Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Living room cafe 写真のワークショップのステップ2、一眼レフカメラ体験のレッスンをしました。
今日の生徒さん達の作品をご紹介します。
e0040957_344764.jpg

e0040957_3452554.jpg

e0040957_3485184.jpg

e0040957_3442616.jpg
e0040957_3443994.jpg

e0040957_3454049.jpg

暮れも押し迫った29日という日程に、皆さんお忙しい中いらしていただきました。
宿題の写真を見せていただきながら、次回のカレンダー作りの計画を話し合いました。

生徒さんの中には、お菓子の先生のHPのためのケーキの写真をお仕事で毎月撮られている方もいて、お話聞いていたら、私もそういう仕事ができたらいいなと思いました。
最近時々、私のHPの写真を使わせてほしいとか、写真を撮ってほしいと個人的に頼まれることがあるので、お仕事として少しずつでもお引き受けできたらと思いました。

1カット5000円で、写真の撮影や貸し出しをさせていただきたいと思っています。
もし、ご興味のある方がいらしたら、メール下さいね。
メールアドレスはこちら です。
よろしくお願いします。



雑貨とインテリアの人気ブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-29 23:58

憧れのリネンのバッグ

e0040957_1741249.jpg

今年の9月のオリヴェットでのカルトナージュ講習会の時、生徒さんのconstanceさんが持っていらしたリネンのバッグ。形といい、布使いといい、まさに私好みではっきり言って一目惚れ。
詳しく聞いてみたら、なんと手作りとのこと。鎌倉スワニーのオリジナルバッグとのことで、スワニーではこの生地を使ったバッグ講習会もやっているそう。

その後、10月にスワニーに生地を探しに行った時、確かにこのバッグ、講習会用の見本としてお店に飾ってありました。
花柄の生地は、前から私も好きでコットンフィールドで買ってカルトナージュにも使っていたのですが、この生地にスペインのストライプを合わせてしまうセンスがまたすごいです。
そのうち私もスワニーのバッグ講習会に参加して、きっとこのバッグ作るわと思ってはいたものの、1回のレッスンでは終わらないらしく何度か鎌倉まで通える時間もなかなか取れないままになっていたのですが・・・

先日、constanceさんが私の自宅レッスンにいらっしゃる時に、もう一度バッグを見たいとお願いして持ってきていただいたのですが、目の前にしてみると、やっぱりこのバッグどうしても持ってみたい。バッグの型紙までご親切に持ってきてくださったのですが、洋裁に手馴れていらっしゃるconstanceさんはこの型紙だけであとは自己流で作られたそうなのですが、私は習わないととても無理そう。だめもとで、作ってもらえないか聞いてみたところ、なんとOKしていただいてお願いしたという次第です。
そして、そのバッグが出来上がったと連絡をいただき、昨日、横浜のオリヴェットのカフェで待ち合わせをして、受け取りました。

constanceさん、ありがとうございました♪


雑貨とインテリアの人気ブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-28 18:17

夕暮れの空

e0040957_240478.jpg

車を運転していたら、とてもきれいな夕暮れの空。思わず車を脇に寄せて停めて写真を撮りました。
その後、第三京浜高速に乗ったら、もっと素晴らしいパノラマのような美しい空。本当にすごかった。でも、高速道路ではさすがに車を停めて写真を撮れなかったのが残念。

今日は横浜のオリヴェットまで行ってきました。
詳しくは、明日、書きますね。


雑貨とインテリアの人気ブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-27 23:58
千葉県にお住まいの通信講座の生徒さんから、作品の写真を送っていただきました。
スクラップブッキングの技術を使って、お友達の結婚祝いにアルバムを作って中に入れてプレゼントするために、箱にも同じ種類の紙を貼って作られたそうです。
e0040957_21445511.jpg

最近、スクラップブッキング、とってもはやっていますね。銀座の伊東屋の地下にも外国製のスクラップブッキング用のかわいい紙や素材がたくさんそろっていて、見ているだけでも楽しくなってしまいます。
私は作ったことなかったのですが、こんな風にカルトナージュとスクラッププッキングを融合させたような作品、とってもすてきですね。

