Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
e0040957_0254974.jpg


e0040957_0372215.jpg


前からずっと憧れていた鎌倉の生地屋さん、「スワニー」に行ってきました。
一度は行きたいと思いながらも、鎌倉という場所がとっても遠く感じられて、何か機会があった時にとはいってもなかなか行けなかったのですが。

今日は、必要に迫られて行くことになりました。
というのは、カルトナージュ通信講座用の生地5種類のうちの2種類がコットンフィールドで在庫切れ。海外からの輸入なので、今後の入荷の見通しがはっきり分からないとのことで、他のネットショップでも探してみましたがみつからず、フランスに生地の買い付けに行かれる方にお願いしていましたが、フランスの生地屋さんでもみつからないようで。最後の頼みの綱と、鎌倉のスワニーまで行ってきました。結果はやはり同じ生地が在庫切れで、少し違うけれど似たイメージの生地を買ってきました。

今日は雨で、とっても寒かった。それでも、スワニーは遠いところを行ったかいがあったって思ったくらいすてきな生地屋さんで、すっかり気に入ってしまいました。

本館とインテリア用生地の館に分かれていて、プロヴァンスプリントもいろいろあったけれど、何と言ってもリネンの種類が多くて、かわいいのです。刺繍入り、色柄つきのリネン、リネンのリボンやボーダーなど、すごく色々ありました。
私は、縦型ティッシュボックスと楕円の箱を作ろうと思って、4種類の生地とリネンのリボンなども買ってきました。
通信講座の発送が終わったらゆっくり作ろうかなと思っています。



1 click a day ☆ Thank you !  BEST 10 rank in  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-10-05 23:59
今日はちょっとショックなことが・・・

いつも私は、ボール紙のカットを銀座の伊東屋に頼んでいるのだけれど、中2日でどんな大きさにもカットしてもらえるので、重宝しています。

先週、カルトナージュ通信講座の第一回目を締め切り、さっそく伊東屋にボール紙のカットをまとめて注文しました。
料金明細と仕上がり日の連絡が今朝あって、ボール紙の在庫が足りないのでお届け日が10月17日になるとのこと。
7日に発送の予定だったのですが、10日間も延ばさなくてはならなくなってしまって、皆様をお待たせすることになってしまいました。本当にごめんなさい。
お店でで品切れだった生地2種類の入荷状況がはっきりしたら、皆さんにお届け日が遅れてしまうお詫びのメールを出させていただきます。

17日にボール紙が家に届いたら、すぐに発送できるように他のものは袋詰めしておいて、届き次第送らせていただきたいと思います。

取り急ぎ、お詫びのご報告まで。
e0040957_034051.jpg
# by Toko-livicafe | 2005-10-03 23:59
今日は、午前と午後に写真のワークショップ ステップ1のクラスのレッスンをしました。
コンパクトデジカメでもこれだけきれいに撮れるのなら、一眼レフ買わなくてもいいわーなんていうお声も・・・

ご自分の書道の作品を写真におさめたい方、ハーブ辞典やイギリスのお菓子のお話の本を出されている方、陶芸の作品や手作りお菓子、パン、フラワーアレンジなどを撮りたい方など、皆さん多才で、お話を聞いているだけで勉強になって、とても楽しかったです。

今日の生徒さん達が撮られた写真をご紹介します。

e0040957_23455068.jpg


e0040957_23464239.jpg


e0040957_2347836.jpg


e0040957_23481782.jpg


e0040957_23484521.jpg


e0040957_23492749.jpg


e0040957_23494371.jpg


e0040957_23501621.jpg




BEST 10 rank in  1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-10-03 23:58
e0040957_2213382.jpg



e0040957_2254499.jpg


カルトナージュ通信講座第1回目の申し込みを締め切りました。
現在、テキストを製作中で、今日はカルトナージュで使う道具や材料の写真を撮ったりしました。

それから、キット用の生地のカットもしてみましたが、柄選びが人によってお好みがあると思ったので、少し大きめにカットしておいて、あとはご本人が使う場所を選んでいただけるようにしてみました。
気がかりなのは、5種類の生地のうちの2種類(グリーンオリーブとブルーオリーブ)がお店で品切れだったこと。フランスに買い付けに行く方に頼んでみたりしているのですが、もしなかったら、別の生地にしていただくように、皆さんにメールを出すことになるかもしれません。

通信講座を申し込まれた方々からのメールを読んでいると、皆さんカルトナージュをとっても作りたいのだけれど、何かの事情でレッスンは受けられないので、キットが届くのをとても楽しみにして下さっています。だから、その夢が実現できるように、私も何とかがんばりたいと思っています。


