Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:写真( 197 )

再び渥美半島へ

e0040957_20444667.jpeg


前日に行った渥美半島の海が印象的で、次の日も海を見に娘と一緒に出かけました。
太平洋の海の優しい色に心惹かれ、来月来る時は寒くて来れないかもしれないから、東京に戻る前に自転車持参で行っておきたかったのです。

渥美半島の太平洋側には52kmに渡る長い砂浜が続いていて、20ヶ所以上のローカルビーチがあるそうです。
サーフィンやアオウミガメの産卵地としても知られています。
今回行けたのは半島の中央くらいの位置にある百々海岸(どうどう海岸)。
この日は午前中から予定が入っていたので車で出発したのが午後だったから、日没までに行ける海岸まで行くという、いきあたりばったりのドライブです。

表浜街道を走りながら偶然のように選んだ百々海岸は、釣り人とサーファーが数人だけの静かな海辺。
淡い色の海を見ながら延々と続く砂浜を歩き、やっぱり来れてよかった。
サイクリングロードは、半島のもっと先の方から始まっているので、今回は時間切れでサイクリングはできなかったけれど、次回の楽しみにとっておこうと思います。

by Toko-livicafe | 2018-12-03 23:25 | 写真

伊勢湾一周 ドライブ

e0040957_20464296.jpeg


月に1週間の静岡暮らし。今月の滞在もだんだん終わりに近づきました。
今日は、静岡県に住んでいる夫と娘と一緒に伊勢湾一周 日帰りドライブをしました。

東名高速で名古屋方面に向かい三重県の四日市まで行き、前から行きたかったアクアイグニスへ。
すてきな建築デザイン、温泉、レストラン、ベーカリー、アートショップ、ケーキカフェなどを楽しめるところです。

ランチと温泉をすっかり堪能。
アルケッチァーノのコース料理で印象的だった栗のペンネは、帰りに見たらお隣のパスタ屋さんのメニューにもあったので、もし同じものだったら、気軽に食べれていいなと思いました。

次に鳥羽港へ。
それから車ごと伊勢湾フェリーに乗って55分で対岸の愛知県の渥美半島 伊良湖港へ。
ずっと前から、ここのフェリーに乗って海を渡ってみたかったのです。

今日の写真は、伊良湖港から浜名湖方面に向かう表浜街道の途中にある「日出の石門駐車場前」の海岸です。(下の地図の赤いマークの所です。)
日曜日だけれど、数人の釣り人だけの静かな海岸。
なんて美しい海なんでしょう。

この遠州灘海岸に沿って長いサイクリングロードもあったので、今度は是非、自転車持参でまた行きたい場所です。

e0040957_22355488.jpeg

今日は時間の都合で色々は行けなかったけれど、次回はまた伊勢湾フェリーに乗って伊勢志摩観光などもしてみたいです。


by Toko-livicafe | 2018-12-02 23:15 | 写真

浜名湖の日暮れ

e0040957_20483260.jpeg

私は昔から、月のうち3週間仕事して、残り1週間を自分の時間として使う生活をしています。
家族が静岡県に住んでから、私も自然がいっぱいの地での暮らしが気に入り、数ヶ月前から月の3週間は東京で、1週間は静岡県で過ごす生活をしています。

今日の写真は、夕暮れ時に奥浜名湖をサイクリングした時に撮影。
こちらに来るようになってから、刻々と色彩が変わる空に興味を持ち始めました。

by Toko-livicafe | 2018-11-29 18:47 | 写真

iPhoneで風景撮影

e0040957_19092203.jpeg


家族が静岡県に住むようになってから、私も最近では毎月のように訪れて、一緒に観光したり写真を撮りに行くようになりました。

あまり観光地化されていない自然がいっぱいのエリアに行くのが気に入っています。
今日の写真は、奥浜名湖、掛川、遠州灘、三方原、舘山寺など。

ここにいると自然と隣り合わせだから、刻々と変わる空や風や湖を体感できて、地球という美しい星に生まれたことに感謝の気持ちを感じます。
都会にいると、気がつかないことだったのですが。


