Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
縫わない キーホルダー カード&パスケース_e0040957_13261482.jpeg



キーホルダーのような小さなカード&パスケースを作りました。

なるべく荷物にならないように、厚紙を使わずにシール接着芯を使用し、内側に貼ったスキバルテックスの紙と、中に入れるカード自身で硬さを出しています。

北九州の小倉織の布に黒の革をあしらい、紐が伸びるリールにもお揃いの小倉織を丸い型で抜いて貼りました。

カードがちょうどぴったり収まる小さなサイズで、軽いのでキーホルダー感覚でICパスやよく使うカードを2~3枚入れて、ナスカンでバッグにしっかりつけて使用できます。







# by Toko-livicafe | 2023-10-29 13:26 | 縫わないバッグ

レッスン風景

レッスン風景_e0040957_06304841.jpeg


レッスンでの生徒さん達の作品紹介です。
上の写真は、無印良品のトレイのリメイクです。
生地によってとてもかわいく仕上がったり、エレガントなトレイになったりと、色々楽しめます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスン風景_e0040957_06140974.jpeg


久しぶりの浜名湖レッスンで、縫わない革のスリムウォレットを作られました。
背景の縫わないバッグもお揃いの革で、以前に自由が丘のレッスンにいらした時に生徒さんが作られたものです。
薄手の革ですが、生地より少し厚いのでちょっと作るの大変そうでしたが、頑張ってすてきなウォレットに仕上がりました。

縫わないスリムウォレットは私も毎日使っていますが、とても使いやすくて気に入っています。
スリムなので、バッグの中でもミニ財布に比べて荷物になるという感じがあまりしません。
今までずっとミニ財布を使っていて、ちょうど少し気分を変えたいと思っていたので新鮮な気持ちで使っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスン風景_e0040957_06144337.jpeg



最近のレッスンで皆さんが作って下さっている、サイド革仕様の縫わないサングラスケースです。
サイドが革だと高級感があり、生地との色合わせもデザインのポイントになっています。
作りがわかるように色々な角度から写真を撮ってみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レッスン風景_e0040957_06154793.jpeg


写真上:手前側の縫わないスリム眼鏡ケースをレッスンで作られて、背景の縫わないバッグは、本を見ながら作られたり、復習にご自身で作られてご持参くださり見せてくださいました。可愛い作品をどんどん作られていらっしゃいます。

写真下:リバティ&ミナペルホネンの生地で、上品な縫わない巾着袋。紐のほつれ留めに、丸く抜いた白の革で挟んでワンポイントにもなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レッスン風景_e0040957_06152336.jpeg

写真左上:ビスケットメジャーケース
 Youtubeに作り方動画を載せたら、早速作られて持ってきてくださいました。生地と革の組み合わせもすてきで、動画がお役に立てて嬉しかったです。

写真右上:カルトナージュの定規ケース
北欧生地の定規ケースで、かわいくて作品作りが楽しくなりそうです。

写真下:カルトナージュのフォトスタンド
縦にも横にも使える作りになっていて、2つ同時に作られました。それぞれに生地と中の紙の柄合わせが個性的ですてきでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レッスン風景_e0040957_06142612.jpeg


写真左:バッグ型の縫わないサングラスケース
新しい方のスタイルで、早速作ってくださいました。おしゃれな牛さんの布です。

写真右上:縫わない革のカード・名刺ケース
私も毎日使っていて、作り方も形もシンプルでとても使いやすいです。

写真右下:縫わない革のマスクケース
中は背景の白の見本と同じ北欧フィンレイソンの壁紙です。




# by Toko-livicafe | 2023-10-21 23:26 | 縫わないバッグ
本の紹介 「気持ちが楽になる 禅の言葉」_e0040957_20480171.jpeg


Amazonで偶然見つけた本が、とても良かったのでご紹介してみます。


普段、宗教に縁がないのですが、この本の表紙に心惹かれるものがあって、kindle でダウンロードして読んでみました。
各ページ、植物の写真と禅の言葉が見開きで1テーマずつまとめてあります。
写真がほのぼのしていい感じで、心に響く言葉もたくさんありました。

「花は誰のためでもなく、ただ無心に咲き、やがては枯れていく。
 花のように何の見返りも求めず、自然のおもむくままに無心に生きる。」

本にはまえがきがなくて目次から始まるので、最初はお坊さんが書かれた本かなと思って読み進めました。
植物の写真もきれいで高原で撮影されたものと思っていたら、最後にあとがきがあり、写真家でもある著者の方がすべて東京で身近な植物を撮ったものと知り、驚きました。

同じ著者の方の本を検索して、続けて2冊ほど読んでみました。

スケールの大きな世界各地の美しい写真と共に、世界の著名人の残した言葉が書かれています。
印象的な言葉がたくさんありました。
たとえば、
「生きるとは呼吸することではない。行動することだ。」ジャン・ジャック・ルソー

菜根譚(さいこんたん)とは中国の古典で、「かたい菜根をかみしめるように、苦しい境遇に耐えることができれば、人は多くのことを成し遂げることができる。」という言葉に由来するそうです。

本の写真も言葉も、心に響きます。
「幸せとは何だろうか。それは、何の騒動もなく日々平穏無事に暮らせることである。」


著者の山口正弘氏のことを調べてみたら、写真家でもあり、有名な小説など本の装丁を数多く手がけられ、グラフィックのお仕事をされている方でした。

今日は3冊一気に読み、本当にいい本に出合えました。(写真が多く、文字が少なめなのでさっと読めます。)


