Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:奥浜名湖便り( 19 )

e0040957_13525050.jpeg

浜松市の山側にある和菓子店「五穀屋」さんで、日光天然氷のかき氷を食べました。
(とてもすてきなお店なので、以前のブログに書いたことがあります。)

天然に凍った硬い氷は、不思議と音もなく削れていき、薄く波打ったように重なっていきます。
氷がこんなに柔らかくふわっとしいて、口溶けが心地よいものとは、今まで知っていたかき氷とはまた別の食べ物という印象でした。
静岡抹茶の蜜も上品で香り高く、かき氷の中には粒餡が入っていて、さすが五穀屋さんの餡も特別な美味しさでした。
かき氷は3種類で、静岡抹茶の他に、純いちご(氷の中にフローズン練乳)、白桃甘酒(中に白桃の蜜漬け)があります。

パンフレットの説明を読んで、しみじみと天然氷の貴重さを感じました。
「栃木県日光の四代目 徳次郎の天然氷は、氷池に山からの伏流水を流し込み、およそ2週間、冬の寒さで自然に凍らせていきます。

その間に、風で巻い落ちた枯葉があればすくい、
雪が降れば昼夜を問わず雪かきをし、
雨が降れば割って作り直します。

切り出された氷は氷室に積み上げ、日光杉のおがくずをかけ、その年の夏まで保管します。」

お店では、日光の天然氷作りの様子を美しい動画で見ることができます。この動画も素晴らしくて、見れて良かったです。(上の写真右下は、動画の氷池の場面です。)

美味しいお茶とかき氷のセットで1800円。
五穀屋さんのイートインは、中庭に面したベンチで気軽な休憩スペースみたい感じなので、皆さん、4人でかき氷2個とか、2人で1個とか、自由に頼まれていました。
私も娘とシェアして楽しみました。(頼まなくてもスプーンを2本つけてくれて、お店の対応にも優しさを感じました。)






by Toko-livicafe | 2019-08-16 13:53 | 奥浜名湖便り

e0040957_16184075.jpeg

浜名湖の家に滞在中は、朝夕の涼しい時間帯にみかん畑の山々の農道「奥浜名オレンジロード」をスクーターで走るというのが日課のようになっています。(家から10分くらいで行けます。)

2車線のよく整備された山の道で、走っていて安心感があります。(山道は限りなく脇道があって、うっかり細い暗いびっくりするくらいの急坂に入って焦ることがありますが、オレンジロードに戻るとほっとします。)
そして、三ケ日みかん畑の山々の景色は、何回見ても感動します。

オレンジロードは素晴らしい道だけど、めったに他の車を見かけないくらいすいているのでとても走りやすいです。 そして、いくつもの小さな山々に沿っているから道のアップダウンやカーブが複雑に混ざり、変化に富んでいます。

オレンジロードを車で走る時もあるけれど、スクーターだと車の何倍も自然を生で感じられるから、感動の大きさが違う気がします。
自転車(ロードバイク)で走っている方もたまに見かけますが、私は体力的に難しいから、山道はもっぱらスクーターで走っています。

原付バイクに乗ることも、オレンジロードを知ったことも、人生で全く予想外のことでした。
こんな幸せな山道ツーリングの経験ができるなんて奇跡みたいに感じて、すべての巡り合わせに感謝しています。


by Toko-livicafe | 2019-08-14 04:08 | 奥浜名湖便り

奥浜名湖便り 森と湖


e0040957_23142592.jpeg


毎月、浜名湖に通うようになってから、1年が経ちました。

家のテラスは浜名湖に面していて、裏側は上の写真のように森と山に囲まれています。
最初にこの景色を見た時、本当に感動して、この美しい森は一体何の森なんだろうと思いました。
こちらに通ううちにだんだん様子がわかってきて、ここは特別な森という訳ではなくて、三ケ日の中で家が建っていない自然のままの場所だったということ。
そして、このような場所がむしろ普通で、建物が建っているエリアの方が限られた所というくらい、自然に恵まれています。


家の周りをお散歩すると、すぐ森の道です。

e0040957_23172329.jpeg




竹林もあります。

e0040957_23183641.jpeg




そして、海みたいな湖。

e0040957_23192569.jpeg



全周114kmの浜名湖の南側(浜松駅方面)は太平洋に通じ、北側は山に近いエリアで奥浜名湖と呼ばれています。
浜名湖を車で1周すると、南側は都市に面していて、北側に行くにつれて自然の緑が多い地域になり、環境の違いがはっきりしています。

