Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0040957_13275445.jpg

子猫のネフィちゃんが来るとソファーで爪とぎするので、カバーをつけました。
縫わないバッグ作りにも使っているスペインのジャガード織りの生地は、爪とぎには向かないらしく、すっかり落ち着いてもう安心です。
生地を強力両面テープで貼っているだけだから、元のソファー生地に戻すこともできます。

元のソファーは、このような生地。

e0040957_13433545.jpg

以前にスツール椅子に、同じようにして生地を張ったことがあります。
e0040957_13275944.jpg

その時もタッカーは大変なので強力両面テープで張りましたが、このスツールを5年使っていますが、接着は全然大丈夫なので両面テープ、強しです。

当時のことは、5年前のブログ記事でもご紹介しています。
5年前に比べると生地の色が薄くなってきたけれど、北欧で買ってきたお気に入りの生地なので今も使っています。

私がいつも接着に使っているのは、ニチバンのナイスタック両面テープ 強力タイプ 15mm幅 です。 
(同じメーカーでも一般タイプの両面テープだと生地を貼るには弱いので、強力タイプがおすすめです。)

縫わないバッグと小物もすべて、同じ両面テープを使って作っています。





e0040957_20152791.jpg

カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
  月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon









by Toko-livicafe | 2017-10-27 13:41 | ライフスタイル

新島旅行の動画



先日行った新島旅行を、動画にまとめてみました。
使用カメラは、DJI OSMO と iPhone 8 plus です。

e0040957_15081945.jpg





e0040957_20152791.jpg

カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon








by Toko-livicafe | 2017-10-25 23:37 | 動画

レッスン風景 


アトリエの「縫わないバッグ & カルトナージュ レッスン」で、生徒さんたちが作られた作品をご紹介します。

iMovieのソフトを使って、2つのスライドショー動画として編集してみました。

画面中央の三角をクリックしてご覧下さい。 BGMが入ります。






ストライプの生地は、フランスのバスクの布で、レッスンでも人気の生地になっています。


e0040957_22440496.jpg






e0040957_20152791.jpg

カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon








by Toko-livicafe | 2017-10-19 20:14 | 縫わないバッグ

新島サイクリング

e0040957_11241308.jpg
1つ前のブログ記事に引き続き、新島旅行の続きです。

今回の旅程などです。

前日から、折りたたみ自転車 FIAT AL-FDB140を西調布駅の自転車置き場に預ける。

当日朝、6時過ぎの電車に乗り、2回乗り換えて調布駅に。娘は調布駅からバスで15分の調布空港へ。
私は、調布駅の1つ先の西調布駅に行き、駅の自転車置き場に預けておいた自転車に乗り、約15分で飛行場へ。
(朝、折りたたみ自転車持参で電車を2回乗り換えてバスにも乗るのは、荷物が大きすぎて無理だと思ったので、前もって自転車を空港の最寄駅まで持って行っておきました。)

空港での集合時間は出発30分前の8時。ただし、自転車などの大きい荷物を預ける場合は40分前と、荷物の予約の時に説明がありました。
自転車を載せられるのは1飛行機につき2台までと決まっているそうで、前もっての予約が必要です。
小さな飛行場なので、目の前で、係員の方が荷物を飛行機に入れるところを見れますが、扱いが非常に丁寧で、輪行袋に入れた自転車も安心して預けられるように思いました。
19人乗りの小さい飛行機なので、荷物用コンテナは使わずに、荷物を直接飛行機の前後に積み込まれていました。
調布空港での航空会社は、新中央航空会社 1社のようです。

チェックインの時に、荷物の重さをまず量ります。1名につき5キロまでが無料でそれ以上になると追加料金が発生。今回は2人分合わせて1500円ほどかかりました。
体重も申告し、飛行機の席を指定されます。

8時30分 
調布飛行場を出発(1つ前のブログに少し様子を書きました。)
離陸後35分で新島へ。

9時10分 
新島空港着
空港から徒歩2~3分のナカダレンタカーさんに行き、レンタサイクル(ママチャリ)を1台、娘用に借りる。レンタカー屋さんですが、レンタサイクルも30台あるそうです。

空港でもらった新島の地図&ガイドブックに載っていたサイクリングコースマップに沿って観光。

羽伏浦海岸
7キロにわたって続く白い崖と白い砂浜の海岸の風景は、圧巻です。エメラルドブルーの海の色の美しさにも感動。
東京から35分飛行機に乗ったら、別世界のような島に着くなんて、ただただ感動でした。
随分長いこと、海辺で過ごしました。

集落の本村
 おしゃれなカフェ Pool /Parkでランチ。
 島ポキ丼(イカとマグロの海鮮丼)セットを食べました。イカも透き通っていておいしい。季節のせいか、島では観光客の姿はあまり見かけない感じでしたが、このカフェに来たら、満員でした。

