Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
小倉織の 縫わないサングラスケース バッグ_e0040957_21425379.jpeg

10年くらい前に、レッスンでよく教えていたオリジナルの縫わないメガネケースを、今回は作り方を変えて作ってみました。

きっかけは、昔のブログの写真をご覧になられたオンラインの生徒さんからレッスンのリクエストをいただき、「ベルトがついているとバッグに入れても持ち手にかけたりして見つけやすいから。」と聞き、なるほどと思いました。確かにバッグから取り出しやすかったり、バッグの外側につけていいように思いました。

久しぶりに自分用に作ってみたらなかなかかわいくて、サングラス入れにもちょうど良いいいサイズです。

今回は以前と作り方を変えて、蓋と本体を1枚の接着芯で作る一体型にしました。
ベルトをつけるスペースを蓋の両側に取るために、前側と後ろ側の接着芯のサイズを変えるのでちょっと複雑な形の型紙になり、試行錯誤しましたがうまく収まりました。

生地は、北九州市の小倉のお店まで買いに行った小倉織を使いました。

次回は小倉織のお店のご紹介です。




# by Toko-livicafe | 2023-08-07 07:06 | 縫わないバッグ
ベランダでワーケーション_e0040957_19003964.jpeg

ベランダでワーケーション_e0040957_18593769.jpeg


リゾート地で仕事をするワーケーション(work&vacation)が、ここ数年で広がって来ているようです。

浜名湖の家のベランダにウッドデッキをD IYしてから、テラスの雰囲気もずいぶん変わり、アウトドアリビングとして活用しています。
とは言っても、今の季節は猛暑なので、早朝と夕方以降の時間に限られます。

今日は、早朝の涼しい時間にハンドメイドの作業をしました。
作ったのは、小倉織の縫わないサングラスケースバッグです。

次回のブログで、このケースバッグについて詳しく書いてみたいと思います。




# by Toko-livicafe | 2023-08-04 07:37 | ライフスタイル


北九州の小倉織で、 無印良品スリムトレーをリメイク _e0040957_13501017.jpeg

北九州の小倉織で、 無印良品スリムトレーをリメイク _e0040957_16041183.jpeg

小倉織の生地を九州のお土産にいただいたので、無印の樹脂トレーに貼ってリメイクしてみました。
内側サイドと裏面には、check&stripeのデニム風生地を組み合わせました。
ちょうどお箸入れのトレーがほしいと思っていたので、使うのが楽しみです。

江戸時代から続く福岡県北九州市の小倉織は、上質な木綿の生地で縦縞模様が特徴です。
今回は、いただいた生地のサイズに合わせて縞を横向きに使いましたが、トレーにはこの向きもいいなと思いました。
和洋どちらにも合うようなストライプの色使いとしっかりした質感の木綿の生地は、今まで使ったことがないような布で、すっかり心惹かれています。
同じトレーをもう少し作りたいと思い、早速生地をネットで注文してみました。

本体の中は「無印良品のポリプロピレン整理ボックス2」で、2mmの厚紙くらいのしっかりした厚みの作りで、カルトナージュで作るには困難な台形の角丸の形。

お箸類、カトラリー、文房具、眼鏡や鍵置きなど、色々な用途に使えそうで、このサイズのトレーも小ぶりで見た目もかわいくてなかなかいい感じです。(サイズは、8.5cm×25.5cm×5cmです。)
以前に作った大きいサイズの方の無印トレーのリメイクは→こちらです。

台形の角丸の形は、内側サイドの型紙を作るのに微妙な角度や形を1mm単位の調整が必要でかなり時間がかかります。(最初のトレーを作る時は2時間くらいかかってしまいました。)
一度型紙ができれば同じ形で使えるので、レッスンでは無印のトレーをご持参いただき、こちらの型紙を使って製作が現実的です。
同じ形で他メーカーのトレーは、微妙にサイズが違うだけで型紙を新たに作る必要があるので、型紙の作り方を説明させていただくようにしたいと思います。