雑貨とインテリアの人気ブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-26 21:56

クリスマスの飾り

e0040957_22283334.jpg

玄関の棚の上に置いている、クリスマスの飾りです。
夕方、強い西日があったっていて、写真に撮ってみたらこんな感じになりました。
カメラのホワイトバランスを白熱灯の設定にしたのでこのような色になりましたが、本当は、とっても黄色い光が当たっていました。
夜に撮ったわけではないのに、なんだか夜っぽい感じになりました。

もうすぐクリスマスが終わろうとしていて、
明日からは、お正月の仕度モードに気持ちを切り替えるのかな。


雑貨とインテリアの人気ブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-25 22:35

クリスマスの食卓

e0040957_2332761.jpg

今日はクリスマスイブ。
家族4人で食卓を囲んで、ささやかなクリスマスパーティーをしました。
フランス料理の先生だから、いつもすごくご馳走作っているのではと思われたりしてますが、実は、そんなに凝ったものばかり作っているわけではなくて。というか、そんなに手をかけず、クリスマスもいつも、本当に簡単でオーソドックスなお料理で祝っています。

今日のメニューは、オードブルは子ども達の大好きなスモークサーモンサラダ。それから、牡蠣があったのでエスカルゴバター(パセリ・にんにく・バター)でソテーしました。
メインはハーブローストチキン。これはお腹に詰め物すると手がかかるので、鶏の表面にオリーブ油とタイム、塩を塗って、中にハーブを詰めてオーブンで焼きました。ローストチキンはそのまま焼くとオーブンの中が油だらけになってしまうので、ここ数年は、オーブンに入れられる鍋の中にチキンを入れて焼いています。8割かた火が通ったところで鍋の蓋を開けてさらにオーブンで少し焼くとこんがりして、それでいてオーブンの中はきれいなままなので、この焼き方、気に入っています。
途中で鶏の周りにじゃがいもや玉葱などの野菜も一緒に入れて焼いて、付け合わせにします。
デザートは、子ども達のリクエストでチーズケーキにフルーツをたくさん添えたものというシンプルな感じになりました。
でも、家族達はどれもとても美味しいと言って喜んで食べてくれて、楽しいイブの夜を過ごせたと思います。

紅茶教室の先生からクリスマスカードとスパイスクリスマスティーの見本が届いたので、最後にそれをミルクで煮出してチャイ風にして飲みました。


雑貨とインテリアの人気ブログランキングへ→e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-24 23:52

メリークリスマス!

e0040957_15364169.jpg

今年のクリスマスツリーは、昨年買ったドイツトウヒが1年間、鉢植えのまま元気に育ってくれたので、娘と一緒に飾り付けしました。

皆さんは、どんなクリスマスイブをお過ごしでしょうか。
今夜はキャンドルに火をともして、ささやかなクリスマスパーティを家族でします。
子ども達のクリスマスプレゼントは、中一の息子はエレキギター、小4の娘は、idogです。
2人とも、もうサンタさんがトナカイに乗って空をワープするなんて信じなくなってしまったのですけど・・・

では、皆様のすてきなクリスマスイブを祈って

Merry christmas !!

雑貨とインテリアのブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-24 15:44

ミニコスメボックス

e0040957_315649.jpg

横浜のオリヴェットに、Living room cafeカレンダーキット販売のための材料を届けに行きました。
こちらにはカレンダーの注文受付、キット詰め、経理、発送などをお願いしているので、私は以前の通信講座の発送の大変さを知っているので、今回はスムーズに進んでいるようでとても助かります。
宅急便屋さんが来て、目の前でカレンダーの荷物を運んでいるところを見ると、これから全国に発送されて、それぞれのご家庭でカレンダーを使ってくださる様子を想像してみると、とても嬉しい気持ちになりました。

来年のカルトナージュ講座の打ち合わせのために、昨日のブログでご紹介したカルトナージュノートと、それからミニコスメボックスも完成したので持参しました。
e0040957_3265949.jpg