BEST 10 rank in  1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-10-02 22:20

優れものの道具

e0040957_0242943.jpg


カッターの刃折り処理器。本当に簡単に折れて新しい刃にできるので、びっくり!
イタリアンカルトナージュのカルタフィオッコ、東急ハンズ、伊東屋などで売っています。
カルトナージュの道具の一つに是非持っていたい優れものです。



BEST 10 rank in 1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-30 00:35

秋色さがし

e0040957_23133999.jpg


新百合ヶ丘のワーナーマイカルシネマズへ、「四月の雪」を見に行きました。
映画館は全員が同年代の女性で、ちょっと中学校の保護者会のような雰囲気でした。
朝一の映画に行ったのだけれど、すでに満席でチケットは完売。(毎週水曜日は女性が割り引き価格1000円になるレディースデイでもあったし。)
前もってネットで予約しておいて本当によかったです。

一緒に行った友達2人はかなりの韓国ファンで、韓国の俳優の名前とかにとっても詳しい。
私は、2年前に友人達の間では一番早く「冬のソナタ」の本を読み、DVDを徹夜で観てその感動を彼女達に熱く(?)語ったのだけれど、当時、まだ冬ソナを観てない友人達にはぴんと来なかったらしく、反応も「ふ~ん」っていう感じで終わっていて。

ところが、その後しばらくたってから、1人が冬ソナを見て感動して、私みたいに会えば冬ソナの話で盛り上がり・・・
ところが、その頃には私はもう冷静になっていたから、ちょっと気持ちの時間がずれていたのだけれど。
彼女が落ち着いた頃に、また別の友人が冬ソナにはまって、会えばやっぱりその話で持ちきり。という風に、私達は、時期がずれて盛り上がってるから、なんだかバトンレースをしているような感じだったのです。

それで、さすがにみんなもう落ち着いていて、最近は会ってもあまりぺ・ヨンジュンの話も前ほどしなくなっていたのですが。
でも、「四月の雪」が始まることになった時、話のあらすじも興味深かったし、「スキャンダル」の映画ですっかりイメージが変わってしまっていたペ・ヨンジュンも、今回の映画では冬ソナのミニョンさん役の時の雰囲気に戻っていたから、迷わず見に行くことにしたのでした。

でも、いつも一緒に会う友達の中でも、まだ冬ソナを見てない2人は、「ぺ・ヨンジュンの映画はパス。」って言って今回一緒に行かなかったのだけれど。

と、言うことで、期待の「四月の雪」は、静かな心理描写、あいまいな流れ、全体に漂う重く苦しい雰囲気・・・登場人物の気持ちは胸が痛いほど分かるのだけれど、う~ん、私はやっぱり冬ソナの感動が忘れられない・・・

友人達とは新百合でそれぞれ解散したから、その後私は1人でカメラを片手に秋色さがしをしながらお散歩。
先週も「チャーリーとチョコレート工場」(映像もすごくおしゃれでステキな映画)を観に新百合に来たのだけれど、1週間の間に急に秋になったみたいでした。



NOW IN BEST 10  1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-28 23:56

おいしいラスク

e0040957_225241.jpg


最近話題のラスクをいただきました。
群馬県のガトーフェスタハラダからのお取り寄せとのこと。

私も以前、HPRecipies &essayのページの「ラスク」の中で、山形の「麦工房シベール」のラスクが美味しいとご紹介したことがあるのですが、シベールは軽さで食べるラスク、ガトーフェスタハラダのはバターの旨みが特徴的。美味しくってちょっと感激してしまいました。

最近、急に秋風が吹き初めて、季節が変わったことを感じますね。




1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-26 23:17

こんな感じの一日

e0040957_2241856.jpg


11月の写真展の準備のために師匠に写真を見てもらいに、練馬区の江古田まで行く。
なかなか準備が進んでいないのだけれど、最近になってようやくまじめに取り組もうかと思い始めたところ。
同じ写真仲間は、1600枚撮った中から80枚を選択して持ってきて、師匠と一緒に15枚に絞っている。なんか、すごい世界とただただ感心。
みんなそれぞれ自分の世界の写真を持っている。写真って、カメラで外を撮っていても出来上がった作品はその人の内面を映し出しているから不思議。

