Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ロードバイク試乗会へ

e0040957_03232595.jpg
Giantのロードバイク試乗会に行ってきました。
多摩川サイクリングロードを20kmほど走りました。スタッフの方が前後についてくれて、6名での試乗会でした。
女性向けのロードバイク Liv のAvailシリーズを、交代しながら3種類試乗してきました。アルミバイク、カーボンバイク、それからディスクブレーキも経験して、初めてロードバイクの乗り方を習ってきました。

実は私は6月半ばに、雨の日にマンションの外階段ですべってころび、足首を骨折してしまいました。 それで、1ヵ月半の間、松葉杖生活をしていて、室内ではキャスターつきの椅子でらくらく移動できたのでレッスンは休まずさせていただいていました。
7月末からは松葉杖も外れて、通常の生活をしていいということで、歩いたり、今では走ったりもできるのですが、自転車に乗るとスピードが出ないので脚力の衰えを感じます。
以前は平地は時速25kmくらいで、自転車でゆっくりめに走っていたのですが、今は、めいっぱいこいでも時速17~18kmしか出ないので、あれ?っと自分でもびっくりしたりしています。
徐々に時間をかけて、元の脚力に戻していくしかないのでしょうね。

ということで、今日の試乗会では、先頭の先生が初心者向けに平地で時速17kmくらいで走ってくださっていたと思うので、私はついて行けたぎりぎりのラインという感じだったのでした。



# by Toko-livicafe | 2016-08-15 03:29 | 自転車
e0040957_16252474.jpg
来週、ロードバイクの試乗会に参加するのですが、ヘルメットとグローブが必要ということで、購入してみました。
一般のお店に売っているのは、レーサータイプのものが多いので、街乗りに使えそうなものを色々探してようやく見つけました。

ヘルメットは、OGK KABUTOのMAXITY(マキシティ) シャイニーアイボリーの Sサイズ →☆
大きさも調整できて、軽くてとってもかぶりやすいです。
グローブはGIROので、都立大学駅近くのおしゃれ自転車屋さんのル・サイク工房で購入しました。

今日は、夕方涼しくなったら、多摩川サイクリングロードにひとっ走り行って来ます。




# by Toko-livicafe | 2016-08-11 16:43 | 自転車
e0040957_16032088.jpg
昔、カメラが趣味だった父が撮ってくれたモノクロ写真を、カルトナージュで作ったミニアルバムに貼りました。
水色のつたの模様の壁紙は、イギリスのFarrow &Ballです。

e0040957_16032484.jpg


e0040957_16033154.jpg


e0040957_16033538.jpg


昭和の香り漂う懐かしい写真を選びながらアルバムに貼るという作業は、亡き母を思い出す心和む時間でした。



# by Toko-livicafe | 2016-08-10 23:10 | カルトナージュ

昔の写真

e0040957_19400839.jpg

父は昔、写真が趣味でしたので家には珍しいカメラや、納戸を改装した現像室があったりしました。

昔、父が撮ってくれた母と幼い私たち姉妹の写真。

私たちの着るものは、すべて母の手作りで、昔の人は丁寧に子育てしてくれていたんだなと感じます。

あれから何十年も時が流れて、一つの時代が過ぎて行きました。

あの頃の懐かしい香りを、久しぶりに見たこの写真で思い出しました。

今はひたすら、両親に感謝。



# by Toko-livicafe | 2016-08-02 23:58 | 写真
e0040957_11185076.jpg

2mm厚のボール紙を使って、カルトナージュの横型ティッシュボックスを作りました。
普通のティッシュを箱ごと入れています。
部屋に置いてもあまり主張しない、インテリアの一部になるようなティシュボックスを作ってみたいと思っていて、ようやくめどが立ちました。

生地は北欧スウェーデンのスヴァンフォースを使っています。ちょっとお花畑みたいになって、このティッシュボックスのイメージに合いました。





e0040957_00105874.jpg  
10月開講
カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
   申し込み受付中。





e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




# by Toko-livicafe | 2016-07-21 11:24 | カルトナージュ

ルイボスティー生活

e0040957_03424781.jpg
今年から、家で飲むものは基本ルイボスティーの生活になりました。
写真のガラスティーポットは、近くのルイボスティー専門店 H&F BELXで購入したもの。以前は同じお店の縦長のガラスボトルも使っていましたが、写真のティポットもかわいらしい形で使いやすくて気に入っています。
アトリエでも生徒さんにいつもこんな感じでお出ししています。

