Bag without kneedle work & Cartonnage


by Toko-livicafe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
e0040957_10433268.jpg

カルトナージュを家で作る時や、レッスンに出かける時にいつも道具を一式入れておける箱があったら便利だと思ったので、作ってみました。
以前にうちのお稽古にいらした方が、はさみなどの道具を空き箱に一式入れて持ってきていたので、それを見てカルトナージュでお道具箱が作れたらいいなと思いました。
蓋は開けたら下に重ねておけるので場所もとらなくていいスタイルです。
持ち運びの時に蓋が開かないように、蓋を深めに作ってみました。
e0040957_1050499.jpg

e0040957_1052385.jpg

今のところ、中身はカッターナイフ、はさみ、へら、チャコペン、シャープペン、水張りテープ、カッターの刃折り器、ミニ洗濯バサミ、ロータリーカッターなどを入れていますが、これからもう少し増えるかもしれません。
e0040957_1056153.jpg



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-11-22 10:58

miniコスメボックス

e0040957_9223595.jpg


カルトナージュのレッスンをしました。
私のレッスンはいつもキットは使わずに、ボール紙や生地を1から切るところから始めるので、けっこう時間が長いです。午前10時から3時半までかかって1つの作品を作ります。(途中で、私が簡単に作ったミニランチで休憩を30分くらい取ります。)
ボール紙の切り方、生地の柄選びの方法などは、最終的な目的の、自分の用途に合わせて色々な大きさや形の箱を作るには大切なこと。だんだん慣れてきた方にはキット作りは寸法を前もってお知らせしておいてご自宅で用意してきていただいて、形作るところからをレッスンでされるようにもなっています。

さて、今日のレッスンのテーマは「自分で大きさを決めて作る箱」。
CDを10枚くらい入れられて、仕切りをつけてCDラジカセのリモコンも一緒に入れる箱とのリクエストで、寸法の出し方や製図のとり方をお教えして、作っていただいたのが上の写真です。
ご持参されたローラアシュレイの生地もすてきで、とってもいい雰囲気のCDボックスが出来上がりました。

何気なく蓋を開け閉めしながらふと思いついたのですが、これはもしかして、miniコスメボックスにしてもとってもかわいいのではと。
さっそくスワロフスキーの鏡を蓋の裏に合わせてみたら、ちょうどよい大きさです。
高さは今までのコスメボックスより少し高いので、私の使っている化粧水のボトルがぴったり立てて入りました。大きさは今までの半分近くなので、化粧品の数があまり多くない方には場所もとらなくてちょうどいい大きさかもしれません。
私は以前はいろいろコスメを試しに買っていたから少し増えてしまったけれど、結局毎日使うものは決まってきているので、今度はこのminiコスメボックスでもちょうどいいかもと思ったりしています。

生地が決まったら、今度作ってみようと思います。蓋の形はオルゴールボックスのようになっていて、大きさも小ぶりで作りやすいので、初めての方でもこのコスメボックスなら作れそうです。

今日は、カルトナージュを初めて作られる生徒さんも何人かいらしたので、基本の箱のレッスンもしました。
e0040957_94262.jpg
e0040957_9424528.jpg
e0040957_9435377.jpg


それから、「大きさを自分で決めて作る箱」として、リモコン収納ボックスも作りました。
生徒さんがご自宅のリモコンを4つ持参されたので、その寸法を測り、ちょうどよい大きさを出して箱を作りました。
出来上がってみたらご持参の鎌倉スワニーの生地がすてきすぎて、リモコン入れにはもったいないので何か別のものを入れるということにされたみたいです。
e0040957_116087.jpg


Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-11-21 23:58

心境の変化

11月12日のblogを見てアコーデオン型のカレンダーを作ってみたいから、キットを購入したいと言うメールをいただきました。
お電話でも少しお話したのですが、カレンダーのキットなら銀座の伊東屋で買えますよと言ったところ、私の写真が好きだから、Living room cafe カレンダーも一緒にほしいと・・・

その言葉を聞いた時、自分でも不思議なほど純粋に嬉しさを感じてしまいました。
私の写真が好きだから作品を買いたいと言ってもらえたみたいな・・・

実は私はネットでものを売ると言うことにずっと抵抗があって、カルトナージュ通信講座も離れた人にカルトナージュを教えるというつもりで始めてみたものの、実際にやっている仕事はネット販売に関わる内容のことが多くて、苦しい思いをしていたのです。
ネット販売がいいとか悪いとかそういう問題ではなくて、自分の性格には向いていないと思ってきました。私は学生時代にバイトが好きで色々な仕事をして、その経験から私には事務、経理、販売の能力、適正、意欲がないことを知って、残された仕事の中から自分にできる事をさがし、料理を教えるということをみつけてずっと続けてきました。

