Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0040957_12235184.jpg

フィンランドのファブリック・ブランド「kaunisute」は、とってもかわいい洗練されたデザインのリネンコットンが特徴です。

生地のほかにエプロンやクッションカバーなどの小物類も充実していてすごくかわいくて印象的でした。
その中でも一番好きなMetsäの生地を使って、外ポケットつきの縫わないバッグを作ってみました。

e0040957_1394711.jpg


外ポケットはざっくりしたリネンを使っていますが、内側は冬仕様にフェルトを2色使ってみました。
フェルトは端を切りっぱなしで使えるので作りやすくて、また、今の季節は温かくてかわいい感じがして、内布としてなかなかいいです。

急に寒くなってきたので、フェルトが使いたい季節ですね。




「縫わないバッグと小物の本」 11月末 河出書房新社さんより出版予定


*出版記念 個展 開催予定
日時:12月8日(日)、9日(月)
場所:渋谷・青山 haus&terrasse gallery

内容: 縫わないバッグと北欧の写真展示
期間中、常時在廊します。
by Toko-livicafe | 2013-10-21 12:25 | 縫わないバッグ
e0040957_21161762.jpg


今日の定期クラスレッスンで、生徒さんが作られた「縫わないがま口 ミニバッグ」です。

11月末に出る予定の「縫わないバッグと小物」の本にも型紙つきで作り方のプロセス写真を詳しく載せています。
このがま口 バッグは、斜めかけしてiPhoneケースとして使ってもとても便利です。

iPhoneよりも一回り大きいので、駐車券や鍵なども一緒に入れてさっと出したい時にも重宝しています。

以前に初めてがま口を作った時に、口金にはめ込むのがすごく難しくてびっくりしました。

口金の内側にボンドを入れて、準備した布部分を入れて、それから紙紐を入れてという作り方ですが、慣れないと はめたつもりが他の部分を入れていると最初の方が外れてきたり、後から入れる紙紐が生地の奥に入ってしまってやり直しになってしまったり。

だんだん慣れてきて、できるようにはなりましたが、やっぱり難しいことには変わりなく。

ところが、ある日、紙紐に両面テープを巻いて生地の先に貼ってから口金に入れるとやりやすいと聞いてやってみたら、なんとすんなりできたのでびっくりしました。

それ以来、私ももっぱら がま口の口金に入れる時には、両面テープ派です。(口金の中にはボンドも入れますが。)

今日、写真のがま口バッグを作られた生徒さんも、すんなり口金に入れられて「がま口作りって楽しい!」とおっしゃっていました。



昨日の定期クラスレッスンでは、生徒さん達の縫わないバッグが完成しましたので、ご紹介してみます。

e0040957_2143341.jpg


それぞれサイズなどは生徒さんご自身のアレンジを加えて、すてきに仕上がりました。
写真下のバッグは、パープルの文字のお持込生地とグリーンの革の組み合わせ。
どちらのバッグも生地合わせがとてもいいですね。





「縫わないバッグと小物の本」 11月末 河出書房新社さんより出版予定


*出版記念 個展 開催予定
日時:12月8日(日)、9日(月)
場所:渋谷・青山 haus&terrasse gallery

内容: 縫わないバッグと北欧の写真展示
by toko-livicafe | 2013-10-15 21:50 | 縫わないバッグ
アトリエレッスンでの生徒さんたちの作品をご紹介してみます。

今回は、縫わないシリーズ編。

縫わない眼鏡ケースは、作ってみると意外と複雑ですが、仕上がりもすてきで使いやすいので根強い人気です。
ラミネートの生地で。
e0040957_18514488.jpg


生徒さんお持込の生地で製作。マリメッコの新聞の上で撮影したら、ぴったりの雰囲気に。
e0040957_18523042.jpg


マリメッコの生地の眼鏡ケースをマリメッコの新聞と撮影。 
e0040957_924056.jpg


お菓子のコラボレッスンの日も、皆さん一緒に眼鏡ケースを作られました。
生地とフェルトの色の組み合わせも、皆さんさまざまで楽しいです。
e0040957_18534496.jpg


