Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:縫わないバッグ( 282 )

縫わない2つポケット ポーチ_e0040957_23414696.jpeg

ご希望をいただいて、表側と裏側に1つずつポケットが付いていて、2種類のものを分類して入れられるポーチを作りました。



表側は蓋つきのポケット。


縫わない2つポケット ポーチ_e0040957_23405212.jpeg


蓋はマグネットで留めて閉めるようになっています。


縫わない2つポケット ポーチ_e0040957_23411285.jpeg


裏側のポケットは、ファスナー付きです。

縫わない2つポケット ポーチ_e0040957_23412841.jpeg

チェック&ストライプの厚手ラミネート1枚で接着心を入れずに作ってみました。
作りは少し複雑になりましたが、最近のレッスンでは人気で、皆さん選んでくださって作り始めています。
大きさを変えて作ることもできます。


by Toko-livicafe | 2020-01-26 23:32 | 縫わないバッグ
アトリエ レッスンで生徒さんたちが作られた作品をご紹介致します。
今回は、縫わない小物tとカルトナージュ編です。


レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18242956.jpeg

イギリスのClark & Clarkの生地とタグをお持ちになられて、カルトナージュのティッシュボックスを作られました。
写真のようにボックスを立てて置いても、横に置いても使えるちょっと複雑な作りなのですが、頑張って作られてさわやかなイメージに仕上がりました。



レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18211604.jpeg

巾着袋も縫わずに作れるの?と驚かれますが、接着はすべて両面テープで、紐の出入口だけハトメ金具を使うLiving Room Cafeオリジナルの方法です。
何度紐を引いてもしっかりしていて、両面テープ(強力タイプ)の特性がこのような形でも生かせます。




レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18225582.jpeg

余り布で作られたという、かわいらしい手帳カバーです。




レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18565813.jpeg

シンプルにさっと作れる縫わない革の長財布です。アトリエの渋い色の赤の本革を選ばれ、シックに仕上がりました。




レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18244885.jpeg

同じクラスで偶然、お2人の生徒さんがムーミンの生地をお持ちになり、ラミネートの縫わないティッシュボックスとミニトートバッグを作られました。並べてみたらかわいい世界に。



レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18250108.jpeg

厚手ラミネートと革との2色使いのカード付きスマホポシェットです。
お持ち込みのラミネート生地とアトリエの革の組み合わせがぴったりでした。



レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18231619.jpeg

写真手前が生徒さんが作られたカルトナージュのパスケースです。チェック&ストライプのラミネート生地は最近のアトリエでも人気です。



レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18233461.jpeg

同じシリーズのストライプコーティング生地ですが、色と縦横の柄の出し方が変わると、それぞれに違う表情で楽しめます。
1番手前のパスケースは、生徒さんのご希望で窓なしに。改札は磁気なのでカードが見えなくてもいい方は、この形もいいですね。


レッスン風景 縫わない小物とカルトナージュ編_e0040957_18235431.jpeg
写真左:
生徒さんがミニトートバッグを並行して2つ作られました。このストライプは、自由が丘のFIQさんの定番生地で私も気に入っていてよく使わせていただいていましたが、廃番になったことを聞きとても名残惜しく思っています。残り少ないアトリエの生地を選ばれて、かわいいミニトートバッグに生かせました。

写真右:
カルトナージュのしずく形の眼鏡ケースを、ご自身のサイズに合わせて大きめに作られました。
生地は生徒さんがお持ちになられた薄いラミネートで、同じ生地について以前に私もブログでご紹介したことがあります。
ちょっと話が長くなりますが、
そのブログ記事はこちらのページの下の方ですが、その時書きました内容を抜粋して再度に書かせていただきますね。

「ヨーロッパの薄いタイプのラミネート生地は、日本ではなかなか見つけられず、私はレッスン用にフランスのバスクから直接取り寄せています。
フランスのバスク地方のお店でも、薄手ラミネートの生地1枚で作られたポーチや小物が色々売っていて、その軽やかな質感をすっかり気に入ってしまいました。
生徒さん情報で、日本でも薄いタイプのフランスのラミネート生地が買えるお店を教えていただきました。「ビバホーム 春日部店」の量り売りのテーブルクロス売り場で購入できるそうです。
バスク地方のものかどうかはわからないのですが、フランス製とのことです。

ビバホームは関西から北海道まで、広い範囲にお店があるようなので、もしお近くにありましたら、ぜひフランスの薄いタイプのラミネート生地、お試しくださいね。
とっても質感がよくて使いやすいです。」

