Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


e0040957_00165029.jpg

今月、自由が丘にできた、台湾発のタピオカドリンクのお店です。
日本では、表参道、渋谷、新宿、恵比寿店に続いて5店舗めとのこと。

今日頼んだのは、
店員さんおすすめのロイヤルno.9タピオカミルクティ
グリルチキン ハニーマスタード&レモンのグリルパオ
大きな胡麻揚げ餅

グリルパオは、自由が丘店限定メニューで、おしゃれな味。
全部とてもおいしくて、カフェスペースもあるので通ってしまいそうです。




by Toko-livicafe | 2018-02-24 23:17 | 外出
e0040957_23081150.jpg

小さめの縫わないショルダーバッグを作りました。
形が自然にシェイプするように、接着芯を使わずに表布と裏布のみで作っています。


中を空けるとこのような感じになっています。
バッグの中には、ナイロンの布1枚で作った簡単なインナーバッグを入れています。

e0040957_23081520.jpg

インナーバッグは、シンプルな袋状の形のものを2つに折って使います。

e0040957_23082197.jpg

広げるとこのようになっています。

e0040957_23083064.jpg

インナーバッグの中には、お財布などのほかに、やはりナイロンの布1枚で作ったファスナーポーチも入れています。
このポーチは、通帳やお薬手帳入れにぴったりのサイズです。

e0040957_23083673.jpg

ナイロンの布は、軽くてかさばらなくて、また、生地の表面もいたみ難いので、とても使いやすいです。

最初にこのショルダーバッグを作った時に、中にナイロンのレインコートについてきたレインコート入れのファスナーポーチが、お財布など入れるのにぴったりだったので、インナーバッグ代わりに使ってみました。
それが、あまりに軽くて使いやすいので、その後、自分でもナイロンで作ってみました。

ファスナーでの開け閉めよりも簡単にできる2つ折りのタイプにしてみました。スナップもつけています。


最近のアトリエレッスンでは、早速皆さんこのショルダーバッグを選んで作り始めてくださっています。





e0040957_00390057.jpg

 4月開講 「縫わないバッグとカルトナージュ 定期クラス
 月に1回  2時間 or 3時間コース 
 



My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon





by Toko-livicafe | 2018-02-21 23:18 | 縫わないバッグ
e0040957_19053630.jpg



自由が丘の駅からアトリエまでの道の途中に、新しくすごいパン屋さんができてる! と生徒さんから聞いて、早速行ってみました。
(駅からアトリエまでは色々な道を選べて、私は最近、違う道を通ることが多かったので気がつかなかった!)

ブティックみたいなおしゃれな作りに、すごい種類のパンが並んでいます。
どれも美味しそうで、迷いに迷って選んだ9種類のパン。

ふわふわもっちりのパン、さくさくのデニッシュ、食べたことがないような香ばしいパンに、ただただ感激。

今月できたばかりのお店。
平日の午後に行って店内にはたくさんのお客様さんが。少し並んで買いました。

まだまだ種類がたくさんあるので、次回はどのパンにしようかと、楽しみです。


うっかりお店で写真を撮らなかったので、家に帰ってからiPhone 8 plus のポートレートモードで撮影。




e0040957_00390057.jpg

 4月開講 「縫わないバッグとカルトナージュ 定期クラス
 月に1回  2時間 or 3時間コース 
 申し込み受付中



My Books:
e0040957_4335267.jpg

「鎌倉スワニーの生地で作る 縫わないバッグと小物」  
両面テープとカシメ金具で作る布バッグ 
河出書房新社刊  デザイン・製作 Toko


e0040957_3574490.jpg
 針と糸なしでできる縫わないバッグと小物」の本 河出書房新社刊
 著者 Toko
 Amazon







by Toko-livicafe | 2018-02-16 18:48 | 外出

中国茶器

e0040957_07182878.jpg

1つ前のブログ記事に書きました、横浜の中国茶荘「悟空」に行って以来、家でも毎日中国茶器でお茶を入れて飲むようになりました。
昔、中国茶の教室に通っていた時に揃えた茶器を久しぶりに出してきて、お茶を入れています。
やっぱりこうやって丁寧に入れると中国茶の味も、大きなポットで入れるよりおいしいので、よくできています。

お正月のおせち料理を入れる3段重箱が、茶器を入れるのにぴったりのことがわかり、いい感じで収納もできました。

中国茶は小さなティーポット(茶壺 ちゃふう 上の写真の白いポット)でいれるので、何煎もお湯をつぎながら飲むから、テーブルに熱く沸いているお湯を置くことも必要になっています。
以前は中国茶用の温度調整機能がついた電気ポットも持っていましたが。

でも、途中で壊れたらしく今はもうないので、今回は家にあるもので工夫をしました。
一番上の写真右のグレーのティーポットと紅茶用のガラスのティーウォーマーです。

昔、ドイツに旅行に行った時にたくさん見かけたガラスのティーウォーマーがとてもすてきだったので、日本に帰ってきてからも紅茶用に使っていました。
今はアマゾンでも購入できるようです。⇨ ガラスティーウォーマー

ティーポットをキャンドルで温めて保温するので、中国茶には火力が弱いかなと思ったのですが、しっかりティーポットをお湯で一度温めてから熱湯を入れて使えば、なんとか大丈夫なことがわかりました。

グレーのティーポットも随分前から家で使っていたものですが、和洋中、どんなお茶にも似合うし、シックなデザインで使いやすく、とても気に入っています。長崎の波佐見焼きです。
お客様にお茶を入れる時に使うと、皆さんにほめられて、どこで買えるのか聞かれたりすることも多いのでご紹介してみます。

すてきなデザイナー雑貨のセレクトショップ CLASKA Gallery & Shop “DO”

 
ネットショップもありました。










by Toko-livicafe | 2018-02-06 23:16 | ライフスタイル