Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

銀座の写真展へ

銀座の写真展へ_e0040957_0272728.jpg
シャネル銀座のCHANEL NEXUS HALLに、兵庫達弥氏の写真展「モダンな白眉 パリ・セガン島」を見に友人達と行って来ました。
銀座の写真展へ_e0040957_2244866.jpg

会場のCHANEL NEXUS HALLは、銀座松屋の向かいのシャネルの4階にあります。(上の写真奥の建物です。)

兵庫氏との思いがけない出会いの話は以前にブログに書いたことがありますが、それ以来、氏の写真展に行ったのは今回で3回目。

以前に行った時はグループ展でしたが、今回は個展なので、写真作品、会場デザイン、照明、音楽、パンフレットなど、すべてにおいて美の感性とエスプリに満ちた兵庫氏の世界を満喫できるすばらしいものでした。

この写真展のテーマ、「モダンな白眉」について、以下、解説文を抜粋してみます。

「パリの南西、セーヌ川に浮かぶ島<セガン島>。パリの現代史を語る上でこの島は、様々な歴史の真実を、そして出来事を見つめてきました。1919年、当時もっともモダンな建築と言われセガン島に建設されたルノーの自動車工場は、1989年、最後の車輌生産とともにその歴史に幕を閉じ、以降、島の前途を巡ってさまざまな計画が濫立されながら放置されてきました。そして2004年、86年の歴史を刻んだ“モダンな白眉”の解体がついにはじまり、今、新たに未来的な都市の再生に向けたプロジェクトが動いています。
歴史の襞に隠れたパリのもうひとつの姿に深く魅せられてきた写真家兵庫達弥は、この島を舞台にパリという都市と、20世紀から21世紀への時代の変化を大きな視線で写し出しました。」

会場では、兵庫氏ご自身にも丁寧に解説していただきました。
展覧会のフライヤーもとてもすてきなので、ご本人の許可をいただきましたので載せてみます。
銀座の写真展へ_e0040957_1242791.jpg


この写真展のことは以下の雑誌(1月号)や新聞にインタビュー記事が出ているとのことで、兵庫氏の注目度が伺えました。
BRUTUS
HANAKO
Croissant
ESQUIRE
UOMO
BRIO
ECLAT

朝日新聞 12月6日タブロイド版、12月17日
読売新聞 12月16日
日経新聞 12月20日
東京新聞 12月24日

12月31日までですので、お時間のある方は、とてもおすすめ写真展なので行ってみてくださいね。

CHANEL NEXUS HALL
L’ILE SEGUIN Fleuron de la Modernité

兵庫達弥写真展「モダンな白眉~パリ・セガン島~」開催中
2008年12月16日~31日
シャネル銀座ビル4階 CHANEL NEXUS HALL
11:00~20:00(最終日は17:00まで) 入場無料


ソファーにすわって、ずっといつまでも写真を眺めながらこの空間に浸っていたい・・・そんな気持ちのする展覧会。
そして、写真とは何か、アートとは何か・・・をしみじみと考えさせられました。
by toko-livicafe | 2008-12-28 23:58 | 写真