この内容の記事をブログに書いたのは、2年ほど前のことです。当時は関東や北海道の生徒さん達から「無事にビバホームで薄いラミネートが購入できました。」というお声を何度か聞いて、お役に立てて良かったです。
フランス製だけれど、どこの地方のものかはビバホームでもわからないとのことでした。
ところが今回、眼鏡ケースとパスケースを作られた生徒さんが、数年前にフランスのバスクに旅行にいらして、同じ生地を購入されたそうでその生地をレッスンに持っていらしたので、あまりの偶然にびっくりしました。
しかも、私も以前に生地を買いに旅行に行った、フランスバスクのサン・ジャン・ド・リュズの生地屋さんで買われたそうなのです。
サン・ジャン・ド・リュズは、小さな町に生地屋さんがたくさん立ち並ぶ、フランスでも貴重な所です。

私がサン・ジャン・ド・リュズで購入したり取り寄せしていつも使っている生地は、織りの生地にラミネートコーティングしているもので、ビバホームのものは織りではなくてストライプ柄をプリントしてあるもの。
そのため、フランスの違う産地の生地なのではと勝手に思っていたのですが、このラミネート生地を実際にサン・ジャン・ド・リュズでお買いになられたと生徒さんから聞いてバスクの生地だったことがわかり、本当に生の貴重な情報でした。

最近、ビバホームではこのストライプのラミネート生地は在庫切れとなっているようで残念です。
アトリエには、私が春日部店まで購入しに行ってきたグレーとピンクのストライプ生地はまだ少し在庫があるので、皆さんで大切に使っていきたいと思っています。
(色々問い合わせして、東京近隣のビバホームでは最後の在庫のようだったので買いに行って来ました。)

以前に私がフランスバスクの生地の町、サン・ジャン・ド・リュズに行った時の旅行記などのブログページは、こちら をご覧ください。
(このLiving Room Cafe Diaryのブログ中の、旅行記の抜粋のページです。)




by Toko-livicafe | 2020-01-25 22:25 | 縫わないバッグ
アトリエ レッスンで、生徒さん達が作られた縫わないバッグをご紹介致します。
皆さま、それぞれに本当にすてきなバッグを作られて、私も毎回楽しみです。

レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18041787.jpeg


レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18033869.jpeg

レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18035742.jpeg


レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18055445.jpeg


レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18043837.jpeg


レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18130489.jpeg

レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18124966.jpeg

レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18122527.jpeg

レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18094908.jpeg


レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18102391.jpeg


レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18111005.jpeg

レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18112796.jpeg

レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18114665.jpeg


レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_18025266.jpeg




by Toko-livicafe | 2020-01-25 20:01 | 縫わないバッグ
厚手ラミネートのティッシュカバー_e0040957_17022758.jpeg


厚手ラミネート1枚生地で作ったティッシュケースです。
ティッシュボックスの紙箱のサイズに合わせて作ったので四角い形になり、そして、厚手ラミネートは接着心を貼らなくても意外としっかりします。
左右は革ベルトの中に入れてとめ、ティッシュボックスの出し入れは上からできるようになっています。
以前のブログでも少しこの形のティッシュケースをご紹介したことがありますが、今回のは姉へのプレゼント用にシックなイメージで作りました。



年末年始のお休みの浜名湖での日々は、あっという間に過ぎていったという感じでした。
夫は珍しく10連休だったので、久しぶりにゆっくりした時間がありました。
新しいパソコンの設定を教えてもらったり、娘が仕事休みの日には3人で食事や近隣の温泉に出かけたりしました。
私は、販売用の縫わない小物製作の仕事がありましたが、浜名湖の家で無事に30個を作り終えて発送・納品を済ませました。(詳細は、お知らせできる時期になりましたら、ご案内させていただきたいと思います。)

それから、次期2020年 4月〜9月期の「縫わないバッグとカルトナージュ 定期クラス」の募集は、今月中を予定しています。
詳細内容をご希望の方には、「定期クラス お知らせメール希望」の件名でメールを下されば、日程など決まり次第、連絡させていただきます。(ホームページのトップページからメールに入れます。)

現在の定期クラスの皆様には、こちらからご案内メールを1月中に送らせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



by Toko-livicafe | 2020-01-10 17:02 | 縫わないバッグ
縫わないサングラスケース_e0040957_22331501.jpeg


最近作っている縫わないミニバッグ類は、外側から内側まで1枚の生地で一気に貼る方法が、作りやすくて気に入っています。
今回は、その方法でサングラスが入る形に作りました。

前から、バイク用に軽い感じのサングラスケースを作りたいと思っていて、今回は自分用とプレゼント用に3個作りました。眼鏡型の拡大鏡ハズキルーペも入ります。

持ち手は、革ベルトではなくて本革をカットした柔らかいものを使用して、なるべく荷物にならないようにしています。




by Toko-livicafe | 2019-12-30 22:35 | 縫わないバッグ
縫わない薄型ショルダーバッグ 片面ポケット付き_e0040957_00262971.jpeg



