Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

関西レッスンについて

7月22日と23日に久しぶりに関西にレッスンに行きます。

ご希望の方には、詳細決まり次第連絡させていただきますので、下記アドレスまでメールでお問い合わせください。

toko☆livicafe.com (☆を@に変えて送信してください。)
24時間以内に返信メールが届かない場合は、メールの不具合の可能性がありますので、再度ご確認のメールをお願いいたします。

どうぞよろしくお願いします。
by toko-livicafe | 2014-05-30 07:25 | レッスン情報
e0040957_092487.jpg

6月23日(月)と24日(火)に、北海道の札幌でレッスンを致します。
内容は、
23日 「縫わないボストンバッグ」、  満席になりました。ありがとうございました。

24日 「フェルトで作る縫わない眼鏡ケース」。 

お申し込みメールを下さった全員の皆様に返信いたしました。
もし、メールが届いていない場合は、再度ご確認のメールを下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。


e0040957_010552.jpg


ボストンバッグは、ご希望によって2種類の大きさから選べます。
写真右側は幅20cmの小さめサイズ。 長財布がちょうど入る幅ですが奥行きがあるので、ポーチ、通帳ケース、長財布など整列して入って、見た目よりもかなり荷物が入ります。
でも、一見小さいイメージなので、かわいいミニボストンという感じです。

写真左側は幅28cmのラージサイズのボストン。
通常トートバッグに入れている荷物は何でも余裕で入ります。

荷物を色々入れたい方はラージサイズを、小さいイメージでかわいく持ちたい方はミニを、とお好みで。
縫わずにファスナーもしっかりとつけます。
e0040957_083370.jpg



縫わない眼鏡ケースは、内側をフェルトで、外側は生地で作ります。 私のHPやブログにのせている生地でご希望のものがございましたら、在庫があるものは用意できます。

シンプルそうに見えますが、実は結構複雑な作りになっていて、予想のつかないおもしろい作り方の眼鏡ケースです。
e0040957_0101538.jpg


札幌レッスンの詳細
by toko-livicafe | 2014-05-21 23:42 | レッスン情報
新しく作ったトートバッグは、
e0040957_8231730.jpg


まち付きのファスナーをつき。
e0040957_8232416.jpg


フィンランドで購入したAlmedarの生地は、模様に上下があるので底で切り替えをつけて作りました。
e0040957_8233334.jpg


中の接着芯は1枚で作ってつながっているので、底のカシメ留めはなくても大丈夫。
底のサイドは、内側にカシメを留めて補強しています。
by Toko-livicafe | 2014-05-16 07:23 | 縫わないバッグ
e0040957_18214647.jpg


最近のアトリエレッスンでは、縫わないボストンバッグが人気です。

先日のブログで紹介しましたボストンは、幅20cmの小さめサイズ。 長財布がちょうど入る幅ですが奥行きがあるので、ポーチ、通帳ケース、長財布など整列して入って、見た目よりもかなり荷物が入ります。
でも、一見小さいイメージなので、かわいいミニボストンという感じです。

今回、作ったものは幅28cmの大きめ。
通常トートバッグに入れている荷物は何でも余裕で入ります。

荷物を色々入れたい方は大きい方を、小さいイメージでかわいく持ちたい方はミニを、と生徒さんたちのお好みも分かれますが、両方作りたいという方も。

こんな感じで、最近のアトリエはボストンバッグでちょっと盛り上がっています。
by Toko-livicafe | 2014-05-14 18:33 | 縫わないバッグ
e0040957_1812576.jpg

以前のブログ記事に、私がiPhone に革ベルトをつけているという話を書きました。
どうやってiPhone に革ベルトをつけるのかというご質問をいただきましたので、ちょっと説明してみます。

