Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


e0040957_22283159.jpeg

自転車のペダル付きの原付バイクTOMOSの話の続きです。

購入してから、少し自分で乗りやすいようにカスタマイズしました。

① サドルのすべり止め
乗っていると座面がすべりやすいので、何かすべり止めになるものをつけたいと思いました。
ちょうどサドルの中央に縦に溝が付いていたので、黒の革を溝と同じ形に切り、革の表面側に強力両面テープを貼り、革の裏面を上側にして溝に貼りました。
バックスキンがすべり止めになって、すごく乗りやすくなりました。
貼ってからもう3か月くらい乗ってますが、接着も全く問題なく、いつも使っているニチバン ナイタック両面テープの強力タイプは、やはり優れものです。

②荷物入れ
バイク用の本格的な荷物入れの箱だと、TOMOSのデザインに合わないので、なるべく目立たない感じのものがいいと思いました。
自分で何かケースを作ってもよかったのですが、たまたまちょうど良さそうなものが売っていたので、それを購入してリメイクしました。

イオンの家庭用収納用品売り場にあった「オープンバスケット ハーフ」798円。
収納用のフェルトバスケットです。
これに3センチ幅のグレーのゴムベルトを付けました。ベルトを通す部分は、グレーの革を3センチ幅に切ってDカンを通したものを6箇所、ケース本体にカシメ金具で付けました。ゴムベルトの切り口にもグレーの革を強力両面テープで接着。ゴムベルトの長さはDカン2個で挟んで変えられるようになっています。
ケース本体の底とバイクのリアシートフレームもベルトで固定しました。
雨の日は基本、バイクに乗らないので問題なく使っています。

バッグ、リュック、買い物した袋など、何でも入るので私にとっては本当に必需品で、この荷物入れ、つけてよかったです。(上の写真は、荷物入れにバッグが入った状態です。)

最近、イオンの売り場を見たら、同じ形で防水加工付きの布で作ってあるハーフバスケットも出ていたので、これから作る場合はそちらを使ってもいいかもしれません。



関連記事

自転車バイク TOMOSに夢中

原付バイクに乗れるようになるまで


# by Toko-livicafe | 2018-07-28 20:54 | バイク TOMOS

e0040957_21180499.jpg



















2018年10月からの定期クラス募集のお知らせです。

縫わないバッグと小物、カルトナージュを、お好きな作品を選んで作っていただくクラスです。

月に1回、半年で6回のコースになっています。
明日、7月19日(木)正午からお申し込み受付いたします。

詳細は、こちらのページをご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。


最近、時々ご質問をいただくことがありますので、よくある質問について、書いてみます。

Q: レッスンで習った縫わないバッグを他の方に教えたいと思っています。

 Living Room Cafeのレシピからと明記してあればライセンス料なしで、レッスンで習ったものを教えてもいいのですか?


A: 定期クラスに半年以上通われた方でしたら、出典を明記の上、教えることができます。

本に載せていますアイテムもお使いいただけます。


Q: 私から縫わないバッグを教わった人が、別の人に教えてもいいですか?

Q:縫わないバッグの本を買いました。本に載っている作り方を自分で練習して、他の方に教えてもいいですか?


A:  趣味でお友達に教えられる場合は、ご自由にお使いください。

  レッスン料金が発生するお仕事として教えられる場合は、こちらの定期クラスレッスンを受けられた方に限らせていただいています。


Q:縫わないバッグや小物を販売してもいいですか?


A: 販売はご遠慮ください。



縫わないバッグの作り方は、とても作りやすくて便利なものだから、皆さまに知っていただけたら嬉しく思います。
縫わないバッグの定期クラスのレッスンも、今年で7年目になりました。
初回からずっと続けてくださっている方も多く、また、地方から新幹線で通ってくださる方々もいらして、皆さん、作品ができあがるのを楽しみにしてくださっています。

これからも縫わないバッグと小物作りの素晴らしさを、皆さまにお伝えできたらと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。