海水と淡水が混ざった汽水湖なので、海から遠い山側の奥浜名湖畔を歩いていても磯の香りがして、とても不思議な気がします。




by Toko-livicafe | 2019-07-10 17:31 | 奥浜名湖便り
e0040957_00054666.jpeg

浜名湖滞在中に必ず行くのが、浜松市の山側にあるnicoe(ニコエ)。
鰻パイで有名な春華堂が展開する和菓子店、洋菓子店、レストラン、オブジェのある庭園などが入っています。

この中の和菓子店の五穀屋さん(上の写真)は、建築家の永山佑子さん設計で、あまりに素晴らしい空間でびっくりします。
小さなイートインスペースもあり、円形の中庭を眺めながらお茶とお菓子を味わえ、至福の時間を過ごせます。

お菓子の種類はたくさんあり、どれもとても美味しいです。「五穀せんべい 山むすび」は、軽くて香ばしく身体にも良さそうで気に入っていて、お土産にもおすすめです。

e0040957_07300600.jpeg

上の写真で、山むすびをのせている木のお皿は、香川県のGOLDCRAFTのもの。
最近、自由が丘のお店でみつけて、形や薄さ、木の質感が気に入って6枚揃えました。

下に敷いているのは、秋田杉の板膳です。
やはり、軽くて木の質感が好きで、途中で同じものを買い換えたりしながら、昔から使い続けています。

どちらも使っていると時々お問い合わせいただくので、ご紹介してみました。





by Toko-livicafe | 2019-06-23 06:06 | 奥浜名湖便り
e0040957_11023932.jpeg


ゴールデンウィークに東京から来てくれた友達との観光、2日目。

浜名湖の家のテラスで朝食後、モーターボートクルージングに参加しました。
浜名湖の支湖、猪鼻湖から出発して、橋の下をくぐって浜名湖を周遊して戻る30分間。
船酔いが苦手な私でも、ほとんど揺れがなかったので、美しい風景と空に囲まれてリフレッシュできました。
考えてみたら海ではなくて湖だから、波が少ないのですね。
この季節の浜名湖の風は爽やかで、ちょっとハワイの風に似ている気がします。




次に車で向かったのは、静岡県浜松市都田の北欧デザインの村 「ドロフィーズ」。
村に着く前に、天竜浜名湖鉄道(天浜線)の都田駅に寄りました。


e0040957_12411131.jpeg

古い無人駅舎の都田駅は北欧デザインにリノベーションされていて、マリメッコカフェも併設されています。
東海道線新所原駅から掛川駅までを約2時間で走る天浜線は、39駅中、ほとんどの駅が無人駅ですが、喫茶店、歯医者さん、パン屋さんなどのお店が併設されている駅もあります。

都田駅のホームには、カフェのすてきなテーブルと椅子。

e0040957_13073390.jpeg

ドロフィーズに行く時は、都田駅もはずせないスポットです。



いよいよドロフィーズに到着。
新緑の季節なので一段と美しいです。

e0040957_13355470.jpeg



北欧生地のお店。

e0040957_13563726.jpeg

ドロフィーズは、地元の都田建設さんが作られている、北欧デザインの村。
北欧生地屋さん、雑貨屋さん、カフェ、蔵の本屋さん、ストーブ屋さん、マリメッコショップ、宿泊施設、レストランなどが田んぼと山々に囲まれた自然の風景の中に点在しています。

どのお店の建物もとてもおしゃれで、住宅の模型が展示されている建物もあるので、お店そのものが結果的に住宅展示場の役割も果たしているのかもしれません。

e0040957_22213247.jpeg


住宅を建てる予定のない人も気軽に行けて楽しめる、でもいつかもし家を建てる機会になった時にふと思い出す、新しい発想のコンセプト、素晴らしいなぁと思います。
静岡県にいると、お店、病院、美容院なども一軒家が多いことに気がつきます。


ゴールデンウィーク中は、渋滞や人混みということがネックで、東京にいる時はあまり出かけなかったのですが、こちらではどこへ行くのも渋滞や混雑がなく、非常に快適でした。
それでいて、素晴らしい自然や観光地もあり、本当に穴場的な地域だと思います。
というか、有名観光地でなくても日本全国、こういう所がたくさんあるのだと思います。

今回、ドロフィーズのメインのカフェだけは、前もっての予約ができず当日朝に直接行って予約というシステムで、ゴールデンウィーク中はすぐにいっぱいになるということでしたので、唯一の混雑の経験でした。
私達は旅程的に朝から行けなかったので、ドロフィーズのもう1つのレストラン 9 sense diningなら前もって予約が取れるとのことで、予約して行きました。

