Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー

<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


e0040957_09140537.jpg
以前に手織りした布で作った縫わないリュックとおそろいで、縫わないペットボトルケースも作ってみました。
日々、猛暑で出かける時はやっぱりペットボトルが手放せないので、必要に迫られて作りました。手触りもとてもよくて気に入っています。
このブルーとミックスカラーの2色の糸で織る配色が我ながらいいなと思っていて、また織りに行ったら同じ配色で作りそうです。

このリュックの色違いのレッドカラーの方を娘が使っていて、「リュックの使い心地はどう?」と聞いてみたら、「とても使いやすい。」という返事で、ちょっと嬉しかったです。





e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




e0040957_10504214.jpg


by Toko-livicafe | 2015-07-31 12:19 | 縫わないバッグ
e0040957_07230622.jpg
1つ前のブログでご紹介しました、壁紙と厚紙の振込用紙ファイル(写真右)とおそろいで、A4のペーパーファイルを作りました。

中はこのようになっています。
e0040957_07225612.jpg
いつも市販のクリアファイルや紙のファイルで中が分割されているものを使っていて、とても便利なので、自分でも作ってみたいと思っていました。

色の紙はすべて、新しくなった銀座伊東屋7階の「竹尾見本帖」で選び、大きな紙から切り出して作りました。
表紙に貼っているアルファベットの紙は、スウェーデンのボラスタペーターのヴィンテージの壁紙です。

紙のファイルは中に5枚の仕切りをつけ、書類を7分割して収納できます。
カシメ金具で綴じて、カラーゴムをハトメ金具でつけました。

新しくなった銀座伊東屋は、文具のディスプレイもここまで来たかと思うくらいすごいです。
時代が進んでいるのですね。

銀座に行く機会があったら是非。



by Toko-livicafe | 2015-07-25 07:39 | カルトナージュ

振込用紙ファイル


e0040957_07124375.jpg
e0040957_07124998.jpg
一つ前のブログでご紹介しました縫わないカードケースバッグを使う時に、振込用紙を別に持てるようにファイルケースを作ってみました。
なるべく荷物にならないように、1mmボール紙の半分くらいの薄さのダークブラウンの厚紙を使い、外側に壁紙を貼りました。
中のポケットの縁取りにも壁紙を使い、ファイルケースにはカラーゴムをハトメ金具で留めています。

壁紙は切りっぱなしで使えるので、縁を厚紙の内側に折り込まなくていいように、厚紙より周囲を5mmほど小さくして、ブラウンの厚紙を周囲に縁取りのようにして見えるようにしました。
角は、丸くできるカッターの「かどまる」を使って簡単にカット。
1mmボール紙だと厚くてカットできない「かどまる」も、それより薄いブラウンの厚紙や、壁紙は楽にカットできます。

振込用紙を持ち歩きたい時に、薄手で荷物にならない感じの便利なファイルケースです。




e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




e0040957_10504214.jpg


10月開講「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
6ヶ月で6回コース
現在申し込み受付中

by Toko-livicafe | 2015-07-23 07:14 | カルトナージュ
e0040957_18084291.jpg

生徒さんからじゃばら形の縫わないカードケースのリクエストをいただいていたので、小さなバッグの形にアレンジして作ってみました。
ボール紙は使わずに、いつものシール接着芯(スライサー1mm)で作りました。
生地は、北欧スウェーデン・アルメダールのチェリーガーデンです。


横から見るとこのような感じになっています。

e0040957_18084672.jpg
カードケース部分はブラウンのスキバルテックス(革調の紙)で作っています。



中を開けると、このようになっています。
カードの厚さ10枚+診察券の薄さ5枚くらいまで入ります。
e0040957_18085156.jpg
蓋裏の生地は、ちょっとだけ北欧生地を使いたかったので、スウェーデン・ボラスのハンカチ  バードランドを使いました。


持っていて楽しくなるような、縫わないカードケースバッグです。




e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




e0040957_10504214.jpg


10月開講「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
6ヶ月で6回コース
現在申し込み受付中


by Toko-livicafe | 2015-07-20 18:21 | 縫わないバッグ

猫のコルくんとドライブ


e0040957_16030723.jpg
自転車にコルくんをのせて、外の風や景色を楽しませてあげたいと思って、自転車の前につけられるというこのペット用のかごを購入しました。
ところが、ネットの写真だけ見て決めたので、届いてみたら思ったよりかなり大きくてびっくり。 自転車の前かごとしてつけるにはあまりに大きすぎる感じだし、構造上私の自転車にはつかない。

自転車の後ろにつけられるようにアレンジできたら、大きさ的にもちょうどよさそうなので、自転車屋さんに相談しながら何か考える予定です。

それで、今は車での移動の時に使っていますが、これがなかなかいいです。
コルくんも外の景色が見れるし、ペットキャリーバッグよりも私も中のコルくんの様子がよくわかります。

