Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
e0040957_14583370.jpeg


スマホとカードが入る、縫わないポシェットを作りました。
接着芯を入れずに、厚手ラミネート1枚布と本革の2色使いです。

裏面はこのようになっています。

e0040957_15014356.jpeg

カードのポケットは2段で、1段に数枚入ります。
念のため、カードをスナップベルトで留められるようにしました。

カードを取り出す時は、スナップベルトをくるりと下に向けられます。

e0040957_15030904.jpeg


今回、生徒さんからのご希望をいただいて作ってみました。
最近はスマホとカードがあれば、お財布代わりに支払いが完結するから、だんだんこういう形のものが必要になってくるようです。




# by Toko-livicafe | 2019-12-05 14:59 | 縫わないバッグ
e0040957_21064422.jpeg


ラミネート生地で横型のバッグを作りました。
最初は、革の穴開け器具やカシメ留め用のプライヤーなどを横向きに入れるバッグを新調したいと思って作ってみました。
以前にも横型のお道具バッグを作ったことがありますが、生地を横一周に貼る方法。今回は縦に生地を貼る方法で、サイズも少し小ぶりな感じです。


それで、チェック&ストライプのお店で購入したブルーのラミネートで作ったバッグは、予定通りにプライヤーなどの道具入れに使っています。



スウェーデンで買ったグレーのラミネートの残りで、もう一つ横型バッグを製作し、中に無印良品の透明プラスチックケースを入れたら、文房具や道具類、コスメ用品を入れるのにもとても便利そうです。



e0040957_21074023.jpeg



ラミネート生地を丸くカットして無印の容器の底に入れて、接着はしていないので、中が汚れても丸洗いできるのがいい。


e0040957_21080926.jpeg



グレーの方は、生地を外側から中まで一気に貼る方法。
ブルーの方は、使用した生地のサイズの都合で外側と内側は別に貼っています。


e0040957_21361044.jpeg
バッグが開かないように中央にスナップ留めしている革ベルトは、お道具使用時は、スナップをはずしてくるっと下に回しておいて、中のものを出し入れしやすくなっています。

e0040957_13252600.jpeg

ちょっとかわいらしくて便利なバッグなので、最近のレッスンでは、皆さん作りたいとおっしゃって下さり、とても嬉しく思っています。





# by Toko-livicafe | 2019-12-02 21:09 | 縫わないバッグ



e0040957_17070303.jpeg

レッスンで生徒さん達が作られた縫わない小物をご紹介します。

最近、新しく作った「ラミネート1枚布のティッシュボックス」を早速選んでくださって、作られました。
写真手前が生徒さんの作品、写真奥が私が作った見本です。
箱の出し入れは、上から。ティッシュボックスを入れたら革ベルトで留めた中にサイド部分を差し込むようになっています。




e0040957_17121650.jpeg

縫わないiPadケース。中は接着芯と綿、フェルトでしっかり作っています。
なかなか気に入ったiPadケースを見つけられないから、お気に入りの生地でケースを作るということで、使っていても楽しめそうです。



e0040957_17084495.jpeg

縫わないティーコゼー。
ティーカップ柄の生地をお持ちになられた生徒さんにおすすめしてみました。
1ミリボール紙で型を作って、その上に裏布、綿、表布を順に組み立てていき、最後にボール紙を抜くときれいな半円の形に仕上がるようになっています。

ずいぶん前によく教えていたアイテムで、当時、最初に試作した時はボール紙を使わずに作って、あまりきれいな形にならなかったので、ボール紙の型を作ってみたらうまくいきました。
ティーコゼーも縫わずに作れるなんてと驚かれますが、型を使うのがポイントです。



e0040957_17090345.jpeg

お持ち込みのさわやかなブルーの生地で、縫わない茶巾袋。
最近のレッスンで、縫わない茶巾袋が人気です。
茶巾袋も縫わずに作れるなんてと、やはり驚かれますが、両面テープとハトメ金具で作れてしまいます。
作り方は意外に複雑になってしまいましたが、1度覚えたらわりとすいすい作れると思います。