関連記事



My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon







# by Toko-livicafe | 2018-07-18 21:26 | レッスン情報
e0040957_14480012.jpg

今日のレッスンでは、生徒さんが縫わないクッションカバーを作られました。
スペインのジャガード織の生地は、インテリアファブリックにぴったりでした。
同じ生地で表と裏で1つずつ変えて作られたので、2種類のおそろいクッションみたいになりました。

裏面はこのようにポケット風に生地を重ねて、お洗濯の時に出し入れできるようになっています。
接着はいつものナイスタック 強力タイプの両面テープで、お洗濯もできます。出し入れの時のポケット口の両端に、念のため、内側の見えないところにカシメ金具を打ってもらいました。
e0040957_14480305.jpg

2時間レッスンで、簡単にクッションカバーを2枚作られて、時間が余ってミニバスケットの蓋も仕上げられて、今日は3つもできたと喜んでいただけて、私も嬉しくなりました。



*定期クラスのメンバーの皆様にお知らせです

メンバー専用ページにお知らせを更新しましたので、ご確認をよろしくお願いいたします。





# by Toko-livicafe | 2018-07-16 23:55 | 縫わないバッグ

おでかけラウンドバッグ

e0040957_22561019.jpg

ちょっとお出かけ向きのかわいいラウンドバッグを作ってみました。
直径は20cmです。

中を開けるとこのような感じに。

e0040957_22561462.jpg


お出かけ向きなのでたくさんは入りませんが、蓋の開け閉めや荷物の出し入れは、結構便利です。

表布はフランスバスクのラミネート、バッグの中の布は無地のリネンを使いました。





My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon






# by Toko-livicafe | 2018-07-09 23:01 | カルトナージュ
e0040957_08125115.jpg


1つ前のブログ記事で、TOMOS購入の動機について書きましたが、今回はTOMOS購入からバイクに乗れるようになるまでの話です。

排気量50cc以下の原付バイクは、車の普通免許で乗れますので、まずはネットでどんな選択肢があるかリサーチしました。
私が乗ってもあまり違和感がない小さめのバイクがいいなと思いました。
今までも自転車が趣味になってクロスバイクに乗ってる話をすると、「アクティブに自転車に乗るというよりもお家にいるタイプ」と言われていたので、そんな私がバイクに乗ることになるなんて、人生何があるかわからないものです。

以前に息子がバイクに乗りたいと言った時も、バイクは危ないからと反対してきました。
しかし、実際に原付バイクに乗ってみると、知らずにイメージしていたものとは随分違いました。

まず、原付バイクは法定速度が時速30kmなので、早めにこいだ自転車並みの速さで走ります。時々、ロードバイクの自転車に追い抜かされたりもします。
自転車に乗る時はゆるく交通規則を守りながら走るというところがありますが、原付バイクの場合は車と同じように厳密に規則を守り、緊張しながら走ります。
一時停止、一方通行、信号、3車線以上の交差点での2段階右折、方向指示器、右折・左折時の安全確認、スピードの管理など。
スピードが車に比べて遅いので、車の流れには乗れませんが、私にとってはそれがかえって安全面と自分の技量を考えるとちょうどいい気がします。
TOMOSも時速50kmくらいは出そうと思えば出ますが、原付なのでスピードを抑えて走ります。

自転車も生身、バイクも生身なので、その点についてはあまり違和感がありませんでした。
私は自転車で車道を走ることに慣れていましたが、それでも最初からすんなりバイクに乗れたわけではありません。
まず、世田谷自動車学校で原付バイク講習を受けました。
1時間1000円の良心的な料金で、マンツーマンでしっかり教えてもらえました。
エンジンのかけ方、スタンドやアクセル、ブレーキ、方向指示器の使い方などを教わって、教官のバイクのあとについて走ります。

教習所で最初にバイクに乗った時、子どもの頃に初めてゴーカートに乗った時に感じた乗り物の楽しさのワクワク感を思い出しました。
それから、バイクが走り出すとあまりに気持ちの良い風を感じて、ちょっと感動してしまいました。
理由はわからないけれど、自転車に乗ってる時とは違う種類の風でした。

1時間、講習を受けたら教習所の中はなんとか走れるようになりましたが、まだ1人で公道を走るのはとても無理でした。
それで、息子と一緒に静岡県の沼津に行った時に、原付バイクをレンタルして車の少ない田舎道を走る練習をして、ようやく少し公道を走れるようになりました。