3冊とも、kindle Unlimited キンドル アンリミテッド(Amazonの電子書籍の定額サブスク)の読み放題に入っていました。
キンドル アンリミテッドは、月に980円のサブスクですが、通常は、初めての場合は30日間、無料お試しができます。
今回、調べてみたらちょうど10月15日までのキャンペーン中で、Amazonプライム会員は3か月99円で登録ができるようです。

キンドル アンリミテッドは簡単に登録と解約ができるので、私はいつも読みたい本があった時だけ1か月登録して、読み終わると解約してという感じで入りっぱなしにはしていませんが、今月はちょうど登録していたのでそのまま3冊読めました。

ipadで途中まで読んで、外出したらiPhoneでkindleを開くとipadで読んでいたページから出てくるので、うまくできています。

Amazonの本のページでは、最初の数ページの試し読みもできます。
「禅の言葉」と「菜根譚」は目次までですが、「パワースポット」の本は、山口正弘氏撮影の美しい写真も数枚出ていますので、ご興味のある方はご覧になってみてくださいね。







# by Toko-livicafe | 2023-10-12 20:48 | ライフスタイル

八ヶ岳の清春芸術村へ

八ヶ岳の清春芸術村へ_e0040957_21073489.jpeg


昨日は、山梨県北杜市の清春芸術村へ。
八ヶ岳を望む高原の中に、有名建築家設計の建築とアーティストの作品が点在する美術館です。
すごくいい所で心が洗われるような思いでした。

...........................

中央の円形の建物は、ギュスターブ・エッフェルの設計で、庭園にはパリのエッフェル塔の階段も移設されていました。1階には外から見学できる展示室やミュージアムショップ、そして上の階は現在もアーティストのアトリエ居住室となっているようでした。

八ヶ岳の清春芸術村へ_e0040957_21074658.jpeg

.......................................

安藤忠雄設計の「光の美術館」2011年創設

展示室に人口の照明を全く使わず、自然光のみで季節、天候、時間によって光が変わる美術館です。


八ヶ岳の清春芸術村へ_e0040957_21075964.jpeg


清春芸術村の展示施設は10個ほどあります。詳細は下記のページから。



.......................................



昨日、東京をお昼頃に車で出発した時は猛暑の日でしたが、約2時間半で着いた八ヶ岳のふもとは、もう紅葉も始まっていて肌寒さを感じるくらいの初秋で、同日に季節が変わった印象でした。

雨上がりの晴れ間、空気が白樺のいい香りに包まれていました。

....................................................


東京と浜名湖の家で半月ずつ過ごす2拠点生活も5年目に入りました。

月に2週間、浜名湖で毎日車の運転をしていたら、以前は苦手だった長距離運転がいつの間にかできるようになりました。
それで、以前は東京と浜名湖間の移動は高速バスか新幹線だったのですが、3か月ほど前から車で行き来するようになりました。

浜名湖では車がないと移動できないので毎日車に乗っていますが、東京では、なぜか車はほとんど乗らず月極駐車場に入れっぱなしです。
田舎のすいている道を走るのにすっかり慣れてしまった私は、東京の道は歩行者がとても多くて渋滞もするので、わざわざ車に乗らなくてもいいかなという心境になってしまっています。

でも、車移動の醍醐味は私の場合、東京と浜名湖移動の際に通り道の行きたい場所に寄れるところです。
途中休憩を兼ねて、この3か月間の移動でも色々行けました。

箱根、湯河原、山中湖、河口湖、八ヶ岳、清里、ちょっと遠回りで足を延ばして蓼科や霧ヶ峰なども。

東京・浜名湖間は、Google mapによると高速道路を使って3時間30分くらいですが、ずっと高速道路に乗っていると飽きてしまうので、景色の良い道は下の道に降りてどこかに寄り、また高速道路に戻ってなど交互に走ったりしています。

今回は、ちょうど娘が東京に来ていて、一緒に清春芸術村まで行き、運転も交互に代わりながらできたのでかなり楽でした。

最近は、旅行と言えば、移動の間に行きたいところに寄るという小旅行を楽しんでいます。

途中休憩で気に入っている、おすすめの場所をご紹介してみます。

①今回の清春美術館(山梨県北杜市)
惣湯テラス(湯河原の日帰り温泉 予約制)
ポーラ美術館(箱根)
テラス蓼科&リゾートホテル日帰り温泉
日本平ホテル(静岡の日本平山頂にあるホテルとテラスラウンジ)

機会があったら是非。



# by Toko-livicafe | 2023-10-02 21:06 | 旅行
縫わないスリムウォレット_e0040957_08553454.jpeg



最近、スリム長財布が便利と聞いて、市販のロングウォレットを参考にして、縫わずにアレンジして作ってみました。
背面のファスナーポケットに、コインを入れられます。


中は、カードケース、お札、レシート用に仕切りを作りました。

縫わないスリムウォレット_e0040957_08552181.jpeg



バッグに入れても薄くて荷物にあまりならず、必要なものだけ厳選して入れて使えるウォレットです。


縫わないスリムウォレット_e0040957_08545066.jpeg



蓋は作らず幅広の革で留めるだけですが、逆さに持っても中身が落ちることがないので、最小限に使えるスリムな長財布です。





# by Toko-livicafe | 2023-09-23 08:01 | 縫わないバッグ