昨年、HPを作った時も私の趣味や楽しみのつもりだったので、ネット販売や教室の生徒募集と言う目的は考えていませんでした。ところがなぜか自分で意図したわけではないけれど、どんどん方向が変わってきて、いまやHPは生徒さんの募集と通信講座の申し込みということに使われるようになっています。
教室の生徒さんのお申し込みがHPの影響で多くなっていることは、私自身、好きな仕事で楽しくやりがいもあるからありがたいことと思っています。HPをご覧になって勇気を出してメールを下さる方々はとても熱心で、私もお会いできると嬉しくてそれは大きな楽しみとなっています。

ただ、通信講座は準備に時間がかかりすぎてこちらの不手際続きになってしまい、参加された方からは、温かいメール、厳しいメールなど、色々いただいていています。
今でもご遠方の方から、「カルトナージュを始めたいけれど、近くに教室もないし材料もそろわないから、通信講座はとても助かります。」という内容のメールをいただいたりします。私もそういったご要望には是非お答えしたいと心から思うのですが、実際にやってみると、私の苦手な事務、経理、販売に関わる内容の作業がとても多くて、(たとえスタッフに頼んだとしても責任者としての私も全部に関わる必要がどうしてもあるので)実際にやっていて、自分の中では非常に苦しい仕事になってしまっています。
今は、今後の方針がまだはっきり決まらず通信講座の申し込みをお休みさせていただいていますが、今までいただいた注文をお約束どおりに最後まで終わらせることをまず考えています。

こんな風にずっと悩み続けていた時に、カレンダーを売ってほしいと言われて心の底から喜びを感じた自分がいて、それはいったいどうしてなのだろうと考えてみると、やはり自分の作品を認めてもらえたような気持ちが、私にネット販売の抵抗の壁を乗り越えさせたということなのかもしれません。

               Living room cafe calendar 2006
e0040957_19141683.jpg

e0040957_19205385.jpg

e0040957_192019.jpg

e0040957_1922059.jpg

e0040957_19234718.jpg




Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-19 23:58

雑誌「Pen」の写真特集

e0040957_0365860.jpg

今出ている雑誌「Pen] が、「社会をクリエイトする、写真家の仕事」を特集していて、世界の注目フォトグラファー15人の作品を見れるので、本屋さんで買ってきました。

「美の固定観念じゃなく、美の再定義に興味がある。自然や光やさまざまな現象、観察、社会の中での”生”を考える。」」ヴォルフガング・ティルマンス

「表面的な世界を超えた向こう側に見え隠れする何かを写す。」米田知子




Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-16 00:58
e0040957_1837422.jpg


桜新町に新しくできた紅茶の専門店「Marina de Bourbon」。白金台に本店があるそうですが、ここのチョコレートオレンジティーを気に入っています。

すごくいい香りで、飲んでいるとさながらチョコレートオレンジケーキを一緒に食べているみたいな気になって、ダイエット気分。
ma cherieという名前で出ています。

先日、友人達とランチに行った時、とっても美味しいランチメニューに紅茶が4種類くらいの中から選べたので、みんなで違う紅茶を頼んでこのma cherieを発見しました。
それ以来、最近は家にいらした方にはかかさずお出ししています。


*お知らせ

明日のカルトナージュレッスンに空きが出ています。初心者の方は基本の箱かティッシュボックス、中級の方はコスメボックスを作ります。
ご希望の方はメールくださいね。



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-14 18:55
今月末に写真家 渡部さとる氏主宰のグループ写真展を10人の仲間達と開きます。
私は今年の春に2ヶ月間、渡部氏のワークショップに参加して、たくさんのことを学びました。
その成果が問われる写真展と思うと、皆、緊張しています。

今日は、練馬区の江古田まで、グループ展に出品する写真を渡部氏に見てもらいに行きました。
40枚くらいの中から渡部氏が10枚に絞り、2つのテーマに分けることになりました。
渡部氏のこの選別の仕方がすごいんです。あっという間に統一感のあるものを選んで並べていくと、1つの世界が出来上がっているみたいになって。
まだ、題名などのキャプションはこれからつめるのではっきりは決まっていませんが、1つは夜がテーマで、もう一つは空気感がテーマのグループ。
展示用に今日はA2(40cm×60cm)に大きくプリントしてみたら、やっぱり大きいと写真の迫力が違います。