東京に戻ってからは、家の周りの人や車の少ない住宅地をぐるぐる回って練習して少しずつ距離をのばしました。
大通りを走る練習については、夜中の東京の道は車も人もほとんどいないけれど照明は明るいので、夜中に練習した方が走りやすいことがわかってから、急に遠くに行けるようになりました。
自分の足みたいに自由に乗れるようになるまで、1か月くらいかかったと思います。

息子は私のTOMOSを借りて思いがけずバイクに乗れることになったので喜んでますが、私と違ってそれほど練習しなくてもあっさり乗れるようになっていたので、バイクの運転も個人差が大きいようです。

昔、車の免許を取った時、自分にできることが新しく1つ増えて、新鮮な嬉しさを感じたことを思い出しました。
今回も原付バイクに乗れるようになって、やはり自分にできることが1つ増えて、嬉しい充実感のようなものを感じています。




# by Toko-livicafe | 2018-07-06 23:26 | バイク TOMOS

自転車バイク TOMOSに夢中


e0040957_22281119.jpg


今年の春に、原付バイクに興味を持ち始め、色々リサーチした結果、スロベニアブランドでオランダ製のTOMOSを買いました。
レトロでおしゃれなデザインに一目惚れでしたが、乗り心地もとにかく快適で、もう手放せない感じです。
ガソリンとオイルで動きますが、自転車のペダルも付いていて、エンジンを切ってペダルでこげば一方通行も逆走可能です。

私の周りでも、一度TOMOSを見たら買いたいと言う人が何人もいて、ちょっと流行りそうな気配です。

どうして急に原付バイクに興味が出たかと言うと、話せば長い私の乗り物歴になるのですが。
最初は車が好きで、東京に住んでいるけどほとんど電車に乗らず、どこへ行くにも車の生活。ハンドルを握るとワクワクする、車大好き人間でした。

だんだん、運動不足が気になり始め、GIANTのクロスバイクを購入したら、これが楽しくて、車より自転車に乗る機会が多くなりました。

3年くらい前に、転んで手首を骨折し、3か月間、車の運転も自転車にも乗れない期間に電車とバス移動の生活を経験したら、東京に住んでいたら、車がなくても全然不自由しないことに気がつきました。

骨折が治ってからは、自然と車にほとんど乗らなくなり、往復20km圏内は自転車移動で、それ以上遠い所には電車移動と言う生活になりました。
それで、2年位前に車を手放しました。

1年くらい前に息子が免許を取ったので、また車が必要になり、久しぶりに車生活をしてみたら不思議なことにちょっと違和感があったのです。
と言うのは、いつも身軽な自転車生活に慣れていると、私1人移動するのにこんなに大きなものを使わなくていいのではないかしらという気がするのでした。
それから、出かけた時も、駐車場の時間を気にしながら動かなければならないのが、煩しく感じてしまうようになりました。

その後、息子が仕事で地方へ行くことになり、地方はやはり車がないと無理なので、息子が車ごと引っ越ししました。
その時、車に関しては、私は何か身軽になってほっとした気がしたのでした。

その頃から、車よりも身軽で自転車よりも遠くに行きやすいバイクに興味を持ち始めました。


続きます。




# by Toko-livicafe | 2018-06-24 15:25 | バイク TOMOS
e0040957_02091811.jpg

厚手の布1枚で作る、小さめの縫わない縦型ポシェットです。

長財布やスマートフォンなどを縦に入れて出し入れできるので、便利です。

白い本革にリング金具をつけて、蓋を開けやすく、また、リングの重さで閉めやすくなっています。



My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon






# by Toko-livicafe | 2018-06-19 23:08 | 縫わないバッグ
e0040957_01284073.jpg

自由が丘の北欧ファブリックと雑貨のお店「FIQ」さんから、コラボ企画第4弾のお話をいただき、ニューデザインの縫わないめがねケースを限定31個、販売させていただくことになりました。