その後、回ったところは、
新島港 → 湯の浜露天温泉 →まました温泉(この日は島の運動会で臨時休業で残念)
→温泉ロッジ(温泉に入る)→シークレット海岸

シークレット海岸とは、羽伏浦海岸先に続くサーフィンのスポットで、巨大な白ママ断崖に一番近い場所にあります。波が高く、かつてはサーファーの間で秘密の場所だったそうですが、今は観光地図に載っていたり、道案内の看板も立っていて、一般に広まっているようです。
どうしても行ってみたかった場所だから、森の中をかなり長いこと自転車で走り、途中から舗装がなくなり、最後は自転車を置いて獣道みたいなところを歩いてから、急にUの字型の海が開け、高い階段の上から海岸に下りていきます。
一人ではちょっと行けなかったような場所です。

飛行機から見たら、シークレットの階段から白ママ断崖は近そうに見えたけれど、実際は海岸を1時間歩くそう。
近くまで行っても、白ママ断崖が巨大すぎて(一番高いところで250メートル)下から
全体を眺めることができないそうです。

7キロに及ぶという海岸の白い崖は、自然の力を感じさせる絶景。波の高い美しい海と白い砂浜とともにこの世のものとは思えないような驚きの世界でした。

帰りの飛行機の時間があるので戻り、飛行場方向に自転車で走ると、意外とシークレットから空港は近くてあっさり着きました。

レンタサイクルを返してから空港へ。
最終便の16時20分発の飛行機で出発。
17時 調布飛行場着。 
朝1番早い飛行機で来て、最終便で帰ると島にいる時間は約6時間。
自転車を使うと、見所を色々まわれました。
坂も少なくて、サイクリングしやすい島でした。

新島へは東京の竹芝桟橋から高速船も出ていて、片道3時間で着くようです。
始発の船で来て、最終便の船で帰ると島にいられる時間は約3時間なので、日帰りで島を観光するのは難しいので、船なら島で泊まるプランになるようです。

帰りも、飛行機の窓から白ママ断崖を正面から見れて再び感動して、それから行きと同じ光景に目が離せず、あっという間の飛行でした。
小さい飛行機だけれど、揺れずにしっかり安定していて、安心して乗れました。

調布駅からは、娘は電車で、私は自転車で自由が丘までのんびり1時間半くらいかけて走りながら帰りました。

新島は東京都で、車も品川ナンバー。
気温は東京とあまり変わらない感じでしたが、少しだけ温かいかもという印象。
静かな時間が流れる絶景の島。

また旅に出たくなったら、さっと飛行機に乗って絶景を見に行きたいです。


新島観光情報のサイト



e0040957_20152791.jpg

10月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon









by Toko-livicafe | 2017-10-05 00:09 | 自転車

新島へ 

e0040957_11224625.jpg
伊豆諸島の新島へ日帰りで行ってきました。
東京の南160kmの太平洋上の新島。
調布飛行場から35分、19人乗りの小さな飛行機で別世界のような島に着きました。
飛行機は揺れることなく、快適な空の旅でした。

大型ジェット機に比べるとかなり低空を飛んでいる印象でした。窓からの風景がいつも見ていた飛行機からの景色とは違い、東京の町が本当にかわいらしいミニチュア模型のように見えてびっくりしました。
間近に回るプロペラの気流のせいか、周りがぼけて見えて写真家の本城直季氏の写真のイメージそのものでした。

離陸してからミニチュア東京の町の風景、三浦半島、太平洋上、大島、利島を越えて新島空港へと、窓からの景色に見とれていたらあっという間の35分間。
そして新島空港に着く直前に、空中か海上からしか見えない圧巻の景色が左側の窓から見ることができました。
それは、新島の南西端にある白ママ断崖という巨大な白い崖。
崖の前の海岸が狭くなっていて、崖崩れも起きやすいので通れず、島の海岸の横から一部だけ見ることができるというものです。
それが飛行機の窓から正面全体もはっきりと見ることができて、感動でした。
(機内はカメラ、電子機器の使用不可とのことで、撮影はできませんでしたが。)

私は、折りたたみ自転車を飛行機に乗せて持って行き、同行した娘は、空港近くのレンタサイクル屋さんで自転車を借りて、島をまわりました。

続きます。

→ 新島サイクリング





e0040957_20152791.jpg

10月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon








by Toko-livicafe | 2017-10-02 11:23 | 旅行
e0040957_00503334.jpg
縫わないバッグと小物に作りに必要な両面テープを入れるケースをバスク布で作りました。

写真右のBook形お道具ケースと同じ生地ですが、柄の違う部分を使っています。

道具類はお道具ケースに収まっているので、あとはこの両面テープケースがあれば、縫わないシリーズの制作にいつでも入れます。

レッスンでは、両面テープは強力タイプの1cm幅と1.5cm幅、普通タイプの5mm幅を持ってきてもらうようにしていましたが、最近は5mm幅はキャンドルティッシュボックスを作る時にのみ必要で、通常の持ち物としては強力タイプの両面テープの1cm幅と1.5cm幅の2つがあればいい感じになってきました。

それで、このケースも1cm幅と1.5cm幅の両面テープ2つがちょうど入る大きさに作りました。

接着芯で四角く形作っているので、軽くて持ち運びにも向いている感じです。
蓋ベルト部分は、本革をカットして作っています。




e0040957_20152791.jpg

10月開講 「カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
  



e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko
 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon







by Toko-livicafe | 2017-10-01 00:01 | 縫わないバッグ