ウェブにはのせたことがない写真ばかりで、いつもの私の写真とはまた少し違ったイメージに仕上がっている気もします。 と言いながら、1枚だけ載せてみます。
展示するほとんどの写真は外で撮ったものですが、この写真はうちのリビングルームで撮りました。
e0040957_218271.jpg


渡部さとる主宰 Workshop 2B グループ写真展

日時: 2005年11月29日(火)~12月4日(日) 11:00~19:00
場所: ギャラリー・ルデコ(2F) 渋谷

どうぞよろしくお願いします。


Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-13 23:58

Living room cafe カレンダー

e0040957_228238.jpg

来年のLiving room cafe カレンダーを作りました。
出来上がったカレンダーをアコーデオン型写真立てに貼って眺めていると、不思議なことに気がつきました。

この写真を撮った時は、あんな気持ち、それからこれを撮った時はこんな気持ちだったなぁとか、思いながら見てしまいます。
つまり、このカレンダーは1年間の色々な時期の私の気持ちが写っている思い出アルバムみたいな感じです。

昨年の今頃もLiving room cafe カレンダーを作ったのだけれど、その時はそんなことは感じませんでした。なぜなら、1年前の私は、いかにしてきれいな写真を撮るかと、そういったことを考えていたから。
でも、今の私は写真に対する考え方が少し変わったことに気がつきました。

私にとって写真は、たとえ外の風景を撮っていても、出来上がった写真には私の心の中が写っている。写真を撮りながら、自分の気持ちを撮っているみたいな。
だから、カレンダーを1ページずつめくってみると、今年1年間の自分の歩いた道のり、気持ちの変化、さまざまな出来事がよみがえります。

写真のワークショップに参加された生徒さんには皆、このアコーデオン型写真立てを作っていただいてますが、来年の今頃、今度はご自分で2007年のカレンダーを作られる時、きっと私と同じことを感じるのかもしれません。


今日は写真のワークショップ Step3のレッスンをしました。他の生徒さんはお休みだったので、マンツーマンレッスンでした。
うちに少しだけ残っていた、そしてフランスでももう手に入らないらしいというブルーオリーブの生地を使ってのカレンダー、とってもすてきにできました。
e0040957_2210382.jpg



*お知らせ
12月12日(月)と16日(金)10時から、横浜のオリヴェットで、Living room cafeカレンダーのアコーデオン型写真立ての講習会を致します。表紙は上の写真のイエローの生地で、オリヴェットが南フランスから取り寄せたものです。
ご希望の方は、オリヴェットまでメールかお電話でお問い合わせくださいね。よろしくお願いします。



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-12 22:17
e0040957_21255629.jpg


e0040957_21294757.jpg


フランス料理クラスのクリスマス料理メニュー。オードブルは「セロリと帆立貝のムース」にしてみました。
今年のクリスマス料理は作るのが簡単なのが特徴です。
このムースは、セロリ、帆立貝の水煮缶、サワークリーム、生クリーム、マヨネーズなどの材料をフードプロセッサにかけてから、ゼラチンで固めるだけなので、簡単料理そのもの。
でも、パンにつけて食べたりするととってもおいしくて気に入っています。

先日、布コレクションされている生徒さんから分けていただいたイギリスの生地をテーブルクロスにしてみたら、クリスマスのムードになりました。



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-11 21:38

今年のクリスマスケーキ

e0040957_21322144.jpg

Living room cafe のフランス料理クラスでは、毎年11月はクリスマス料理、12月はお正月料理のメニューにしています。

今日は、今月第1回目のレッスンでした。
料理教室のためにクリスマス料理を考えるのも今年で多分17回目。毎年、この時期になると、どんなクリスマスケーキにしようかなと考えるのですが、今年はマシュマロいちごケーキにしてみました。
中はスポンジといちごと生クリームで、外側にも生クリームを塗りますが、後でマシュマロを飾るのでざっと塗るだけで大丈夫なのでとっても気が楽です。
このマシュマロは成城のスーパー石井で買ったものですが、スペインのダルシオラ アソートマシュマロと白のプレーンなマシュマロを半分に切って使っています。