FIQさんの北欧生地や日本のテキスタイル作家さんのハギレ生地を使い、フエルトと本革ベルトを色あわせして、各組み合わせ1点ものとして作りました。

以前に縫わないバッグの本に載せましためがねケースのニューバージョンで、カシメ金具留めの代わりに革をカットしたベルトをつけて補強とデザインのグレードアップを兼ねています。


発売は、FIQさんのホームページのオンライン限定で、6月15日(金)正午から。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。






# by Toko-livicafe | 2018-06-09 23:27 | 縫わないバッグ
e0040957_02113380.jpg

先日のブログでご紹介しました「ダブルファスナーの縫わないトラベルポーチ」を、フランス・バスクのラミネート(ビニールコーティング)生地で作ってみました。

中を開くとこのような感じに。 一番大きいiPhone 8plusやお薬手帳も内側のポケットに入ります。

e0040957_02114180.jpg


ファスナーポケットはダブルでついているので、内ポケットとあわせて4つに分かれているので、色々なものを分類して入れるのに便利です。
e0040957_02114495.jpg

旅行用のパスポート、海外のお金、搭乗券などのほかに、通帳、A4の書類の3つ折り、チケット類、スマホも入るのでこれ一つで必要なものがまとまります。
ファスナーポケットの中に、いつも長財布の中に入れているカードケースつきコインケースを入れてお財布としての使い方もいいかもしれません。

内ポケットにiPhone 8Plusや通帳を入れて縦にしても、両サイドに革ベルトがついているので落ちないようになっています。

最近のアトリエレッスンでは、この縫わないトラベルポーチを皆さん選んで作り始めてくださっています。
意外と複雑な作りになっていますが、一度作ると展開がわかるので、2個目からは作りやすくなると思います。

文房具類を入れるのに使うという方もいらして、マルチケース的に使えそうです。



ブルーのバスクの布も人気で、この布を使ってレッスンで生徒さん達が作られた作品をご紹介してみます。


e0040957_02115247.jpg
「サイドに革金具をつけた縫わないトートバッグ」


e0040957_02115681.jpg
「ファスナーカバーつきの縫わないショルダーバッグ」



e0040957_02120008.jpg
「1枚布の縫わない2つ折りショルダーバッグ」


皆さんのバッグ、とてもすてきで、小物類もおそろいで作っても楽しそうです。




My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon






# by Toko-livicafe | 2018-05-11 23:26 | 縫わないバッグ
e0040957_16115123.jpg

毎朝使うメイク用品は、今まで色々なケースに入れたりしたけれど、最近はすべて立てて収納するのが一番使いやすいという結論に自分の中で達し、ミニコスメスタンドを作りました。
外側も内側も、フランスバスクのラミネート(ビニールコーティング)生地を使いました。

e0040957_16120175.jpg
外側は、1mm厚さのボール紙1枚を四等分に筋を入れて正方形の底の周りにぐるっと巻いて作る簡単な方法。
サイドの内側も、1枚のビニールコーティング布に4枚のケント紙を貼り、サイド一周ぐるっと一度に貼るので角の始末がいらなくて厚くならずに、手間も少なくきれいな仕上がりになる方法を取りました。
仕切りは、丈夫にするために2mmボール紙を使用。仕切りの端はすべて正方形の箱の内側の角に来るので、そのまま入れるだけでも丈夫でずれない仕組みです。

このミニコスメスタンドを作ったきっかけは、以前に作ったペンスタンド(下の写真奥)にメイク用品を入れて使ったら、思いがけなくとても使いやすかったから。

e0040957_16272692.jpg

ただ、全部入らなかったので、自分がいつも使うものがすべてぴったり収まるサイズに作り直すことで、仕上がりました。
高さは、ペンスタンドと同じ9.5cm。
この高さだと、ブラシ類は立てられて、チークやシャドー、ミニパフなどの小さいものも、さっと取り出せます。

ずっと気になって作りたかったサイズのミニコスメスタンドができあがって、すっきり。とても便利に使っています。

私はこのサイズでちょうどいいですが、もっとたくさんメイク用品を使われる方は、高さは同じで幅などをもっと大きくしてもいいかもしれません。





e0040957_00390057.jpg

 「縫わないバッグとカルトナージュ 定期クラス
  
 