e0040957_17093539.jpeg

ミナペルホネンのリバティ布で、縫わない茶巾袋。
薄手で柔らかな生地が向いています。
紐の先には両面テープを裏面に貼った本革を丸型で抜いてひもを挟みます。
お好みで、丸のままだったり、両端をカットしたりしてお好きな形にしています。



e0040957_17095206.jpeg

ナイロン生地で、巾着袋と傘バッグをおそろいで。持ち歩くのも楽しそうです。





e0040957_17474180.jpeg

お弁当箱をご持参になり、それに合わせたサイズで縫わない巾着袋を作成。
すてきなアイデアですね。




e0040957_17115606.jpeg

縫わないクッションカバー。
同じ生地の色違いでクッションカバーを作られた方のをレッスンでご覧になって、早速スワニーに買いにいらしてお持ち込みに。
インテリアファブリック向きのすてきな生地でした。





e0040957_18194109.jpeg

縫わないトラベルケースに、生徒さんのご希望で持ち手をつけられて、お財布にされているそう。ちょっと持ち手をつけるだけで、また別のイメージになってすてきでした。






e0040957_17080554.jpeg

縦型の縫わないお道具バッグと同じサイズで、革ベルトをつけずにボックスタイプに仕上げられました。
マリメッコのボックス、インテリアのアクセントにもなりそうです。






# by Toko-livicafe | 2019-12-02 17:17 | 縫わないバッグ
e0040957_18284866.jpeg

アトリエレッスンで生徒さん達が作られたカルトナージュの作品をご紹介します。


カルトナージュのパスケース。伸び縮みするリールにも同じラミネート生地を丸型で抜いたものを貼って統一しています。
縫わないサブバッグも作られたので、お揃いで使えるのは手作りならではですね。





e0040957_18392698.jpeg

e0040957_18282745.jpeg



仕切りのあるコスメスタンドを柄違いのフランスバスクのラミネートで。
どちらもとてもスタイリッシュに仕上がりました。
仕切りを箱の内側の角に入る形に作ると、後から仕切りを作って入れてもしっかりと動きません。



e0040957_18264394.jpeg
ステショナリーが入るポケット付きのファイルケースです。
フランスバスクのラミネート生地で、すてきに仕上がりました。
会計関係の整理が、このお気に入りのファイルがあればやる気が出そうとおっしゃっていました。
私もそう思います。きっと頑張れそうですね。




e0040957_18265592.jpeg

北欧リサラーソンのハリネズミのiPad mini ケースです。
立てて動画なども見れるようになっています。
かわいくて、使うのも楽しくなりそうです。





# by Toko-livicafe | 2019-12-02 17:02 | カルトナージュ
e0040957_15532387.jpeg

アトリエレッスンで生徒さん達が作られた作品を3回に分けてご紹介します。
今回は、縫わないバッグ編です。

4年くらい前によく教えさせていただいていた「縫わないショルダードロップバッグ」を久しぶりに選ばれて、お持ち込みのブルーのミナペルホネン・タンバリン生地で作られました。
バッグの形と生地が調和して、とっても可愛らしいイメージです。






e0040957_15550158.jpeg

お持ち込みのリスツイードの生地で、縫わないスペインリュック。ハリスツイードのタグもついています。
蓋の無地の生地との組み合わせもスタイリッシュで暖かそうなリュックに仕上がりました。




e0040957_16043000.jpeg

前回のレッスンで作られたnew styleのショルダーバッグの中に入れる 縫わない茶巾袋が完成。
無地のバッグの中にストライプの袋がアクセントになって、いちだんとおしゃれになりました。






e0040957_15510963.jpeg

1つ上の写真と同じ形のバッグを、ブルーのフランスバスク生地で作成。
革の持ち手は、ご希望で手提げタイプに。
トートバッグ風の仕上げにしてもすてきです。




e0040957_15540000.jpeg

フランスバスクの厚手生地で、一枚布の縫わないショルダーバッグ。
見本の正方形のショルダーを2つ折りバッグにアレンジを希望されて、ナチュラルで使いやすそうなバッグに。