夏は水出しで2時間くらいで出るので、さまざまな種類のルイボスティで楽しんでいます。
自由が丘のH&F BELXでは、数十種類のフレーバーのルイボスティーがあり、パッケージもかわいいので選んでいても楽しいです。
お店ではいつも色々な種類のルイボスティーが試飲できるように紙コップとポットが用意されていて、レッスンの帰りに寄られる生徒さんも多いです。

カフェインフリーで飲みやすい味で、毎日飲んでも飽きることなく、体に優しい飲み物という感じがします。お茶によって味や香りがすごく違うので、癖のないものを選んでお店で購入したりネットで取り寄せたりしています。

ルイボスは、南アフリカ共和国のケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にだけ自生する針葉樹類が紅葉した時の葉で、この地方以外では育たない木だそうです。




e0040957_00105874.jpg  
10月開講
カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
   申し込み受付中。





e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




# by Toko-livicafe | 2016-07-18 23:42 | ライフスタイル

縫わないシザーバッグ

e0040957_07174379.jpg
レッスンの時に使うはさみなどを、美容師さんのシザーバッグみたいにして持ち歩けたらと思って、作ってみました。





e0040957_00105874.jpg  
10月開講
カルトナージュ&縫わないバッグ 定期クラス
   月1回、2時間コース or 3時間コース
   申し込み受付中。





e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




# by Toko-livicafe | 2016-07-15 07:19 | 縫わないバッグ
アトリエレッスンで生徒さん達が作られた作品の紹介です。
今回は、縫わない小物編です。
針と糸やボール紙を使わずに、シール接着芯、両面テープ、カシメ金具類ですべて組み立てています。


e0040957_20192576.jpg
縫わないペットボトルケース 巾着形です。上の写真の水玉の生地は生徒さんの持ち込みの生地ですが、このケースのデザインにしっくりなじんでいました。


 
e0040957_20155095.jpg
同じく、巾着形の縫わないペットボトルケースです。見本のバッグと一緒に写真を撮ってみました。バッグとお揃いのペットボトルケースもいいですね。
この生地は、黄色い部分が所々に入っていて、お好みでその部分を出したり出さなかったりして使っています。今回の生徒さんは黄色いTAXIマークを前面に柄選びしてポイントにされています。



e0040957_21311716.jpg
ファスナー付きの縫わないキーケースも、使いやすくて根強い人気です。

e0040957_21310814.jpg




e0040957_21312713.jpg
e0040957_21313399.jpg
縫わないカードケースバッグ じゃばらスタイル。
持っていてかわいいし、カードの出し入れも簡単で、使っていて楽しめるカードケースです。水色のスキバルテックスもアクセントになっています。


e0040957_21313703.jpg
縫わないカード通帳ケースと、お揃いの縫わない長財布。
生徒さんお持込の生地とスキバルテックスの色使いで、個性的に仕上がっています。



e0040957_21314464.jpg
縫わないノートパソコンケース。
無地の生地でとてもシックに仕上がっています。


e0040957_21321395.jpg
一枚革の縫わないキーケースバッグ。生徒さんのご主人様のリクエストで黒の革を選ばれて製作。
ちょっと高級感が漂っていました。


e0040957_21321714.jpg
黄緑色の革の色がきれいな、縫わないキーケースバッグ。


e0040957_22164143.jpg
なんといっても形がかわいいとアトリエでも人気のミニキーケースバッグです。
革の色で印象が変わります。



e0040957_21312359.jpg
縫わないキーケースバッグのサイズアレンジで、ipodケースにされました。白の革の蓋とシンプルなデザインの生地ですっきりと。



