Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ここ数日は、秋からの定期クラスのお申し込みが始まったので、たくさんのメールのやり取りをしています。
以前にも少し書いたことがありますが、メールは100パーセント届くわけではないということを、今回も何度か経験しました。
申し込みメールを送って下さったけれど、こちらにはなぜか届いていなかったり、お席をお取りしたメールを送信したけれど、先方には届いていなかったり。
ブログやHPで、返信がない場合は再度確認のメールを出していただくように書いておいてよかったと、今回も思いました。

数年前にお問い合わせのメールを送ったけれど、私からの返信がなかったと最近になって教えてくれて、私はいつも全てのメールに返信しているので、やはり、知らないところで届かなかったメールがあるということを知りました。

メールは今の生活や仕事にはなくてはならないものだけれど、届いたと思っているメールが届いていないこともあるので誤解も招きやすく、お互いに確認というものが大切と思いました。



さて、今日のレッスンで生徒さんたちが作られた作品もとてもすてきだったので、ご紹介してみます。

キャンドルティッシュボックス。右側の方は北欧ファブリック マリメッコの生地をご持参になられました。
e0040957_0492238.jpg


縫わない通帳ケースを少し大きいサイズで作られて、振込用紙ケースに。
e0040957_0361379.jpg


キャベジズ&ローゼズの花柄のリネンのミニトートバッグ。持ち手は革紐を三つ編みにしてご持参されて、すごくすてきでした。
(後ろのおそろいのバッグは私が作ったバッグです。)
e0040957_038941.jpg

以前は、アイロン接着芯を使っていたこともあって、バッグのサイズが大きくなるほど時間もかかりました。
しかし、だんだん材料や作り方を改良していき、今はシール接着芯を使っているので、大きいバッグでもさっと接着芯を貼れるので作りやすくなりました。
ミニトートバッグを作ると、小さいほど細かい作業で気を使うので、今では大きいバッグの方が作りやすい感じになっています。


マカロンの生地でミニアイロン台。
e0040957_046015.jpg


夕方、暗くなる寸前に写真が撮れました。


カルトナージュの教室を始めてから、早いもので8年が経ちました。
最初に教室を始めたのは、26年前でフランス家庭料理教室からでしたが、だんだんと自然に教室の内容も変わってきて、今は縫わないシリーズが一番メインになってきています。

いつも私は目標を持たずに、目の前にあるものを日々追いかけながら暮らしています。
そうしていると予想しなかった展開があったりしますが、自然にできる道に身を任せて歩いていくのが自分には合っているように思っています。

教室に集まって下さるたくさんの生徒さんたちには、いつもとても感謝しています。
これから先もどんな方向に進むかわからないけれど、思いつきやひらめきを大切にして、好きなものを追いかけ続けていきたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いします。





e0040957_21514147.jpgLiving Room Cafe
縫わないバッグ レッスンキット

by Toko-livicafe | 2013-07-24 23:29 | カルトナージュ

連絡です。

10月開講カルトナージュ&縫わないバッグレッスンの定期クラスの受付を開始しました。

7月20日22時までにお申し込みのメールを下さった全員の皆様に返信いたしました。

7月22日 追記
今後のお申し込みは、24時間以内に返信が届かない場合はご確認のメールを下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

お申し込みをありがとうございました。
by Toko-livicafe | 2013-07-20 22:51 | 連絡
半年で6回コースの定期クラスの詳細を、HPに更新いたしました。
7月20日夜8時からお申し込み開始させていただきます。
詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

現在の定期クラスの生徒さんと、お知らせメールご希望の連絡を下さった全員の皆様に、次期クラスのご案内のメールを送信させていただきました。
もし、メールが届いていない方がいらしたら、確認の連絡を下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。