e0040957_15522712.jpeg

外ポケット付きの縫わないバッグ。
持ち手の革テープを、トートバッグタイプから左右に短くつけるようにご希望でアレンジされて、このタイプもかわいいですね。






# by Toko-livicafe | 2019-12-02 16:11 | 縫わないバッグ
e0040957_23594812.jpeg


月に2週間、浜名湖の湖畔の家で過ごすようになってから、空の観察に興味を持つようになりました。

南向きの家のテラスからは、左側に朝日、右側に夕陽を見ることができます。

夕陽は、沈む瞬間もきれいだけれど、それ以上に空が美しく見えるのは、沈んでからしばらく経ってからの薄明の時間。
今日の写真も、日没後15分くらい経ってからの空です。
浜名湖の上にかわいらしいピンク色の雲が現れました。
それはほんの5分間くらいの短い時間の光景で、いつのまにか空が暗くなっていき、ピンク色の雲も消えて見えなくなりました。

日没後に空の色が美しく見える日と、そのまま何も変わらずに暗くなっていく日があります。
夕焼けが美しく見えるのは、雨上がりで雲の切れ目が西の空にある時と言われています。
確かに、その通りに雨上がりに美しく空が色づいた時もあります。
しかし別の日に、昼間に雨が降って夕方雨が止み、雲の切れ目が西の空に現れた時がありました。今日はきっと空が焼けるはずと思って日没後、期待して待っていたら、何ごともなかったかのように空の色は変わらないまま暗くなってしまうこともありました。

地球の自然は、奥が深いです。


# by Toko-livicafe | 2019-11-15 22:05 | 奥浜名湖便り

11月の浜名湖レッスン

e0040957_21572703.jpeg

日曜日に、浜名湖の家で縫わないバッグと小物のレッスンをしました。
浜名湖レッスンのスケジュールは、
午前クラスが10時30分〜12時30分
ミニランチ休憩をはさんで、
午後クラスが1時30分〜3時30分
となっています。
(ご希望によって、どちらか1レッスンでも状況によっては可能です。)

今回は、浜名湖レッスン3回めの名古屋からの生徒さんと、2回めの浜松からの生徒さんがでご参加下さいました。

名古屋の生徒さんが作られたのは、真田紐のスリム眼鏡ケース、縫わない革の2つ折り財布、縫わない巾着袋。(長年、東京のアトリエレッスンにいらして下さっていたベテラン生徒さんなので、時間が余り、巾着袋2つめも製作。)

浜松の生徒さんは、外ポケットつきの縫わないバッグを丁寧に製作。

お2人とも生地と革をお持ち込みされ、2レッスンでのご参加でした。


今回は、土曜日の夕方、東京のアトリエでのレッスンを終えてから、新幹線に乗って静岡に向かい、駅まで夫と娘に迎えに来てもらって気に入っている静岡県袋井市の「イザカフェ」で一緒に夕食を食べてから、夜遅くに浜名湖の家に到着。
次の日、朝から浜名湖レッスンという、私にしてはちょっとタイトなスケジュールでした。

自由が丘にある腰塚のコンビーフ丼、美味しくて有名なのですが、この機会に味わっていただこうと、ミニランチ用に「腰塚の自家製コンビーフ」を買って行きました。
熱いご飯にコンビーフをのせてお醤油を少しかけていただくと、缶詰のものとは別の食べ物みたいでコンビーフのイメージが変わります。
腰塚の本店は東京・千駄木にありますが、百貨店の催事に出られることもあるようなので、機会があったら是非。




# by Toko-livicafe | 2019-11-12 00:17 | レッスン情報

武蔵野プレイスへ

e0040957_23395172.jpeg


免許証の更新に、原付バイクTomosで府中運転免許試験場まで行ってきました。

行きは目黒通りから多摩川沿いの道で調布の先まで行き、府中までのんびり走って1時間半くらい。
夕方、更新手続きが終わってから、バイクで15分程の武蔵境へ。
駅前には、以前から行ってみたかった憧れの武蔵野プレイスがあります。