e0040957_21325316.jpg
縫わない書類ケース。本革の蓋の色と生地の組み合わせが楽しいです。
A4の書類を3つ折り、通帳、ポストカードなど、色々なものを入れるのに便利です。
見本の縫わないファスナーポーチと色違いの生地だったので、一緒に写真を撮ってみました。


e0040957_21324931.jpg
同じく縫わない書類ケース。 イギリスのハーレクインのストライプ生地がさわやかです。蓋も同系色の水色の本革で。


e0040957_21320693.jpg
キーケースも色々な種類ありますが、こちらは縫わないキーケース 三つ折りスタイル。ベージュの革と黄緑色の生地の組み合わせがシックでした。
奥は、ハートのペンスタンド(カルトナージュ)です。

e0040957_21320176.jpg
革と生地を赤で統一すると、かわいらしいイメージのキーケースに。


e0040957_21314914.jpg
e0040957_21315864.jpg
中はこのような感じです。このキーケースは薄型でオーソドックスな形ですが、なかなか使いやすいです。車のキーも入ります。


e0040957_21320981.jpg
音楽家の生徒さんが、音符と楽器の柄で作られた縫わないペンケースと名刺ケースです。
ミラースタンドやファスナー付きの楽譜入れも、お揃いの生地で作られていました。
ミラースタンドは、演奏前の身づくろいにやはり音楽家のご主人様がお使いになられているそうです。


e0040957_21325711.jpg
北欧アルメダールのチェリーガーデンの生地で、ファスナーつき縫わないスリムケース。

e0040957_21330014.jpg
ファスナーつきの縫わないスリムケースに、長い革ベルトをつけられて製作。このニューヨークの地図柄の生地で、おそろいでシリーズ化して作られるそう。三つ折りキーケースは、シリーズ2個目。



e0040957_21323066.jpg
こちらは別の生徒さんが作られた縫わない眼鏡ケースですが、1つ上の写真の生徒さんも、シリーズ3個目か4個目で作られるそうです。
今、アトリエで最も人気の生地です。

縫わない眼鏡ケースも、最近のアトリエレッスンで皆さんが作られています。
やはり蓋の革とケースの生地との組み合わせが、さまざまで楽しいです。
e0040957_21322232.jpg
e0040957_21322773.jpg

e0040957_22164687.jpg

長くなりましたが、生徒さん達の作品紹介を4回連続でお届けしました。
本当はもっとたくさんあるのですが、全部はご紹介できなくてすみません。





# by Toko-livicafe | 2016-07-14 09:45 | 縫わないバッグ
前回に引き続き、アトリエレッスンでの生徒さん達の作品をご紹介します。
レッスンでは、生徒さん達が毎回ご自身で作るものを選びます。
最近はシール接着芯で作る「縫わないシリーズ」が主流になってきましたが、ボール紙を使ったカルトナージュも選べます。



e0040957_01410473.jpg
縦型の眼鏡ケース。
生徒さんお持込の眼鏡柄の生地もキュートです。



e0040957_01335117.jpg

e0040957_01224467.jpg

e0040957_01232405.jpg

1mmボール紙で作るミラースタンドです。
e0040957_01361675.jpg
e0040957_01374714.jpg

e0040957_01371490.jpg



e0040957_01450945.jpg
キャンドルティッシュボックス。
普通のティッシュを縦に入れて使います。アルファベットの壁紙で作ると、いつもと違うイメージで新鮮です。




e0040957_01454623.jpg
北欧フィンランドのカウニステの生地で、シェイプバスケット。



e0040957_01465700.jpg
北欧調の生地で、横型シェイプバスケットです。



e0040957_02030433.jpg
ベーキングシートトレー。
ドイツ製のベーキングシートを中に貼っているので、お菓子などを直接入れても安心。
底とサイドを1枚の布で貼っているので、小さな生地で作れる工夫のトレーボックスです。



e0040957_02033836.jpg
壁紙で作るパネル。この壁紙で作るランプシェードも人気です。
本当はペンキの下地用の壁紙らしいですが、光も透けてすごくきれいな壁紙です。



e0040957_01475057.jpg
e0040957_01493703.jpg
e0040957_01490614.jpg
使いやすくておすすめしている、縦型のiPhoneケース。本革仕様です。
両手があいた状態でiPhoneの画面を見れるのって、意外と便利です。


e0040957_01501614.jpg
e0040957_01505901.jpg
こちらは、北欧生地で柄も楽しむ使い方です。



e0040957_02144391.jpg
e0040957_02105667.jpg
刺繍ドットのリネン生地で作られたipad miniケースです。
このケースはいつもは革で作っていたけれど、生地でもかわいいですね。