透明のプラスティックのiPhoneケースの中に、ヴィンテージの壁紙を入れて使っている話は、こちらのページで書きました。
その透明のプラスティックケースに、上の写真のように紐をつける穴が開いていて、そこに携帯用のストラップの紐をとりつけてから、リングカンとナスカンで革ベルトをつないでいます。
このケースは、LOFTで購入したものですが、メーカーとかはちょっとよくわからないのですが。(私のiPhoneはまだ4Sです。)
ストラップを取り付ける穴のあるケースを選ばれると、同じように作れると思います。

e0040957_1813786.jpg

普段は縫わないショルダーバッグのポケットにこんなふうに入れていて、

e0040957_18131683.jpg

電話がかかってきたり、メールをする時にも、バッグを斜めがけや肩にかけた状態でショルダーバッグのベルトをつたってするするするっと上下自由にiPhoneの移動が可能なので驚きの便利さです。 
iPhoneケースの革ベルトはナスカンでつないでいるので、バッグからの取り外しもワンタッチです。

この革ベルトを作る時は、壁紙の色に合わせてイエローグリーンの本革テープをカットして金具留めして、それから、イエローグリーンと白の革をお花の形に型抜きして、小カシメで留めました。
私は3種類の大きさのお花の型抜きを特注で作ってもらったので、好きな色の革でお花を抜いて組み合わせ自由なデザインでストラップを作れます。
レッスンでも、皆さんにお好みの色でアレンジして作ってもらっています。

生徒さんたちの作品と一緒に撮ったストラップの写真をご紹介します。
作っている時の皆さんは、とっても楽しそうでした。
e0040957_192589.jpg



このストラップでiPhoneをつけた縫わないショルダーバッグが普段にも旅行にもとても使いやすくて、今まで作ったバッグの中で一番便利かもと思ったりしていました。

ところが今日は、昨日のブログでご紹介しましたできたての「縫わないボストンバッグ」を持って初めて外出してみたら、思いがけなく(?)とっても使いやすいので、ボストンってこんなに便利なんだと嬉しくなりました。

昨日の試作のボストンバッグは、長財布がちょうど入るくらいの長さの小さめなのですが、奥行きも充分あるせいか、意外にもたくさん荷物が入ってびっくりしました。
しかも中の荷物がきれいに整列して取り出しやすく、ファスナーの開け閉めもなんとなく心地よくて、そしてしっかり閉まっているバッグだから安全。
ということで、ちょっとこれからボストンバッグに懲りそうと思ったりしています。

そんなこと考えたりしていたら札幌の生徒さんからメールが届き、6月23~24日に予定している札幌レッスンで縫わないボストンバッグを習いたいというご要望をさっそくいただきました。 ブログにのせたボストンをとても気に入ってくださったご様子で嬉しくなりました。

私は、カシメ金具の使い方を知って以来、、革ベルトを色々なものにつけられたり、縫わないバッグの補強とデザインにも使用して、製作の可能性が大きく広がりました。
ちょっとしたコツと、器具があれば様々なものに応用できるので、カシメ金具を使ったハンドメイドの楽しさをこれからも皆様に広めて行きたいと思っています。
(カシメ留めの器具の写真は、縫わないバッグのロゴデザインの元にもなっています。)

以前のブログで紹介したことがありますが、息子の友達が、息子の革のパスケース(私の手製)を見て、カシメ金具が使えるお母さんが珍しかったらしく。 モレスキン手帳にラミーの万年質を取り付けられる仕様にすることを頼まれたことがありました。
こんな形でも息子のお友達の役に立てて、ちょっと嬉しかった覚えがあります。
by Toko-livicafe | 2014-05-07 19:41 | 縫わないバッグ
e0040957_1791588.jpg

連休の後半は、縫わないボストンバッグの試作。
縫わないシリーズにファスナーがつけられるようになったので、次に作りたいものはボストンバッグでした。
サイズやプロポーションなど、もう少し改良の余地有りですが、1つ仕上げたら大体の方向性が見えてきました。

さっそく2個目に取り掛かっています。
by Toko-livicafe | 2014-05-06 16:43 | 縫わないバッグ

北海道のニセコへ

e0040957_9114337.jpg

札幌レッスンが終わってから、息子と娘と待ち合わせして、ニセコに行きました。
レンタカーで札幌から約3時間。札幌にはもう雪はなかったけれど、ニセコではゴールデンウィークまでスキーが楽しめます。
ファイナルシーズンのスキー場は、コースも半分くらいになっていますが人が少なくてのびのびすべれました。(私はスキーは初心者ですが。)
スキーのスクールに入ってリフトで頂上近くまで上ると、北海道の富士山と言われている羊蹄山のすばらしい光景が見れました。
e0040957_923387.jpg