武蔵野プレイスは、図書館や市民活動のためのギャラリーや会議室などの複合機能施設になっています。

沖縄出身の建築家 比嘉武彦氏設計の建物は、日本建築学会賞を受賞された価値あるモダンな建築です。

中は撮影禁止になっていますが、建築家サイトのこちらのページからご覧下さい。
すっかり北欧に行ったような不思議な気持ちで、あまりの美しさに感動して帰って来ました。
1階のカフェ もすてきで、お料理も美味しくて、建物のイメージに合っていました。         

今度はゆっくりここだけのために行こうと思いました。




# by Toko-livicafe | 2019-11-07 23:49 | 外出
e0040957_23435022.jpeg



昨日の定期クラスレッスンでは、縫わないナイロンショルダーバッグを作られた生徒さんが、ご希望があってバッグをたたんだ時に入れるケースも作製されました。
以前にご紹介しました「縫わないイヤホンケース」の形を大きくして、ナスカンをつけて、空になった時のケースをなくさないようにバッグの金具に内側につけられるようにしました。

このショルダーバッグは、接着芯を使わずにナイロン生地1枚で作るので、とっても軽くて荷物もたくさん入ります。
肩ベルトは、大きな柔らかい革を3センチ幅にカットして作るので、肩感触がソフトでなんとも心地よい感じです。(ケースの蓋にもお揃いの革を使っています。)
バッグをたたむと、多少、肩ベルトの革で容量が増えますが、それでも、小さなケースに入るので、ちょっとバッグにしのばせて出かけると、荷物が増えた時にも安心です。
ケースもナイロン布1枚で作っています。
(上の写真は、ケースにもバッグを入れた状態で撮っています。)

メインのバッグとして出かけてても、丈夫で軽いので便利です。
ケースがあると、より使いやすくなったと思います。


e0040957_13095289.jpeg



# by Toko-livicafe | 2019-11-06 07:37 | 縫わないバッグ
e0040957_19052522.jpeg


車で浜名湖の家に向かう途中、いつも通る浜名湖沿いの道に出たら、空の色がびっくりするような明るいピンク。
その色が浜名湖の水面にも映り、ピンク色に染まった浜名湖になっていました。
こんなに可愛らしい色の夕焼けの光景は、初めて見ました。

色図鑑で調べると、このような色を桃花色というようです。


奥浜名湖生活で、私の1番のテーマは自然を感じることです。
家にいても、窓が自然の劇場の額縁みたいに思えて、その中で刻々と表情を変える空を観察していると、感動の連続で飽きません。

三ケ日の町の道は、下のメイン通りに平行して、上に山のオレンジロードがあるので、私はどこへ行くにもオレンジロードの山道を通って移動しています。
素晴らしい自然とみかん畑の中のドライブを楽しめて、信号もなく交通量もほとんどないので走りやすい道です。
同じ道を通っても、来るたびに木々や花の状況が違い、季節の移り変わりを感じます。
今の時期は、満開のセイタカアワダチソウとススキ、オレンジ色に色付いたみかん畑・・・

       
大好きな自然の中に身を置き、天候や季節や時間で変わる情景を観察していると、あっという間に時間が過ぎて行きます。
自分がこんなに自然が好きだったといことに、こちらに来るようになって気がつきました。