最近は、本体を1から作るカルトナージュにこだわらず、いい形のものがあればリメイクも気に入っています。


# by Toko-livicafe | 2023-07-24 15:53 | カルトナージュ
多摩川沿いに、新しいお散歩方法_e0040957_20133097.jpeg

猛暑続きの日々でしたが、今日は少し暑さも和らぎ、夕方、陽が沈む頃には涼しくなり、お散歩日和でした。

家から多摩川沿岸まで歩いて10分くらいなので、時々お散歩したりサイクリングしたりしていました。
今までは多摩川沿いを行きと帰りで往復する方法でしたが、今日は偶然、新しいお散歩方法で1時間ほど歩けました。

それは、最寄り駅の鵜の木駅から3駅先の矢口渡駅近くに用事があって電車で行ったので、帰り道を多摩川沿いに3駅分歩いて帰ってきました。
約4.5kmの道のりをのんびり1時間くらいかけて歩きました。

最初に電車に乗って数駅先まで行って、そこから歩いて帰るといつもと違う遠くからのお散歩ができて、新鮮でした。



# by Toko-livicafe | 2023-07-21 20:13 | ライフスタイル

レッスン風景 3

レッスン風景 3_e0040957_19595882.jpeg


引き続き、生徒さん達のレッスン作品のご紹介です。

上の写真上: 縫わないモバイルバッグ
生徒さんご希望のサイズアレンジで薄型のバッグに。
時計の柄の手拭いを使われ、布の幅の関係で、2色になっています。
パソコンや書類を入れたりできる、とてもおしゃれなバッグになりました。

上の写真下: 縫わないギャザーバッグ
私の見本と全く同じ生地で作りたいというご希望をいただき、中は遠州綿紬、外はヴァカンス柄のリネンです。
この生地は、ギャザーバッグにぴったりのイメージですね。

..........


レッスン風景 3_e0040957_14473036.jpeg
写真左: 縫わないスクェア巾着バッグ 
クックスホームの北欧生地でスタイリッシュに仕上がりました。

写真右: 縫わない外ポケットショルダーバッグ ファスナー付き
     縫わないトートバッグ

初めてビジターレッスンで縫わないショルダーバッグを作りにいらした生徒さんの作品です。
縫わないバッグの本をご覧になってご自身で作られたトートバッグを持ってきて下さり、一緒に写真を撮らせていただきました。
きれいに仕上がっていたトートバッグを見て、今も本がお役に立てていることを知り、嬉しく思いました。

...............................


レッスン風景 3_e0040957_14485011.jpeg


バッグインボード
バッグの中に入れて、荷物の仕切りに使うバッグインボードは、皆様が選んで作って下さっています。
表側に3ポケット、裏面に1ポケットついています。
左の写真の方は斜めトレーもお揃いで。
右のムーミン生地のバッグインボードは、レッスンで1つ作られた生徒さんがご自身で復習に作られて、写真を送って下さいました。
それぞれ生地が可愛くて、壁にかけてレターラックにしても楽しめそうです。

...........................




レッスン風景 3_e0040957_14475383.jpeg

写真上 ラミネートのフランスバスクの布で縫わないサングラスケース
写真下 チェック&ストライプのラミネート生地で、縫わないウェットティッシュケース
どちらも赤の革がポイントになってかわいかったです。

................

レッスン風景 3_e0040957_14482419.jpeg

レッスン風景 3_e0040957_14494629.jpeg
最近のレッスンでは、サイドが革の縫わないサングラスケースや、カルトナージュの眼鏡ケースを選んでくださる方が多くなっています。
生地の色の組み合わせで表情も変わり、それぞれに個性のあるすてきな作品になりました。

写真下から2番め :縫わない折りたたみ傘バッグ
久しぶりですが、雨の日は私もいつも愛用している便利なバッグです。





# by Toko-livicafe | 2023-07-18 21:50 | 縫わないバッグ