以前に娘のお誕生会の時にこんなデザインのケーキを作ったことがあるのですが、子ども達にもなかなか評判がよかったです。次に娘がお友達のお誕生会によばれたおうちでも、マシュマロケーキが出たそうで、聞いてみたら、うちのケーキのアイデアが作りやすそうだと思ったから同じようにやってみたとのこと。
確かにかわいくてとっても作りやすいのでおすすめです。


Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-10 22:06

カレンダーブック

e0040957_17181051.jpg

e0040957_17175734.jpg


昨日は、写真のワークショップ Step3のレッスンをしました。
皆さんこだわりの生地をご持参されて、カルトナージュの写真立てを作り、それから宿題の写真でカレンダーをパソコンで実際に作っていただきました。

パンカレンダー、お菓子カレンダー、カルトナージュカレンダーなど色々・・・
それぞれ個性豊かなすてきなカレンダーができました。
紙の大きさを変えれば、大きいカレンダーにプリントすることもできるので、来年はもうカレンダー買わなくてもいいわね~なんて言っています。確かに自分の写真のカレンダーなんて愛着もあっていいですよね。



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-09 17:23
写真のワークショップ  ステップ2のレッスンをしました。
私の一眼レフカメラ、Canon EOS kiss digital を使って、撮影していただきました。
生徒さんの中には、私が昔から憧れていて著書も持っている、ハーブとイギリスのお菓子研究家の方もいらして下さって、ネットを通じてこんな偶然の出会いがあって嬉しく思っています。

では、今日のレッスンで生徒さん達が撮られた作品をご紹介します。
e0040957_4523100.jpg

e0040957_512063.jpg

e0040957_514824.jpg

e0040957_521722.jpg
e0040957_523348.jpg
e0040957_53211.jpg
e0040957_532578.jpg




Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-07 23:58
e0040957_10262446.jpg


この写真は、昨日の写真のワークショップの時に被写体として撮ったものです。
最近、ハーブウィンナー揚げパンに凝ってます。
ピロシキの中身の代わりにソーセージを入れて揚げるのですが、中身を作らなくていい分、ピロシキより簡単で、それでいてなかなかおいしいです。
信州ハムから出ている「軽井沢ハーブウィンナー」を気に入っていて、それをパンに入れるととっても合います。(都内の普通のスーパーマーケットでも売っています。)
パン生地のレシピは、HPのRecipes&essayページの「ドーナツとピロシキ」に載せています。

この間のカルトナージュレッスンの時にも作りました。レッスンのお昼の休憩に、こんなちょっとしたミニスナックランチみたいなのでみんなで元気を出して、また午後のレッスンにのぞんでいます。



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-06 10:35

ポストカードの紙

写真のワークショップ ステップ1のレッスンをしました。
いつも最初のレッスンの時に、自己紹介も兼ねてワークショップに参加された動機と、今までの写真歴を生徒さんにお話していただいています。
初心者向けのレッスンなので、「デジカメは持っていたけれどあまり使っていません。」とか、「旅行の時に撮るくらいでしたが、楽しみとして写真が撮れるようになれたらいいなと思って。」とおっしゃる方も多いです。

でも、ステップ1でのレッスンでは、ブツ撮りの基本とコツをお教えしているので、その通りにやっていただくと皆さんとってもきれいに撮れて、生徒さんが持参される被写体もすばらしいものが多くて、毎回感心しています。

ポストカードの紙もこだわりを持ってずいぶんさがして見つけた、とってもいい質感のものを使っています。
大型カメラ店で売っているものは、郵便番号の入った写真用紙の葉書が主流ですが、私はフォトカードとしても使えるように郵便番号の入っていないものをさがしました。
そして、銀座の伊東屋で気に入った用紙をみつけました。
ザラッとした質感のナチュラルなイメージの紙と、少しなめらかな紙との2種類をレッスンで使っていますが、どちらもそれなりのよさがあって、レッスンの後で同じものをお買いになる生徒さんも多いです。
ザラッとした紙なのに写真専用紙だから、きれいにプリントできる優れものなんです。
紙の型番、ご紹介しますね。

PCM竹尾 彩現フォト 
SJs-Post-1028  (ザラッとした紙)
SJs-Post-1048  (なめらかな紙)

