Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019年 03月 19日 ( 1 )

e0040957_00405737.jpeg


今日の写真は、本日の定期クラスレッスンで生徒さんが仕上げられた、縫わないショルダーバッグ ソフトタイプです。
厚み0.35ミリの極薄のシール接着芯を使って、バッグの形が自然にくたっとなるようになっています。
アトリエの在庫生地を選ばれて、これからの季節にぴったりのさわやかなバッグになりました。 沖縄の海を思い出す色ですね。


1クラス4名の定期クラスレッスン(6か月コース)では、全員の生徒さんがそれぞれご自分で選ばれた別々の作品を作られています。
私一人で全員が違う作品を作られるのをお教えできるのは、このくらいのお人数が限界なので、少人数制のレッスンにしています。(ご変更の方が入られて5名になることもあります。)

生徒さんが選ばれる作品によって、1回以内で終わるものや、数回かかるものがあるので、レッスンで完成する場合もあるし、続きを次のレッスンになることもあります。
昔は全員の方が同じものを作り、作品単位のレッスンで1クラスのお人数も7名だったのですが、人によって制作のペースが違うので、急いで作らなければならない方、時間が余りすぎる方と様々で難しいところがありました。

現在の定期クラスは作品単位のレッスンではなくて、時間単位のレッスンなので、ご自分のペースで作れるようになっています。

レッスンのスタイルをこのような少人数の時間制に変えたきっかけは、10年ほど前に私が山崎曜先生の製本教室に行ったことがきっかけでした。
1年ほど毎週通った製本教室がこの方式で、自分自身が生徒として参加すると、自分のペースで心を落ち着けて作れるのが心地よかったのです。

カルトナージュ教室を始めてから、今年で16年が経ちました。6か月コースの時間制の定期クラスのスタイルを作ったのが9年前。初回から今もご継続下さっている方々もいらっしゃり、嬉しいことです。
1回単位のビジターレッスンも、ご希望があった時にクラスを作っていますが、今ではアトリエレッスンの9割以上が定期クラスの形になりました。

最初に縫わないバッグを作ってから早いもので8年が経ちました。現在では、アトリエレッスンの生徒さん達の9割以上が縫わないバッグと小物を選んでくださり、すっかり縫わないバッグ教室になっています。

昨年は浜名湖の家との出会いがあり、ライフスタイルが変わりました。
月のうちの1週間を浜名湖で、3週間を東京で過ごす生活を半年以上続けてきましたが、今年の5月からは、定期レッスンのクラス数は今期と変わらず月に17クラスですが、半月の間にすべてのクラスのレッスンをさせていただき、東京と浜名湖で半々ずつ過ごすことにしました。

都会と地方の両方の土地の良さを知ることができる二重生活を、しばらく続けてみようと思っています。


  月1回、2時間コース or 3時間コース



  



by Toko-livicafe | 2019-03-19 23:35 | 縫わないバッグ