今日は、生徒さんたちがレッスンで作られた作品をご紹介します。

e0040957_8111556.jpg
内側に一周ポケットのついた横型のツールバッグ。
赤い革ベルトの組み合わせが粋で、お出かけバッグとして使ってもすてきそうです。


e0040957_8105670.jpg
最近ちょっと人気の、キーホルダーと縫わない眼鏡ケース。
プレゼントにたくさん作っても楽しい感じです。


e0040957_7504322.jpg
中に無印良品のアクセサリートレーを5段入れて使えるアクセサリーボックスです。(トレーを入れている写真はこちらをご覧下さい。→ ☆)
Living Room Cafeのロゴ入り鏡もつけています。
e0040957_7513119.jpg



e0040957_7504635.jpg

右側は、お弁当とペットボトルを立てて入れるためにと作られた縦長の縫わないバッグ。形を変えて作ると新鮮に感じます。


e0040957_751522.jpg

北欧ファブリック ボラス社のマラガの生地でA4の紙類ケース。A4の用紙が1袋ぴったり入るケースです。
インテリアのアクセントにもいい感じです。

e0040957_892832.jpg

表布を無地のリネンで、内布を刺繡柄の生地で作られた縫わないバッグ。
服に合わせやすいリネンのバッグで、中の物を取り出す時に生地の模様を楽しめるというのもいいですね。




e0040957_21514147.jpgLiving Room Cafe
縫わないバッグ レッスンキット

by Toko-livicafe | 2013-07-18 09:30 | 縫わないバッグ
e0040957_11591149.jpg

先日のブログでご紹介しましたmadame pommeさんの展示会でオーダーさせていただいたワンピースができ上がって届きました。

ヴィンテージファブリックの友栄堂さんの布を使っています。

さすがに生地もシックな色合いで、日本ではちょっと見ない感じです。
madame pommeさんのショートブラウスをアレンジしていただいて、チュニック風に注文しました。
届いて開けてみて、すごくかわいくてやっぱり頼んでよかったとすっかり嬉しくなりました。


残布はおそろいで小物を作りたいので一緒に送っていただきました。
さっそくリネンの縫わないバッグを製作。小さな生地なのでバッグの縁取りに使ってみました。

持ち手も接着芯を入れてリネンの布で作ってみましたが、持ってみるとちょっと太かったみたいなので、あと1cm細くしてから内布と一緒にカシメ留めして仕上げる予定です。

madame pommeさんの洋服の感覚にすっかり魅かれていて、また次の展示会がある時を楽しみにしています。
展示会のご案内をいただいたら、こちらのブログでもまたご紹介させていただきますね。


今日は、残布を使って、おそろいのパスケースも作ってみる予定です。





e0040957_21514147.jpgLiving Room Cafe
縫わないバッグ レッスンキット

by Toko-livicafe | 2013-07-13 09:59 | 縫わないバッグ
e0040957_21383794.jpg

A4の書類が入る大きさのバッグがほしいという姉のために、縫わないバッグを作りました。
以前に作ったラージバッグ(お稽古バッグ)よりもひとまわり小さくて薄いサイズですが、収納力もあって持ち歩きしやすい感じです。
生地は、外側はラミネート、内側と縁の部分はストライプのリネンで2色のバッグになっています。

A4の書類ファイルを入れると、こんなふうになります。
e0040957_21385490.jpg


姉の希望として内側にポケットがほしいということで、革テープの2つめのカシメ留めの部分にポケットバッグを一緒に留めて作ってみました。
ポケットの上部中央にスナップをつけて、携帯など入れる場合はポケットが2つに分かれるようにしました。
e0040957_21563358.jpg


今日、バッグを渡したらとても気に入ってもらえて、いつもお世話になってるお礼ができました。



*お知らせ
カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス」 2013年10月開講クラスは、7月中に受付開始予定です。
「定期クラスお知らせメール希望」の題名でメールを下されば、詳細が決まりましたらメールをお送りいたします。
現在の定期クラスの皆様には、こちらからご案内のメールを差し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。




e0040957_21514147.jpgLiving Room Cafe
縫わないバッグ レッスンキット

by Toko-livicafe | 2013-07-11 22:24 | 縫わないバッグ
by Toko-livicafe | 2013-07-05 17:07 | 縫わないバッグ
e0040957_2242100.jpg