薄型のバッグは、カフェの椅子にバッグを置いて座る時とか、新幹線などに乗って座席の脇にバッグを置きたい時とか、とても便利です。
中の荷物も仕切りなしでも整列した感じに入って、荷物を縦に入れると取り出しやすいです。

以前に、前後両方にポケットがついていてもう少し厚みのあるバッグを作って本にも載せたことがありますが、今回、片側だけにポケットがついているバッグのリクエストをいただき、作ってみました。

外側は前面の無地の生地部分とポケットを組み合わせて、後ろ側は別に無地の生地を貼る3枚になっていて作りはけっこう複雑ですが、表から中まで同じ生地で一気に貼れる方法をとりました。



底から見ると、

縫わない薄型ショルダーバッグ 片面ポケット付き_e0040957_11023911.jpeg


後ろは1色です。

縫わない薄型ショルダーバッグ 片面ポケット付き_e0040957_11003054.jpeg



正面から見ると

縫わない薄型ショルダーバッグ 片面ポケット付き_e0040957_00431567.jpeg


ポケットにグレーの革で作ったパスケースを伸縮リールとナスカンでつないでつけて入れたら、とても使いやすいです。


縫わない薄型ショルダーバッグ 片面ポケット付き_e0040957_12301770.jpeg


ポケットの生地は、ハンカチくらいの大きさの端切れが1枚あれば作れます。


マリメッコのBOTTNAの残り生地でも作ってみました。


縫わない薄型ショルダーバッグ 片面ポケット付き_e0040957_12402818.jpeg


少しだけ薄型になっただけで、使い勝手がけっこう違います。






by Toko-livicafe | 2019-12-27 12:54 | 縫わないバッグ
縫わない スマホ & カード ポシェット_e0040957_14583370.jpeg


スマホとカードが入る、縫わないポシェットを作りました。
接着芯を入れずに、厚手ラミネート1枚布と本革の2色使いです。

裏面はこのようになっています。

縫わない スマホ & カード ポシェット_e0040957_15014356.jpeg

カードのポケットは2段で、1段に数枚入ります。
念のため、カードをスナップベルトで留められるようにしました。

カードを取り出す時は、スナップベルトをくるりと下に向けられます。

縫わない スマホ & カード ポシェット_e0040957_15030904.jpeg


今回、生徒さんからのご希望をいただいて作ってみました。
最近はスマホとカードがあれば、お財布代わりに支払いが完結するから、だんだんこういう形のものが必要になってくるようです。




by Toko-livicafe | 2019-12-05 14:59 | 縫わないバッグ
横型の縫わないお道具&コスメバッグ_e0040957_21064422.jpeg


ラミネート生地で横型のバッグを作りました。
最初は、革の穴開け器具やカシメ留め用のプライヤーなどを横向きに入れるバッグを新調したいと思って作ってみました。
以前にも横型のお道具バッグを作ったことがありますが、生地を横一周に貼る方法。今回は縦に生地を貼る方法で、サイズも少し小ぶりな感じです。


それで、チェック&ストライプのお店で購入したブルーのラミネートで作ったバッグは、予定通りにプライヤーなどの道具入れに使っています。



スウェーデンで買ったグレーのラミネートの残りで、もう一つ横型バッグを製作し、中に無印良品の透明プラスチックケースを入れたら、文房具や道具類、コスメ用品を入れるのにもとても便利そうです。



横型の縫わないお道具&コスメバッグ_e0040957_21074023.jpeg



ラミネート生地を丸くカットして無印の容器の底に入れて、接着はしていないので、中が汚れても丸洗いできるのがいい。


横型の縫わないお道具&コスメバッグ_e0040957_21080926.jpeg



グレーの方は、生地を外側から中まで一気に貼る方法。
ブルーの方は、使用した生地のサイズの都合で外側と内側は別に貼っています。


横型の縫わないお道具&コスメバッグ_e0040957_21361044.jpeg
バッグが開かないように中央にスナップ留めしている革ベルトは、お道具使用時は、スナップをはずしてくるっと下に回しておいて、中のものを出し入れしやすくなっています。

横型の縫わないお道具&コスメバッグ_e0040957_13252600.jpeg

ちょっとかわいらしくて便利なバッグなので、最近のレッスンでは、皆さん作りたいとおっしゃって下さり、とても嬉しく思っています。





by Toko-livicafe | 2019-12-02 21:09 | 縫わないバッグ



レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17070303.jpeg

レッスンで生徒さん達が作られた縫わない小物をご紹介します。

最近、新しく作った「ラミネート1枚布のティッシュボックス」を早速選んでくださって、作られました。
写真手前が生徒さんの作品、写真奥が私が作った見本です。
箱の出し入れは、上から。ティッシュボックスを入れたら革ベルトで留めた中にサイド部分を差し込むようになっています。




レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17121650.jpeg

縫わないiPadケース。中は接着芯と綿、フェルトでしっかり作っています。
なかなか気に入ったiPadケースを見つけられないから、お気に入りの生地でケースを作るということで、使っていても楽しめそうです。



レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17084495.jpeg

縫わないティーコゼー。
ティーカップ柄の生地をお持ちになられた生徒さんにおすすめしてみました。
1ミリボール紙で型を作って、その上に裏布、綿、表布を順に組み立てていき、最後にボール紙を抜くときれいな半円の形に仕上がるようになっています。

ずいぶん前によく教えていたアイテムで、当時、最初に試作した時はボール紙を使わずに作って、あまりきれいな形にならなかったので、ボール紙の型を作ってみたらうまくいきました。
ティーコゼーも縫わずに作れるなんてと驚かれますが、型を使うのがポイントです。



レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17090345.jpeg

お持ち込みのさわやかなブルーの生地で、縫わない茶巾袋。
最近のレッスンで、縫わない茶巾袋が人気です。
茶巾袋も縫わずに作れるなんてと、やはり驚かれますが、両面テープとハトメ金具で作れてしまいます。
作り方は意外に複雑になってしまいましたが、1度覚えたらわりとすいすい作れると思います。



レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17093539.jpeg

ミナペルホネンのリバティ布で、縫わない茶巾袋。
薄手で柔らかな生地が向いています。
紐の先には両面テープを裏面に貼った本革を丸型で抜いてひもを挟みます。
お好みで、丸のままだったり、両端をカットしたりしてお好きな形にしています。



レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17095206.jpeg

ナイロン生地で、巾着袋と傘バッグをおそろいで。持ち歩くのも楽しそうです。





レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17474180.jpeg

お弁当箱をご持参になり、それに合わせたサイズで縫わない巾着袋を作成。
すてきなアイデアですね。




レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17115606.jpeg

縫わないクッションカバー。
同じ生地の色違いでクッションカバーを作られた方のをレッスンでご覧になって、早速スワニーに買いにいらしてお持ち込みに。
インテリアファブリック向きのすてきな生地でした。





レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_18194109.jpeg

縫わないトラベルケースに、生徒さんのご希望で持ち手をつけられて、お財布にされているそう。ちょっと持ち手をつけるだけで、また別のイメージになってすてきでした。






レッスン風景  縫わない小物編_e0040957_17080554.jpeg

縦型の縫わないお道具バッグと同じサイズで、革ベルトをつけずにボックスタイプに仕上げられました。
マリメッコのボックス、インテリアのアクセントにもなりそうです。






by Toko-livicafe | 2019-12-02 17:17 | 縫わないバッグ
レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_15532387.jpeg

アトリエレッスンで生徒さん達が作られた作品を3回に分けてご紹介します。
今回は、縫わないバッグ編です。

4年くらい前によく教えさせていただいていた「縫わないショルダードロップバッグ」を久しぶりに選ばれて、お持ち込みのブルーのミナペルホネン・タンバリン生地で作られました。
バッグの形と生地が調和して、とっても可愛らしいイメージです。






レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_15550158.jpeg

お持ち込みのリスツイードの生地で、縫わないスペインリュック。ハリスツイードのタグもついています。
蓋の無地の生地との組み合わせもスタイリッシュで暖かそうなリュックに仕上がりました。




レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_16043000.jpeg

前回のレッスンで作られたnew styleのショルダーバッグの中に入れる 縫わない茶巾袋が完成。
無地のバッグの中にストライプの袋がアクセントになって、いちだんとおしゃれになりました。






レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_15510963.jpeg

1つ上の写真と同じ形のバッグを、ブルーのフランスバスク生地で作成。
革の持ち手は、ご希望で手提げタイプに。
トートバッグ風の仕上げにしてもすてきです。




レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_15540000.jpeg

フランスバスクの厚手生地で、一枚布の縫わないショルダーバッグ。
見本の正方形のショルダーを2つ折りバッグにアレンジを希望されて、ナチュラルで使いやすそうなバッグに。





レッスン風景  縫わないバッグ編_e0040957_15522712.jpeg

外ポケット付きの縫わないバッグ。
持ち手の革テープを、トートバッグタイプから左右に短くつけるようにご希望でアレンジされて、このタイプもかわいいですね。






by Toko-livicafe | 2019-12-02 16:11 | 縫わないバッグ