ニセコに2泊した後、帰りに車で2時間ほどの洞爺湖に行きました。
2007年に洞爺湖サミットが行われたことでも有名な、ウインザーホテル洞爺。 ここのロビーからの光景を写真で見て是非行ってみたいと思っていました。
湖のほとりの山の頂上に建っているいるホテルなので、洞爺湖を上から見下ろす感じで一望でき、雲海と湖の光景は、あっと息を呑むほどです。
e0040957_9235052.jpg


ホテルでランチをすることにして、11階の「端渓」で、ゴールデンウィーク限定のおそばとおすしのセットを食べました。
e0040957_90136.jpg

ロビーからさらに高い11階のお店から眺める洞爺湖は、まさに絶景でした。
e0040957_945648.jpg


ニセコに来たのは2回目ですが、3月に初めて来た時、町を歩いているとここは外国かしらと思うくらい西洋系の外人が多くてびっくりしました。
街中に外人仕様のすてきな貸し別荘やコンドミニアムが建ち並んでいます。お店やスーパーもおしゃれなイメージで、海外旅行に来たみたいな気分になります。
お店の店員さんの半分は外国人で、日本人も外人の店員さんもみなさん日本語と英語のバイリンガル。
メニューも英語しかないお店もあったりします。

私は「北海道トラックスホリデーズ」の宿泊施設に滞在しましたが、北欧風のセンスのいいインテリアで外国の映画の中の家みたいで、すごく快適です。それが意外とリーズナブルに泊まれるので、ニセコならではでしょうか。

自然の風景もダイナミックで美しく、グリーンシーズンのニセコも見てみたいと思い、ちょっと通いたいような気持ちになっています。
by Toko-livicafe | 2014-05-03 09:00 | 旅行
e0040957_745371.jpg

ゴールデンウイーク前半は、札幌に出張レッスンに行きました。
縫わないシリーズにファスナーがつけられるようになってから、最近はファスナーを使った作品のご希望が多くなりました。

縫わないファスナーポーチ作りは、それぞれの生地でとってもすてきに仕上がりました。
時間が余ったらファスナー付きティッシュポーチもと思いましたが、ティッシュポーチは作りが少し複雑なので時間オーバーしてしまい、両方は難しかったかもしれませんが皆さん頑張って作ってくれました。

縫わないバッグ作りのクラスでは、ご希望によってサイド革金具スタイルと
e0040957_7452665.jpg

それから、縫わないファスナー付きショルダーバッグのどちらかを選んでいただきました。
e0040957_7454192.jpg

私も旅行の時はいつも愛用している縫わないファスナー付きショルダーバッグ。
薄いし、外ポケットに色々入れられてとても便利に使っています。私はいつも革ベルトでつないだiPhoneもこのバッグのポケット入れています。
写真一番手前の方のスマートフォンは、以前に私がブログでご紹介した透明のケースの中に壁紙を入れる方法をアレンジされて、生地をコピーして作られたすてきなカバーでした。

e0040957_7455483.jpg

レッスン会場は、いつもお願いしている札幌の文具会社「三好商会」さん2階の会議室。
ネットで会議や講義ができるシステムもあるそうで、大きなモニターに私のホームページを映し出してくださっていて、感激でした。



e0040957_746825.jpg

2日間の札幌レッスンでしたが、1日目のレッスン後は皆さんと「茶寮をとわ」に夕食に出かけました。
竹籠御膳と和のデザートがおいしくて、札幌の夜景を眺めながら、すてきな時間を過ごせました。

札幌レッスンは今回で6回目でしたが、ほぼ1年ぶりだったので皆さんにお会いしたのも久しぶり。
でも、私がレッスンに行くのを楽しみに待っていてくださったと伺って、とても嬉しくなりました。
本当にありがとうございました。

次回の札幌レッスンは、6月23日(月)と24日(火)を予定しています。
今回ご参加の皆様と、お知らせメールご希望の方には詳細決まり次第、ご案内のメールを送らせていただきます。
(お知らせメールご希望の方は、メールでお問い合わせください。)
どうぞよろしくお願いいたします。
by Toko-livicafe | 2014-05-02 23:43 | レッスン情報