今までのコスメボックスの半分くらいの大きさで、オルゴールボックス型の蓋の形もシンプルなので、初めての方でも作れそうです。
私はこれが完成してからは、毎朝のメイクはこのミニコスメボックスを使っていますが、なかなか使いやすくて気に入っています。鏡は、前と同じサイズのスワロフスキーのものをつけました。生地はローラ・アシュレイです。
e0040957_331427.jpg

実はこのミニコスメはボール紙ではなくて、7mm厚さの貼りパネで試しに作ってみたものです。
写真の展覧会に出た時に、この貼りパネに写真を貼って展示したのですが、その残りがあったので、カルトナージュに使ったらどうなるかやってみました。
発泡スチロールのような板で、片面が全面シールになっているので、生地もそのまま貼って、端だけはボンドでとめました。カッターで2回くらいで楽に切れるので、とても簡単に作れました。
ただ、やはり素材が極端に軽いので、持ってみるとなんとなくいつものカルトナージュと違う気がします。見た目や強度的には変わらないのですが。
蓋の開け閉めの時は、鏡の重さで軽さは感じないので、自分で使う分には気に入って満足しています。
でも、レッスンではきっとボール紙で作ることを希望される生徒さんが多いと思うので、ボール紙でするつもりですが。
一つの試みとして、ちょっとやってみました。

雑貨とインテリアのブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-23 23:58
e0040957_21395694.jpg

昨日のブログでも少し書いたのですが、カルトナージュの作品の写真を保存するためのノートを作ってみました。
中の紙はA4を半分に切ったサイズなので、自分でカットして2穴開け器でリボンを通す穴を作りました。
レッスンで習ったり、自分で作ってみたカルトナージュの作品の写真を撮って、1つずつこのノートに貼っていくとまとまっていいのではと思っています。
表紙には、Cahier de cartonnageという文字をパソコンでプリントアウトしたものを、額装の技術を少しだけ使って貼ってみました。
e0040957_21544775.jpg

前に習った額装の写真です(刺繍は経堂のLove letterの森れい子さんに作っていただきました。)。この作り方と同じ方法で、ノートの表紙の文字も入れてみました。

e0040957_2149587.jpg

ノートの中を開くと、写真が貼れるようになっています。

カルトナージュを始められる時に、お道具箱と一緒にこのノートも作って揃えてみたら楽しいかなと思っています。


雑貨とインテリアのブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-22 22:04
昨日のカルトナージュのレッスンで、生徒さん達が作られた作品をご紹介します。
e0040957_18433316.jpg
e0040957_18444799.jpg
e0040957_18454788.jpg

e0040957_18464348.jpg

e0040957_18475012.jpg

e0040957_1849220.jpg


最近、新しいデザインのカルトナージュを試行錯誤して作っています。
1番目の写真の「カルトナージュのお道具箱」は少し前からご紹介しているものですが、使いやすくてかわいいので、おかげさまで好評みたいで、お道具箱でレッスンの予約を取られる方も多くなってきました。(2月13日と20日も、横浜・仲町台のオリヴェットでお道具箱の講習会を開きます。)
このお道具箱があると、はさみ、カッター、へら、チャコペンなど、カルトナージュの道具を一式まとめて入れられて、家で製作する時やレッスンなどに出かける時も便利です。蓋を深めにしたのでバッグの中に入れて持ち歩いても蓋が開きません。作業中に蓋の開け閉めをしなくていいように、お弁当箱のように、あけたら重ねておくようになっています。

私のレッスンは、それぞれご希望のものを1回に1作品仕上げるようになっているので、クラス全員違うものを作っていることもあります。
初めての方は、必ずボール紙の切り方からお教えしていますが、2回目からはご希望があればボール紙などの寸法を前もってお知らせできるので、キット作りはご自宅でやっていらっしゃる方も多いです。

カルトナージュ作りで一番大変なのは、このボール紙を切る作業でしょうか。2mm厚さのボール紙をカッターナイフで10回くらい切ってやっとカットできるので、結構体力がいるのです。
それで、もっと簡単にできる紙はないかしらと思って、最近、スチレンボードと言って、中が発泡スチロールで表面は白の紙が貼ってあるものでダストボックスやミニコスメボックスを試しに作ってみたりしたのですが、3mm厚さのもので作ると一見普通のカルトナージュと変わらないのですが、持ってみるとびっくりするほど軽いのです。これだととにかく力もいらず2回で切れるのでびっくりするほど簡単なのですが、生徒さんの評判は人によってさまざまです。