*お知らせ
定期クラスの生徒様へ

メンバーページに連絡事項を更新です。ご確認をよろしくお願いいたます。
# by Toko-livicafe | 2016-07-13 23:34 | カルトナージュ
アトリエレッスンでの生徒さん達の作品を、縫わないバッグ編、縫わない小物編、カルトナージュ編に分けてご紹介いたします。

今回は、縫わないバッグ編です。

e0040957_23021659.jpg
人気の縫わないメッセンジャーバッグ。自転車に乗る時に、背中で斜めがけして使います。生徒さんお持込の生地で。



e0040957_23044147.jpg
同じく、自転車に乗った時に使いやすいメッセンジャーバッグです。こちらも生徒さんお持込の生地です。
その後、生徒さんはこのバッグを自転車の好きな男性にプレゼントされたそうで、使っていらっしゃる写真を送ってくださいました。 とてもお似合いです。
ご本人様にご了解をいただきましたので、こちらで写真を載せてみます。
e0040957_23045037.jpg
使いやすくて気に入って下さっているとのこと。
嬉しいお言葉でした。
写真をご提供くださいましたSさん、ありがとうございました。



e0040957_23055159.jpg
縫わないカメラバッグbox styleを、お出かけバッグ風に。


e0040957_23125081.jpg
カメラを入れるバッグとして、生徒さんお持込の生地で。


e0040957_05455067.jpg
縫わない蓋付きのバッグを、生徒さんのサイズアレンジで長財布と小物が少し入るくらいの小さめのおしゃれバッグに。


e0040957_05470946.jpg
縫わないノートパソコンバッグ。生徒さんのご主人様からのご希望とのことで、革の蓋がついて、肩にちょっとかけられる短いベルトをつけたパソコンバッグになるようにアレンジされました。



e0040957_05543608.jpg
1つ上のバッグと色違いの生地で。生地の色に合わせてモスグリーンの本革を蓋に使い、持ち手も同じ革をカットして作りました。




人気の縫わないポシェットを3つご紹介します。蓋の革と生地とのコーディネートがそれぞれすてきです。
e0040957_05551798.jpg

e0040957_05482698.jpg
e0040957_05474470.jpg


基本の縫わないトートバッグです。
e0040957_06535583.jpg
革のタッセルも作りました。


e0040957_06542358.jpg
サイドに革金具をつけた縫わないトートバッグ。人気のタータンチェック生地は、昨年から本当に色々なアイテムに皆さんお使いくださり、色々な表情を楽しめます。



# by Toko-livicafe | 2016-07-10 23:08 | 縫わないバッグ

レッスン風景

生徒さん達がレッスンで作られた作品をご紹介致します。
同じ形でも生地やサイズが変わると印象も変わります。



e0040957_19255513.jpg
写真左が生徒さんが作られたバッグで、右側が私が以前に作った見本の縫わないカメラバッグbox styleです。
長財布が入るように幅を4cm大きくして作られました。この大きさのバッグもとても使いやすそうです。



e0040957_19304276.jpg
お持込の生地で縫わないメッセンジャーバッグを作られていて、マチをつける前の段階で、このままのバッグの形も気に入られて、マチをつけずに作られることになりました。パソコンも入るような大きなサイズの薄型バッグで、新鮮なイメージです。


e0040957_19314134.jpg
いつもすてきな北欧生地をたくさんご持参される生徒さんが作られた縫わないクラッチバッグです。
蓋の形は、1枚革の端の部分のカーブをそのまま生かして作りました。



e0040957_19360688.jpg
A4の二つ折り書類や単行本が入るサイズの縫わない書類ケースです。
生地は、北海道の生地作家さん 点と線模様製作所の岡理恵子さんデザインの波と言うシリーズです。
ペパーミントグリーンの波の色とぴったりの本革があったので、蓋の色とのコーディネートもいいですね。