# by Toko-livicafe | 2019-10-29 19:09 | 奥浜名湖便り
e0040957_00522933.jpeg

最近のアトリエレッスンで、New Styleの縫わないショルダーバッグが人気です。

外側から内側まで1枚の布で一気に貼る作り方なので、作りやすくて仕上がりもきれいです。

e0040957_00531713.jpeg

生徒さんお持ち込みのリサラーソンのハリネズミの生地と赤のベルトで、とてもおしゃれなバッグに仕上がりました。
中に入れる巾着袋も作成中です。




e0040957_00512068.jpeg

こちらもお持ち込みの生地でシックですてきなショルダーバッグができました。


e0040957_08031104.jpeg


縫わない巾着袋を先に作られていて、お揃いです。




e0040957_23503261.jpeg

グレーの無地の生地に赤の革ベルトの組み合わせも、シンプルでとてもすてきでした。




New Style の縫わないショルダーバッグは、こちらの大サイズのほかに、中サイズ(以前にご紹介しました黄緑色のバッグ)もありますが、中サイズでも意外にたくさん荷物が入ります。



# by Toko-livicafe | 2019-10-25 23:49 | 縫わないバッグ

奥浜名湖便り 秋の気配

e0040957_07404438.jpeg


浜名湖の周りや、山々、三ケ日の町中の至るところで、セイタカアワダチソウの黄色い花が満開です。
自生している野の花だから、こんなにきれいなお花畑が自然にできるなんてすてきです。



e0040957_07454093.jpeg


浜名湖の遊歩道のススキ。





e0040957_08260117.jpeg

湖畔のセイタカアワダチソウ。





e0040957_07420443.jpeg


そして奥浜名オレンジロードでも、三ケ日みかんが色づき始めました。



急に秋がやってきたように寒くなってきました。
先日の台風では進路の中心から少しそれていたので、湖も山も台風後の影響を受けませんでしたが、被害にあわれた地域のニュースを見るたびに胸が痛みます。
心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早く復興されることを祈ります。




# by Toko-livicafe | 2019-10-19 07:31 | 奥浜名湖便り
e0040957_15491708.jpeg


ウェットティッシュケースに、北欧デザインの壁紙を貼ってリメイクしました。
手前はスウェーデンのフィンレイソンデザインの壁紙。日本製なので、柔らかくて貼りやすい壁紙です。

奥は、スウェーデン製ボラスタペーターの壁紙で、硬さがある紙質です。

蓋を開けるとこのような感じになります。

e0040957_15500575.jpeg


以前から、生徒さんに縦形ウェットティッシュカバーのリクエストをいただいていて、シンプルなスタイルのケースをずっと探していました。

静岡県に一般的にあるホームセンター「カインズ」で、気に入った形のものを見つけました。
しっかりした作りで形もきれいなので、これは別にカバーを作るよりも直接壁紙を貼ろうと思いました。
本体の上側が下側よりもわずかに広がっているので、壁紙の上で転がしながら扇形に形を取ってからカットしました。壁紙の周りは両面テープ、内側はスティックのりで貼りました。
中の紙を入れ替える時に蓋を外すと、蓋の台のサイドに7ミリ厚みがあるので、その部分は壁紙を別にカットして貼りました。

できあがって部屋に置くと、ウェットティッシュとは誰も気がつかないようなすてきなボックスになりました。サイズも小ぶりなので、かわいい感じです。

カインズは、東京には郊外にしかないですが、地方には全国的にあるようです。
私は静岡県に来るようになって初めて知ったお店ですが、ちょっといい感じの巨大なホームセンターです。
ネットショップもあるようで「カインズブランドのウェットティッシュ」、使いやすくておすすめです。

ウェットティッシュは斜め上に引くと1枚ずつきれいに出てきます。(真上に引くと2枚続いて出てくる感じですが。)
中の紙の詰め替え用も購入できます。




# by Toko-livicafe | 2019-10-18 15:56 | カルトナージュ
e0040957_12582621.jpeg


レシートや領収書を分類して入れる箱を作りました。

e0040957_12572464.jpeg

蓋を開けるとこのような感じです。



e0040957_12584556.jpeg


分類用に、市販のA4見出し用紙を箱のサイズにカットして使用しました。

この箱を作ったきっかけは、いつも仕事の経費用や家庭用のレシート整理が苦手でついついため込んでしまい、それが精神的なストレスになっていたことです。
1か月分ずつ科目ごとにまとめて袋に入れますが、その1か月分が毎日きちんと分類してあれば、とても楽になります。