とにかく簡単に切れるならスチレンボードがいいという方と、やっぱりボール紙の重さと質感がいいという方と。後者の方が人数的に多いので、やっぱりスチレンボードはお年を召した方とか、体力に自信のない方向きかしらと皆で話したりしています。
でも、手作りのカルトナージュは、自分の都合に合わせて好きな大きさの箱を作れるので、やはり、自分で製図してボール紙をカットできると楽しみも広がります。

お道具箱に続いて、カルトナージュスタートのセットにと思って、今日は、作ったカルトナージュの作品の写真を貼っておくための、カルトナージュノートのようなものを作ってみました。
表紙を工夫して額装の技術を少し使って、Cahier de cartonnageという文字も入れてみました。カイエとはフランス語でノートのことですが、最近は日本でも文房具でカイエという名前を使う場合も出てきているそうです。

せっかく作ったカルトナージュの作品も、差し上げたりして手元になくなっても後で思い出せるように、作ったものを写真に撮ってコレクションして、友達に見せたりする時も使えるようにと思ってこのカイエを作ってみました。ちょっと小さなアルバムみたいな感じになったのですが。
出来上がったら夜になってしまったから、明日、明るい時に写真を撮ってブログに載せてみますね。


すてきなブログがいっぱい ↓ 
雑貨とインテリアのブログランキングe0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-21 19:13
e0040957_17375828.jpg
アコーディオン型写真立てキット(Living room cafe カレンダー付き)を販売することになりました。
(来年2月までの期間限定販売です。在庫がなくなり次第、終了とさせていただきます。)

材料 : アメリカ製アコーディオン型写真立てキット                                (カット済みボール紙と黒のケント紙、日本語の作り方説明書付き)
南仏サントロペのイエロー生地、リボン
2006年Living room cafe カレンダー14枚セット
   
価格:  3500円 (消費税込み 3675円)

カルトナージュの入門のための生地の貼り方の練習にもなり、初めての方もお作りになれます。

お申し込みは、オリヴェットまでメールでお願い致します。
詳細は、Living room cafe HPのCalendar bookのページをご覧下さい。


               Living room cafe calendar 2006
e0040957_19141683.jpg

e0040957_19205385.jpg

e0040957_192019.jpg

e0040957_1922059.jpg

e0040957_19234718.jpg



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-17 18:22

時は過ぎ行く

e0040957_1472058.jpg

横浜・仲町台の「オリヴェット」で、アコーディオン型写真立てのレッスンをしました。

製本やフランス額装を習っていらっしゃる生徒さんから、すてきな作品を見せていただき、私も製本やってみたいと強く思っているところです。
「望月」の製本クロスで作られたという作品では賞もとられたそうで、たくさんある製本クロスから、こんなにすてきな色使いの組み合わせができるんだって感心しました。
今日は撮影用にお預かりしていたお皿などの荷物が多くて珍しくカメラを持たずに出かけてしまい、写真を撮れなくて残念。つくづくカメラはいつも持ち歩くべきと思いました。
製本は、水道橋の「製本工房 リーブル」で習えるみたいです。

ところで、上の写真は今度オリヴェットに新しく入ったお皿です。
お店のホームページのリニューアルに向けて、商品の写真撮影のお仕事のお話をいただき、少し撮ってみました。

帰りに明日のお正月料理教室の材料を買いに渋谷の「魚久」に行きました。ここの銀鱈の粕漬け、本当に美味しいです。
この店の並びに、先日、写真のグループ展をやったギャラリー・ルデコがあるので、なんとなく立ち寄ってみました。