9sense diningのランチもとても良かったので、確実に予約したい場合は、この方法、おすすめです。

e0040957_14344860.jpeg



美しい自然がいっぱいで、道も空いててドライブしやすい静岡県の西部エリア。
友達が、「◯◯◯(某有名観光地)より、いいわ。」と言うくらい、こちらを気に入ってくれたのは嬉しかった。



by Toko-livicafe | 2019-05-10 11:03 | 奥浜名湖便り

e0040957_12252957.jpeg

三ケ日みかんの花が開花しました。

道を歩くとむせ返るほどの甘い香りに包まれて、みかんの花の香りがこんなにうっとりするような優しくかわいらしいものとは、初めて知りました。

e0040957_05273315.jpeg

みかんの花は、ちょっとジャスミンの花に似ていて、白い花びらが5枚。

奥浜名オレンジロードを車で走ると、窓を開けていてもその香りには気がつかなかったのですが、車から降りて歩いてみたら、山中がみかんの花の香りに包まれていて、びっくりしました。

みかんの花の香りの風を感じながら、お散歩を楽しみました。


e0040957_06181850.jpeg

by Toko-livicafe | 2019-05-08 08:38 | 奥浜名湖便り
e0040957_19483390.jpeg

月に1週間の奥浜名湖生活。

家の前から浜名湖沿いのサイクリングロードを自転車で走っていたら、あちこちにハマダイコンの花が満開で、あまりにすてきな光景に感激。

浜名湖の周りには、自転車道が整備されています。
湖畔を自転車で走りながら、冬は渡り鳥が浜名湖にたくさん訪れていることに気づいたり、そして春はハマダイコンのお花畑に遭遇したりと、季節の変化が楽しみです。

e0040957_20360455.jpeg

ハマダイコンとは、浜辺で大根が野性化したもので、海岸の砂地に自生する植物。
根は細くて硬いので食用には適さないけれど、春には可憐なお花が咲きます。

e0040957_20405175.jpeg

こんなにかわいらしいお花畑が自然にできているところがすごいです。



浜名湖の方は桜はまだ咲き始めそうなくらいで、お花見には早かったけれど、満開のハマダイコンが見れてよかったです。

e0040957_20414508.jpeg



今日、東京に戻ったら、すごく寒いけど桜が満開でびっくりしました。

by Toko-livicafe | 2019-04-02 19:48 | 奥浜名湖便り

e0040957_21584461.jpeg

JR東海道本線 掛川駅から、浜名湖の北側の奥浜名湖エリアを通り、再び東海道本線 新所原駅までを約2時間で結ぶ天浜線。
全長67.7km、39駅中35駅が無人駅で、1両編成のレトロな電車です。
旧国鉄時代の二俣線が約30年前に天竜浜名湖鉄道に引き継がれ、奥浜名湖エリア唯一の鉄道です。

初めて乗った時は、緑の林のトンネルを走り抜け、田んぼや畑のほのぼのとした田舎町の景色が窓から広がり、そして美しい浜名湖に沿って線路が続き、あまりに味わいのある電車に感動してしまいました。

e0040957_22493396.jpeg


天浜線のホームページには「日本の原風景に出会う旅」と書いてありますが、まさにその通りだと思いました。
約1時間に1本くらいの間隔で走っていますが、こちら方面にいらしたら是非乗ってほしい電車です。


今月の1週間の浜名湖生活が終わり、明日から東京でのレッスンが始まります。

静岡、名古屋、関西の方々から、浜名湖でのレッスンのお問い合わせをいただき、3月末に初めてさせていただくことになりました。
最初にお問い合わせを下さった静岡の方は東京のレッスンにいらして下さることになりましたが、数年前から東京のビジターレッスンにいらして下さっている名古屋の生徒さんが、浜名湖までレッスンに来て下さることに。
浜名湖はとってもいい所なので、レッスンと共にこの地も楽しんでいただけたら嬉しく思います。

