Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

あたりまえに思っていたものが、無くなる時

あたりまえに思っていたものが、無くなる時_e0040957_19053853.jpeg


先週、交通事故に遭いました。
けがは軽症の打撲でしたが、愛車のミラジーノが全損して廃車になってしまいました。

事故は、夕方4時頃の静岡駅前の大通り。
娘が運転していて私が助手席にいて赤信号で止まったところ、突然、後ろからすごい衝撃で一体何が起きたのかわからず。
後続車に追突されたのでした。
ミラジーノの左後方は土台までかなり壊れてしまっていました。

警察の現場検証と保険会社との電話連絡、
追突事故の過失割合は、100:0になるそうです。
どちらの車も自走できない状態で、レッカー車が2台。
後ろの車の方は幸いお怪我がなく、でも車の前方はかなり壊れていました。


数年前から東京・浜名湖の2拠点生活をしていますが、途中で八ヶ岳や山中湖、静岡などを寄り道しながら車で行き来するようになっていました。

ミラジーノの初期型のL700Sは、もう今は作られていない20年前の車で、そのレトロなデザインがかわいくて気に入っていて、走りも私にとっては心地よくて大好きな車でした。
昨年は、塗装が全体にはげてきたので同色の全塗装をしてもらい新品のようにきれいになって、大切に乗ってきました。


ミラジーノがいつもそばにいて、一緒にどこへでも出かけていたことを当たり前のように思っていました。
でも、失ってから初めて気がつく、それがいかに貴重な時間であったかということ。

車も人も動物も家も仕事もすべて、今、一緒にいられることがどんなに幸せなことかを、あらためて感じながら毎日を過ごしていこうと思います。



3月13日 追記
昨日、愛車とのお別れの話を書きましたが、今日は状況に変化があり、思いがけなくミラジーノを修理してもらえることになり、5月末までには戻って来ることになりました。

皆様からお見舞いのメールもいただき、ありがとうございました。

3月14日 追記
3月14日のブログに詳細を載せました。



by Toko-livicafe | 2024-03-12 17:53 | ライフスタイル