e0040957_19093410.jpeg




by Toko-livicafe | 2018-11-12 17:10 | 写真

昔の写真

e0040957_19400839.jpg

父は昔、写真が趣味でしたので家には珍しいカメラや、納戸を改装した現像室があったりしました。

昔、父が撮ってくれた母と幼い私たち姉妹の写真。

私たちの着るものは、すべて母の手作りで、昔の人は丁寧に子育てしてくれていたんだなと感じます。

あれから何十年も時が流れて、一つの時代が過ぎて行きました。

あの頃の懐かしい香りを、久しぶりに見たこの写真で思い出しました。

今はひたすら、両親に感謝。



by Toko-livicafe | 2016-08-02 23:58 | 写真

箱根の芦ノ湖


e0040957_07503490.jpg

先日、箱根に行った時に、Nikon1 j5でクリエイティブモードのミニチュア効果を使って芦ノ湖を撮影。
船がちょっと模型みたいに感じます。





by Toko-livicafe | 2015-12-08 09:02 | 写真

e0040957_23325291.jpg


最近、購入したミラーレスカメラ Nikon1 j5と使用説明書を持って近くのカフェに行き、説明書を読みながら操作の練習をした時の写真です。
上の写真は、パノラマ写真の練習。画像のゆがみも出ずにきれいに取れることを確認。



e0040957_00474411.jpg 
 この写真は、いつもアトリエレッスンでお出ししているお茶を撮ったもの。
 Nikon1 j5 ダブルレンズキットには、ズームレンズと開放F値1. 8の明るい単焦点レンズがついています。

 絞りを開くと背景がぼけたふんわりした写真が撮れますが、それがこの小さなカメラとレンズで、大きな一眼レフカメラを使っていた時と同じ印象で写真が撮れるので、カメラ技術の進歩に感心しています。

 今日のレッスンにいらした生徒さんは、さっそく私と同じカメラを購入することにされたそう。
 私自身、このカメラをすごく気に入ってしまったので、楽しみを共有できるお仲間が増えたみたいで嬉しいです。

 Nikon1 j5のホームページ



by Toko-livicafe | 2015-11-11 23:37 | 写真

2014年のカレンダー

e0040957_927732.jpg

遅ればせながら、来年のカレンダーができあがりました。
12月初旬の個展が終わってからは、ずっ来年のカレンダー作りの作業にかかっていました。
今年は例年と違う作り方をしていたらかなり時間がかかってしまい、とうとう大晦日の更新となってしまいました。

個展で展示した、フィンランドの新聞で作った写真パネルを、そのままポストカードサイズのカレンダーに作り変えるという方法をとりました。
フィンランドの新聞は、以前のブログでいきさつを書きましたが、フィンランド大使館で分けていただいたものを使っています。
それで、フィンランドの新聞を背景に使用したカレンダーの販売については、まず大使館を通じて許可をいただきました。

それから、パネルごとスキャンして、ちょうどいい形に切り取りしたり、色調整したり、エクセルで下のように1枚ずつカレンダーを作って、イラストレーターで組み込み、最後にPDFを作るという一連の作業にかなり時間がかかってしまいました。

e0040957_17372547.jpg


できあがったカレンダーは、ポストカードサイズなので個展で展示した北欧写真パネルのミニチュア版みたいです。


それから、カレンダーを12枚重ねたまま立てて飾れるスタンドも、オリジナルのデザインで作ってみました。
ポストカードの紙に切り取り線や折線をプリントして、裏面にはフィンランド新聞の柄でプリントして作れるようになっています。

この北欧カレンダーとスタンドキットは、PDFファイルで販売いたします.
ご自身で何枚でもプリントできるようになっています。

*PDFファイル ダウンロード版    1500円 (税込)
内容 :  
北欧写真パネルのカレンダー 12枚、 表紙 1枚、 スタンドキット用 2枚  全15枚分のPDFファイル
スタンドの作り方テキスト


