Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0040957_14400629.jpg

革一枚でシンプルな名刺ケースを作ってみたら、レッスンで皆さんに好評で、早速作り始めてくださったりしています。

手前のグレーのケースが私が作ったもので、奥のホワイトとダークブラウンの革のケースは今日のレッスンで生徒さん達が作られたものです。

革を1枚カットして、ふちを一部両面テープで固定してからカシメ金具で4箇所留めて、スナップで二つ折りできるようにしました。
あっという間にできてしまいますが、コンパクトで使いやすい名刺&カードケースです。
ポケットが2つあるので、片方にカード類、片方に名刺を入れたり、あるいはご自分の名刺といただいた名刺に分けて入れられるようになっています。

今回はデザイン上、表面側に片面カシメを使ってみました。

ICパスケースとしても使ってみたら、快適でした。



by Toko-livicafe | 2018-08-28 14:47 | 縫わない革シリーズ
e0040957_18235776.jpg
前回のブログでご紹介しました1枚布のラージショルダーバッグが、レッスンで人気です。
皆さん、作る準備に入られて、フランスから届いたばかりの生地を確保されたりしています。
バスクの厚手生地で作るので、接着芯も裏布も使わず、さっとできてしまいます。

私も使ってみてあまりに快適で、今日、2個目のラージショルダーバッグを作りました。

今回は、肩紐に合皮テープを使い、長さが変えられるようにようになっています。

荷物を入れるとちょっと形が変わって、それもいい感じです。

リュック並みにたくさん荷物が入るけれど、リュックと違って背中が涼しいバッグです。




by Toko-livicafe | 2018-08-26 18:30 | 縫わないバッグ
e0040957_07262390.jpg

フランスバスクの海辺の折りたたみ椅子用の43cm幅の厚手生地は、帆布のようなしっかりした生地なので、接着芯を貼らずに1枚でバッグや小物が作れます。
椅子用なので布の左右を縫った状態で売っています。

今回作ったのがストライプの柄の色が全部出るように、43cmの幅のままで作ったシンプルなラージショルダーバッグ。
サイドと上下を折り返して両面テープで貼り、カシメ金具で補強して、布のベルトを付けました。
A4のファイルは、縦横どちら方向でもOKで、ノートパソコンも入れられます。

バッグの中が整理しやすいように、おそろいの生地で長財布などを入れる蓋つきポーチも作りました。こちらは43cm幅の生地を縦に使い、両端の縫ってある部分が蓋とポーチ上辺に来るようになっています。
この蓋つきポーチも一枚布でできるので、どちらもすぐに作れてしまう感じです。

ラージショルダーバッグの肩紐は、3cm幅の布テープを使っているので、肩も楽です。斜め掛けするとちょっと形が変わって身体にフィットする感じになります。

昨日は、このバッグを持って自転車で中目黒、渋谷、表参道まで諸々の用事を済ませに行きましたが、自転車に乗る時も斜め掛けでとても使いやすくて、途中で買い物した荷物もたくさん入って、ちょっと手放せなくなった感じです。


by Toko-livicafe | 2018-08-25 07:38 | 縫わないバッグ