Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0040957_13472587.jpg
本日より、4月開講の6ヶ月コースの定期クラスの募集を開始いたします。
詳細は、HPのこちらのページをご覧ください。

今日の写真は、先日新しく更新しました「縫わないバッグのフォトギャラリー」のページです。

どうぞよろしくお願いいたします。


*お知らせ
今期の定期クラスの皆様へ
メンバーページに連絡事項を更新しました。
よろしくお願いいたします。



by Toko-livicafe | 2015-01-26 13:50 | レッスン情報

初めての北欧壁紙貼り

e0040957_23595690.jpg
新しいアトリエのトイレには、コンクリート柄の壁紙を貼り、手前の洗面所の壁には、スウェーデンのボラスタペーターの壁紙を貼ってみました。

ボラスタペーターの壁紙は、ネットで偶然見つけて、どこかにこの壁紙を貼りたいと思って、早速購入しました。

最近の壁紙用のりは、壁紙の上から貼っても大丈夫なので貼りやすくなりました。

今まで貼っていたのは国産のサンゲツのコンクリート柄の壁紙が多かったですが、今回初めて輸入壁紙を使ってみたら、貼り方が違うのでちょっと緊張しました。

国産の壁紙は幅が広くて材質が柔らかく、壁紙の継ぎ目は両方の壁紙を3cmくらい重ねて貼ってから、中央で2枚一緒にカッターで切り、余りの壁紙を取り除いて継ぎ合わせをぴったり合わせる方法。

輸入壁紙は、材質が硬く端はつき合わせで貼っていくのでかなり勝手が違って緊張しました。
慣れれば、どちらも貼りやすさはあまり変わらないかもしれませんが。

先日ブログに書いた、壁紙の貼り方をお教えした生徒さんは、その後、早速ご自宅にコンクリート柄の壁紙を貼って楽しんでいらっしゃるとのこと。

壁紙貼りは、楽しくてはまったりしますね。


定期クラスの生徒様にお知らせです。
メンバーページにお知らせを更新しましたので、ご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。



by Toko-livicafe | 2015-01-23 00:53 | ライフスタイル

新しいアトリエ


e0040957_16391177.jpg

自由が丘・緑が丘の新しいアトリエの写真です。
左側はコンクリート柄の壁紙を自分で貼りました。
奥のロールスクリーンも北欧生地で手作りしました。
家具は手前の小さめのテーブル1台だけ、新しく購入。
椅子は以前のアトリエでも使っていて、座り心地が気に入っているもの。
皆さまとご一緒に、心地よい時間が過ごせたら嬉しいです。


by Toko-livicafe | 2015-01-14 16:45 | ライフスタイル


e0040957_01301494.jpg
新しい場所でのレッスンが始まり、最近のアトリエでは縫わないファスナー ティッシュボックスが好評です。
ファスナーと両脇のスナップを開けると、ティッシュボックスを箱ごと入れ替えできます。
ファスナーを閉めて車の中に置いても便利そうです。

縫わないバッグの応用で、ボール紙を使わずに接着芯で作るティッシュボックス。
柔らかいイメージであまりティッシュボックスぽくないところが気に入っています。生地はスウェーデンの布巾を使いました。

アトリエの壁の一部に自分でコンクリート柄の壁紙を貼ったら、今日のレッスンで生徒さんに壁紙の貼り方を教えてほしいとリクエストをいただきました。それで、ちょうど貼り替える予定だったトイレの壁紙をコンクリート柄に変えながら壁紙の貼り方をデモンストレーションしました。壁紙は昔からよく貼り替えているので、ちょっと慣れている気がしています。

1つ前のブログに書きました北欧生地のロールスクリーンも完成して、便利に使っています。部屋の写真をまだ撮ってませんが、近々ご紹介したいと思っています。
ロールスクリーンの作り方も教えてほしいとリクエストいただいたりしましたが、まだ経験が浅いのでちょっと教えられないかな。
でも、ロールスクリーンは縫わずにできるので工作感覚で作れて楽しいです。

端の生地の処理も自分なりにいい方法を考えました。生地を切ってからほつれどめにボンドを生地の両端につけるそうですが、やっぱり切りっぱなしの生地は縦糸をそろえる必要があることに気がついて、あえて左右5mmずつ大きめに生地をカット。縦糸がそろうまでほどいていくと5mmくらい縮まるので、ちょうどいい大きさになります。ほどいた縦糸からはみ出した横糸は丁寧にはさみでカットしてから両端の生地の側面にボンドを塗ってほつれどめしました。(ロールスクリーンは全体を同じ厚みにするために両端の生地は折り返しができなくて、切りっぱなしで使うようになっています。)

一度ロールスクリーンの作り方を覚えると、市販のロールスクリーンが古くなったら自分で別の生地に変えたりもできるので、近々やってみようと思っています。(ちょうど前のアトリエで使っていたのがあるので。)





by Toko-livicafe | 2015-01-13 23:28 | 縫わないバッグ

謹賀新年

e0040957_20012071.jpg
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末に引っ越しをしたので、12月は荷物の整理に追われていました。
荷ほどきがまだまだ終わりませんが、北欧生地でロールスクリーンを手作りしています。
高さ230cmの窓なので、生地を切るだけでもけっこう大変。
スウェーデンのシナマークの生地幅は150cmで、窓の幅が175cmなので1枚では幅が足りないということになり、約90cm幅のロールスクリーンを2本製作。
生地も5m取り寄せて大がかりなことになっていますが、気に入った生地で作れるので頑張りがいがあります。

ロールスクリーンの本体は、ネットで検索すると長さを1cm単位でオーダーできるお店が色々あるので、手作りされる方も多いのかもしれません。


1月のレッスンから、新しい所に移ります。
場所は、東急東横線 自由が丘、都立大学駅、東急大井町線 緑が丘駅の3駅利用可能で、各駅から徒歩10分前後になります。

今期の定期クラスの生徒さんには12月に地図をお渡ししたり、12月お休みの方にはメールで地図を送らせていただきました。
メールで地図を受けとられた確認のご連絡がまだ数人の方から届いていないので、もしこちらからの地図のメールの不着がありましたら、ご確認の連絡をください。

ビジターレッスンの皆様には、現在、1月ご出席までの方に地図を送らせていただきました。
2月以降の皆様には、今月半ばまでに連絡させていただきます。

小さなアトリエですが、工夫して居心地のいい空間が作れたらいいなと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

では、今年も皆様のご健康、ご多幸を祈っています。



by Toko-livicafe | 2015-01-01 20:00 | ライフスタイル