今まで旅をして、気に入った場所は色々あるけれど、住んでみたいと思ったのは奥浜名湖が初めてでした。
浜名湖の北側(内陸側)を奥浜名湖エリアと言いますが、あまり観光地化されていない、自然がいっぱいの静かな田舎町にとても心惹かれてしまいました。
浜名湖の家では基本的に日々のんびりと過ごしていますが、たまにレッスンさせていただく機会があるのも嬉しいことです。


by Toko-livicafe | 2019-03-05 21:57 | 奥浜名湖便り

奥浜名オレンジロード

e0040957_09564374.jpeg

毎月訪れている奥浜名湖は、三ケ日みかんの産地です。
至るところでみかん畑を見ることができます。
浜松市の日照時間は全国でもトップクラスで、ミネラル豊富な赤土とともに甘いみかんができる条件に恵まれているそうです。

今日の写真は奥浜名オレンジロードです。
奥浜名湖の山側を通る全長15kmの農道で、所々にみかん畑があったり、

e0040957_16055701.jpeg



浜名湖の景色も眺められます。

e0040957_16110845.jpeg

昨年、浜名湖に通うようになったので、地元のサイトを通じて中古の原付スクーターを譲ってもらいました。浜名湖の家用に置いていて、オレンジロードを走っています。

最初は東京で原付バイクに乗り始めて、本当はバイクで山道を走るのが夢でした。
でも、原付は高速道路に乗れないし、家から山までは遠くてなかなか行けませんでした。
奥浜名湖の家はオレンジロードまで10分くらいで行けるので、家の近くに山道があるなんてと、感動でした。

e0040957_16434948.jpeg

憧れの山道ツーリング。 平日は特に、ほとんど交通量も少なくて走りやすい道です。

週末になると、本格的なバイクツーリングに人気の場所のようです。

浜名湖の周りにはサイクリングロードが整備されていて、いつも自転車で楽しく走っています。
でも山道は坂が多く、私は自転車では体力的に無理なので、原付スクーターで走るのが快適です。
車も東京から持って行っているのでオレンジロードを車で走ることもありますが、自然の風を感じながら走れるスクーターは、車にはない良さがあり、大好きです。

でも、こんな話を地元の方にすると、ちょっと不思議な顔をされてしまいます。
車移動が普通なので。

本人が楽しいと思っているから、それでいいかなと思っています。


(今日の写真は、1月末に撮影)







by Toko-livicafe | 2019-02-25 09:57 | 奥浜名湖便り

朝焼けの雲

e0040957_12535495.jpeg

年末からの思いがけない療養生活で、静岡暮らしも1か月近くになり、なんとなく住んでいるような気がしています。
手術も終わり、医師から普通の生活に戻ってよいとの許可が出て、今は体力の回復のために少しずつ運動を取り入れながら過ごしています。
静岡では、信頼できる病院に出会えて良かったです。

命に関わる病気ではなく、今は元気になったので来月から東京のアトリエでのレッスンを再開することにしました。
定期クラスとビジタークラスの生徒さん達に、2月以降のレッスンについてメールさせていただきました。
もし届いていない方がいらしたら、ご連絡をお願いします。
ご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。


こちらでは、毎日変わる空の観察をするのが楽しみのような日々でした。
今月ブログに載せているほとんどの写真は、今まで家のテラスから撮ったものです。

数日前に、静岡県の方からレッスンのお問い合わせのメールをいただきました。
メールには、私の「縫わないバッグと小物」の本をご購入になり、ゴールデンウイークにビジターレッスンでバッグを作りに行きたいと書いてありました。

ゴールデンウイークはずっと浜名湖の家で過ごす予定だから、東京のアトリエでのレッスンは難しいと思ったのですが、静岡県の方なら浜名湖の家にいらしていただいたらどうかしらと、ふと思ったのでした。
今まで、浜名湖の家でレッスンとかは全く考えたことがなかったのですが、思いついてみたら、ちょっとわくわくしてしまった自分がいて、自分でも意外なことでした。

窓からは浜名湖が一望できてとても気に入っていますが、交通の便があまり良いとは言えない場所なので、実現するかどうかはわからないですが。

今回の滞在は当初は年末年始だけの予定だったので、こちらには仕事の道具とかはパソコン以外何も持ってきていないので、ここのところブログでは空の観察の話が続いていました。

次回からは自転車旅の話などを書こうかなと思っています。
東京にいる時は、何となく気ぜわしく時間が過ぎて行き、あまりまめにブログを書いて来なかったので、この機会に少しずつ今までの思い出話とかになりますが、書かせていただこうと思っています。


今日の写真は昨年10月に撮った、日の出前の朝焼けです。
めったに見れる光景ではありませんが、この日は特徴的な雲のおかげでびっくりするくらい幻想的な浜名湖の朝焼けでした。



by Toko-livicafe | 2019-01-20 22:18 | 奥浜名湖便り