発売開始しました「縫わないバッグ レッスンキット」のテキストについてご紹介させていただきます。

表紙と裏表紙を除いて、テキストは全20ページ。
写真撮影、図、文、レイアウト、バック製作など、すべて私自身が作りました。

上の写真は、一例としてテキスト6ページ分を並べたものです。

左上: 手順写真の中の1ページ
左中: テキストの表紙
左下: 図解説明のページ

右上: 縫わないバッグを初めて作った時のお話など
右中: 完成写真とキットの説明
右下: 道具の説明

イラストレーターソフトで作成して、PDFファイルにし、A4の紙にプリントしたテキストです。
下記の写真はそのPDFの1部です。

e0040957_2201061.jpg



縫わないバッグを初めて作った時のお話のページをご紹介してみます。
e0040957_1315964.jpg


はじめに

お裁縫が苦手な私にとって、バッグを自分で作るようなことはとても難しくてできないと思っていました。
でも、両面テープとカシメ金具を使って縫わずに工作感覚でバッグが作れたら、自分にもできるかもしれないと考えました。
一度、大きなバッグ作りをその方法で試みたことがありましたが、内布と外布の合わせ方がどうしてもわからなくてそのまま断念。 しばらくはあきらめていました。

その後、2011年の5月のこと。携帯やティッシュを入れるようなとても小さなミニトートバッグを作る機会がありました。その時、何気なく内布に端の処理のいらない製本クロスを使ってみたら、思いがけず内布と外布をうまく合わせることができました。
それ以来、同じ作り方で大きなバッグや、内布が端の折り返しの必要な普通の布でも作れるようになりました。

今では自分のバッグを好きな大きさでささっと作れるようになって、色々な形にアレンジも広がり、以前の自分を考えるとちょっと夢のようなことです。
接着芯と両面テープ、カシメ金具を使って作る「縫わないバッグ」は、縫うバッグと同じくらい強度があって旅行にも安心して持って出かけています。

今回、皆様に「縫わないバッグ」作りの楽しさを知っていただくために、このレッスンキットを作りました。
テキストを作成するにあたって、初めて作られる方にわかりやすいようにかなり詳しく説明と手順写真を載せました。

そのため、このテキストを一見すると、とても大変な工程があるような印象を受けられるかもしれません。
でも、最初はテキストを見ながらゆっくり作り、縫わないバッグの構造が一度わかると、通常3時間くらいでバッグが作れるようになります。

大きさを変更する方法もテキストに書きましたので、生地やサイズを変えて、是非ご自分でも応用してみてください。

縫わないバッグと同じ手法で、様々なアレンジが広がります。
これまでに私は、縫わないカメラバッグ、2色のバッグ、お道具バッグ、ツールバッグ、バッグ イン バッグ、眼鏡ケース、スマートフォン・携帯ケース、カードケース、ノートパソコンケース、ペンケース、名刺ケース、通帳・パスポートケース、ティーコゼー ・・・など、様々なものを「縫わないシリーズ」として作ってきました。

この機会を通じて、皆様の手作りの世界が広がるお役に立てたらとても嬉しく思います。


                   

「縫わないバッグ レッスンキット」 の詳細は こちらのページからご覧下さい。

今回のキットで生地を使わせていただいた、北欧ファブリック・雑貨の専門店「FIQ」さんのHPでも、レッスンキットのご紹介をいただきました。 → 

2年前の初期の頃から、改良に改良を重ね、今では作り方も材料もかなり変わりました。
縫わないバッグを皆様にお楽しみいただけたら、とても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
by Toko-livicafe | 2013-07-04 23:10 | 縫わないバッグ