縫わないカードケース。 
e0040957_9432082.jpg


皆さんエッフェル塔の生地を選ばれて、色違いのカードケースに。
中央のスナップをはずせば、通帳やお札も入れられます。
e0040957_9231614.jpg


かなり大きなお稽古用の縫わないラージバッグ。
e0040957_18542186.jpg


縫わない2色の外ポケットバッグと、ブラウンボタンのトートバッグ。
e0040957_18543475.jpg


少し縦長に作られたトートバッグと、2色のラージバッグ。
e0040957_18563952.jpg


アメリカから取り寄せてみた生地を選ばれて、縫わないトートバッグ。
e0040957_18572373.jpg




レッスンでは毎回、生徒さんが作られるものをご自由に選べるようになっているので、流行のアイテムがよくわかります。
縫わないバッグを作ってから、アトリエのレッスン光景もすっかり変わりました。
最近は、縫わないバッグ&シリーズを選ばれる方が7~8割、カルトナージュが2~3割くらいでしょうか。

カルトナージュ用のボール紙は最後に取り寄せたのがいつだったか思い出せないくらいなのですが、その代わりに縫わないバッグ用の接着芯を頻繁に取り寄せしているという状況です。

最近は、どちらかと言えば、カルトナージュ教室というより、縫わないバッグ教室みたいになってきました。

また、だんだんと変わって行くかもしれませんが、縫わないバッグは一度作ると色々な形や大きさで作られる方も多く、皆さんに楽しんでいただいています。



「縫わないバッグと小物の本」 11月末 河出書房新社さんより出版予定


*出版記念 個展 開催予定
日時:12月8日(日)、9日(月)
場所:渋谷・青山 haus&terrasse gallery

内容: 縫わないバッグと北欧の写真展示
by toko-livicafe | 2013-10-12 23:00 | 縫わないバッグ
今日は、生徒さんたちがレッスンで作られたカルトナージュをご紹介してみます。

壁紙で縦形ティッシュボックス。
e0040957_9593925.jpg


お持込のリバティー生地で、アクセサリートレーボックス。
e0040957_10241951.jpg


カトラリー入れとして作られた蓋付きトレー。 底に綿を入れてふんわりと。
e0040957_18591226.jpg


ラミネートでラップケースと四角いメジャーケースをおそろいで。
e0040957_1143379.jpg


カルトナージュのカードケースをラミネートで。
e0040957_9243913.jpg


壁紙のシャンピニョンティッシュボックスと2段重ねのピアスケース。 コラボレッスンで。
e0040957_9571264.jpg


ピアスケースの中には、無印良品の仕切りトレーがぴったり収まるサイズです。
e0040957_9572558.jpg

コラボレッスンでは、お菓子やお料理と簡単なカルトナージュなどを作りますが、レッスンを何回かに分けて大きな作品を仕上げる方もいらっしゃいます。


コラボレッスンの時に皆さんと一緒に作ったランチなどを、少しご紹介してみます。
更新が遅くて、メニューがちょっと夏っぽいですが。

きゅうり、みょうが、わかめのさっぱり混ぜ寿司、かにとセロリの円盤揚げ、豆腐と青梗菜(石垣島のラー油とだし醤油で。)
e0040957_10411264.jpg


ココナッツミルクのチキンカレー 揚げ野菜のせ、 生しいたけ入りのサラダ(生しいたけをマシュルームみたいにスライスして生でサラダで食べると美味しいです。) 
e0040957_10412487.jpg


スイカのシャーベット。 スイカの種を取ってグラニュー糖をほんの少しだけ加えてフードプロセッサにかけて凍らせています。
e0040957_10414719.jpg




「縫わないバッグと小物の本」 11月末 河出書房新社さんより出版予定


*出版記念 個展 開催予定
日時:12月8日(日)、9日(月)
場所:渋谷・青山 haus&terrasse gallery

内容: 縫わないバッグと北欧の写真展示
by Toko-livicafe | 2013-10-12 22:40 | カルトナージュ

万歩計

e0040957_9314219.jpg


どこへ行くにもついつい車を使ってしまう生活を見直そうと思い、万歩計を買ってきました。

ベルト部分は本革テープに、革のお花を型抜きしてカシメ留めして、ちょっとやる気が出るようにおしゃれしてみました。
革テープはナスカンでつないでバックルなどに取り付けできるようにしたので準備完了。