e0040957_19435381.jpg
同じサイズの書類ケースで、こちらは北欧フィンレイソンのタイミという生地です。
やはり蓋の革の色とぴったりのイメージに仕上がりました。



e0040957_21011300.jpg

北欧風の幾何学柄の生地と白の本革で、大きめのポシェットバッグを作られました。
革と生地の組み合わせを考えるのも楽しいですね。
左側は、生徒さんが作られてご持参になった縫わないデジカメケースです。


e0040957_21020470.jpg
サイド革金具つきの縫わないバッグ。人気の赤のドット生地と黒の革の組み合わせもポイントです。


e0040957_21050470.jpg
こちらも昨年からレッスンで人気のチェックのニット生地です。タッセルも蓋の革とおそろいで作られました。


e0040957_21074494.jpg
ファスナー付きのポーチ型のミニバッグに白の革テープをつけています。
これからの季節にも活用できそうです。


e0040957_21085783.jpg
外ポケット付のバッグ。インナーバッグやお道具入れに。
ポケットはラミネート生地で製作。



e0040957_20162204.jpg
こちらもラミネートの生地で縫わないティッシュケースを。
かなり高さのある特別なティッシュボックスが入るように高さを高くして作られています。オレンジの革もアクセントに。



e0040957_20144912.jpg
北欧風の柄の生地で、縫わないファスナーつきティッシュボックスです。
1つ上のティッシュボックスと形と作り方が少し違います。


e0040957_21103241.jpg
初めてレッスンにいらした生徒さんが縫わない長財布を作りたいとおっしゃって、長財布は難しいのでもう少し慣れてからの方がいいと話したら、
縫わないバッグと小物の本を見て、すでにご自身でバッグをたくさん作られたと、写真を見せてくださいました。
写真を見て、本当にたくさんの縫わないバッグをすでに作られていて、びっくりしました。
それで、初回でしたが長財布を作ることになり、仕上がったのがこちらの作品です。
中のコインケースは、表布と同じ感じのペパーミントグリーンで作りました。
e0040957_21355791.jpg



e0040957_21415350.jpg
生徒さんが作られたオレンジ色のキーケースバッグを、私の見本の縫わない2colors bagと一緒におそろいで写真を撮ってみました。





# by Toko-livicafe | 2016-07-10 19:48 | 縫わないバッグ
e0040957_02524663.jpg

先月、伊勢志摩旅行に行った時に、折りたたみ自転車を宅急便で送ったことをブログにのせたら、詳しく知りたいと聞かれたので、その時の様子について書いてみようと思います。

折りたたみ自転車 FIAT 140は、ミニベロなどの一般の小径車よりもさらにタイヤの小さい14インチで、重さもロードバイク並みの8.5kgと、折りたたみ自転車の中ではかなりコンパクトです。
タイヤが小さいといっても、タイヤとギアの比で回転数が決まるそうで、そんなに一生懸命こがなくても、ママチャリの感覚で普通に乗れます。乗り心地もなかなかいいです。

普段も往復5kmくらいの距離は乗っていて、ギアなしのシングルスピードですが、タイヤが小さいので坂道もそれなりに上れます。
あまり急な坂道は無理して上らずに、自転車から降りて押しながら歩きますが、自転車が軽いので普通に歩くのとほとんど変わらない感覚で坂を上れます。

写真は、自転車と箱の大きさがわかるようにスツールを並べて撮りました。
(余談ですが、このスツールは、北欧ボラスタペーターの壁紙を貼ってニスを塗って作りました。)

ネットでこの自転車を購入した時に使われていたダンボールの箱をたたんでとっておいたので、その中に入れて宅急便で賢島のホテルに送りました。
この箱は、クロネコヤマトの宅急便の160サイズに収まる大きさなので、中身が自転車と伝えても、普通の宅急便と同じ料金と扱いで送れました。
重さも25kg以内という規定がありますが、8.5kgの自転車なので、らくらくクリアできます。