ご希望の方は、お名前とご連絡先をお書き込みの上、下記のメールアドレスまでお申し込みください。
toko☆livicafe.com (☆を@に変えて送信してください。)

メールの件名: 北欧カレンダーファイル希望
お名前:
メールアドレス:
お電話番号:

24時間以内にこちらからの返信メールが届かない場合は、ネットの不具合の可能性がありますので、再度ご確認のメールをお送りください。



それからもう1種類、「縫わないバッグ カレンダー」も作ってみました。
こちらは例年と同じ形式で作っています。
e0040957_0111093.jpg
このような感じで12か月分あります。

今年は、皆様のおかげで「縫わないバッグと小物」の本(河出書房新社刊)を出版できたので、気持ちばかりのお礼に、HPより無料でダウンロードしていただけるようにしました。  → ☆
どうぞご活用ください。


では、今年も大変お世話になり、本当にありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。






e0040957_3574490.jpg
針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
発売中


Amazon

楽天
by toko-livicafe | 2013-12-31 09:33 | 写真
個展では、北欧で撮影した写真をテーマ別に、フィンランドの新聞で作ったパネル16枚に貼って展示しました。
撮影のメイン機種はiPhone 4s インスタグラムで、一部、ミラーレス一眼 PEN EP1をインスタグラムで編集して使用しました。

e0040957_12591141.jpg

e0040957_12592874.jpg

e0040957_12594774.jpg

e0040957_12582995.jpg

e0040957_1302938.jpg

e0040957_1304121.jpg

e0040957_1312543.jpg

e0040957_131685.jpg


ただ今、2014年 Living Room Cafeカレンダー製作中です。
今回は、北欧の写真と、縫わないシリーズのカレンダーを作っています。




e0040957_3574490.jpg針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
発売中

送料無料 注文ページ
Amazon
by Toko-livicafe | 2013-12-15 10:58 | 写真
e0040957_15315617.jpg

個展の準備として、北欧の写真パネルを作りました。
8月と10月に行ったフィンランドとスウェーデンで撮った写真をテーマ別に約60枚、フィンランド語の新聞で作ったパネル16枚に貼って展示します。

最初にマリメッコの新聞の余りで写真パネルを作り始めましたが、柄選びしたり、パネルの予定枚数が増えていったこともあり、新聞が足りないということになりました。
英語の新聞も使う予定でしたが、見出しなど読めてしまうと写真と新聞記事の内容の違いがちょっと気になってしまったりしたので、やはりフィンランド語の新聞だけで作ろうと途中で路線変更。

日本でフィンランドの新聞を購入できるところをネットでずいぶん探したけれど、どうにも見つけられず。
それでフィンランド大使館に電話して、フィンランド語の新聞はどこで購入できるか聞いてみました。
使用用途を聞かれましたが、北欧の写真展示用のパネル作りとお話したら、取りに来てくれれば読み終わった新聞を譲ってくださるとのお返事。
大使館では最近、新聞の購読をやめられたそうで、(ニュースはネットでということなのかもしれません。)最後の数部ならまだあるのでどうぞとご親切に言ってくださり、とてもラッキーなありがたいお話でした。

それで、思いがけなくフィンランド大使館に行くことになり、そこは広尾の有栖川公園近くの趣のある高級住宅街の一角にありました。
なんとなく恐れ多くて外からの写真も撮ってませんが、皆さんとても親切で、大使館の中に入るというちょっと珍しい経験をさせていただきました。

フィンランドの新聞の写真パネルは、ちょっとした思いつきから作り始めたのですが、気に入った形での写真展示になったので、皆様にお楽しみいただけたら嬉しいです。

作り方は、ハレパネ(片面シール)に新聞を貼って、周りをカッターで切り取り、写真をスプレーのりで貼ります。 (薄い紙の新聞をハレパネに貼るのはやり方があって、文章で説明するのが難しいのでハレパネ屋さんのサイトなどで、貼り方が写真入りで載っていたりするので調べてみてください。)