では、今日のレッスンで生徒さん達が撮られた作品をご紹介します。

e0040957_23363818.jpg

e0040957_2336482.jpg
e0040957_2340420.jpg
e0040957_23414369.jpg
e0040957_234593.jpg
e0040957_7162775.jpg
e0040957_7162713.jpg
e0040957_717418.jpg




Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by toko-livicafe | 2005-11-05 23:58

通信講座のテキスト

e0040957_20424051.jpg
e0040957_20381888.jpg
e0040957_20395698.jpg


上の3枚の写真は、カルトナージュ通信講座の基本の箱のテキストの中のものです。
生地の柄選びをする時に、まず実際に箱にかぶせてイメージを見てから決めるということを説明する時に使っています。ストライプのラインを縦、斜め、横にしてみた時の例です。

通信講座のキットの第1回目の分はすでに出来上がり、皆様への配送が終わっています。
でも、テキストの製作状況は、今のところ基本の箱とティッシュボックスが終わって配信していますが、バインダーはあと一息なので明日のウェブ配信を目指しています。最後のコスメボックスは、もう少し編集にお時間をいただきたいという状況です。

いったいどうしてこんなに時間がかかってしまっているのか、皆さんも驚かれているかもしれません。実は、私自身もテキストを作ってみて、あまりに時間がかかるのでびっくりしていて、そのことを予想できなかったことが、皆様をこんなにもお待たせしてしまった原因と反省しています。

まず、テキストは大きく分けて4つの部分からなっていて、内容は以下の通りです。
(1)カルトナージュの道具
(2)カルトナージュの材料
(3)作り方
(4)ご質問のためのBBS

1種類のテキストに対して、表紙と(1)と(2)の写真を合わせて26枚、作り方の手順写真が約70枚あるので、合計で100枚くらいになります。
そのうち、(1)と(2)と、作り方の中の4~5枚の写真の合計30枚くらいは各テキストに共通のものですが、残り約70枚は4種類あるテキストごとに別に必要なので、作り方写真は合計280枚くらいになります。
そして、このすべて合計した350枚の写真を使うために、実際には2000枚くらいの写真を撮って、その中から選んでいます。

編集する時は、まず、撮った写真をパソコンに保存し、1枚ずつ見てよりよいものを選び、画像名がだぶらないようにそれぞれ名前を変更してファイル別に分けます。
次に、手順写真は同じような場面の写真がたくさん並ぶので、光の統一が取れていないととても目立つので、フォトショップで明るさを1枚ずつ調節します。(スタジオでライティングして撮る場合はその必要はないですが、私はいつものように自然光で撮っているので、どうしてもそうなってしまいます。)

それから、ホームページビルダーに写真のサイズを変えながら1枚ずつ取り込み、それぞれにレイアウトを調整しながら説明文をつけます。
実際に自宅でのレッスンで生徒さんに教えているのと同じように、作る時のポイントなどをどうしてもすべて書きたいので、そのために写真の枚数が多くなってしまうのかもしれません。

先にテキストの(1)と(2)の編集をしてみて、比較的すんなり進んだので、撮影が終わっていることだしとキット作りに専念していて、(3)の作り方の編集に実は膨大な時間がかかることに後になってようやく気がつき、いまだに終わらないという事態になってしまっています。
確かに(1)と(2)は30枚の写真であるのに対して、(3)は280枚と比較にならないような数だったので、そのことにもっと早く気がつくべきでした。


長々と、テキスト編集のことを書いてしまいましたが、長い道のり、あと少しで完成するので
講座にお申し込みの皆様、もう少しだけお待ち下さい。本当にごめんなさい。



Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-11-02 21:44
e0040957_1111199.jpg

パンレッスンをしました。
こちらの写真は、製作途中のバジルパンです。生のバジルの葉を細かく切ったものがたっぷり入っているので、作っている時からとってもさわやかな香りがします。

e0040957_11101963.jpg

こんな感じのパンランチになりました。

今日の生徒さん達は、写真のワークショップにもいらしている方も多くて、みんなで名カメラマンみたいになってパンの写真を撮りまくりました。
皆さん、私の写真の撮り方をすっかりマスターしてるから、写真を撮ってる自分を見ているみたいな気がしました。

カルトナージュやパンのレッスンに、香港から飛行機で来てくれてる生徒さんがいらっしゃるのですが、香港情報のお話も新鮮で楽しかったです。




Please click once a day ☆ Thank you !  
e0040957_23512187.gif
# by Toko-livicafe | 2005-11-01 23:58