My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon





# by Toko-livicafe | 2018-05-07 16:33 | カルトナージュ

e0040957_02545563.jpg

娘にペットボトルケースを作ってほしいと頼まれ、本人が選んだ生地を使って作りました。
ラミネート(ビニールコーティング)生地で、これからの季節にぴったりの、さわやかなイメージに仕上がりました。

フランスのラミネート生地より厚手ですが、接着芯を入れずに作るペットボトルケースなので、しっかりしていて作りやすいです。


e0040957_02545965.jpg

持ち手のベルトも同じラミネート生地と両面テープで作りました。



e0040957_11222642.jpg


最初はラミネート1枚布で作りましたが、娘の希望で中に保冷シートを入れてみました。



写真の背景に敷いている木のプレートは、最近、自由が丘のKOEさんで購入した木曽のトチの木の平皿です。
色や質感がナチュラルでなんともいい感じで、ひとめぼれして買いました。
ネットショップもありますが、お皿によって木目が違うので、可能ならばお店で直接選ぶのがおすすめです。お店は関東近県、関西、名古屋、岡山などにもあるようです。





My books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon











# by Toko-livicafe | 2018-05-05 11:22 | 縫わないバッグ

茶洒 金田中で ランチ会

e0040957_14095564.jpeg

茶洒 金田中に、ママ友4人で女子会ランチに行きました。
ハナエモリビル跡地に建つオーク表参道の2階、都会の中のオアシスみたいな場所です。
苔庭に面して、巨大な長テーブルと長いカウンターがあり、開け放された窓からのさわやかな風を感じながら、創作和食をいただけます。

予約のできるランチのコースは、5000円と8000円。
私たちは、5000円のコースをいただきましたが、この空間とロケーション、一皿一皿の器の楽しみ、身体に優しい美味しいお料理と、すばらしい時間を過ごしました。

お庭を見渡せるカウンター席には、お一人でランチにいらしている方々が6人くらいも。若い男性や女性、お年を召した男性など、美味しいものがお好きな方が集まるお店でもあるようです。
ホームページをよく見たら2800円のランチセットもあり、こちらは予約はできないけれど直接お店に行き、お席が空き次第のご案内になるようです。
ランチの時間帯以外は、お茶とお菓子でくつろぐこともできます。

茶洒 さーしゃ)金田中、とってもおすすめなので、機会があったら是非。




# by Toko-livicafe | 2018-04-27 14:42 | 外出
e0040957_23563228.jpg

生徒さんからのリクエストで、搭乗券やパスポート、外国のお金など入れて使えるトラベルポーチを作りました。
ファスナーが付いたポケットが2箇所と内側には搭乗券などをさっと出せるポケットが2つ付いています。市販のケースを参考に、アレンジして作りました。
以前に作ったダブルファスナーの縫わないサコシュバッグと同じ作り方?と聞かれたりしますが、このケースは開いて使えるようになっているので、全く違う作り方になっています。

中を開くとこのような感じに。

e0040957_05020216.jpg

内側にポケットが2つあるので、搭乗券などもファスナーを開けずにさっと出せるようになっています。
手前はマリメッコの生地で、奥はナイロン生地で作っています。(写真のナイロン生地の方のポケットに参考にA4サイズの紙を三つ折りにしたパンフレットが入っています。)



ファスナーは、ダブルでつけているので、お財布にしたり、パスポートなども入る大きさです。

e0040957_23570925.jpg


ファスナーポケットが2つと内ポケットが2つで合計4つポケットがあるので、旅行以外でも、通帳やチケットなど、色々なものを分類して入れて使えます。
結構複雑な作りですが、アトリエレッスンでは、早速皆さん達が選んで作り始めて下さっています。



# by Toko-livicafe | 2018-04-22 23:58 | 縫わないバッグ

沖縄 宮古島へ


e0040957_21424242.jpg

半年ぶりの一人旅で、沖縄の宮古島に2泊3日で行ってきました。
上の写真は砂山ビーチ。宮古島に行ったのは2回目ですが、毎回、宮古島の優しい海の色の美しさには、感動です。