ある時、ふと思いついて以前に赤の北欧マラガ生地で作ったカルトナージュのお道具箱に見出しの紙をカットして入れてレシートを分類できるようにしてみました。
使ってみたら、なんと毎日何の苦もなくレシートを入れられました。お気に入りの北欧生地で作った箱だから、毎日箱を取り出して使うのもなんとなく楽しみでした。

浜名湖の家に行く時に、箱ごと持って行くと荷物になるので中身だけ持っていきました。
それで、とりあえず部屋にあった空箱に入れておいたら、どうにも分類する気がおきなくて、またため込みそうな気配になりました。

それで、部屋にあった北欧デザインの壁紙でトレーを作ってみました。

e0040957_12161322.jpeg


見出しとレシート類を入れたら、気に入っているフィンレイソンの壁紙のトレーなので、急にまたレシート整理が楽しくなって、毎日きちんと分類できるようになりました。

お気に入りの箱を使えば、苦手なレシート整理も潜在意識で自然にできるようになることがわかり、きちんとしたレシートボックスを作りたくなりました。
というのは、最初に使っていたお道具箱は、靴箱スタイルのように蓋を上からかぶせる形なので、どうしても見出しの上にあたりながら蓋を閉めることになります。
深い箱にすれば、蓋に見出しはあたりませんが、奥深い所にある感じで使いにくくなってしまいます。
浜名湖の家で使っているトレータイプでも使いやすいですが、できれば蓋がほしい。

そこで見出しの高さ分、蓋が上になる形の箱を作ってみたところ、レシート整理に理想的な形になりました。




# by Toko-livicafe | 2019-10-17 12:59 | カルトナージュ


e0040957_12485619.jpeg

縫わない革の二つ折り財布を作りました。

以前に作った三つ折りのミニ財布(下の写真参照)は、アトリエでも大人気で、皆さん普段のメインのお財布として使っているというお声も多くいただいています。
私自身もお財布はミニ財布1つで意外に十分だということがわかって、ここ半年以上、毎日使っています。今や、長財布は大きすぎてもう使わないかもという気持ち。
コインも、お釣りをため込まずにきちんと使うとこの小ささで十分で、お札もレシート1日分も普通に入ります。

でも、三つ折り財布はお札に三つ折りのカーブがつくので、二つ折り財布のご希望も時々いただきます。
それで今回、本革で三つ折り財布と同じ作りの二つ折り財布を作ってみました。(厳密に言えば、二つ折り財布+蓋ですが。)

三つ折り財布と同じ作りというのは、お札を入れる所が上とサイドの2辺開けてあるので、右斜め上から出し入れする形になっています。
これがなかなか使いやすくて、さらにお札入れとコインケースを同時に使えるのでそれも取り出しやすいです。




e0040957_12511330.jpeg

今まで作ってきたお財布の大きさ比較です。
手前: 三つ折りミニ財布
中央: 今回作った二つ折り財布
奥: 以前に息子用に作った三つ折り財布


e0040957_12541193.jpeg

中を開けた時の大きさ比較。
左: 今回作った二つ折り財布。幅はミニ財布と同じで縦に長くして、コインケースの上のラインでお札が収まるサイズ。
コインケースを深くして、コインの重みがより下に行くようにして、安定感を出しました。

中央: 以前に息子用に作った三つ折り財布。
   お札はコインケースの上まで出て、三つ折りになります。
   カードを8枚入れられるようにお財布全体の幅を広くしています。

右: 三つ折りミニ財布。
カードが4枚入り、お札は余裕で入る幅です。
1番コンパクトなお財布で、毎日のお財布として使っても意外に不自由がないので不思議です。

今回、新しくご紹介しました二つ折り財布(1番上の写真)は、お札のカーブが三つ折りでなくて二つ折りになるので、気になる方にはおすすめです。


# by Toko-livicafe | 2019-10-17 12:31 | 縫わない革シリーズ