今日から健康とダイエットのために、続けていけたらいいなと決意を新たにしています。

iPhoneと連動した高機能のリストバンド型 JAWBONEにしようかと迷いましたが、まずは初心者としてTANITAのシンプルな万歩計から始めることにしました。
(先日、生徒さんがJAWBONEを腕につけていらして、超すてきだったのでいずれはこちらにバージョンアップしたいところですが・・・  続けられるように頑張りたいです。)




「縫わないバッグと小物の本」 11月末 河出書房新社さんより出版予定

*出版記念 個展 開催予定
日時:12月8日(日)、9日(月)
場所:渋谷・青山 haus&terrasse gallery

内容: 縫わないバッグと北欧の写真展示
by toko-livicafe | 2013-10-10 09:39 | ライフスタイル
e0040957_1553687.jpg


9月から始まった「縫わないバッグと小物」の本の撮影が、昨日ですべて終了しました。
これから原稿の校正に入り、河出書房新社さんから本が出版されるのは11月末頃の予定です。

最初はカメラマンの方と編集者さんがアトリエにいらして、4日間に分けて手順写真の撮影をしていただきました。
上の写真が、アトリエでの撮影光景です。 朝からの撮影が夜までかかったこともありましたが、手順撮影は傘の形のライティングを使うので、時間に関わりなく撮影を進められました。


撮影5日目の昨日は、すてきな建物に行ってバッグの完成写真や表紙の撮影会でした。
すべて自然光での撮影でした。
e0040957_15534079.jpg

この日は、女性フォトグラファーさん、スタイリストさん、デザイナーさん、編集者さんがいらして5人での撮影会。
皆さん、第一線で活躍されていらっしゃる方々なので、プロの本作りというものを体験し、すてきなスタイリングと写真に、ただただ感激でした。
このような機会を与えていただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。


e0040957_17365276.jpg

本に掲載するのは、バッグ5種類 (トートバッグ、カメラバッグ、外ポケットバッグ、内ポケットツールバッグ、ショルダーバッグ)と、小物3種類(がま口、ペンケース、ノートパソコン&ipad miniケース)です。

手順写真と作り方の説明が、それぞれかなり詳しく載ります。
縫わないバッグの基本の構造と作り方や、道具の説明のページも、かなり充実しています。

最初に編集者さんと使用生地の打ち合わせをした時に、私の手持ちの大好きな生地からすべて選ばせていただけました。
スウェーデンから帰国されたテキスタイル作家sun&snowさんのオリジナルプリントのリネン生地、北欧ビンテージ生地、8月にヘルシンキの生地屋さんで買ってきた生地、そのほか、フランスやイギリスの生地も使用しています。 (sun &snowさんにご協力いただき、縫わないバッグの材料キットも今後販売予定です。)

バッグの生地もすごくすてきなので、本の中でもお楽しみいただけると思います。

昨日の撮影で本の仕事の半分が終わり、これから本の校正の段階に入ります。
撮影会で撮っていただいた写真を見ているととてもすてきなバッグの本になりそうで、今から本の完成が待ち遠しい気持ちです。


2011年に縫わないバッグを考案して教え始めてから、早くも2年半が経ちました。 この間に全国から本当にたくさんの方々にレッスンにいらしていただきました。
ここにきて、今までやってきたことを本という形でまとめる機会をいただき、新しい手芸スタイルとして皆様のお役に立てたら大変嬉しく思います。

11月末から全国の書店やAmazonなどのネットショップ、こちらのアトリエなどでお買い求めいただけますので、どうぞよろしくお願いします。
by toko-livicafe | 2013-10-04 15:54 | 縫わないバッグ