羽田空港から1日1往復出ているANAの直行便をマイレージでとりました。
行きは羽田を11時40分発で宮古島には14時45分に到着。

1泊目は、今年の1月に新しくできた「HOTEL LOCUS」に泊まりました。
このホテルのコンセプトは「ハンドクラフトデザイン」。建築やインテリアに沖縄のアーティストの工芸や素材を取り入れていて、沖縄のデザインホテルという感じでした。
スタッフの方は皆さんとてもフレンドリーで、ホテルは全てにおいておしゃれで、それでいて気楽に寛げる居心地の良さがあって快適でした。

e0040957_21430201.jpg


カジュアルなホテルなので、客室は13.1m~のコンパクトルームから36.5m~のプールテラス付きのタイプまでの6種類。
私は、23.7mのコーナービューツインルームに泊まりました。
できたばかりのホテルなのですごくきれいで、デザインもおしゃれで、広すぎず狭すぎずでとても落ち着ける部屋でした。


e0040957_21430921.jpg

客室の2つの窓からは、海辺ではなくて港が見えるのですが、海の色がきれいだから、海が見えないよりはいい感じでした。
ホテルの前の平良港をお散歩していると、船がたくさん並ぶハーバーの風景も趣きがあってよかったです。


e0040957_21431449.jpg

1泊朝食付きプラン(税込17300円)で申し込みましたが、ホテルのレストラン「Locus Table」が、一人でもとても居心地がいい感じだったので、夕食、朝食、ランチとついつい通ってお料理を楽しみました。

e0040957_21431946.jpg





2日目は、伊良部島の「Soraniwa Hotel and Cafe」に宿泊。
5年前に宮古島に行った時は、伊良部島に渡る橋がまだできていなくて、レンタカーごと船に乗せて島に行きましたが、2年前に全長3540mの伊良部大橋が完成。この橋を見るのも、今回の旅の目的の1つでした。
レンタカーで何度か渡ったり、徒歩で途中まで行ったりして、感動の時間を過ごしました。

e0040957_21432333.jpg

「Soraniwa Hotel & Cafe」さんも、昔から憧れの宿で、いつか泊まりたいと思っていました。
センスのいいインテリア、窓からの美しい海、沖縄の素材を楽しめる美味しいお料理、温かいおもてなし...やっぱり行けてよかったです。
2食付き税込23000円。一人だと割高ですが、他にも一人旅の女性がいらっしゃいました。



最終日は、東急ホテル&リゾーツ前の与那覇前浜ビーチでグラスボートに乗り、船の底のガラス越しにお魚の観察もしました。

e0040957_21433072.jpg

前回、宮古島に行った時に、このビーチで娘とサンセットクルーズの船に乗って、与那覇前浜の海の美しさに心が洗われるような気持ちになったので、また行きたいと思っていました。
今回、宮古島滞在中はほとんど曇りか雨だったのですが、最終日に一瞬晴れた時には、海の色が一段とエメラルドブルーに見えて、すごかったです。

沖縄は、石垣島、西表島、竹富島、沖縄本島に行ったことがありますが、宮古島の海の色は特別な美しさがあって、また来れたことの幸せをかみしめてきました。




# by Toko-livicafe | 2018-04-22 20:58 | 旅行
e0040957_22293776.jpg

厚手で柔らかい本革1枚を縫わずに両面テープとカシメ金具で形作るキーケース。

今まで作っていたのは、ICパスカードや家の鍵を入れる右上の水色の大きさです。
その後、手前のダークグリーンの自転車の鍵を入れるミニサイズと、車の鍵を入れるグレーの正方形タイプも作りました。


革の色が増えたので、レッスンでも色をお好みで選んでいただいています。
下の写真のグレーの長財布は、生徒さんの作品。


e0040957_23153715.jpg

この長財布は、レッスンでも根強い人気です。縫わずに革一枚で作るので、長財布としては簡単に作れます。
最近は中のコインケースに簡単なカードケースもつけて便利になりました。

軽くてかさばらず、革の手触りもとてもよくて、皆さん使いやすいとおっしゃってくださいます。
私自身もいつも使っていて、とても気に入っています。




# by Toko-livicafe | 2018-04-05 23:20 | 縫わない革シリーズ