新聞パネル自体は1日で16枚、作れました。 ご挨拶パネルも同じ形にしました。
写真の選択は、相当迷いながら作りましたけれど、旅先の国の新聞で作る写真パネルは部屋に飾っておいても、いい旅の思い出になりそうです。

私自身、パネルの上に写真をのせて選びながら、懐かしい日々がよみがえってきてもう一回旅をした気持ちでした。

今回の展示は、90パーセントがiPhone インスタグラムで撮った写真で、残り数枚は、ミラーレス一眼で撮ったものをインスタグラムで編集したものです。
展示では横位置の写真も多いですが、iPhone インスタグラムで撮った正方形の写真をトリミングして横位置にしました。

インスタグラムはスマートフォン用のアプリですが、一般のカメラで撮った写真もインスタグラム編集ができます。
その方法は、
まず、写真画像をメールやi Cloud などでiPhoneのカメラロールに保存
→インスタグラムアプリを開く
→撮影用のカメラマークをタップ
→カメラマークの左の四角い写真画像をタップすると、下の方にiPhoneに保存されているすべての写真が出るので、その中から写真を選ぶ
→ズームと切り取り画面で画像を拡大したり移動したりしながら、正方形にトリミング
→右上の「切り取る」をタップ
→下の列のフィルターを選ぶ
→「次へ」をタップ
→「シェア」

これで、カメラで撮った画像もインスタグラムで編集できます。



明後日から始まる「縫わないバッグと小物」の本の出版記念個展の内容は、

・本に載せた縫わないバッグと小物、、最近の新作バッグと小物などの展示

・北欧写真の展示

・「縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊 の販売
 (ご希望の方にはサインも入れさせていただきます。 ネットショップ・本屋さんなどでご購入下さった本もお持ちくださればサインさせていただきます。)

そして、いつも私のレッスンキットを販売していただいている神戸のお店「スターマムブリッジ」のオーナーのKさんが、個展に販売にいらしてくださいます。

販売内容:

*本に掲載したバッグや小物の材料セット
・基本のトートバッグ+ミニトートバッグ
・内ポケットつきお道具バッグ 
・外ポケットつきおでかけバッグ 
・ショルダーバッグアレンジのパープルフラワーバッグ
・ペンケース (サイズアレンジの名刺ケースと小物ケースのテキストと材料つき)

本に載せたバッグと同じ生地の材料セットは、
・内ポケットつきお道具バッグ、おでかけバッグ 
・外ポケットつきおでかけバッグ 
・ショルダーバッグアレンジのパープルフラワーバッグ
の3種類でご用意しています。
数に限りのある生地、希少生地、などもございますので、ご了承ください。
なお、使用生地は北欧製、日本製ともにメーカー・ショップ様より販売のご承諾をいただいています。



*レッスンキット
・new 北欧の壁紙のキャンドルティシュボックス 
・北欧の壁紙のランプシェード     

最終日の月曜日は、展示は19時までですが、材料セット、レッスンキットの販売は、18時までになります。

ネットショップでは、スターマムブリッジさんのサイトで12月10日午前10時から新しいページがOPENします。


ちょうど1年ほど前、同じギャラリーでインスタグラム写真とカルトナージュ&バッグの個展を開きました。
その時の様子はこちらです。→ 

とてもすてきなギャラリーだったので、いつか機会があったら同じギャラリーで個展を開きたいと思っていました。
今回は、出版社の方が背中を押してくださったこともあって、思い切って個展を開くことにしました。
来年の今頃は何をしているかわからないけれど、いつも今、目の前にあるものに夢中でいたいと思っています。

「縫わないバッグと小物」の本 出版記念個展は、あさって12月8日から9日までです。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。



e0040957_3574490.jpg
針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
発売中

送料無料 注文ページ
Amazon

楽天



e0040957_12583721.jpg「縫わないバッグ」 出版記念 個展
12月8日(日) 14時~19時
12月9日(月) 11時~19時 (販売は18時まで)
渋谷・青山 haus&terrasse gallery
期間中、常時在廊します。
by Toko-livicafe | 2013-12-06 14:09 | 写真