同じギャラリーの部屋では、今は時計の写真の展覧会をやっていました。
いい写真が多かったけれど、この壁には、少し前には自分やみんなの写真が飾ってあったということがフラッシュバックして、胸が締めつけられるような懐かしい思いがしました。
メンバーの人が言っていたけれど、あの1週間の写真展では、自分の部屋にいるみたいな気持ちだったと。
確かに、大好きな写真に囲まれて、メンバーや写真を見に来てくれた人達と共に過ごした1週間は、なんて心地よい時間だったことでしょう。
2度と戻ることのできない、グループ展の日々。
あれからまだ2週間しかたっていないのだけれど、今日、ギャラリーに行ってみて、移り行く時間というものをしみじみ感じました。


Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-16 23:58
e0040957_21281044.jpg

カルトナージュの材料に欠かせない製本クロス。
神田の「望月」には1000種類以上の製本クロスがあり、小売りもしてくれるのでいつも大変お世話になっています。
新しく、「望月」のホームページ Le Mode Du Cartonnage ができました。
カルトナージュを中心としたHPで、とってもすてきにできています。
私は以前に、自分のHPに「望月」のご紹介記事を載せるために、写真をたくさん撮らせていただいたことがあります。望月社長じきじきに倉庫などもご案内いただき、とってもお世話になりました。

その時の写真を望月のHPで使わせてもらいたいという連絡をいただき、今回、2枚ほど提供させていただきました。
会社の建物の外観とスカイバーテクスの写真です。
その関係で、2ヶ月くらい前から望月のHPの作成に関わってきたのですが、どんどん素敵になってきて、今回最終案を見せていただいて、製本クロスとカルトナージュのとってもいいイメージのHPに仕上がっていると思いました。

製本クロスだけでなく、ボール紙や水貼りテープなどカルトナージュの材料が一緒に購入できるのも嬉しいところ。
これからの発展が楽しみです。


Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-14 21:41
e0040957_15413948.jpg

毎年、クリスマスの飾りは11月中には準備を始めるのだけれど、今年はいつになく仕事が忙しく、すっかり出遅れていてようやく今日、クリスマスリースを作りました。
材料はいつも、玉川高島屋ガーデンアイランドに入っている第一園芸でそろえます。

りんごは本物ですが、ぶどうは違います。あとは星型のパスタとかつけてみました。
HPのLife styleページの「クリスマスの飾り」と「箱庭作り」も、よろしかったらご覧下さい。


Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif ←今日は何位?
# by Toko-livicafe | 2005-12-14 15:46

渋谷のViron

e0040957_1544139.jpg

先日、Vironのパンを友達からもらって、食べてみたらどのパンもあんまりおいしいからびっくり。渋谷東急本店前にお店があるそうで、ようやく渋谷に行く機会があったから、さっそく行ってきました。
店構えといい、中の感じといい、もうそこはフランスそのもの。
1階でパンを選び、2階に行って飲み物と一緒に食べることができます。
私が選んだのは、胡桃とブルーチーズのライ麦パン、フランボワーズクロワッサン、ハムパイ、ハーブパン。大きなかごの中に、それぞれのパンを切って持ってきてくれて、飲み物はとっても寒い日だったから、ショコラショを。
それぞれ1切れずつお味見しておなかがいっぱいになったから、あとはお持ち帰りに袋に入れてもらったけど、とにかく普通のパンと違うのです。この美味しさは一体どこから来るのかと思ったら、まず、粉が違うらしい。
Vironというのはフランスの粉会社の名前で、ここのレトロドールという粉にほれ込んだ日本人が東京にパン屋さんを作ったとのこと。
詳しいことは、こちらに書いてありますのでご覧下さい。

パンもさることながら、私がもう一つ印象に残ったのは、2階に上がる階段の壁に飾ってある10数枚のモノクロ写真。
階段を上りながら、吸い込まれるように写真の世界に入ってしまいました。
私はモノクロはあまり撮ったことがないのだけれど、こういう写真を見るとモノクロいいなぁとつくづく思ってしまって。
帰りがけにあまりに熱心に写真見ていたものだから、ギャルソンの方が写真の説明に来てくれました。
パリ在住の写真家、兵庫達弥氏の作品で、Vironの粉工場の様子を撮ったものとのこと。
写真のポストカードをいただいたので、載せてみます。
e0040957_15352669.jpg


Vironにいらした方は、階段に飾ってあるモノクロ写真も是非お見逃しなく。

Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-12-13 23:58