帰りは吉祥寺のコットンフィールドに寄って、そろそろカルトナージュ通信講座の材料を揃え始める。
コットンフィールドの隣の家の塀の上に、猫ちゃんの置物がぴったりとはり付いていて、通るたびに実にユニークと感心している。住んでいる方はきっと猫ちゃんが大好きなんですね。


1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-25 23:02

青信号の光

e0040957_761097.jpg


ほんの小さな光が、とても大きな存在に感じる時・・・



1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-25 07:08

こんな夜には・・・

e0040957_22345520.jpg


さびしくて仕方がない夜は、写真を撮るの。
そうしたら、私のさびしい気持ちが写真の中に移ってくれる気がして・・・



1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-24 22:43
写真のワークショップの生徒さん達に講座を受けた動機を聞いてみると、さまざまなケースがあります。
個人ブログにきれいな写真を載せたい方、アロマテラピーの先生、風船パフォーマー、シュガークラフトの先生、手作りバッグとエプロンのネットショップを作りたい方、お菓子や料理教室の先生、パンの先生、カルトナージュの作品のネットショップを作る予定の方、旅行の写真をもっとうまく撮りたい方・・など。

みんなそれぞれ自分の世界を持っていて、それをより素敵に紹介できるようになりたいということが、共通の動機。
インターネット全盛の今、写真で自分を表現するということが以前よりもさらに大きな意味を持ってきているように思います。そしてその機会もブログやHPを作ることによって無限に広がるという時代に私達は生きています。

昔から、目立つことなく静かに生活してきた私ですが、最近になってたくさんの方々からメールをいただいたりお会いできるようになって、インターネットの不思議な力を感じています。


今週の写真のワークショップで生徒さんが撮られて、まだご紹介していなかった写真がありますので、載せてみます。

e0040957_0122952.jpg


e0040957_0155041.jpg


e0040957_016940.jpg


e0040957_0174690.jpg




1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-23 00:23
写真のワークショップを受講された生徒さん達のブログが、変わり始めています。

まだStep1のレッスンを1度受けただけなのに、みんななんて素敵な写真をそれぞれのブログに載せているのでしょう。
1を習って10を習得したみたいな見事な吸収力に、私もただただ感心しています。

生徒さん達がワークショップで撮られた写真をいつもはこのブログでご紹介しているのですが、今回はそれぞれ生徒さんご自身のブログの中でご覧下さい。

La vie douce

おにぎりとザワークラフト

つれづれダイアリー

Comfortable Space




1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-21 22:57
17日は、写真のワークショップ ステップ2のレッスンをしました。
ステップ1のコンパクトデジカメでの撮影に続き、今回は、一眼レフデジカメを使った撮影です。
私の持っているCanon EOS Kiss NとCanon EOS Kissの2台のカメラで交代に撮影してもらいました。

レストランやお料理教室に行った時に料理写真をきれいに撮りたいというご要望があったので、急遽、冷蔵庫の中の野菜やきのこをお皿にのせて被写体にしてみました。
それから、発酵中のシナモンロールと焼きたてのシナモンロールも撮ってもらいました。

それでは、生徒さんの撮られた写真をご紹介します。



e0040957_13122821.jpg


e0040957_1356763.jpg


e0040957_13503452.jpg


e0040957_13203386.jpg


e0040957_13264076.jpg


e0040957_13563780.jpg



一眼レフデジカメで、背景をぼかした写真にしたり、クローズアップレンズをつけての接写を経験していただきましたが、初めて一眼レフカメラを使われた生徒さんたちは、やっぱり全然違うわーと言ってました。
でも、コンパクトデジカメでもきれいな写真撮れますよってご説明していますが、実際に使ってみると皆さんやっぱり一眼レフカメラがほしくなるみたいですね。


お知らせ

*今日、10月のカルトナージュレッスン日と11月1日のシナモンロールの1日パンレッスン写真のワークショップの空き日程などをHPに載せましたので、どうぞよろしくお願いします。

*ごく稀に、いただいたメールが届かないことがあるようです。ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。
教室や通信講座にお申し込みの方で、私の方から3日以内に返信が届かなかった場合は、お手数ですがもう一度メールかHPのBBSに書き込みをお願いできますでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。





1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-19 13:49

お手紙

e0040957_113155.jpg
先週のカルトナージュレッスンの時に、グリーンオリーブの生地でダストボックスを作られた生徒さんからこんなにかわいいポストカードが届きました。

グリーンオリーブの生地とリボンを小さなダストボックスの形に切り抜いて、葉書にミシンで縫いつけてあります。表はグリーンの糸、裏は白い糸で縫い目が分からない感じに仕上がっていて、こんなすてきなアイデアがあったんですね。
カルトナージュのダストボックスを作られて、とっても嬉しかったお気持ちが文面やアップリケから伝わったきました。




