルトナージュワークショップをさせていただく、大阪 ノルディック ガーデンさんのフライヤーができました。
とってもすてきそうなお店で、私も楽しみにしています。
画像クリックで拡大しますので、ご覧下さい。

お申し込みの皆様、ありがとうございます。
当日の持ち物は、カッターナイフ、はさみ、シャープペン、消しゴムですので、どうぞよろしくお願いします。
by toko-livicafe | 2010-10-10 19:13 | レッスン情報
e0040957_20494369.jpg

iphone使い始めました。
携帯でインターネットするにはやっぱりとても便利。
他にもいろいろ機能があるみたいだけれど、まだ来たばかりでこれから使えるようにしていこうという段階。
落として壊すと修理代が7万数千円かかるとお店の人に言われ、それからケースをつけた方が電波状態がよくなるとも聞いて、とりあえず金属のプレーンなケースを買ってきました。
使っていると、なんとなく布の肌触りが好きな私は、ケースに生地を貼ってみたくなり。
買ってきたケースにスティックのりでショコラの生地を貼り、精密機器を入れるのでしっかりドライヤーで乾かして冷ましてからiphoneを入れてみたところ、やっぱり手になじんで自分的にはとても快適。
e0040957_20514072.jpg

iphoneケースは、ネットで見るとものすごくたくさん種類が出ていて迷うくらいだけれど、自分だけのケースというのもなかなか気に入って使っています。
by toko-livicafe | 2010-10-08 20:50 | カルトナージュ

ちょっとした思いつき

e0040957_17285822.jpg

以前から作ってみたかったものは、ティッシュが入っているようには見えないティッシュボックス。
最初はCDボックスの応用のような形で蓋つきの箱みたいなものを考えていたのですが、ちょっと手がよごれた時に使いたかったりすると、蓋がないほうがいいみたいで。

ある日、以前に作ったランプシェードにちょっとティッシュを入れてみたら、なんだかとっても調子がよいのです。
箱から出したティッシュを縦に入れて使ってみると縦側にもティッシュはすっすと出てきます。1箱分全部ちょうど入るのもいいところで、最近家ではもっぱらこの筒型ティッシュボックスが便利で気に入って使っています。
e0040957_17264548.jpg


整理整頓が苦手な私は、その類の本を読んでは頭を悩ませている日々ですが、小松易さんのベストセラー本、「たった1分で人生が変わる片付けの習慣」は、すごくいい内容でした。
私はまず、「食卓は使わない時は常にフラットな状態にして、物を置かないこと」から始めてみました。これを1つ守るだけでも、部屋が見違えるようにすっきしして見えるので不思議です。
e0040957_17511984.jpg

どんなに忙しい時でも、このテーブルの習慣は続けていくことを目標にしたいと思っています。
食事が終わったあとは、テーブルには2段重ねのカトラリーケースと筒型のティッシュボックスだけをいつも置くようにして。
ティッシュボックスに見えないので、インテリアも損なわずにちょっといい感じです。

考えてみたらランプシェードみたいに光が透けるようにプラ板を使う必要もないので、その後、厚紙を使って丸箱の応用のようにして、新たに作ってみたティッシュボックスがこちらです。
e0040957_17514117.jpg

スウェーデン ボラス社のユートラドゴッドという生地で作ってみました。 中にはリネンの製本クロスを貼り、紺色の革テープでアクセントをつけました。

ランプシェードみたいなティッシュボックス、使ってみるとなかなかいいですよ。
by toko-livicafe | 2010-10-06 17:26 | カルトナージュ
e0040957_1743866.jpg
2年前にほとんど偶然の思いつきから(?)かぼちゃの形のパンを作って以来、毎年ハロウィン前の季節になると、このレッスンが恒例みたいになっています。
今月は3回のコラボレッスンを予定していますが、今日はその1回目。
パセリの茎をさすと、急にカボチャらしくなるそう。

お同じ生地でドーナツも作りました。パン生地で作るドーナツはやっぱり好きです。
e0040957_221559.jpg

コラボレッスンのカルトナージュは、B5のカレンダーボード、ネームホルダー、TO DO LISTファイルなどを皆さん作られました。

このパンの形の作り方は、以前にこちらのページに書きましたので、よろしかったらご覧下さい。
by toko-livicafe | 2010-10-05 22:15 | 料理
e0040957_2059862.jpg

最近、私が使っている手帳カバーです。
革ベルトとスナップでとめられるようにして、ペンも入れられるように作りました。
e0040957_20592475.jpg
このペンは、市販のペンにフランス語ペーパーを巻いて作りましたが、スナップをはずしてもなぜかペンが落ちません。
どうしてでしょう?

e0040957_20593855.jpg実はこんなふうに、おそろいのフランス語ペーパーでペンさしを作っているので、ペンがとまるようになっています。

始めは上の方に別にペンさしを作ろうかと思ったのですが、真ん中に革ベルトがあるのでちょっとデザイン的にすっきりしなくなってしまうので、革ベルトの中にペンさしを入れてみたら、使いやすいし見た目もいい感じで気に入っています。
手帖カバーのレッスンでは、ご希望の方はこのペンも一緒に作る予定にしています。
by toko-livicafe | 2010-10-02 20:59 | カルトナージュ