普段30分くらいの移動で運転手一人だけでコルくんを車に乗せる時は、ペットキャリーバッグの中に入れて助手席にシートベルトでつないで置いていました。でも、中のコルくんの様子があまりよくわからないし、コルくんもキャリーバッグの中に入れられてお外がほとんど見れない状態でした。

自転車用に買ったこのかごが、思いがけず娘の家と私のアトリエ間の車で30分くらいの移動に最適でした。これだったら、運転手1人とコルくんとで車に乗っても、助手席でお話しながらドライブ気分。バスケットにシートベルトもつけているので安心です。

以前にコルくんを車で旅行に連れて行ったりした時は、乗車時間が長いので車の後部座席でハーネスをつけて前座席に行かないようにして、自由に過ごさせていました。車の中にトイレも置いて、運転手の他に必ずもう一人後ろに乗って、水や餌をあげたりしてコルくんのお世話係りをしました。(すぐれものの「猫砂1番」を使っているので、まめに片付ければトイレのにおいの心配なしです。)


e0040957_16043457.jpg
マンション(ペットOKのマンションです。)に着いて、エレベーターを待っています。ちょっと不安げな表情のコルくん。


でも、お部屋に入るといつもの調子でお気に入りの椅子でくつろいだりします。
e0040957_16385780.jpg


気がついてみたら、バスケットの中に丸まって寝ていました。
e0040957_17150858.jpg

後で知ったのですが、リクセンカウルのドギーリアバッグという、自転車の後ろにしっかりつけられるバスケットもあるようです。



by Toko-livicafe | 2015-07-17 16:03 |

e0040957_16454546.jpg
10月開講の「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス」
6ヶ月で6回コースの申し込み受付が、明日7月15日(水)午前10時から始まります。

初めての方から上級の方まで、ご自分のペースで作りたいものを自由に選んで作れるレッスンです。
同じクラスの皆様がそれぞれ別々のものを作られてもお教えできるように、21クラス全クラスが4名定員の少人数クラスになっています。
(ご変更枠1名様分作っています。)

日程などの詳細は、HPの定期レッスンのページをご覧下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。



*連絡
定期クラスお知らせメールにご登録くださった皆様と、現在のクラスの全員の皆様に、メールでお知らせいたしました。
もし、メールが届いていない場合はネットの不具合が考えられますので、ご確認のメールをお送りください。どうぞよろしくお願いいたします。



by Toko-livicafe | 2015-07-14 16:57 | レッスン情報


e0040957_22293414.jpg
フランス製の薄い革を使って、ipad miniケースを作りました。 スモークブルーのシックな色の本革です。
薄い革で生地と同じように使えるので、ボール紙に貼るのにも向いています。
でも、ipad miniを手に持った時のソフト感も出るように、いつも縫わないバッグ作りに使っているシール接着芯(スライサー 0.6mm厚)で裏打ちして作りました。
シール接着芯を使うと手触り感もよくなるし、革も平均にきれいに貼れるし、表紙側と裏表紙側の2枚のボール紙の間のちょうつがい部分も、しっかりしてちょうどいい感じになるのでとてもいいです。



ipad miniケースの裏面はこのようになっています。
e0040957_22292968.jpg

カメラのレンズの穴は、直径1cmのハトメ金具を使ったので、難しい穴の処理は必要なしです。レンズの穴が本体の端側にないスマートフォンの場合も、もう少し小さめのハトメ金具を使えば、ケース作りに応用できそうです。

カラーゴムをハトメで留めて、それから、ipadの裏面につけているプラスティックのカバーと革カバーの接着に小カシメも使いました。iPhoneケースの時はプラスティックケースとカバーの接着は両面テープでできましたが、ipadは重さがあるので念のため片面カシメを使いました。片面カシメだと裏面が平らなのでipadにあたりませんが、念のため裏面に小さなシールを金具に貼って作りました。
革カバーに接着しているのはプラスティックカバーのみなので、ipadは普通に取り外しもできます。



e0040957_22292414.jpg

ipadは、好みの角度で自由に立てて使えます。
以前に私が使っていた市販のipadケースには、立てる位置が溝になっていたので、最初その溝を作るのを試行錯誤でやってみたりしました。でも、手元にちょうどいい厚さと硬さのウレタンがなかったこともあって、なかなか大変でした。
それで、私はあまり立てて使わないので、これは自分用に溝なしで平らのままでいいということにしてそのまま内側生地を貼って作ってみました。
できあがってみたら、ipadは溝がなくても滑らず好きな角度で立てられることがわかって、平らのまま作って結果オーライとなりました。

内側に貼っている生地は、スウェード調の人工皮革です。以前にiPhoneケースを試作している時に表布用に伸縮性の生地がいいと聞いて探していて、試しに買ってみたものの、それはiPhoneケースには厚手すぎて使えなかったのですが。
今回、それをipadケースの内側に貼ったら、ぴったりでした。