1 click a day ☆ Thank you !
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-09-19 12:47

私のカルトナージュ歴

e0040957_209356.jpg

昨日は自宅でのカルトナージュ教室をして、今日は横浜のオリヴェットでのカルトナージュ講習会をしました。

最近の私の生活は、カルトナージュの占める割合が非常に多くなってきています。
実はこの展開は、少し前の自分には予想もつかなかったことです。
私がカルトナージュの先生になるなんて、本当は思いがけない成り行きなのです。

思えば5年位前に、アメリカ帰りの友達の家に遊びに行った時に初めてカルトナージュの作品を見て、とっても感動したのが初めての出会い。習いたかったけれど当時、カルトナージュの教室がどこにあるのか分かりませんでした。
しばらく心の中にカルトナージュのことを温めていたのだけれど、成城での陶芸の展覧会に行った時、手作りのカルトナージュのティッシュボックスを売っていたのを発見。
ずっと憧れていたカルトナージュの作品に偶然巡り会えて、心がおどりました。
展覧会場の方に、ティッシュボックスを買うのではなくて習いたいとお話したところ、なんと成城に教室があることを教えていただきました。成城といえばうちから2駅の近所。こんな近くにカルトナージュの教室があるなんて全然知らなくて、すぐに通うことになりました。

近所に住む友人達にカルトナージュを習い始めることを話したら、みんなもとっても興味を持って、結局7人グループでクラスを作ってもらい、月に一度のペースで通い始めました。
基本の箱から始まって、ティッシュボックス、楕円の箱、丸箱、ジャバラカードケース、木箱ケース、ドーム型ボックス、縦型ティッシュボックス、リボントレー、楽譜ボックス、バインダー、ワイン木箱ボックス、額付きミラー、ダストボックス、メガネ立て、コスメボックス、鍵ボード、裁縫箱、トレー、6角形の箱など、さまざまな物を教えていただきました。

せっせと色々自分でも作っては、プレゼントすることも多くて自分の手元にはそんなに残っていないくらいなのですが、とにかく、頭の中がカルトナージュでいっぱい、外を歩いていてもついつい生地屋さんに足が向いてしまって。
なんだか知らないけれど、とにかく自分の中でものすごくカルトナージュに心惹かれるものがありました。

作った作品をリビングルームに飾っているうちに、料理教室の生徒さんたちから教えてほしいと言われ、みんなで一緒に作っているととっても楽しいので少しずつ趣味で教えるようになりました。うちのリビングで、みんなで大好きなカルトナージュを作っている時間の中に
心地よさを感じました。

昨年の夏に、私のリビングルームでの暮らしを紹介するためにHPを作った時、Life styleのページにカルトナージュのことを次のように書きました。
「私は、カルトナージュの箱が部屋にあると、なぜかとても心がなごみます。
それは、好きな生地を使って好みの形に手作りし、身近に置いていつも眺められ、そして、
中には日々の生活に必要なものがたっぷり詰まっていて・・・ 
大切な、暮らしの宝箱のような気がするからかもしれません。」

カルトナージュは私にとって本当に大切な趣味であり、生活でした。

時々、料理教室の生徒さんにカルトナージュを教えている様子をHPでご紹介していたら、ある時思いがけず、私に教わりたいというメールをいただきました。
しかし、私はカルトナージュのプロになるなんて思っていないし、性格的にもあまり複雑な手の込んだことは苦手なので、シンプルで作りやすい作品を作って生活の中に取り入れているという感じでした。本当のプロのような高度な技術のカルトナージュは私には向かないと思っていました。

でも、せっかくHPをご覧になった方から習いたいというメールをいただいたので、それを機会にHPにカルトナージュレッスンのことを詳しく書いたら、だんだんたくさんの方々から、レッスンを受けたいというメールをいただくようになりました。
趣味で作っている私でも本当にいいのかしらと思いながらも、教えているうちに自分なりの考えに行き着きました。
それは、私ができることはシンプルで作りやすいカルトナージュをお教えして、皆さんにカルトナージュの世界の楽しさを知っていただく道案内役になること。
もっと専門的に高度な技術を学びたくなった方は、その後きっと本格的なお教室に通われるようになることでしょう。
だから、そのきっかけ作りになれたら私は嬉しいと思っています。
# by Toko-livicafe | 2005-09-16 20:08