一般に自転車配送は、片道4000円以上かかりますが、この自転車は普通の宅急便料金の1750円(東京から関西圏)で送れるので、ちょっと気楽に旅先に発送できる気がします。送る時は、家まで宅急便屋さんに取りに来てもらいました。

新幹線に乗せて輪行という可能性もありましたが、今回は伊勢志摩に行く前に関西レッスンをする予定があったので、配送にしました。

買った時は、出っ張りの出るペダルが片方はずしてあって、ぎりぎり箱に入っていました。
私は以前に、クロスバイクのペダルを交換するために自転車用スパナではずそうとしましたが、かなり硬くて無理だった経験をしたことがあります。それで、旅先で外れなくなると困るので、折りたたみ式のペダルに交換しています。
自転車のペダルは、こぐとどんどん硬く締まっていくので、はずすのが結構難しいのです。
折りたたみ式のペダルは簡単にたためて便利ですが、たたんだ時に少し出っ張りが残るので、買った時のダンボールに入れるとペダル部分のみ膨らみましたが、それでも何とか入りました。

それから、サドルの高さを決めるシートポストの長さがもう少し長い方がいつものポジションが保てるので、家の近所の自転車屋さんでワンサイズ長いシートポストに交換しました。そのため、シートポストをはずして入れて、箱にぎりぎり収まりました。
(上の写真1枚目には、長いシートポスト、2枚目には買った時の長さのシートポストがついています。)

帰りは、ホテルのフロントから、同じようにして送り返してもらいました。

近所の自転車屋さんに聞いたら、自転車用のダンボール箱は、取りに行けば無料でもらえるそうなので、もう少し大きい自転車を送ったり飛行機に載せる場合は、活用できそうです。


2017年11月10日 追記
最近は、往復20kmくらいは普通にこの自転車で走りますが、疲れにくい自転車だと思います。
このダンボール箱は自転車を宅急便で送るのに数回使いましたが、だんだんこわれてきたので、今は、輪行バッグの中にクッション性のあるレジャーシートを1枚入れて送るというのに落ち着いています。
クロネコヤマトの160サイズの宅急便として送っています。




# by Toko-livicafe | 2016-07-06 23:50 | 自転車
e0040957_08541821.jpg
スクエアな形のリュックを作ってみました。


e0040957_09061798.jpg



おそろいで作った眼鏡ケースや長財布と一緒に。
今まで作ったリュックよりも、かなり収納量が多いです。

サイクリングにも似合いそうなリュックです。






e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon




# by Toko-livicafe | 2016-07-06 07:35 | 縫わないバッグ
e0040957_19385402.jpg

ニューヨーク地図の生地で、二つ折りの縫わない長財布を作りました。

e0040957_19215057.jpg
中はこのようになっています。コインケースの蓋に本革を使いました。



e0040957_19220135.jpg
コインケースにはマチを大きく取り、コインを出しやすくしています。


e0040957_19220552.jpg
3段のカードケースの内側は札入れで、やはりマチをつけて出し入れしやすくしています。

このニューヨーク地図の生地は、柄がプリントではなくて織りになっていて、実物を見るととても質感がいいので、最近のアトリエでも、この生地のシリーズで色々おそろいで作りたいという方も増えています。





e0040957_4335267.jpg
「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」 
 両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 河出書房新社刊 
 デザイン・製作 Toko


 Amazon


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko

 Amazon





# by Toko-livicafe | 2016-06-20 19:28 | 縫わないバッグ

e0040957_21534158.jpg
今まで色々なiPhoneケースを作ってきましたが、今回は1枚革でシンプルに作ったiPhoneケースです。

手前2つの手帳型のケースは、iPhoneにつけたプラスティックカバーと背面側の革をカシメ金具で留めて、スナップ留めしただけですが、スリムでかさばらなくて、なんとなく手になじんで使いやすい感じです。

中に入れている機種は、グリーンが以前に使っていたiPhone 4sで今は音楽用にしているもの。ブラックは夫のiPhone 6s、赤は私のiPhone6 plusです。おそろいの革でタッセルも作ってつけてみました。




# by Toko-livicafe | 2016-06-14 22:01 | 縫わない革シリーズ