手触りも柔らかくてとてもいいし、それになんといっても伸縮するのでipadを2つ折りにして使う時も(次の写真参照)、ちょうつがいの部分もきれいに伸びます。
普通の生地と違ってらくらくできるので、生地選びの大切さを実感しました。
e0040957_08314172.jpg



*お知らせ
e0040957_10504214.jpg

10月開講の「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス」
6ヶ月で6回コース
申し込み受付が、7月15日から始まります。
詳細は、HPの定期レッスンのページをご覧下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。


by Toko-livicafe | 2015-07-11 22:30 | カルトナージュ
e0040957_01022641.jpg

最初に作ったスリムサイズのブルーのリュック(写真奥)と次に作った少し大きめにした赤のリュック(写真手前)。
娘がこれらのリュックを気に入ってくれて、使いたいので一緒に作るということになり、以前に手織りした水色の生地があったのでそれを使うことに。(写真中央)

できがったリュックを3つ並べてみてたら、娘は実は赤が一番好きとのこと。 私は水色も好きと思っていたので、結局赤いリュックを娘が使うことになって円満解決。



定期クラスの皆様へお知らせです。
メンバーページにお知らせを更新いたしましたので、ご覧下さい。
どうぞよろしくお願いします。



by Toko-livicafe | 2015-07-10 23:57 | 縫わないバッグ

e0040957_00582492.jpg

今日の定期クラスレッスンで生徒さんが作られた 縫わないファスナー付スリムケースです。
前回のレッスンでパープルの方を途中まで作られて、復習に色違いのレッドでも途中まで作って来られて、レッスンで2つ一緒に仕上げられました。
スウェーデン ボラス社のマラガはアトリエでも以前から人気の生地ですが、スリムケースも新鮮に感じられてとてもすてきでした。
(写真奥のマラガのboxは、以前に私が作ったもの。)

今日、定期クラスの生徒さんからいただいたメール。

 「ブログを見て、
  1.縫わないカード・通帳・振込用紙ケース
  2.縫わないファスナー付スリムケース
  3.縫わないキーケース
  4.手帳形の縫わないiPhoneケース
  を作成したい。」という内容でした。

最近私が便利に使って気に入っているものを共有できた感じがして、嬉しかったです。





e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon



e0040957_3574490.jpg


 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




by Toko-livicafe | 2015-07-08 23:58 | 縫わないバッグ
e0040957_22394310.jpg

写真左は今日の定期クラスレッスンで、生徒さんが作られた 縫わないスリムケースです。
フランスのリネン生地で上品に仕上がりました。
私はこの中に革でコインケースを作って入れて、お財布としていつも便利に使っているので、最近は中に入れる革のコインケースだけ、後でレッスンで作られる方も多くなりました。

昨日のブログでご紹介しました、新しく私が作った手帳形iphoneケースの裏面も、一緒に並べて写真を撮らせていただきました。スリムケースと一緒に持っても色のコーディネートがいい感じです。
昨日のブログ記事に書いたのですが、iPhoneケースの裏面のレンズ部分は、上の写真のようにケースに穴を開けずに、カーブして作っています。
この方が穴を開けるより作りやすくてよかったです。




e0040957_22394715.jpg
2つ前のブログ記事で、レッスンでカードケースを作成中の生徒さんのことをご紹介しましたが、今日のレッスンに続きを作りにいらして、すてきに仕上げられました。キーケースとおそろいに作られています。
ブルーの北欧調の生地はアトリエでお分けしました。ブルーのカラーゴムもぴったりの色のがあって、すてきなコーディネートになりました。
e0040957_22395103.jpg
中を開くと、このように。とってもきれいに作られて、さすがでした。

今日のレッスンで新しくこのカードケース作りに入られた別の生徒さんが、右側にもカードケースをつけて、2列にしたいとおっしゃっていました。
私が使っている縫わないカードケースには左側一列全部(14枚)カードを入れて、通帳を1冊と振込用紙2枚を入れているので、持ってもらったらすでに中身が重たいと感じたそうです。2列になるとその倍近い重さになるので、生徒さんはやっぱり1列にしますとおっしゃっていました。

特別にたくさんカードを持ち歩くご事情がある場合以外は、両方に入れるとかなりの荷物になるので、左側1列が一般的な使い方としていいのではと私も思いました。
でも、右側のポケットの幅を左側と同じにして作れば、2列にして作ることは可能です。 ただ、このカードケースのカット方法はちょっと複雑なので、2列分も作るとかなり覚悟が必要かもしれません。

最近私は、縫わないスリムケースをお財布にして、中のポケットに4~5枚だけよく使うカードを入れています。
その他の持ち歩きたいカード類は、この縫わないカードケースに別に入れて持っています。
お財布にたくさんカードを入れずに、使う頻度の少ないカード類は別にカードケースに入れて持つという使い方を快適に感じるようになりました。



by Toko-livicafe | 2015-07-07 22:48 | 縫わないバッグ